より美しさを増したメロディ。進化を続けるきのこ帝国の新作「桜が咲く前に」

きのこ帝国 | 2015.04.29

 名曲「東京」を収録した前作アルバム『フェイクワールドワンダーランド』で、きのこ帝国は一気に突き抜けた。空気をビリビリ震わせる轟音サウンドから日常的な歌詞とメロディに磨きをかけ、多くの人の心に寄り添う楽曲へとシフトした。そして、メジャー第一弾シングル「桜が咲く前に」は前作を凌ぐ傑作中の傑作に仕上がった。全3曲を繰り返し聴きながら、心の震えが止まらず、思わず何度も涙腺を刺激されてしまった。歌詞はもちろんだが、メロディ・ラインがとにかく素晴らしい! なぜこんなにも美しいメロディが生まれたのか。佐藤(Vo /G)に話を聞いた。

EMTG:まず、今年1月に行った赤坂BLITZ公演(前作『フェイクワールドワンダーランド』ワンマン・ツアー)の感想から聞かせてもらえますか?
佐藤:ライヴはもっとお客さんと共有するものにしたいという意識が芽生えて。だけど、以前の圧倒感を残したライヴにもしたくて、そのせめぎ合いの中でやりました。だから、多分もうできない感じのライヴになったと思います。
EMTG:そしてあのライヴ以降、ちょっとお休み期間に入りましたね。
佐藤:リフレッシュ休暇ですね。でもスタジオに入ったり、レコーディングもしていたので、そこまで休んでなかったんですけど。
EMTG:佐藤さん自身はリフレッシュできました?
佐藤:制作してない時期は、いつも家でダラダラ漫画を読んでますからね(笑)。4月に入ると、手持ち無沙汰になり、そろそろライヴをしたいなって思ってきたところです。
EMTG:旅行に出かけたりは?
佐藤:ちょっと遠くの公園にお花見に行きました。日帰りで行ける場所ですね。あと、実家に帰りました。春に帰るのは久々で。春という季節が好きなんですよ。雪が溶け始めて、植物が出てくる頃だし、それを見るのが好きで。ちょうど桜が咲く前の時期に帰れて良かったです。
EMTG:今作はメロディがさらにブラッシュアップされて、本当に素晴らしい作品です。聴きながら、何度か泣いてしまいました。
佐藤:ほんとですか? すごく嬉しいです。自信作なんですよ。録音一つとってもみんなのプレイがめちゃくちゃいいし、歌も凄くいいものが録れたし、いい曲だし。いままで出した音源の中でも満足度が高くて、やり切れた!と思うシングルですね。
EMTG:本当にそう思いますよ。
佐藤:カップリングを作ってる時も、あれっ、こっちもいいなって(笑)。それぞれいい曲ができました。
EMTG:今回はいつ頃に作った曲なんですか?
佐藤:「スピカ」だけ高校3年の時に書いて、放置していたもので。ほかの2曲は年明けに書いたものです。
EMTG:最近書き下ろしたものなんですね。「桜が咲く前に」は、「東京」の続編に位置するものを書きたいと思ったそうですね?
佐藤:そうですね。春頃にリリースしたいと思って、桜というテーマは使い古されているけど、あえてそういう曲を書きたい気持ちもあって。桜がジャストで咲いてる曲は多いけど、咲く前の心情を書いたものは少ない気がして。そう思った時に上京する前の自分はどんな心境だったのかな、と思い出して書きました。
EMTG:今、自分が置かれている状況も、桜が咲く前のような気持ちだったりします?
佐藤:メジャー移籍だったり、きのこ帝国に明らかな変化があるわけで。新たなステージでリスタートする心境は、この曲ともリンクしてますね。
EMTG:10年前の気持ちを今振り返るのは、佐藤さんの中でどんな意味があるんでしょうか?
佐藤:いつも壁にぶつかった時に思い出す言葉があるんです。漫画の言葉なんですけど、“どうやってなれるかじゃなく、どうしてなりたいと思ったのか”、みたいな言葉があって。行き詰まったとき、初心に返ることが壁を突破するきっかけになる。それで初心に返って、どうして音楽をやり始めたんだろ、と考えることが大切な気がして。
EMTG:佐藤さんが音楽をやろうと思った最初の動機は?
佐藤:人と関わりを持つのは、努力しても困難だと思ってて。自分のことは理解されないし、別にわかってくれなくてもいいとも思ってた。でも歌うことで、外の世界と繋がりを持てる。歌うことで、人と交流が持てると思ったんですよ。自分の歌を認めてもらうことは、自分の存在を認めてもらうことと一緒なんです。人が嫌いと言いながらも、人との繋がりに希望を見出して、歌をやり始めたのかなと。
EMTG:前作はそこに向き合えた作品だと思うんですよ。その作品を経て、また心境に変化でも?
佐藤:どういう人に響かせたいのか、そこがはっきりしてきたかもしれない。
EMTG:ああ、焦点が定まったと。
佐藤:そうですね。
EMTG:今作はより赤裸々に書けました?
佐藤:そうですね。特別派手な曲ではないんですけど、深い表現ができたと思います。
EMTG:佐藤さんの歌声もさらに表情が豊かになって、そこにグッときたんですよ。
佐藤:歌が活きるメロディはちょっと意識しました。あとはもう頭の中の景色や感情に沿った形で歌おうと。もしかしたら、歌い方というより、描いている世界観が多彩になったのかもしれない。
EMTG:「東京」は名曲でしたけど、「桜が咲く前に」はそれ以上にメロディが良くて。
佐藤:よっしゃ! そこは頑張りました。メロディと歌詞がいいものが一番だと思ってるから。昔はそういうものをよく聴いてましたからね。
EMTG:なぜこんなにキレイなメロディが出てきたのか、不思議で仕方がなくて。今回は悲しみや喪失感もきっちり描かれてます。なので、そこから生まれるメロディに儚さや美しさを感じてしまうのかなと。
佐藤:自分がリスナーとして切ないメロディは好きですからね。昔はシンガーソングライターを目指して曲を作っていたから、ポップス寄りだったんですよ。今は自然とそこに戻ったのかなと。
EMTG:最初の頃の気持ちに戻れてる?
佐藤:嫌な気持ちを音楽として吐き出すことはやったし、これから続けても意味がない。自分が受けた恩や愛情を返せる音楽をやりたくて。嫌なことを乗り越えて、その先にある素晴らしいものを音楽にして、世に伝えるべきだなと。今そういうタイミングに来てるのかなって思ってます。
EMTG:「桜が咲く前に」はギターを2本重ねたアレンジが面白いですね。
佐藤:歌詞は実直だけど、サウンド面では実験的なことをやってますね。感覚を研ぎ澄まして曲に沿ったアレンジをしました。
EMTG:「Donut」は歌が周りの音に埋もれて聴こえるような独特な録音で、余計に歌が聴きたくなるんですよね。
佐藤:これは遊び気分で新境地的な曲を書けたなと。エンジニアの方に「ヘンなミックスの方がいいんじゃない?」と提案されたので、これはこれでいいかなと。メロディもいままでのきのこ帝国とは違うし、歌詞もセクシャルですからね。
EMTG:一番赤裸々な歌詞かもしれないですね。
佐藤:性別、学校、会社、いろんな枠組みが存在するけど、そこを取っ払ったら、もっとシンプルに生きられるのになって。ドーナツには穴があるのか、ないのかみたいな哲学の話があるじゃないですか。自分が置かれている堅苦しい環境からの離脱みたいな気持ちも含まれてます。
EMTG:約3分に及ぶインスト・パートもすごく良かったです。
佐藤:一発録りなんですよ。
EMTG:へぇー!
佐藤:あえてアウトロの尺は決めずに録音したんです。好きな人は聴くし、好きじゃない人は飛ばすから、こんな曲が入っててもいいんじゃない?ってメンバーと話したりもしました。アルバムなら入れてない曲ですね。
EMTG:最後の「スピカ」も大好きな曲で、これはシンセみたいな音を入れてます?
佐藤:あれは声のサンプリングですね。
EMTG:これもいままでにないアプローチですね。
佐藤:初めてですね。高校の時に書いた時はアコギ弾き語りのバラードみたいな雰囲気だったんだけど、今のはレゲエというか、ちょっとブラックなノリが出てると思いますね。
EMTG:不思議なポップ感がありますよね。何か発見はありました?
佐藤:こういうのもいけるなって。轟音も好きですけど、今回はそういう雰囲気があまりないと思うんですよ。
EMTG:今後いろんな曲調にトライしていく上でも、このシングルは予告編みたいなもの?
佐藤:そうですね。轟音は得意分野なので、いつでもやれますからね。それよりも自分たちの可能性を広げたいんですよ。それで一周回って、また轟音と邂逅した時にどんな音楽が生まれるのか。それを自分たちでも見てみたいですね。

【取材・文:荒金良介】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル きのこ帝国

リリース情報

ココロオークション「夏の夜の夢」

ココロオークション「夏の夜の夢」

発売日: 2017年08月02日

価格: ¥ 1,667(本体)+税

レーベル: BOGUS RECORDS

収録曲

1.景色の花束
2.蝉時雨<第一話>
3.夏の幻<第二話>
4.雨音<第三話>
5.線香花火<第四話>
6.なみだ
7.僕らのナツ。-CCR UNPLUGGED SESSION-

ビデオコメント

リリース情報

桜が咲く前に

桜が咲く前に

2015年04月29日

ユニバーサル ミュージック

1.桜が咲く前に
2.Donut
3.スピカ

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

VIVA LA ROCK 2015
2015/05/04日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ

SPRING BREEZE
2015/05/24(日)日比谷野外大音楽堂
出演:きのこ帝国 / cero / トクマルシューゴ

きのこ帝国presents「echoes 2」
2015/06/20(土)東京・LIQUIDROOM
ゲスト:plenty

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る