一夫多妻制ユニット「清 竜人25」夫人たちの愛の「スケベ」コールにノックアウト

清 竜人25 | 2015.05.28

 清 竜人と6人の夫人達という掟破りの一夫多妻制コンセプトで2014年11月に鮮烈デビューを果たした清 竜人25。3rdシングルとなる『Mr.PLAY BOY...♡』は夫人達が竜人に向けて「スケベ♡スケベ♡」と口々に愛のスケベコールを浴びせる冒頭から始まる口説き文句満載のツイストナンバー。聴いたら最後、観たら天国、清 竜人25の繰り出すラブ♡ボクシングにKOされて契りを交わすファンが男女を問わず急増中という噂のラブファミリーから清 竜人、清 亜美(第3夫人)、清 美咲(第4夫人)に話を訊いた。

EMTG:最近第5夫人が活動休止になって新たに第7夫人が加入しましたが。プロジェクトを始めるにあたってこういう事は想定内でした?
竜人:グループを長い事続けるのであれば、もちろん増える事もあるし減る事もあるだろうとは思っていたので予想外の事ではないです。
EMTG:活動する夫人が6人いるという事への人数的なこだわりとかはあります?
竜人:元々は無くて、抱えられる予算的なものを考えると夫人は6人が限界かなと(笑)。でもバランスのいい人数感だと思っていて、例えば僕を入れて8人でパフォーマンスするとかになったりすると今まで作って来た楽曲を表現しきれないなとも思っているんです。J-POPの流れに沿ったアイドルポップスにはしようと思っているので、だいたい1曲4分から5分の尺で考えると、それぞれにフォーカスを当てて僕のパートもあるっていうのを表現するには、この人数が限界なんじゃないかなって。そういう意味でも7人で活動出来ているっていうのはバランス的に丁度いいという実感はあります。
EMTG:確かにそういうバランスはありますけど1人減ったままで活動した方がそれぞれの見せ場は増えるんじゃないですか?
竜人:まだ枠組みを作ったばっかりの段階でもあるのでこの枠内で取りあえずは活動して行きたいというのはあります。そこから先どう発展していくかっていうのは僕等もまだ分かっていない所はありますけど、地盤を固めることが大事だと思っているので。
EMTG:新曲の「Mr.PLAY BOY...♡」は冒頭のスケベコールからめっちゃ最高でした!(笑)。夫人の二人は今まで生きてきた中でこんなにスケベって言葉を言う事も無かったと思うんですけど。
美咲:無かったです!
亜美:むしろ生まれて初めて使った(笑)。スケベって言葉使わなくないですか?変態!とかなら分かるんですけど。
竜人:「もう!スケベ~」とか言わない?
美咲:言わないよねー。
亜美:昔のちょっとえっちなマンガとかに書いてありそうなイメージ。でも変なのにカッコいいから私は今までの曲の中で一番好きなんですよ。ライブでみんなと一体になって「スケベ!」って叫びたいです。
美咲:私はグループに入る前に、竜人くんの「MUSIC」ってアルバムを聴いて「りゅうじんのエッチ♡ ~ぼくのばちあたりな妄想劇~」とか「バカ♡バカ♡バカ♡」みたいな曲が好きだったので、今回はそういうテイストも感じられる曲が歌えて凄く嬉しかったです。
竜人:「Mr.PLAY BOY...♡」は清 竜人25の活動を始めてから作った最初の曲なんです。実際ステージでパフォーマンスをしてみての感触とかそういうものを全て反映させられた曲だと思っているので、自分でも今までの中では1、2を争うぐらい気に入っています。
EMTG:曲を制作する時に今回のスケベコールのような曲頭でのキャッチ―さみたいな事は毎回考えて作っているんですか?
竜人:曲によってですけどそこはやっぱり大事ですから、入り方っていうのは結構慎重に考えて作りますね。特に25の楽曲に関しては聴いていて飽きさせない為に曲の構成がとても重要だなと思っているので。
EMTG:今回このスケベコールは最初からあったんですか?それとも構成を考えて後から付け加えたとか?
竜人:音的にはこれが一番最初にあったパンチラインですね。この曲でやりたかったのは2つで、先ずはツイストを25でやると映えるなと思ったのと、頭の「YO♡ YO♡ スケベ♡ スケベ♡ 電光石火のスケベ♡ スケベ♡」っていうフレーズがどっかのタイミングで頭の中にあって25でやりたいな・・・25でやりたいなと思って。
美咲:何で今2回言ったの?
一同:爆笑。
亜美:そこ大事な所だから?
竜人:何か凄くやりたかったなって、話しながら心から思って(笑)。
EMTG:先ほど「Mr.PLAY BOY...♡」は25を始めてから作った曲だっておっしゃいましたが、今回収録されている3曲はどれも活動してみて今後必要だなって所から作った曲なんですか?
竜人:それが一番にありますね。あとは前からやりたかった事と何かしら融合させてとか、その先に考えている事とかもあったりします。やっている中で今のセットリストにこういう曲が足りないなとか、今後ツアーやワンマンをするってなった場合に足りていないピースみたいなものを埋めないといけないなって気持ちで作ってはいますね。
EMTG:今後リリースするアルバムに収録された時の事も既に見越して作っている?
竜人:やっぱり制作する時って一応そこを考えては作るんで、アルバムの全体像みたいなものを意識して心の片隅に置きつつ作ってはいますね。
EMTG:もしかしたらアルバムになった時にそれまで発表された曲を並べて聴くと一つのストーリーが出来上がったりするのかなって勝手に想像してしまったんですけど。
竜人:なんかこのプロジェクトを始める時に凄く考えて、一夫多妻制っていうのもそうですけど慎重に作らないと日本の音楽界に溶け込まないと思ったし、一歩間違えれば全く意味の無いグループになっちゃうなとは思ったので、そういった事も色々と考えてます。

【取材・文:山村哲也】

tag一覧 シングル 男性ボーカル インタビュー 清 竜人

リリース情報

グラマラスクリスマス

グラマラスクリスマス

発売日: 2017年11月15日

価格: ¥ 2,204(本体)+税

レーベル: Lastrum

収録曲

01 White Christmas
02 Joy To The World
03 Jingle Bell
04 First Noel
05 Silent Night
06 Winter Wonderland
07 Winter Wonderland(acoustic)
08 Joyful Joyful feat. Soul Bird
09 Silent Night(acoustic)
10 すてきなホリデイ

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Mr.PLAY BOY…□(完全限定生産盤)

Mr.PLAY BOY…□(完全限定生産盤)

2015年05月27日

トイズファクトリー

[CD]
1.Mr.PLAY BOY…□
2.The□Birthday□Surprise
3.天上天下唯我独尊
4.Mr.PLAY BOY…□(Instrumental)
5.The□Birthday□Surprise(Instrumental)
6.天上天下唯我独尊(Instrumental)

[DVD収録内容]
「Mr.PLAY BOY…□」Music Video
「Mr.PLAY BOY…□」Music Video Dance shot ver.
「Mr.PLAY BOY…□」Music Videoメイキング映像
他特典映像収録予定

※□はハートマーク

このアルバムを購入

お知らせ

■マイ検索ワード

●竜人
彩乃なな

この間大勢のセクシー女優の方と共演するイベントに出て、ライブで絡んだ女の子誰だっけな・・・と思って、2時間くらい彩乃ななちゃんのことを検索してました。「それ浮気だよお~!!嫉妬しちゃう。(亜美)」

●美咲
新子 稚魚

新子って何の稚魚だったんだろうと思って検索しました。 結果私が求めていたのはコハダだったんだと知って、1人で満足をしました(笑)。

●亜美
夢 深層心理

この前夢でライブ中に深い穴に落ちる夢をみて、これは悪夢の予言なんじゃと思って検索したら、意外といいことを暗示していたようなので、嬉しかったです。これからもっといいことがあるんじゃないかと期待しています!


■ライブ情報

清 竜人25“ハネムーン♡ツアー
2015/09/06(日)SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
2015/09/25(金)NAGOYA CLUB QUATTRO
2015/09/26(土)OSAKA MUSE

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る