Little Glee Monster サード・シングル「人生は一度きり/ガオガオ・オールスター」インタビュー

Little Glee Monster | 2015.07.07

 驚異のハモリと神懸かった歌ヂカラで魅了するリトグリことLittle Glee Monster。今回のシングルは、「代々木ゼミナール」のCMソングとしてヘビローされ、彼女たちの名を押し上げた「人生は一度きり」と、すでにキッズに人気爆発の「ポケモン」TVアニメエンディング、および夏の映画でも使用される「ガオガオ・オールスター」を収録した両A面。さらに初回生産限定盤にはメンバーの麻珠が歌うリトグリ初のソロ曲も収められ、話題性抜群の一枚となった。これまでのリトグリとはひと味もふた味も違う逸品が揃った本作。レコーディングエピソードを中心に各曲を紐解き、リトグリの新しい表情に迫ります。

EMTG:「人生は一度きり」は、今までよりちょっとオトナな雰囲気の曲だと思ったんですが、最初に曲を聴いたときはどう思いましたか?
manaka:今までのように、この曲もライブでみなさんが笑顔になれる曲だと思うんですけど、プラス、真剣に人を支えるような曲になっていて。グサッと刺さるフレーズもたくさんあったりして、新しいリトグリの表情が出せるなって思いました。
芹奈:私はこの曲を聴いて、すごく自分自身が明るくなったんですよ。だから、早くいろんな人に聞いて欲しいなってすごく思いましたね。
EMTG:レコーディングは、どんな風に進めていったんですか?
かれん:みんなで話し合って、ひとつのストーリーを思い浮かべたんです。主人公の女の子は、表と裏の自分があって、表は弱い自分なんですけど、裏の自分が表の自分に向かって語りかけていって、徐々に徐々に表の自分も強くなっていくっていうイメージを共有して。そうすることで、より感情移入してレコーディングできたと思います。
EMTG:manaka、芹奈の順で始まる歌い出しは、これまでと違う静かなトーンだからプレッシャーはなかったですか?
manaka:スタートって大事だし、私の感情のこめ方でみんなが変わってくるから、すごい考えました。で、みんなでイメージしたことを歌詞カードにびっしり書き込んでレコーディングしたんです。
EMTG:どんな言葉を書いたの?
manaka:私が歌ってる最初の部分は、表の自分っていうイメージ。ちょっと弱い自分というか、流されやすい自分。学校で流されて生きてるっていうか、自分の意見に自信を持てない女の子で。なにかあっても「まいっか」って思ってる、どこにでもおるような女の子になったつもりで歌いました。
EMTG:歌詞の2番のソロパートはMAYUとアサヒが担当してるんだよね。
アサヒ:この主人公は、自分の夢を話したり、好きなものを「好き」って言うのが恥ずかしい女の子だと思うんです。でも、2番の自分のパートでは「好きと言えることは恥ずかしくないんだ」って。そう言える勇気が出てきた感じで歌いました。
MAYU:2番でだんだん表の内気な自分が裏の自分に励まされて、このままやったらあかん、みたいな感じになっていくんですよね。
EMTG:実際、サウンドも2番に入るところで晴れ晴れとした感じになるもんね。で、ラストのサビになると歌も俄然ヒートアップして、めちゃめちゃ盛り上がるっていう。
MAYU:最後のサビは表の自分も裏の自分も一緒になって、前に行こう!っていう気持ちでそれぞれ歌ったんで。そこはもう表とか裏とかの自分じゃなくて、もう「自分は自分や!」みたいな感じで歌ったんです。
EMTG:間奏やアウトロに入ってるたくさんのフェイクはアドリブでやったんですか?
manaka:すべてアドリブです。
EMTG:一発録りで?
manaka:一発というか、素材として使っていくんで、いつも2、3パターン、自分が思いついたフェイクを録って、そこから選んでいくんです。
EMTG:フェイクを録音していく順番は決まっているの?
manaka:主に麻珠が先にやることが多いですね。いちばん土台になるっていうか、いいフェイクとかをいちばんやってくれる。
EMTG:みんなのお手本、参考例っていうわけだ。よっ、麻珠センセイ!
麻珠:あはは! いやいやいや(照)。
EMTG:そうなると録る順番が後ろになるに連れ、「あ、いいフレージングとられた!」みたいなことにはならないですか?
芹奈:それ、ありますね(笑)。あるんですけど、そこでまた違うのを考えたり、思いついたものをやるから、困ったなぁ、みたいなことにはならないですね。
manaka:あと、自分が思ってるフレージングと違うパターンをやってみると、意外とそっちもいいなと思うものがあるので。だから、みんな自由にやってますね。
EMTG:2曲目「ガオガオ・オールスター」は、初挑戦となるカリビアン~ファンク調の曲ですね。
かれん:最初はすごい難しくって。単純そうに聞こえて複雑なところもあったし、明るく歌うのがすごく苦戦したところですね。
manaka:最初は不安やったりしました。歌いあげる系の曲がこれまで多かったので、遊んでるように歌うこういう曲って上手く表現できるかなって。
EMTG:パート割りも細かいし、コーラスも複雑だし、声色もたくさん使い分けてて、実は難易度の高い曲だよね。リトグリの技ありボーカルがたくさん詰まってる。
manaka:そうなんです。コーラスも音と音がメッチャ重なってて。実際、覚えるまでに結構時間がかかったんです。
芹奈:あと、音も高いんですよね。上の音域がいつもより高くて。
manaka:いつもよりもうひとつ可愛い声で歌った方が、子どもたちが喜ぶかなと思ったんですけど、その声で歌うのが難しくて。さらにそれをユニゾンで揃えるのも難しくて、難しい箇所がたくさんありました。
EMTG:ラストの笑い声や歓声は実際にブースの中で起きたもの?
アサヒ:そうです。最後は全員でひとつのブースに入って、みんなでワイワイやりました。あそこはいつものリトグリ感がすごく出てますね。
芹奈:いつもああなんです(笑)。
MAYU:あれは作ってない、ホンマの笑い声やもんな(笑)。でも、この曲は今のリトグリでしか歌えないなって思いますね。音域にしても曲調にしても今のリトグリの年代っていうか、若いからこそ歌えるなって。
EMTG:3曲目「Brand New Me」は、夏にぴったりの爽やかな曲ですね。クラブミュージックっぽい質感のサウンドは「ダイヤモンド」以来。
かれん:これはデビュー前からライブで歌ってた曲で。実際レコーディングもけっこう前に録ってるんです。だから若干みんなの声が若くて。そこも最近の曲との違いとして楽しめるかなと思います。
manaka:あと、この曲は簡単な振り付けがあるんで、ライブで一緒にファンの方にも踊ってもらえたら。
EMTG:歌詞のテーマは夏休み。好奇心や冒険心が旺盛になる夏を楽しもうっていう歌だよね。
manaka:私たちの中では外国の夏休みなんです。ちょっとお洒落な夏休みっていうイメージで。
EMTG:お洒落な夏休み!?
manaka:女の子たち6人が、可愛いお部屋で、可愛いお菓子食べて、テレビ観ながら、ガールズトークしてワチャワチャ騒いでる、みたいな。
EMTG:縁側に座ってスイカと麦茶っていう感じじゃないと(笑)。
麻珠:あはは! 違うんですよ。渦巻きの蚊取り線香とかじゃない(笑)。
EMTG:イメージはロサンゼルスとか?
manaka:そんな感じです、そんな感じ。
EMTG:行ったことないくせに!(笑)
麻珠:ぶわははは!
芹奈:でも、テレビに映ってるのはディズニーチャンネルで。で、お部屋にカラフルなお菓子がちらばってて、みたいな。わかりますか、これ?
EMTG:わかるよ。テイラー・スウィフトみたいな世界観でしょ。
芹奈:あー! そうです、そうです!(笑)
EMTG:自分を変えるために夏はちょっと冒険してみない? っていう歌だけど、6人にはそんな夏休みのプチ冒険エピソードはありますか?
manaka:私、肌の色が変わって違う人になった気分でした。
EMTG:んん!? 急に何を言い出してんの?(笑)
manaka:私、小学校1年生のときにすごくレゲエが好きで。ジャマイカ人と結婚したくて、どうやったらジャマイカ人になれるんやろ?と思ってたんですよ。で、日焼けすればいいんやと思って、プールに毎日焼きに行ってたんです。
EMTG:プールに入らず、もっぱらプールサイドで寝そべってる小学1年生(笑)。
manaka:そしたら真っ黒になって。ホンマに日本人じゃないレベルの黒さになったんですよ!(笑) これはジャマイカ人にちょっと近づけたかも!とか言って。
EMTG:二学期はその真っ黒な肌で学校に行ったの?
manaka:行きました、行きました。
EMTG:「ヤーマン」とか言って(笑)。
manaka:そう。「誰?」って言われました(笑)。
一同:うわはははは(爆笑)。
EMTG:でも、自分では大満足っていう。
manaka:そう。だってジャマイカのペンダントみたいなの、毎日着けてましたもん(笑)。
MAYU:あははは! 小1でやんな? ヤバイ。アホや(笑)。
EMTG:でも、冬休みに入る頃には色も落ち着いてきて。
manaka:そうです。そのときに、やっぱ自分はジャマイカ人になれないなって。無理やな、そもそもジャマイカ人と出会いもないしって(笑)。
EMTG:初回生産限定盤には、3月に行われた「最強歌少女オーディション」とのコラボ企画で優勝した麻珠の初ソロ曲「君を今でも」が公約通り収録されました。
一同:(パチパチパチと拍手)
EMTG:ソロ曲のレコーディングはどうでしたか?
麻珠:ひとりでレコーディングすることが初めてだったんで、ちょっとプレッシャーはありましたね。やっぱひとりってすごく大変だなって思いました。
EMTG:スタジオに他のメンバーはいなかったんですか?
麻珠:いなかったんで、ちょっと違和感もありました。いつも6人いるから、休憩時間とかはみんなで楽しくおしゃべりしたりするんですけど、その時間がなく、10時間くらいブースにこもりっぱなしだったんで。だからちょっと寂しいなって。
EMTG:歌詞は、かつての恋人への未練を歌った切ないラブソングですね。
麻珠:《愛してる》とか、日頃なかなか言わないような言葉がたくさんあったんですけど、ストレートに言えないからこそ、歌で伝えられるものがあるので、そこがすごいいい曲だなと思って。で、身近にいる人……友達とか家族とかファンの方とかを思い浮かべて歌いました。
EMTG:他のメンバーは、この曲を聴いてどう思いましたか?
芹奈:リトグリで歌ったことのないような内容を歌ってたし、麻珠しか歌えない曲だなって思いました。
manaka:最初に聴いたとき、森っぽいなって思ったんですよ。緑の自然に光が差し込む、みたいな。で、白い服着た麻珠が走ってるイメージがあって。
麻珠:走ってる?(笑)
manaka:いや、これ、フザけてなくて。わかる?
芹奈:わかる、わかる。輝いてる麻珠が自然のなかにひとり立って歌ってる感じ。
manaka:そう。で、麻珠の水みたいな透き通ってる声が……。
麻珠:水? フザけてる?(笑)
manaka:いやいや、いい意味で(笑)。きれいな水、天然水って感じがするんですよ、麻珠の声は。ガチでそう思ってて。すごい曲が透き通ってて、その声が活かされてるなって思ったんです。
EMTG:本シングルをひっさげて9月に全国ツアーがありますが、どんなライブを見せたいと思っていますか?
芹奈:前回は初めての東名阪ツアーということで感極まって泣いちゃったんですけど、そこから成長してる部分はあると思うんで、今度は堂々としたリトグリを見せたいですね。
manaka:東名阪ツアーをやって、これからは6人の良さをもっともっと活かしていきたいと思ったんです。「人生は一度きり」もそういう思いでレコーディングしたし、今度の全国ツアーも6人で同じ目標を持って、6人の思いがみなさんにそのまんま届くようにって。1公演1公演、そういう気持ちを大事にしてライブをやって、ツアーを成功させたいなと思ってます。

【取材・文:猪又 孝(DO THE MONKEY)】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル Little Glee Monster

リリース情報

Faust E.P.(10インチ アナログ盤)

Faust E.P.(10インチ アナログ盤)

発売日: 2018年02月22日

価格: ¥ 2,500(本体)+税

レーベル: JESUS RECORDS / sputniklab inc.

収録曲

【SIDE A】
1. おはようミカ
2. 人生
3. ハートブレイクマン

【SIDE B】
4. 非・生産的人間
5. ジャーニー
6. ライデイン(愛と笑いのロード)

ビデオコメント

リリース情報

人生は一度きり/ガオガオ・オールスター(初回生産限定)[CD+DVD]

人生は一度きり/ガオガオ・オールスター(初回生産限定)[CD+DVD]

2015年07月15日

ソニー・ミュージックレコーズ

[CD]
1. 人生は一度きり
2. ガオガオ・オールスター
3. Brand New Me
4. 君を今でも(麻珠ソロ曲)
5. 人生は一度きり -instrumental-

[DVD]
放課後ハイファイブ Live at Shibuya 2015.04.19

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

Little Glee Monster LIVE TOUR 2015 ~リトグリ、秋のガオッとオールJAPAN!!~
2015/09/5(土)福岡 DRUM LOGOS
2015/09/6(日)岡山 おかやま未来ホール
2015/09/12(土)静岡 SOUND SHOWER ark
2015/09/19(土)愛媛 松山W studio RED
2015/09/21(月・祝)愛知 ダイアモンドホール
2015/09/22(火・祝)大阪 森ノ宮ピロティホール
2015/09/26(土)神奈川 Club Lizard YOKOHAMA
2015/10/03 (土)埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心
2015/10/12 (月・祝)千葉 千葉 LOOK
2015/10/17 (土)山梨 GAZ KOFU
2015/10/24(土)宮城 仙台darwin
2015/10/25(日)福島 郡山CLUB♯9
2015/11/29 (日)東京 EX THEATER ROPPONGI

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る