Shiggy Jr.のストロング・ポイントが爆発した「サマータイムラブ」インタビュー!

Shiggy Jr. | 2015.06.29

 EMTG MUSICで[Coming Up Artist 2015]にピックアップしたShiggy Jr.。去年、インデーシーンでセカンド・ミニア ルバム『LISTEN TO THE MUSIC』が話題になったと思いきや、 アッという間にメジャー・デビューを決めてしまった。
 彼らの音楽をひと言で言えば“ポップ”。細かいジャンル分けなど飛び越えて、メロディの良さとそれを活かしたハッピーなボーカルとサウンドが真っ先に耳に飛び込んでくる。ここまで理屈抜きにポップな音楽を掲げて登場したバンドは、このところいなかった。
 メジャー・デビューシングル「サマータイムラブ/ keep on raining」は、そんなShiggy Jr.の ストロング・ポイントが爆発。生のブラスやストリングスが惜しげもなくフィーチャーされていて、まさに“メジャーという武器”を最大限に利用した仕上げになっている。
 超キャッチ―なボーカリスト池田智子、全作詞作曲を担当する原田茂幸(gt&cho)、ダンスジェニックなリズムセクションの森夏彦(ba)と諸石和馬(dr)の4人のメンバーに、さらなる野望を聞いてみた。

EMTG:どんな風に結成されたバンドなの?
池田:大学のサークルではコピーばっかりやってたんですけど、 この声質のせいもあって、ロックだちなかなかカッコよくならなかったんですよ。
EMTG:どんな音楽のコピーをやってたの?
池田:本当はゆらゆら帝国とか、サンボマスターとかをやりたかったんんですけど、思ったようにならなくて。
EMTG:ええーッ! その声で?
池田:そうなんですよ、この声で(笑)。
EMTG:それはカッコよくならんはな(苦笑)。
池田:そうこうしてるうちに卒業ってなって、2回就活しても就職が決まらなかったんです。もしかしたら、本当に好きなことじゃないから、それを見抜かれて断られたんじゃないかなと思って。それで、やっぱり自分の好きな音楽を突き詰めようって決めたんです。でもその時点ではバンドも曲もなくて、どうしようと思ってた時に、(原田)茂幸くんを紹介されたんです。一人で曲作りをしてる人がいて、それを歌ってくれる人を探してるって。
EMTG:原田くんはどんな状況だったの?
原田:僕も大学を卒業するタイミングで就活したんだけど、決まらなかったんです。一人だったから、ひたすらDTMで曲を作ってたんですよ。その中に、女性ボーカルに歌って欲しい曲がたくさんあって。
EMTG:うーん、就職氷河期が生んだバンドなんだね!
原田&池田:はい(笑)。
EMTG:池田さんは原田くんの作った曲を聴いて、どう思ったの?
池田:好きでしたよ。いろんな曲を歌いたいなって思いました。茂幸くんが歌って欲しく て、私が歌いたくて、需要と供給が一致したんです。音楽をずっとやっていきたいっていうモチベーションも一致して。
原田:僕も音楽で生活したいと思ってましたから。
EMTG:最初は二人で?
池田:ライブもしたいよねってことで、わりとすぐにバンドを組みました。
原田:最初からがっつりバンドを組んでやりたかったんです。
EMTG:でも、Shiggy Jr.みたいな音楽は、ある程度技術ないとできない音楽だから、探すのは大変だったんじゃないかな?
原田:そうですね。上手くないと成り立たない。
EMTG:そうしたら森くんと諸石くんがセットで売ってた?(笑)
森&諸石:そうなんですよ、セットになってた。
EMTG:ほんとに?(笑)
諸石:ほんとです(笑)。二人でシンガーソングライターの入江陽さんのバックをやってたら、そこに池田がコーラスで 来たわけですよ。それでShiggy Jr.を知って、僕はポップ好きだったから 「いいな」と思ってた。森くんも好きだったみたいで、二人で練習してる時に「Shiggy Jr.に入りて~!」って言ってたんです。そうしたら1カ月後に、加入の誘いがあって。
EMTG:“二人セット”で入ったんだ(笑)。 森くんはどんな状況だったの?
森:僕も就活を2回失敗してます。バンドもなかったし。
諸石:僕だけ、受かってたんですよ。話があったの は、入社してた時期だった。
池田:MVの撮影も、なかなか予定が合わなくて。
諸石:その頃は会社で働こうと思ってたから、千葉に引っ越して、ベランダに家庭菜園を持って、ニラとか育てて、地元に根付く気満々だった。
EMTG:ニラかあ(笑)。
池田:そこから、4人でよく話し合いました。私がバンドに とって大事に思うことは何かっていうようなことを書き出して、みんなに○を付けてもらったり。
EMTG:たとえばどんな条件?
池田:“挨拶はしっかりする”、“メンバー同士で褒め合 う”、“お客さんは大切に”とか、“風邪を引いたら、スタジオにはマスクをしてくる”とか。
EMTG:細け~!
森:そうなんですよ。でもそれで僕は「これはガチだ!」と思って、腹を決めました。
原田:僕はそれ見て笑ってましたけど(笑)。
池田:バンドをやるなら、大切に思うことを共有してかなきゃと思っていたので、みんなと話しておきたくて。
EMTG:しっかりしてんなあ!(笑)。 でももう一個大事なのは、バンドでどうやって曲を作っていくのかってことだよね。
原田:そうです。僕は一人で作ってる。バンドでは作ってないんですね。下手をすると、“バンドじゃない感”も好きなんです。
池田:その意味では最初に出した『Shiggy Jr. is not a child』は、茂幸くんが思ってた以上に“バンド・サウンド”になっちゃったんです。でも、Shiggy Jr.は、たとえば生のベースじゃなくて、シンセべースでやる曲があって、このメンバーで演奏すればShiggy Jr.だよねって認識です。 
EMTG:おおッ、いいね。
池田:トラックを使えば、私と茂幸くんの二人でもできるけ ど、バンドでワイワイやる方がいいっていうのも話しました。お客さんにも、ワイワイやってるバンドの方が、興味を持ってもらえるんじゃないかって。
原田:僕は大所帯のバンドが好きなんですよ。コーラスが入ってたり、キーボードやパーカッションがいたりするバンドがね。
EMTG:今回のメジャー・デビューシングルで、バンドとして何か変わったところはあるの?
原田:基本的には、何も変わってないです。楽しくてハッピー な音楽をやってます。もし変わったとしたら、生の弦や管が入ったり、アレンジにアゲハスプリングスの釣(俊輔:でんぱ組.incなどを手掛ける)さんに入ってもらったりっていうところかな。メジャーになって、音楽が確 実にワンランク上がったと思います。
EMTG:歌詞に関しては?
原田:もっと“切なさ”を入れた方がいいとか、ストーリーをちゃんとしなさいとか、いろいろ言われました。その面では、前よりストーリーがちゃんとしたと思います。
EMTG:男性が書いた歌詞を歌うことについては?
池田:語尾を少し変えてもらったりはしますけど、全然問題ないです。
EMTG:「サマータイムラブ」は、もろに“夏狙い”だけど(笑)。
原田:僕は“季節”がすごく好きなので、そういうテーマがあった方が書きやすい。カップリングの「keep on raining」も“梅雨狙い”です(笑)。
EMTG:そうか、梅雨狙いなんだ(笑)。リズムセクションはレコーディングはどうだったですか?
森:僕にとってはShiggy Jr.に加入してから諸石とのレコーディングはこの曲が初めてだった んですよ。だから「下手なものは出せない」と思って、二人でスタジオに入って練習しました。自分のことで言えば、自分で作ったベースのフレーズが難し過ぎて凹みました。だからすごく練習しました。
諸石:僕は全体としての演奏の底上げを目指してたんですけ ど、自分のドラムの音にバラつきがあったので、正直、ガッカリしながらも頑張って乗り越えました。こういう機会があってよかったと思って ます。
池田:私は今まで「歌がカラオケっぽい」って言われがちだったんですけど、今回は歌をちゃんと拾ってもらえて「生っぽい」っ言われるようになったのが嬉しいです。レコーディング、楽しかったぁ!
諸石:世界が広がりましたね。
原田:メジャーになって、よくしかなってないんじゃない。
EMTG:よくしかなってないって、いいねえ。最後に、ライブは今後どうなっていくのかな?
池田:長いライブをあまりやったことがないので、ワンマン・ ライブでしか見られないものを形にしたいですね。
原田:コーラスとかストリングスとかも、生でやりたい。それが夢ですね。
EMTG:ありがとうございました。

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル Shiggy Jr.

リリース情報

EP『Message』

EP『Message』

発売日: 2018年02月10日

価格: ¥ 1,800(本体)+税

レーベル: Rallye Label / SPACE SHOWER MUSIC

収録曲

[DISC1]
01.Heart
02.Message
03.Heart(mabanua remix)

[DISC2 ]
01.Amazon
02.Tinnder
03.Mobile
04.Netflicks
05.Health
06.Cool Wind
07.Some Boy
08.Queen
09.Filter
10.Session
11.Patagonia
12.Run
13.Candy girl
14.Heart
15.Jane
16.Message

関連記事

リリース情報

サマータイムラブ(初回限定盤)[CD+DVD]

サマータイムラブ(初回限定盤)[CD+DVD]

2015年06月24日

ユニバーサル シグマ

[CD]
1.サマータイムラブ
2.keep on raining
3.サマータイムラブ (REMIX)
4.サマータイムラブ (instrumental)
5.keep on raining (instrumental)

[DVD]
「サマータイムラブ」Music Video・メイキング映像収録予定

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●池田(vo)
アボカドマグロ丼

夜ごはんを作るときに見ました。

●原田(gt&cho)
ZOZOTOWN

Tシャツを探しました。ジーパンも欲しい!

●森(ba)
ダンベルx背筋

猫背を治したい。

●諸石(dr)
おいしいx古語

美味なり、だって。


■ライブ情報

"ワンマン"スかこれ。vol.1
2015/07/01(水)渋谷CLUB QUATTRO

JAPAN’S NEXT vol.10
2015/07/11(土)東京・代官山UNIT

JOIN ALIVE
2015/07/18(土)北海道・いわみざわ公園

RIP SLYME presents 真夏のWOW
2015/07/20(月)東京・新木場STUDIO COAST

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
2015/08/09(日)茨城・国営ひたち海浜公園

TREASURE05X ~summer triangle~
2015/08/15(土)名古屋・ELL / ell.FITS ALL / ell.SIZE

Spitz × VINTAGE ROCK std. presents 新木場サンセット 2015
2015/09/02(水)東京・新木場STUDIO COAST

MORNING RIVER SUMMIT 2015
2015/09/05(土)大阪城音楽堂

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る