急成長中のGLIM SPANKY、新しい扉を開いた1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』

GLIM SPANKY | 2015.07.16

 インタビューしてすぐにGLIM SPANKYのライブを観る機会があった。7月3日、渋谷CLUB QUATTROで行なわれた、ブルースロック・バンド a flood of circleとの対バン・ライブだった。
 ライブで聴く松尾レミの声は、想像を遥かに超えていた。彼女に対する“Janis Joplinの再来”という陳腐なキャッチコピーにうんざりしていたが、松尾はそんなコピーを軽く一蹴してJanisの本質に迫るボーカルを聴かせてくれた。その声は、Janisが何と闘い、何を悩んでいたのかをちゃんと知っていた。一方で亀本寛貴のギターには、音源から感じる以上の“華”があった。
 そして、最新シングル「リアル鬼ごっこ」と、大学時代に作ったという「大人になったら」の出来がよかったのも興味深かった。
 もしかするとファースト・アルバム『SUNRISE JOURNEY』を完成させたことが、彼らを一気に成長させたのかもしれない。この原稿を書いていて、ふとそんな思いに駆られた。

EMTG: アルバムの最後に入っている「リアル鬼ごっこ」は、これまでとタッチが違うから、ラストに置いたのかな?
松尾:そのタッチの違いに、私たちも思うところがあったんですよ。最初、アルバムの曲順はストーリーになっていて、「大人になったら」で終わる予定だったんですけど、急きょ「リアル鬼ごっこ」をレコーディングすることになって、ストーリー的にはつながらないから最後に置くしかなかった。そう決めた後で思ったんですけど、アルバムの曲の中でいちばんセカンド・アルバムを予感させてくれるのは「リアル鬼ごっこ」じゃないかな、って。これを最後に置くことで、「GLIM SPANKYは完結しないぞ。これから始まるんだ!」ってメッセージできるんじゃないかと思ったんです。
EMTG: 確かにそうだ! 二人は去年からずっとアルバムを出す事を楽しみにしていたね。
松尾:はい。メジャー・デビュー曲の「焦燥」と、私の人生のテーマである「大人になったら」は、去年の時点でレコーディングしてました。大事な2曲が録れていたので、後は中身をどうするかを考えながら曲を作って、作ってはレコーディングする作業をずっとやってました。ファースト・アルバムって“旅立ち”ですよね。誰にとってもそういう“スタートのとき”があるから、みんなにとってもスタートのテーマソングになるようなアルバムにしたいなって思ってました。
EMTG: その間に、「褒めろよ」とか、シングルも作ってたよね。
亀本:自分たちの中では、シングルの曲とアルバムに入る曲は違うと思ってやってます。
松尾:わかりやすく言うと、シングルは言われてから書く曲。アルバム曲は自分の中から湧いてきた曲ですね。象徴的だったのは2曲目の「サンライズジャーニー」。これは湧いてきた曲で「シングルにしたいな」と思ったんですけど、それはしないで最終的にはアルバム・タイトル曲になりました。 
EMTG: アルバムを聴いて面白かったのは、ロック・サイドとカントリー・サイドの二つのサウンドがあることだった。
松尾:もともとGLIM SPANKYは、カントリー寄りのバンドだったんですよ。高校生の頃とか。
亀本:いしわたり淳治さんがプロデュースするのはロックバンドっぽいもので、高田漣さんはカントリーやフォーキーなサウンドをプロデュースしてくれました。シングルは亀田誠治さんです。
松尾:だから高田さんと一緒にやっているのはGLIM SPANKYのルーツ・ミュージックで、亀田さんとやってる「褒めろよ」や「リアル鬼ごっこ」はそれまでのGLIM SPANKYにはなかったものです。
亀本:ファースト・アルバムなので、次の方向のバリエーションが欲しかったから、今回はいろんなことをやってみてます。
松尾:テンポの速い乗れる曲が少なかったから、「褒めろよ」 や「リアル鬼ごっこ」が出来てよかったです。「褒めろよ」はコミカルでもあるし。アマチュア時代にやってこなかったことも、どんどんやっていこうと思ってます。
EMTG: 旅立ちの歌があったり、「踊りに行こうぜ」があったりする中で、「WONDER ALONE」 は少し歌詞のタッチが違うね。
松尾:初めてツアーを回った頃に作った歌で、毎日歌って自分のキャパシティを超えそうになってた。メジャーの洗礼というか。その時、「喉がつぶれたらどうしよう」って心配する一方で、「絶対にやってやるぞ」って同時に思って書いたんです。
EMTG: 亀本くんは、この曲でカッコいいスライド・ギター・ソロをやってるね。スライド名人の高田さんの前でプレッシャーはなかった?
亀本:全部同じ感じのギターは嫌だったので、トライしました。高田さんからは、「スライド・バーは小指にハメた方が、後々いいよ」ってアドバイスをもらいました。
EMTG: アコギ1本でやってる「さよなら僕の町」も面白かった。
松尾:GLIM SPANKYが大切にしてる“生々しさ”を伝えたくて、一発録りでやりました。美術大学に合格して、地元から東京に行くことになって、同級生にはそういう大学に行く人は一人もいなかった。正直、淋しかったけど、でも夢を見ている自分がいた。前に行くために、心に鍵をかけて上京しようと思った時に書いた曲ですね。なので、思い出のたくさんある母校の美術室で録りました。卒業して5年になるのに、私が描いた絵がまだ飾ってあって懐かしかったです。
亀本:GLIM SPANKYの歴史の始まりを入れたかったんで、この曲をやりました。あの頃、いっぱいやりたいことがあるって思ってたけど、今の方がもっとやりたいことがあるなと思いましたね。
EMTG: 母校まで行ったのかぁ。いいレコーディングだったんだね。
亀本:1曲1曲、発見があって、吸収したことがたくさんありました。今までの手法も確認できたし、新しい挑戦もできたし。
松尾:どんなプロデュースを受けても、どんなタイアップが来ても、うちらの心が曲がるはずがないっていう自信もつきました。
亀本:映画のイメージソングの「リアル鬼ごっこ」では、「10代の女性が出て来る映画だから、ロックの力強さだけではダメだ。はかなさと切なさをメロディで表わせ」って言われて。
松尾:今まで「ポップ過ぎないかな?」って避けてきた部分に挑戦しました。明らかに「大人になったら」と違う。新しい扉を開くことができたと思ってます。だからGLIM SPANKYは、偶然、「リアル鬼ごっこ」に次の扉を開いてもらったんですよ。
EMTG: きっとその扉は、セカンド・アルバムにつながるね。そしていきなり今年はフジロックに出る!
松尾:そうなんです。いろんな人から「凄いフェスだよ」って聞いてて。
亀本:「やったあ!」って思ったんですけど、うちら、フェスに行ったことがない(笑)。 初めてなんで、思い切り楽しんでこようと思ってます。
EMTG: 楽しみにしてます。頑張って!!
松尾&亀本:はい!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル GLIM SPANKY

リリース情報

だいぽん起きろ

だいぽん起きろ

発売日: 2018年06月20日

価格: ¥ 1,000(本体)+税

レーベル: TRUST RECORDS

収録曲

1. URCHIN PHANTOM
2. だいぽん起きろ
3. ZAZA
4. SWAY

ビデオコメント

リリース情報

SUNRISE JOURNEY

SUNRISE JOURNEY

2015年07月22日

ユニバーサル ミュージック

1.焦燥
2.サンライズジャーニー
3.褒めろよ
4.MIDNIGHT CIRCUS
5.踊りに行こうぜ
6.夜が明けたら
7.さよなら僕の町
8.WONDER ALONE
9.ロルカ
10大人になったら
11リアル鬼ごっこ

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

SUNRISE JOURNEY TOUR 2015
2015/09/18(金)仙台LIVE HOUSE enn 2nd
2015/09/21(月)札幌COLONY
2015/09/23(水)京都磔磔
2015/09/24(木)高松TOONICE
2015/09/26(土)広島CAVE-BE
2015/09/27(日)福岡graf
2015/10/04(日)梅田シャングリラ(ワンマン)
2015/10/11(日)名古屋CLUB UPSET(ワンマン)
2015/10/17(土)赤坂BLITZ(ワンマン)

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る