LUI FRONTiC 赤羽JAPANのエッジーな個性に貫かれたシングル「ワンダーループ」

LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN | 2015.08.17

 元BiSのリーダー、プールイを中心としたバンドプロジェクト“LUI FRONTiC 赤羽JAPAN”からメジャー2ndシングル「ワンダーループ」が到着。エッジの効きまくったギターリフ、緻密に構築されたサウンドメイク、そして、夏の終わりをモチーフに“終焉と始まり”を描いたリリック。メンバー3人の個性がビビッドに反映された表題曲によって、このバンドの存在はさらに広い場所で認知されることになりそうだ。因縁の場所でシューティングされたMVもぜひチェックしてほしい。

EMTG:メジャー2ndシングル「ワンダーループ」はアグレッシブなバンドサウンドが印象的なナンバー。前作「リプミー」とは違うイメージの曲ですよね。
テンペスト竹内:「リプミー」はもうちょっと開けた感じの印象だったと思うんですけど、今回の「リプミー」はエッジがあるというか、鋭い感じの楽曲かもしれないですね。アンサンブルもかなり凝ってるし。シンプルに聴こえるけど、じつは難しいことをやってるっていうのが好きなんですよ。
EMTG:そう、アレンジはすごく緻密なんだけど、しっかり歌が聴こえてきて。
竹内:そこは考えてやってますから。専門的なことを言ってもアレだけど、「歌メロがこうくるから、後ろの音はこっちに逃がして」とか。
小原just begun:(笑)演奏もちょっと難しいので、ライブでやるときも最初は緊張しましたね。いまはだいぶ慣れてきて、「どや!」って感じでやってますけど。(オーディエンスの)反応もいい感じですよ。
EMTG:歌詞のテーマは“終わりと始まり”ということですが。
プールイ:もともとは“夏の終わり”とか“季節の変わり目”という感じだったんです。切ないんだけど、次の季節が始まるワクワクもあるっていう。あんまり書いたことがないテーマだったんで最初は悩んでたんですけど、アイドルのときのグループ(BiS)が解散してちょうど1年くらい経ったから、そのことを歌詞にしてみようかなって。
EMTG:この1年はプールイさんにとって怒涛の日々だったと思いますが…。
プールイ:早いんだけ遅いんだかわからない感じですね。謎の忙しさが続いていて(笑)。
竹内:印象としては“まだ1年?”っていう感じかな。
プールイ:3年くらい経ってる気もするよね。
EMTG:アイドル時代、いま振り返ってみるとどうですか?
プードル:もう忘れましたね。記憶がないんです、辛すぎて。車中泊ツアーのDVDとかも解散後に見たんですけど、泣きそうになりましたよ、かわいそうで。「もうやめて。いじめないで!」って。そりゃおかしくなりますよ、みんな。いまやれって言われたら、絶対イヤ(笑)。そういえば昨日、アーバンギャルドの(松永)天馬さんにお会いしたんですよ。ちょうど1年ぶりくらいだったんですけど「話しかけやすくなった」って言われました。「いまも話しかけづらいけど、前はもっと尖ってて、怖かった」って。
EMTG:1年経って、プールイさんも変化してきてるのかも。
プールイ:メンバーのふたりに対してはだいぶ図々しくなってますね(笑)。
小原:うん、それは思う。この前、関西に遠征してたんですよ。竹内の運転で移動してて、僕は助手席に座ってたんですけど、(プールイの)足が当たるんです(笑)。
プールイ:車って、足むくむからね。伸ばさないと。
竹内:確かによそよそしさはなくなってきたよな。
小原:最初は「おとなしい女の子やな」って思ったけど。
プールイ:いまも女ですけどね。はじめのころは気を使ってからなー。
EMTG:バンドの活動に対しても自分の意見を言うようになってたりします?
プールイ:ライブのことは言いますね。
竹内:僕がセットリストの叩き台を作ることが多いんですけど、25分しか持ち時間がないイベントで「バラードやりたい」って言い出したり。
プールイ:それは押し通しましたけどね(笑)。いいんですよ、失敗したら、もうやらなければいいんだから。失敗してみないとわからないこともあるし。でも、最近はメンバーのミスもわかるようになってきたんですよ。誰かが間違うと「あれ?」って違和感があって。
竹内:いいことだよ。もっとがんばれ。
プールイ:まあ、ライブも失敗していいと思ってるんですけどね、アイドル時代から。歌詞を忘れても、大きい声で「ラララ~」って歌えば、それが「いい」ってことになるかもしれないし。変なところがポジティブなんですよ(笑)。
EMTG:カップリングの「騙されたいんだよ」もシャープな手触りのロックチューン。この歌詞も濃いですよね…。
プールイ:こっちの歌詞はラクでしたね、日々思ってることを書いたので。 アイドルのオタクってキモイなっていうのを歌詞にしたんです。
小原:ヤバいね。
プールイ:みんな言えないだろうから、代弁しました(笑)。オタクは好きですし、もちん感謝もありますよ。「カッコつけてるうちはまだまだ。グチャグチャになってからが本物だ」って思ってるので。
EMTG:まちがいなくプールイさんにしか書けない歌詞ですよね。
小原:ホンマにそうだと思います。エゲつない感じもあるし。
プールイ:このキャラクターだから嫌味に取られないのかも。
竹内:仮の歌詞の時点は、もっとライトなイメージだったんですよ。恋愛の曲っぽい雰囲気というか。
プールイ:メンヘラ女子のね。
竹内:それが出来上がってみたら、全然違う感じになってて。おもしろいなって思いますね。
プールイ:アイドルとオタクだけじゃなくて、いろんな関係に当てはまると思うんですよ。キャバ嬢とかホストとか、好きなコンビニの店員とか。
小原:それ、むちゃくちゃ怖いな。
EMTG:確かに(笑)。メジャーからシングル2枚を出して、活動もさらに軌道に乗っていきそうですね。
竹内:“やっとこさ”という感じですかね。もっとスピードを上げていかないと。
プールイ:また迷走するかもしれないけどね。
竹内:それは否定しない(笑)。このバンドは普通の成り立ちとは違うし、「これが合う、これは合わない」っていうのも、ひとつずつ試していくしかないと思うんですよ。
プールイ:3rdシングルは演歌かもしれないしね。演歌ロック。
小原:それもヤバそやな。
EMTG:試行錯誤そのものをエンターテインメントにつなげられるバンドだと思いますけどね。
竹内:そうなりたいですね。バンドサウンドを軸にしながら、やれることは何でもやっていきたいと思ってるので。
EMTG:まずは10月2日の恵比寿LIQUIDROOMライブですね。
竹内;そうですね。いまの時点でいちばんいいことをやりつつ、そこにどう遊びを入れていくかっていう。まあ、まだどんなライブになるかはわからないですけど。
EMTG:前回のワンマンが渋谷クラブクアトロなので、確実にステップアップしてるし。
小原:埋まれば、ですね。
竹内:リアルにそこですよ。「ホンマにそこでやる?」みたいなことが多いんですよね、このバンドは。ずっとそういうやり方だったみたいだし…。
プールイ:あ、俺?(笑) 大丈夫だよ。私、チケットを1万枚余らせたことがある女だから。
竹内:横アリね(笑)。すごいよね、それ。
プールイ:あれを経験したら、もう何も怖くありません!

【取材・文:森朋之】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル LUI FRONTiC 赤羽 JAPAN

リリース情報

キャッチャー・イン・ザ・ヘル

キャッチャー・イン・ザ・ヘル

発売日: 2019年04月17日

価格: ¥ 2,500(本体)+税

レーベル: テイチクエンタテインメント

収録曲

収録内容などの詳細は追って発表

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

ワンダーループ(初回生産限定盤)[CD+DVD]

ワンダーループ(初回生産限定盤)[CD+DVD]

2015年08月12日

ユニバーサル ミュージック

[CD]
1. ワンダーループ
2. 騙されたいんだよ

[DVD]
「ワンダーループ」MV

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

会いにイクから会いにキテ2015
2015/09/22(火・祝)仙台 HOOK
2015/09/23(水・祝)福島 郡山club #9
2015/11/23(月・祝)静岡 Sunush
2015/11/27(金)福岡 DRUM SON
2015/11/28(土)岡山 CRAZY MAMA 2nd room
2015/11/29(日)高松DIME

O-Crest×ポタリ presents 渋谷のみなさん、こんちくわ~!!
2015/08/17(月)O-Crest

プールイ生誕祭
2015/08/20(木)新宿ロフトプラスワン

SEA SIDE HEAVEN vol.26
2015/08/27(木)Club Lizard Yokohama

AOMORI ROCK FESTIVAL’15~夏の魔物~
2015/09/12(土)青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場

WALK THIS WAY ~武道館なんてバカだって言われても歩いていくんだ~
2015/10/02(金)恵比寿LIQUIDROOM

OUTPUT 異種格闘 2015
2015/10/17(土)那覇output

WALK THIS WAY AFTER PARTY
2015/10/18(日)那覇output

Girls Monster Vol.2
2015/12/26(土)@代官山LOOP

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る