清 竜人25ストーリーの序幕的作品『PROPOSE』!

清 竜人25 | 2015.09.02

 男が憧れ、女が惚れるアフロヘアーのプレイボーイ清 竜人と6人の夫人による一夫多妻制アイドルユニット、清 竜人25が9月2日に1stアルバム『PROPOSE』をリリースする。ライブでも披露されていない新曲4曲を含む今作は、夫人達との出会いからお互いが強気になったり弱気になったりの駆け引きを経て全員で誓いを立てるという清 竜人25ストーリーの序幕的な作品に仕上がっており、これは今後のツアーともリンクした内容になっていると言う。今回はその華やかなサウンドに欠かせないアレンジャー選びや、楽曲制作をする上でのこだわりについて話を伺った。

EMTG:清 竜人25(以下 25)のサウンドを形作る要素の1つとして曲ごとに違うアレンジャーを起用している事があげられると思うんですが、アルバムでは新たに「プリ~ズ...マイ...ダ~リン♡」で宮川弾さん、「ハードボイルドに愛してやるぜ♡」で武藤星児さんが参加されています。宮川さんはソロ活動時代からのお付き合いですよね?
竜人:そうですね。なので仕事がし易いっていうのもありましたし、渡したらこういう音にしてくれるんじゃないかなっていうのがあったので。ラヴ・タンバリンズ(バンド)をやられていた頃の渋谷系の音色感というか、そういう感じが何かアルバム通して中盤ぐらいに1曲あるといいアクセントになるかなと思って。
EMTG:宮川さんは「たまこまーけっと」とかアニメ作品も手掛けていたりするのでそこからのイメージもあったのかなとも思ったのですが。
竜人:あ、まさにそのキーワードも出しました。宮川さんが手掛けるとアニソンだけどアニソンにならないっていう丁度いい塩梅を知っている人なので、そういうのも含めてオファーしましたね。
EMTG:逆に武藤さんはちょっと意外な人選だなと思ったのですが。
竜人:アレンジャーに関しては色んな方がいた方がバラエティ豊かになっていいと思っているので、またちょっと色が違いますけど初めて仕事をさせてもらいました。武藤さんはAKB関連の作品で数多くお仕事されている方ですけど、元々は木村カエラさんとかやられていたのでギターロックからプラスアルファのアイドルソングに落とし込むのが得意な人なんじゃないかなって思ったのでお願いしました。
EMTG:アレンジャーの話しでもうひとつ、アルバム最後に収録されている「誓いのワルツ」はMOSAIC.WAVが手掛けていますが、彼らの特長でもある電波ソングっぽい仕上がりになっていなくて面白いなと思ったんですけど。
竜人:多分それは3拍子だからだと思います。MOSAIC.WAVの曲で3拍子の曲ってあるのかもしれないですけど僕は聴いた事がなくて。なのでワルツ調の曲を彼らがやると面白くなるんじゃないかなっていうのは自分の中でありましたね。
EMTG:なるほど。今回は夫人のみなさんにも全員集まって頂いているのでそれぞれのアルバムに対する感想もお聞きしたいのですが。
咲乃:歌詞とかは竜人くんの方が私より乙女だなって思います。私には絶対そんな考えはないなっていう所があって。
EMTG:そういう女の子目線の詞を書くのは難しくないんですか?
竜人:25だけじゃないですけど、詞を作る時たまに頭の中で自分と恋愛をするみたいな事を考えたりもします。堀江由衣さんと仕事をするようになってから試行錯誤してそういう事をするようになりましたね。
美咲:凄い事考えるねー。
可恩:そういう異性目線で書く詞に魅力を感じますよね。私は個人的に男の人が女の人の歌詞を書いているものが好きで、だから25の曲は超ストライクなんです。
竜人:ちょっと上田正樹的な要素があるのかもしれないですね。
EMTG:関西の人が女心を歌う的な。
竜人:うん。ちょっとあるかもしれないです。
亜美:アルバムは結婚生活での竜人くんの色んな側面が見れましたね。「Will♡You♡Marry♡Me?」で俺についておいでよって言ってたのに「A・B・Cじゃグッと来ない!!」って言われるし(笑)。浮気な曲とか、よそ見されたりとか、PLAY BOYにまでなっちゃうし結婚生活って楽じゃないなって。幸せだけじゃやっていけないんですね(笑)。
EMTG:そういう意味では新曲の「やっぱりWifeがNO.1♪」は今までの25にはなかったようなちょっとリアルな男の浮気心が描かれていていますよね。
竜人:ライブパフォーマンスの時に僕が嫁たちをほっぽり出して客に絡みに行って、でも最終的にはやっぱり嫁がいいなって戻って来るっていういわゆる週末、花金の男心みたいなのを書きたかったんです。
夫人一同:えーやだー(笑)。
優華:いつも歌詞が来るのが後なんですけど、曲を聴いた時にイメージしていたのと全然違う歌詞が来たりして面白いんです。私は今回が初めてのレコーディングで戸惑う事も多かったんですけど、まだ新婚なんで竜人くんがキーボードを弾きながら優しく教えてくれました。
桃花:私は「ハードボイルドに愛してやるぜ♡」が、歌詞がごっちゃになっちゃって歌い辛かったですね。個人的にバラードが好きなのでこういうロックな曲はあまり歌った事がなかったのでそこは今後の課題ですね。
美咲:私は「誓いのワルツ」のセリフとか最初恥ずかしかったし「やっぱりWifeがNO.1♪」は急にラップ調で歌ってって言われて難しかったです。25のレコーディングはアドリブをきかせて歌う事が多いんですよ。だからアドリブ能力が上がってきました(笑)。
竜人:25はあんまりメンバーのセリフみたいなのを入れたくないんです。僕は要所要所でセリフを言うんですけどそれはその方がライブで盛り上がるなっていうのがあるからで、そこでメンバーも喋っちゃうと、とっ散らかっちゃうなと思っていて。だからアルバムを通してポイント的に使っている所はあるけど、しっかりとしたセリフが出て来るのは最後の「誓いのワルツ」だけなんです。ずっと歌っていて最後に喋られるとちょっとドキッとしちゃうみたいな、それぐらいのバランス感で喋らせたいなと思うんですよね。セリフとブレイクっていうのは音楽を作る上で一番難しくて、入れすぎると作品性が薄くなっちゃうし、丁度いい塩梅で入れないと曲がしまらないしダサくなっちゃうんですよ。そのバランスだけは間違わないようにしたいなと思っています。
EMTG:1stアルバムが完成してツアーもありますが、過去の竜人さんのパターンからすると1枚アルバムを作り終えると次は全く違うアプローチになる事が多かったように思うのですが、今後25は続いて行くんでしょうか?
竜人:勿論続けたいなと思っています。(ニヤリとした表情で)後はディレクターと相談ですね。
亜美:「PROPOSE」しているのにその後もし放置だったらひどくない?サイテー!
美咲:いい加減~!
(夫人全員から一斉に非難の声が上がる)
竜人: ハハハハ。

【取材・文:山村哲也】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル 清 竜人 清 竜人25

リリース情報

Koi

Koi

発売日: 2019年02月27日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: ユニバーサルミュージックジャパン

収録曲

01.Koi
02.For you

リリース情報

PROPOSE(初回限定盤)[CD+DVD]

PROPOSE(初回限定盤)[CD+DVD]

2015年09月02日

トイズファクトリー

[CD]
1.Will□You□Marry□Me?
2.Mr. PLAY BOY...□
3.A・B・Cじゃグッと来ない!!
4.Call□Me□Baby
5.ハードボイルドに愛してやるぜ□
6.プリ~ズ…マイ…ダ~リン□
7.ラブ□ボクシング
8.どうしようもないよ...
9.天上天下唯我独尊
10.逢いたいYO~♪
11.The□Birthday□Surprise
12.やっぱりWifeがNo.1♪ 
13.誓いのワルツ

[Blu-ray / DVD収録内容]
・「Will□You□Marry□Me?」Music Video
・「A・B・Cじゃグッと来ない!!」Music Video
・「Mr.PLAY BOY…□」Music Video
・「ハードボイルドに愛してやるぜ□」Music Video
・「ハードボイルドに愛してやるぜ□」Music Video Dance shot ver.
・「ハードボイルドに愛してやるぜ□」Music Video メイキング映像
・ライブ映像
(清 竜人ハーレム▽フェスタ2015 Vol.4~バースデー▽パーティー2days~ @SHIBUYA TSUTAYA O-WESTより)
01. ラブ□ボクシング
02. 逢いたいYO?♪
03. Call□Me□Baby
04. どうしようもないよ…
05. A・B・Cじゃグッと来ない!!
06. 天上天下唯我独尊
07. Will□You□Marry□Me?
08. Mr PLAY BOY…□
09. The□Birthday□Surprise
・第7夫人加入ドキュメンタリー(Blu-rayにのみ収録)

超限定引き出物盤 特典内容
・高級桐箱BOX仕様
・オリジナルフォトブック
・夫人による両親へ贈る手紙
・清家オリジナル置き時計

※□はハートマーク

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

清 竜人25“ハネムーン♡ツアー”
2015/09/06(日)TSUTAYA O-EAST
2015/09/25(金)NAGOYA QUATTRO
2015/09/26(土)OSAKA MUSE

清 竜人25“ハネムーン♡ツアー” 追加公演
2015/09/30(水)TSUTAYA O-EAST

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る