清 竜人25、ヒッピー風の衣装でビジュアル一新!ラブ&ピース溢れる新曲完成!

清 竜人25 | 2016.02.27

 昨年(2015年)1stアルバムをリリースし初のツアーも行った清 竜人25。「ツアーで大団円感はありましたけど次の事も頭の中に置きながらだったのでまだ途中って気持ちでやっていました」と言う竜人が今回ニューシングルとして書き上げたのは“君と俺なら世界の笑顔増やせるはずさ”と歌うハッピーソング『LOVE&WIFE&PEACE♡』。タイトルに合わせ今まで真顔でポーズを決めていたビジュアルイメージも一新され、今作はヒッピーファッションに身を包んだメンバーの笑顔が溢れるピースフルなものに仕上がっている。新曲や初のホールライブについて真摯に語りながらも、夫婦喧嘩や夫の殺人予告まで飛び出した清 竜人、清 美咲、清 可恩のインタビューをお楽しみください。

EMTG:ビジュアルイメージががらりと変わりましたがこれはどういう所からなんですか?
竜人:今回はワコールのタイアップソングでその商品のキャッチフレーズが『ラブ&ピース』に掛けて『ブラ&ピース』だったから、25としてもヒッピームーブメントを取り入れて表現したら面白そうだなっていうのがパッと浮かんで。一夫多妻制の雰囲気が一種のコミューン感もあるしそこから着想を得た感じですね。
EMTG:では2016年の25が今後もこういうイメージで行くっていうのではなくて、これはあくまでも今回だけのもの?
竜人:そうですね。今までも作品ごとにビジュアルコンセプトは違うので。ただ1stアルバムでパッケージとして第一章は終わったという感覚があるから、2ndアルバムに向けてはちょっとしたマイナーチェンジですけど今までと違う方向性や作品性にしたいなと思っています。
EMTG:美咲さんと可恩さんはヒッピー風の衣装を着てみてどうでした?
美咲:初めて見た時はインパクトがあってやばいかもって思ったんですけど、これぐらいの方が着ていて楽しいなって思いました。結構フェスの上級者っぽい感じになってFUJI ROCKに凄く楽しんで来ていますよみたいな(笑)。
可恩:ステージでは別にダンス衣装があってそっちもちょっとこういう要素が入っているんです。あと写真も今までは夫人が順に並んでいたりしてカッチリした感じだったんですけど、今回はラフな雰囲気なので見た目でも変わったのがわかるかもしれない。
EMTG:確かにそうですね。『LOVE&WIFE&PEACE♡』はニュージャックスウィングっぽい仕上がりだなと思ったんですが曲の発想はどんな所からなんですか?
竜人:1stアルバム以降の音楽性に関してわずかながらですけど自分の中では変化させようかなと思っていて。1stアルバムって聴き返してみるとライブの事も考えて作ったからアイドルポップスの典型的な音の作り方みたいな曲も結構あって、それは勿論それで良かったんですけど2ndアルバムに向けてはもう少しそういうのを抜いてもいいのかなと。サウンド面に関してちょっと生っぽかったり、音楽のジャンルもちょっとオーセンティックだったりする方向性にしようかなとは思っていますね。ライブの事も考えて作ってはいるんですけど、その比重が変わった気がします。
EMTG:2人はこの曲歌ってみてどうでした?
美咲:「あれ?今までの曲の中で一番声が高いな」って思って。私竜人くんの作る歌はキーが高くても比較的歌えていたんですけど、この曲は声が調子良くないとライブでは大変だなっていう不安要素が出てきました。
可恩:レコーディングは歌録りが凄く押したんです。一人ずつ順番に来て録るんですけど予定していた時間が被っていってみんなが待っている中で歌うみたいになっちゃって。
竜人:そもそも可恩が遅刻したからね。
可恩:えっ!?してない、してない。
竜人:30分以上遅刻して。
可恩:してないよー。
竜人:それが切っ掛けで押し始めて。
可恩:マジでしてないんだけどー!
美咲:何か夫婦喧嘩みたい(笑)。
竜人:あははは、夫婦喧嘩だ。
可恩:もうー!いいです、面白いからそう書いといてください!(気をとり直して)あとは歌詞に英語が結構多くてそれの滑舌が大変でしたね。25にはあまり滑舌がいい子がいないので。
美咲:道連れにされてるー(笑)。
可恩:あ、美咲ちゃんはいいんだよ。美咲ちゃんだけなんだよ、多分滑舌がいいのは。
美咲:私はこの曲で好きな所が2つあって“なんだかんだ”の所が凄く可愛いんですよ。それとそのあとの亜美ちゃんの“ちょっとマジ最低なんだけど”の所。あそこが凄いリアル感あって好きですね(笑)。早くライブでやって欲しいなって思います。あれはどうやって言わせたの?
竜人:あれは1テイクやったと思う。
美咲:何かリアルな声だよね(笑)。
EMTG:4月には中野サンプラザでの公演が控えていますが、ホールだと色々仕掛けも考えられますよね。
可恩:私飛びたいです。そうだ(竜人の肩を叩いて)飛んだらいいじゃん。
竜人:じゃあ100万円ぐらい持って来てもらっていい?
可恩:えっー!
全員:(笑)。
美咲:私は中野サンプラザの実感が湧いたのがゲネって言葉を聞いた時だったんです。これが良くアイドルさん達が言っているゲネだーと思って、「ゲネってなにするんですか?」って聞いたら「同じ位の大きさの所でリハするんだよ」って言われたので、わぁー実感湧く―って(笑)。
竜人:ホールなので動く人間の数も全然変わってくるからミーティングももう何回かやっていて。普通のライブハウスでやるのとは訳が違うし二階席もあるのでいろんな角度からの見え方っていうのも考えないといけないじゃないですか。バンドだったら普通に演奏すればいいかもしれないけど、パフォーマンスグループなのでちょっと普段のライブとは違ったプログラムは考えています。
EMTG:サンプラザ以降の活動は?
竜人:今年は4月以降のライブの予定とかもあまり決まっていないので・・・
EMTG:またいつもの不安な発言が。
竜人:サンプラザで終わる可能性も。
美咲:えー!これからの人生、未亡人になっちゃう。
竜人:なんで俺死ななあかんねん。
美咲&可恩:(爆笑)。
美咲:何もしてくれないなら殺すしかないかなって。
可恩:それぐらいしそうじゃありません私達?
美咲:6人で知恵絞って(笑)。
EMTG:実は今後インタビューをさせてもらえる時には毎回竜人さんに「続きますよね?」って訊いて取材を締めるパターンにしようと思っていたんですけど。
竜人:(ニヤッとした顔で)ある日「続かないです」って言うかもしれないですね。
可恩:そこで私達も初めて知るっていう。
美咲:ぎゃはははは。

【取材・文:山村哲也】

tag一覧 シングル 男性ボーカル インタビュー 清 竜人25

ビデオコメント

リリース情報

LOVE&WIFE&PEACE□(完全限定生産盤)

LOVE&WIFE&PEACE□(完全限定生産盤)

2016年03月02日

トイズファクトリー

[CD]
1. LOVE&WIFE&PEACE□
2. ねえねえ…
3. LOVE&WIFE&PEACE□(Instrumental)
4. ねえねえ…(Instrumental)

[DVD]
(約115分収録予定)
・「LOVE&WIFE&PEACE□」Music Video
・「LOVE&WIFE&PEACE□」Music Videoメイキング映像
・清 竜人25“ハネムーン□ツアー”at SHIBUYA TSUTAYA O-EAST(2015.9.6)

※□は正式にはハートマークです

お知らせ

■ライブ情報

清 竜人25 コンサート 2016 春
2016/04/09(土)中野サンプラザ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る