GLIM SPANKY、映画「ONE PIECE FILM GOLD」主題歌を含む待望の2ndフルアルバム『Next One』完成!(後編)

GLIM SPANKY | 2016.07.07

 2ndフルアルバム『Next One』は、『SUNRISE JOURNEY』からの1年で確実にスケールアップしたGLIM SPANKYをダイレクトに表す作品だ。ダイナミックなサウンドと変化に富んだ楽曲、松尾レミがハスキーな声で表情豊かに伝える歌は、時に幻想的で時にドラマチック、そして心の芯を熱くさせる。今作では、本日7月7日に発表されたタイアップを含め、10曲中5曲に大型タイアップがつき、そのうちの4曲は映画やアニメといった映像作品に関わっている。それはGLIM SPANKYの楽曲が視覚的な想像力を刺激し、感動を生む感情を動かす力を持っていることを示していると言っていいだろう。そして松尾レミ(Vo&G)と亀本寛貴(G)の2人が、純粋にロックを愛しロックが心を揺さぶる音楽であることを信じているからに他ならない。だからGLIM SPAKYは、常に“次”を目指すのだ。

EMTG:今回はタイアップ曲が多いことも作品のスケール感を大きくしていますが、もう一つ大きなタイアップが発表になりましたね。
松尾:そうなんです。「闇に目を凝らせば」が秋に公開される映画『少女』の主題歌で、書き下ろしなんです。けっこう暗い映画というか。
亀本:湊かなえさんの原作はサスペンスものとカテゴライズされていて、女子高生とかが出てきて割と暗い、みたいな感じで。
松尾:本当に暗いんですよ(笑)。三島有紀子監督がGLIM SPANKYを気に入ってくれて声をかけてくれたんですけど、映画が暗いので、暗いまま終わらせたい、と。だからどんよりした世界の中で、出口が見えない曲を書いてくださいって言われて。「NIGHT LAN DOT」みたいなイメージで書き下ろしてくださいって。映画の劇中曲もバロック的なサウンドが使われているので、その空気のまま行きたい、そして歌から入ってほしいと、監督からのリクエストがあって。それで、弦を入れること、歌から始まること、幻想的な真夜中で出口が見えないどんよりした空気、という条件で書いていって。でも夜の世界というか幻想的な文学の世界は私が一番得意としているところなので、思う存分好き勝手やらしてもらいました。
EMTG:タイアップは大変じゃないですか?
松尾:でも意外と、好き勝手やってくださいというオーダーばかりなので(笑)。「怒りをくれよ」もそうだし、「時代のヒーロー」もドラマ主題歌(Amazonオリジナルドラマ『宇宙の仕事』)ですけど、GLIM SPANKYがカッコいいと思ってるロックを作ってください、としか言われなくて。「話をしよう」もアニメタイアップ(NHK Eテレアニメ 『境界のRINNE』 第2シリーズエンディングテーマ)ですけど、これもGLIM SPANKYが思うエンディングでいいです、って(笑)。一番リクエストが多かったのが「闇に目を凝らせば」だったんですけど、それさえも自分たちの好みの方向性だったから何もストレスなく。逆に難しくて監督と何度も話さなくちゃならないこともあったんですけど、その場にいる誰もが、もっとよくしようという気持ちのポジティヴな話し合いだったので、とても気持ちよかったです。タイアップって、こんなにクリーンで純粋なんだって思えました。
EMTG:書き下ろしの他に、この曲は2作目に入れたいと思っていた曲もありますか?
松尾:「NIGHT LAN DOT」は、大学の時からやっている曲で、ほとんどアレンジも変わってないんです。GLIM SPANKYが一番得意としていたのがこういう楽曲で、ああいうテイストの曲は何曲かあるんですけど、2作目には絶対その中の1曲を入れたいと。
EMTG:この曲は昨年の赤坂BLITZで演奏した時に、稲垣足穂の「一千一秒物語」に触発されたとMCで話してました。
松尾:そうなんですよ。稲垣足穂が好きで、その影響で足穂好きなあがた森魚が好きだったり、あがた森魚の作品から「バンドネオンの豹(ジャガー)」を引いてきたり。そうやって影響されてリスペクトして作った曲だからこそ、早く世に出したいという気持ちが強かったんです。GLIM SPANKYのこういう世界観を、2作目で明確に出してもいいかなと思って。今はやってよかったと思います。
EMTG:1作目はオーセンティック・ロックという立ち位置を明確にすることが大切だったんですね。
松尾:そうです。だから2ndは、そこから一歩進んで、それ以外の面をちゃんと出していけたらいいなと。まだこれでもチョイ出しなんですよ(笑)。「いざメキシコへ」は、もう1曲ロックなのが欲しいということで一番最後に作った曲なんですけど、だからこそ今の自分たちの好みが入っていると思います。昨年のフジロックで見た洋楽アーティストに触発されたこととか。
亀本:「いざメキシコへ」は4つ打ちなんですけど、GLIM SPANKYがやると目立たない(笑)。単純にテンポが速くないからだと思うんですけど。
松尾:「grand port」も、DJさんとかがクラブでやってるみたいなことをドラムでやってEDMっぽくしてみたり。
亀本:ちょっとアヴィーチーみたいな(笑)、北欧のEDMみたいな感じが入ってる。
松尾:それと、オブ・モンスターズ・アンド・メンみたいなフォーキーなトラディショナルなロックを意識して作ったり。前作もですけど、プリプロで完璧に仕上げて最後の最後でプロデューサーさんに力を借りるという感じでやってるので、自分たちのやりたいことは1stからブレずにやってきているなと思います。
EMTG:9月からの全国ツアー『Next One TOUR 2016』が発表になりましたが、抱負をお願いします。
松尾:初めての全国ワンマンツアーなんです。今までワンマンは東名阪だけだったので全国回るのは初めてで、13箇所も回るのも初めてなので、どうなるか楽しみです。ファイナルの新木場スタジオコーストを埋め尽くしたいな。そこが自分たちの活動の一歩目になるんじゃないかというぐらいの気持ちで。
亀本:まだ一歩かよ?(笑)
松尾:新木場が第一歩、第二歩が武道館かな、ぐらいの気持ちで行きたいですね。その方がロックは面白いと思うんで。
亀本:映画やアニメを見た人とかが来てくれるかなと、ちょっと期待もあります。
松尾:TV出演も多くなると思うんですけど、今はロックを聴かなくなったっていう人達とかにも届けたいと思うし、芸能人好きでロック・ミュージックに興味ない人達にも届けたいですね。「ワイルド・サイドを行け」で歌っているように、仲間を増やして、それが渦になって、時代を変えていけたらなって、すごく思ってます。

【取材・文:今井 智子】


tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル GLIM SPANKY

ビデオコメント

リリース情報

Next One(初回限定盤(CD+DVD))

Next One(初回限定盤(CD+DVD))

2016年07月20日

ユニバーサル ミュージック

1. NEXT ONE (ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
2. 怒りをくれよ (7月23日(土)公開 映画『ONE PIECE FILM GOLD』 主題歌)
3. 闇に目を凝らせば
4. grand port
5. 時代のヒーロー(福田雄一監督Amazonオリジナルドラマ『宇宙の仕事』主題歌)
6. 話をしよう(高橋留美子原作 NHK Eテレアニメ「境界のRINNE」第2シリーズエンディングテーマ)
7. NIGHT LAN DOT
8. いざメキシコへ
9. 風に唄えば
10. ワイルド・サイドを行け

お知らせ

■ライブ情報

『Velvet Theater 2016』
2016/07/09(土) 東京キネマ倶楽部

『Next One TOUR 2016』
2016/09/22(祝・木) 長野 CLUB JUNK BOX
2016/09/24(土) 京都磔磔
2016/09/25(日) 高松TOONICE
2016/09/30(金) 福岡the voodoo lounge
2016/10/01(土) 岡山ペパーランド
2016/10/06(木) 金沢vanvan V4
2016/10/07(金) 新潟CLUB RIVERST
2016/10/10(祝・月) 札幌BESSIE HALL
2016/10/14(金) 仙台MACANA
2016/10/16(日) 広島CAVE-BE
2016/10/22(土) 梅田umeda AKASO
2016/10/28(金) 名古屋BOTTOM LINE
2016/10/30(日) 新木場STUDIO COAST

SHE’S Major Debut Single 「Morning Glow」 RELEASE TOUR 〜The Everglow -chapter.1-〜
2016/07/28(木) 梅田CLUB QUATTRO

テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION
2016/08/08(月) コカ・コーラ SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)

TREASURE05X 2016 〜TRIPLE AUTHORITY 1st DAY〜
2016/08/13(土) E.L.L./ell.FITS ALL/ell.SIZE
※出演会場・タイムテーブルは後日発表

LIQUIDROOM 12th ANNIVERSARY THE BAWDIES × GLIM SPANKY
2016/08/16(火) 恵比寿LIQUIDROOM

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016
2016/08/18(木) 神奈川県鎌倉市由比ガ浜海岸

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016
2016/08/27(土) 山梨県 山中湖交流プラザ きらら

WORLD HAPPINESS 2016
2016/08/28(日) 夢の島公園陸上競技場

Slow LIVE’16 in 池上本門寺
2016/09/03(土) 東京都大田区 「池上本門寺」 野外特設ステージ

24th Sunset Live 2016 -Love & Unity-
2016/09/04(日) 芥屋海水浴場・キャンプ場 特設ステージ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る