DOBERMAN INFINITY両A面シングル、夏にフェスにピッタリのサマーチューン完成

DOBERMAN INFINITY | 2016.07.26

  いよいよ本格的な夏シーズン到来! 海、山、フェスなど、楽しみなイベントが目白押しなこの時期、DOBERMAN INFINITYが絶妙なサマーチューンをリリースする。それが彼らにとって4枚目となるシングル「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」だ。しかも両A面であり、カップリングも含めて全編サマーチューンというアツい内容。メンバー全員がセッションしながら作り上げた「GA GA SUMMER」とm-floとのコラボで完成させた「D.Island feat. m-flo」など、気合いの入ったトラックが収録されている。さっそくメンバー全員に作品への思いを語ってもらった。

EMTG:初の両A面となるニュー・シングル「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」は、サウンドも歌詞も、完全に夏仕様ですね。さすがに季節は意識されましたか?
KUBO-C:タイトル通り、完全に夏は意識してました(笑)。
EMTG:まず「GA GA SUMMER」についてですが、すごく楽しそうな楽曲になりましたね。制作はどんな感じで進んだんですか?
P-CHO:この曲に関しては、ゼロからセッションで作りました。今まで、僕らの楽曲制作の流れは、ある程度“こういう感じの曲が欲しい”っていう希望をトラックメーカーさんに依頼して自分達でテーマや構成を決めて歌詞を作っていたんです。でも、今回は初の試みでゼロからセッションしてみようと。それで、SWAYとつながりのあるSUNNY BOYくんの自宅スタジオに集まったんですよね。僕らの思いとしては、昨年夏に出した「SAY YEAH!!」を超えるものが作りたかったし、自分達自身からもイメージを発信したかったんです。で、そんな僕らの思いを具現化するお手伝いをしてくれたのがSUNNY BOYくんだったという。
GS:「SAY YEAH!!」が1stシングルで、ちょうど1年前に出たんですよ。「GA GA SUMMER」は、そこから季節を経て夏にリリースする4枚目のシングルなんで、新たな夏ソングはどういうものにするか考えました。結局、1曲だけでは表現し切れない部分もあって、今回は4曲入るんですが、全曲、夏一色にしてしまおうかと。もちろん、夏=海、空、太陽とか、イメージはいろいろあると思うんですが、僕らの中では夏=フェスというのもあるんで、そこも意識しましたね。
EMTG:確かに各曲、様々なシーンでの夏が描かれてますね。ところで、ゼロから作ったという「GA GA SUMMER」ですが、ゼロから作ったことで苦労したことはありますか?
SWAY:それぞれが思う夏を、最初は詰め込みすぎました(苦笑)。でも、それをSUNNY BOYがうまく料理してくれて。
KAZUKI:交通整理してもらった感じです。
P-CHO:最初にSWAYが“You’re H-O-T-T-E-S-T CRAZYなBABYは夏が好き”っていうパンチラインをジムでパンプアップしながら思いついてくれて(笑)。そこからある程度のイメージが出来ていきましたね。
EMTG:確かにあのフレーズ、かなり頭に残ります。
SWAY:ひらめいた時、あまりにもパンチライン過ぎて“もしかしたら、どこかで聞いていたフレーズかもしれない”と思って、検索しました(苦笑)。でも、引っかからなかったんですよ。まぁ、これをキッカケにCRAZYなBABYが増えるといいんですけどね(笑)。
EMTG:言葉だけだとギラギラしてますが、サウンドは素朴な味付でもありますよね。
P-CHO:ド頭の口笛はKUBOちゃん(=KUBO-C)が実際に口笛吹いてるんです(笑)。
KUBO-C:もともと違う音が入ってたんですけど、ここは口笛の方が夏感が増すんじゃないかと思って。
EMTG:大正解でしたね! いい感じの夏感が出てますよ。
KUBO-C:完全に楽しみながらレコーディングしました(笑)。
EMTG:もう1曲のリード曲「D.Island feat.m-flo」では、タイトルが示すようにm-floさんとのコラボですね。どういういきさつで実現したんですか?
GS:VERBALさんとは、いつか何か一緒にやれたらいいねって言ってたんです。それが今回実現したので、すごく嬉しかったですね。
EMTG:そういう意味ではルーツを意識した部分も?
GS:そうですね。「GA GA SUMMER」もそうなんですが、流行りを取り入れるというよりは、自分達にとってルーツを思い起こさせるような音楽を入れたいっていうのは軸にありました。
EMTG:ちょっと懐かしい感じで言うと、「Make It Clap」も「WILD STYLE」も、雰囲気のある楽曲になってますね。しかも、「GA GA SUMMER」「D.Island feat.m-flo」は太陽がある時間帯が似合うのに対して、あとの2曲は夜をイメージするような。
GS:そうですね。「GA GA SUMMER」が昼帯で「D.Island feat.m-flo」が夕方……「Make It Clap」が夜でつながっていくという。
EMTG:じゃあ、「WILD STYLE」は夜中でしょうかね。
P-CHO:これだけちょっと違うかもしれないです(笑)。
EMTG:70~80年代のソウルミュージック的な印象がありますね。ディスコサウンドというか。
GS:これに関しては楽曲を聴いて全員一致で“これやろう!”ってなりましたね。すごく懐かしい感じがあって。
EMTG:世代的には最年少のKAZUKIさんって、こういうサウンドはリアルタイムじゃないと思うんですが、どうだったんですか?
KAZUKI:僕自身、もともと80年代とか90年代の音楽が好きなんですよ。確かにリアルタイムではなかったんですが、この曲を聴いた時は完全に自分好みのトラックが来たなって。もう聴いた瞬間に“絶対やりたい”って思いました。たぶん、当時を知らない世代からしたらすごく新鮮だし、興味を持ってもらえるんじゃないかなと。
EMTG:シングル1枚で、1日中楽しめそうですね。
SWAY:「GA GA SUMMER」に関しては、週末、お休みの日に友達同士でバーベキューの準備しながら聴いて欲しいですね。そこのBGMにしてもらえたらいいなって。
GS:時間軸に合わせて楽しんでもらえたらいいなっていうのもありますね。
KUBO-C:とにかくこの夏、ガンガン聴いて欲しいです!
EMTG:最後に、皆さんは今年の夏、どんな予定ですか? まぁ、絶対にビーチでのんびりはなさそうですけど(笑)。
SWAY:イベントやフェスが結構ありますね。僕らも楽しみです。特に“東海サミット”(SEAMOが発起人となってスタートした東海地区屈指の野外イベント)は今年が最後らしいんですよ。最初にして最後になりますけど、参加できることになったのはよかったなって。
EMTG:初めてDOBERMAN INFINITYを見る人達にはどう楽しんで欲しいですか?
SWAY:どう楽しむか、心のカギはオープンにしとけって感じですね!
P-CHO:あとは、どの曲でもいいんで、聴く人の思い出になってくれたらいいなぁと思ってます。

【取材・文:海江敦士】

tag一覧 J-POP シングル インタビュー 男性ボーカル DOBERMAN INFINITY

リリース情報

GA GA SUMMER

GA GA SUMMER

2016年07月27日

TOY’S FACTORY

1. GA GA SUMMER
2. D.Island feat. m-flo
3. Make It Clap
4. WILD STYLE

お知らせ

■コメント動画


■ライブ情報

お台場みんなの夢大陸2016 めざましライブ
2016/07/28(木) GOLD SUMMERスタジアム(仮称)

PKCZ(R)Presents OTOMATSURI 2016
2016/07/29(金) 東京・国立代々木競技場第一体育館

FREEDOM aozora 2016 淡路島公演
2016/07/30(土) 淡路島・国営明石海峡公園芝生広場

TOKAI SUMMIT FINAL -10th Anniversary-
2016/07/31(日) ナガシマスパーランド芝生広場・野外特設ステージ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る