Shout it Out 連載第1回ゲスト:SUPER BEAVER<後編>

Shout it Out | 2016.10.26

【連載内容】
Shout it OutのVo.&Gt.山内彰馬とDr.細川千弘が「今、本気で語り合いたい先輩バンド」をゲストに招き、 “音楽”についてじっくりと話をする対談企画。

記念すべき第1回目のゲストは、SUPER BEAVERのVo.渋谷龍太さんとGt.柳沢亮太さん

Shout it Outが「理想のバンド像」と敬愛してやまないSUPER BEAVER。
今回は、山内彰馬がボーカリストとして一番尊敬しているという渋谷さんと、メジャー1stシングルに続き、2ndシングルでもプロデュースを依頼した柳沢さんを迎え、「メンバー脱退」「憧れ」「言葉の力」という3つのテーマについて、男同士の熱い会話を繰り広げていただきました。

後編となる今回は、「言葉の力」についてをお届けします。


Shout it Out連載



テーマ③:言葉の力(制作について)

彰馬:前に柳沢さんが、「渋谷さんのMCから曲ができることがある」って言ってたのを聞きまして。
渋谷:でもそれは、その曲以前に他の曲がありきのことだからね。俺はSUPER BEAVERというバンドにおいてアウトプットの一番先頭にいる人なわけで、その人間が曲に対していろいろ考えてたり感動できてなかったらやっぱり曲は伝わらないでしょうって思って、それに関することを話したら、そこから柳沢がワードを拾って曲を作ったり、二人称を変えてくれたりとかして。
柳沢:『361°』ってアルバムから、全部基本的に二人称は「あなた」になったね。それは、渋谷がMCでも「あなた」って言葉をよく使うようになったから。根本的に、歌詞は話し言葉に近い言葉で作りたいっていうのが自分の中にあったから、その延長で、ぶー(渋谷さん)が“SUPER BEAVERの渋谷”として何かを発するときに、「あなた」って言うのであれば、歌も全て「あなた」にした方がより説得力があるし、シンクロしやすいかなって思って。もちろん『言葉』とか、曲のストーリー的に「君」の方が合う時もあるから、そういう時は「君」っていうときもあるけど。
あと、俺らの場合は作り手と歌い手が違うから、渋谷が歌ったときに違和感があるかないかっていうのは、大前提で意識しますね。そういうところで言うと、リンクはするよね。『言葉』って曲なんて、ぶーが言ってたことをそのまま曲にしたような感じだったから。<50音の羅列には根本的に意味はなくて、何が大事かっていうと、“それをどういう気持ちで送り出すか”、“そこにどういう想いが乗っているか”っていうのが重要なのであって…>って。僕の中でも「そうだよね、SUPER BEAVERってそういうことだよね」って共感があったので、それで改めて『言葉』って曲を作ったっていう。その“ブルブル感”っていうのはあるよね。
渋谷:特殊っちゃ特殊だもんね、作り手と歌い手が別って。
柳沢:でも、僕が大好きなGLAYだってそうだからね(笑)今でもぶーが歌詞書いてるって思われることもあるし。ただ、世間がそう思っていることに対して俺はあまり何とも思っていないというか。「渋谷さんの歌詞最高!」って思われてることに対しては、むしろシメシメとしか思わないというか。そういう関係の仕方っていうのは凄く特殊であって、いい関係値だなっていうのは感じるよね。
渋谷:柳沢が作る曲に対しての違和感が俺の中でも全くないっていうのがでかいけどね。上がってきたものに対して、「これ何のこと歌ってるんだろう?」とかそういうこともなく、理解してそれを発した時の違和感もないし。“バンドとしての言葉をバンド代表でコイツが歌っている”っていうスタンスが自然にできているのは、これも時間っちゃ時間かなとも思うしね。
彰馬:なるほど…。
柳沢:でもホントそうだよ。今回の脱退のときにみんなでコメント出してたじゃん?あの時に仁君のコメントで、「彰馬の言葉に背中を押されて」とか、「人見知りの僕がこのバンドをやれたことは最高の経験だった」みたいなこと書いてたじゃない?ああいうことをメンバー同士で共有できるっていうのは凄く良いことだと思うし。一番最初に話してたことに戻るけど、やっぱり人間関係ってでかいよね。人と関われば関わるほど、どうやって伝えるのが一番伝わりやすいんだろうとか考えるし。俺、基本的に今でも歌詞が長いんだけど(笑)
渋谷:ホント困るんだよー!!1番と2番で一文字二文字違うとかもそうだし、こっちにあった言葉とこっちにあった言葉がなんでここで反対になってるの?みたいなこともよくあって(笑)それに関しては、内容とか云々は無視して文句言うね、「覚えらんねーよ、こんなの!」って(笑)
彰馬・千弘:(笑)
柳沢:それでも今、歌詞をシンプルにシンプルにしようっていうのはあって。今まではやっぱり、例えば「僕は○○が好きです」って言った時に巻き起こる語弊とかを恐れていた部分があって。だから、細かい部分も全部説明しようと思っちゃってたの。でも、いろんなところで、「SUPER BEAVERはどういうバンドで、なぜこういうことを歌ってきたか」みたいなことを発信してきたことによって、誤解をされなくなったというか。言葉面だけみたら、「また綺麗事言ってら!」って思われることに対しての“説得力”を俺らが出せるように努力してるっていうのは凄くあって。言葉って、つまりは“人の生き様”だと思うから、どちらかというと、そっちで格好良くなれるように意識してるっていうのはある気がする。日々の考え方とか価値観とか生き方って、MCで話す言葉にも影響してくるんじゃないかなって思うし。
千弘:俺らが“言葉の力”を大事にしたいっていうのは、やっぱりSUPER BEAVERの影響が凄く強くて。
彰馬:そうですね、それもあるし、元々そういうバンドがしたかったからこそSUPER BEAVERを見てグッと来たというか。俺は楽器どうこうの魅力というよりかは、“バンドの塊で放つ言葉の力”というものに魅せられてやってきたからこそ、SUPER BEAVERを初めて見たときの衝撃も大きかったし、自分の中で一番求めていたものにハマったというか。追いかけるものがやっとできたなという感じで。
柳沢:例えば『青春のすべて』で関わったときに、“何を一番伝えたいか”みたいな話をしたじゃん?歌詞って凄く難しくて、垂れ流しても仕方ない訳で。
一番面白かったのが、俺病気したときがあって、その時に『証明』って曲をみんなに送ったら、メンバーもスタッフもめっちゃ感動してくれたらしくて。でも、ぶーやんだけ連絡が返ってこなくて。何でかな?って思ったら、「柳沢が倒れたからこそみんな感動してるけど、そのエピソードがなければ感動しないのなら、その曲は良いとは言えないぞ」みたいな感じで、凄くフラットに見てくれていて。できるだけ冷静に、客観的に見られるように時間を置きたかったみたいで、改めて2日後くらいに「これはいい曲だ」って連絡をくれて。ようは、その場のテンション感だけじゃなくて、純粋に良いと思ってもらえたっていうのが、作り手と歌い手が違う中で大きなことだったと思うし。そういった意味での“言葉”、すなわちそこにある“気持ち”みたいなものには凄くぶーやんも敏感な人だと思うし。
渋谷:内々の一過性にしてしまうと面白くないからね。だから、あの『証明』という曲を移動中の車内で初めて聞いた時にみんなが涙流してるのを見て、俺も共感したかったけど、「そんな場合じゃねぇ」っていう気持ちの方が全然大きくて。その涙は絶対嘘じゃないんだけど、それはこのドラマに付随した上での涙であって。だったら毎回MCで「柳沢が倒れたときに…」って話するの?って思って。そんなにスケールの小さい曲じゃないだろって思った時に、一旦それを頭から除外する必要があったし、この背景を知らない人が『証明』という曲を聞いた時に、自分のドラマと照らし合わせる部分の“のりしろ”をどう表現するのかっていうのはめっちゃ考えたね。今後もずっとやっていく曲なんだから、そんな背景を知らなくたって成り立つ曲じゃなきゃいけないって思って。
柳沢:Shout it Outもこれからいろんな物語を描いていくんだろうからね。まず俺らが経験したことのないメンバーの脱退を経験した訳だし、そういうことから何かを歌うこともあるかもしれないし。逆に、つんのめるくらい自分たちだけがのめり込む歌っていうのももちろんあっていいと思うし。
渋谷:うん、それは絶対必要だね。
柳沢:あえて言うけど、2人になった今ここから何を作っていくのかっていうのが楽しみだよね。仁君のコメントで、「メジャーデビューが“ゴール”だったメンバーと、“スタート”だったメンバーがいた、それが全てです」ってあって、俺それが凄くいい言葉だなって思って。辞めていく人間の言葉として、「僕らはここがゴールだった。でもここからスタートの人間もいる。その邪魔になることはしたくない」っていうことを言えるっていうのは、凄いことだなって思ったよ。しかも続けていく側の2人も「なんか大丈夫な気がしてるので、そういう意味では落ち込んだりはしていないです」って言えたってのは凄いと思うよ。あれにはグッと来たよ。そう思えてるのであれば、2人はきっとこれからも大丈夫なんじゃないかって、無責任かもしれないけど思うんだよね。
千弘:良かったなぁ…。
彰馬:グッと来たわ。俺らもな…。メジャーデビューっていうのは、バンドをやっていれば一応誰もが目標とするところじゃないですか。それを一度経験してから降りるっていう決断をしたのは凄く覚悟のいる決断だと思うんですけど、そういう決断ができるのであれば、きっとあいつらも大丈夫だなって思って。だから、おかしな話ですけど辞める2人から元気を貰ったというのもあって。本当に、4人としての最後は良い形で迎えられたなとは思います。
渋谷:ちゃんと最後までメンバーとしてやりきったってことだよね。
柳沢:そうだね。数年後にお前らがでかい箱でライブするってなった時に、2人から「ちょっと遊びに行かせてよ!」って連絡来てさ、「いいよ、見においでよ!」って言える関係だったら凄く素敵だなって思うよ。ちゃんと互いに割り切りあったからそういうことってできる気がするし。男としてそういう関係値でいられたら、年取ったときめっちゃ楽しい気がするけどね!
彰馬:なんなら、たいたいがもう10月に見に来ることになってるんですけど…断っときます!もっとでかいとこでやるときに来てって(笑)
渋谷:ずっと付き合ってきたって点に関しては、男女間とも似てるんだろうね。お互い全部わかってた上でしか相談できないこともあると思うし。だからこそ、どうしても相談したいっていう局面が出てきたときに、ちゃんと今まで一緒にやってきた“仲間”として話せる瞬間っていうのが、俺は絶対出てくると思うんだよね。そういう時に、現状のShout it Outを知っているメンバーがそこにいるっていうのはいいことだなって思うよ。「らしくないじゃん!」って言われたときに、ハッ!と気づけるというか。
柳沢:それは凄く素敵だね。俺らで言ったら、かつて関わってくれたスタッフとかかな。そういう風になれたら最高じゃない?
渋谷:「あの時お前が俺に言ってたことじゃん!」みたいな話がパッと出てきたりしてね!
柳沢:そういうことが言い合えるといいね!ただ、俺とぶーやんは割とロマンチストな側面があるから、こういう妄想が止まらないんだよね(笑)でも、そうなれたら一番格好良いし、素敵だと思うよ!
渋谷:ここから先、お互いが別の道を歩き出した時がきっとポイントだろうね。お互いが良い“仲間”になれるポイントっていうのは、そこだろうなぁ。
千弘:そうですね、そういう付き合い方ができたら一番良いと思いますし、正直できると思います。
渋谷:話聞いてる限りでは、俺もできると思うよ。仲間が他の道を歩みながら別の意見をくれるなんてことは俺らにはなかったからさ、それはそれで大切にしないとね。
彰馬・千弘:はい、ありがとうございます!


tag一覧 J-POP Shout it Out SUPER BEAVER 男性ボーカル

ビデオコメント

リリース情報

Shout it Out「青春のすべて」

Shout it Out「青春のすべて」

2016年07月06日

ポニーキャニオン

M1 青春のすべて
M2 列車
M3 一から
Bonus track ギターと月と缶コーヒー

リリース情報

SUPER BEAVER「10th Anniversary Special Set「未来の続けかた」」

SUPER BEAVER「10th Anniversary Special Set「未来の続けかた」」

2016年10月12日

[NOiD] / murffin discs

2016.04.10 @Zepp DiverCity
SUPER BEAVER 10周年〆「都会のラクダSP〜スーパーフィーバー〜」LIVE DVD
収録時間:ライブ映像約2時間(特典映像:オフショット30分程度)

<DVD収録曲リスト>
1,→
2,361°
3,鼓動
4,言えって
5,ことば
6,歓びの明日に
7,あなた
8,シアワセ
9,深呼吸
10,らしさ
11,日常サイクル
12,your song
13,人として
14,青い春
15,ルール
16,うるさい
17,証明
18,東京流星群
19,ありがとう
20,愛する
En1,秘密
En2,ILP
(全22曲収録)

本:「都会のラクダ」 渋谷龍太 著
(208ページ)

お知らせ

■ライブ情報

【Shout it Out】
セプテンバーミー ミニアルバム「絶対的未来奇譚」リリースツアー CRセプテンバーミー ~にゅーわーるどおーだー~
2016/10/29(土) APOLLO BASE

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL presents 『METROCK ZERO』 supported by EX THEATER TV
2016/11/05(土) EX THEATER ROPPONGI

多摩大学 湘南キャンパス 学園祭 「SGS Festa」
2016/11/13(日) 多摩大学 湘南キャンパス 体育館

FM OSAKA E∞Tracks Selection LIVE
2016/11/24(木) 心斎橋BRONZE

空想委員会 「大歌の改新」第三期
2016/12/21(水) 新代田FEVER


【SUPER BEAVER】

『 27 』Release Tour 2016 〜27こぶ、ラクダ〜
※全公演SOLD OUT!!
2016/11/05(土) Zepp DiverCity
2016/11/08(火) 渋谷CLUB QUATTRO ※追加公演

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る