「ジャパネクレディオ powered by EMTG MUSIC」 Goodbye holiday

Goodbye holiday | 2016.12.11

TOKYO FM「ジャパネクレディオ powered by EMTG MUSIC」
放送日時:毎週土曜 深夜25:30~26:00
ナビゲーター:小川智宏(ROCKIN’ON JAPAN 副編集長)

Goodbye holiday

<第63回>ゲスト:Goodbye holiday
12月10日(土)25:30放送

―放送を終えて―

第63回目のジャパネクレディオには、Goodbye holidayから、Vo・Gt児玉一真さんと、Ba福山匠さんが遊びに来てくれました!

EMTG MUSICではすっかりお馴染みとなったグッホリですが、ジャパネクレディオには初登場!小川さんとは、6月に恵比寿リキッドルームで開催された「JAPAN’S NEXT Vol.13」以来、約半年ぶりの再会ということで、その時のイベントを振り返りながら、賑やかに収録はスタートしました!

Goodbye holidayは、2008年に広島で結成された4人組バンド。2011年から東京に拠点を移し、リリースやライブを重ね、2015年7月にメジャーデビューを果たしました。その後は新曲リリースの度にタイアップを獲得し、同年初の全国ワンマンツアーを開催。今年3月には、東京・EX THEATERを含む全8箇所のツアーも行いました。

耳馴染みが良く、即効性の高い楽曲で聴く人を魅了しているGoodbye holiday。2016年はその強みを生かし、ツアーの他にも、インストアイベントやショッピングモールなどでのライブを積極的に行うことで、幅広い層からの支持も獲得しました。 そんなライブやイベント尽くしの1年を振り返ってみての感想を聞かれると、福山君からまさかのこんな答えが…!

福山:「個人的なことなんですけど、ライブの中では毎回僕がMCをさせていただく箇所が作られているんですね。ツアーとなると、同じ話を全箇所でする訳にはいかないので、毎回違う話を考えなくては行けなくて。それが物凄くプレッシャーだったんですよね…。で、最終的に東京のEX THEATERでは気合いを入れすぎて話が長くなって、広島から遊びにきた友達に大分バッシングを受けました…(泣)」

EX THEATERはGoodbye holidayにとって過去最大キャパの会場ということもあり、プレッシャーに押しつぶされそうになったそうですが、最終的には「いつかホールツアーをやってみたい!」という新たな目標に繋がったと、児玉君は力強く語ってくれました。

2016年はそんなたくさんの経験を積んできたGoodbye holidayですが、1年の締め括りに、待望のミニアルバム『KNOCK』をリリース!!
今までの“Goodbye holidayらしさ”は残しつつも、新たな扉を開くための、彼らの“挑戦”と“決意”がめいっぱい詰まった作品に仕上がっています。今作に込めた熱い想いについてはEMTG MUSICでもすでにインタビューをさせていただいているので、そちらも是非チェックしてみてください!

今回、とにかく「ライブで聴きたい」と思ってもらえるような曲を特に意識して作ったという『KNOCK』。この意欲作を引っ提げ、来年3月からは全国7箇所で対バンツアーを行うことが決定しています!
「バチバチの対バンツアーにしたい!」と福山君も意気込んでいましたが、今年『KNOCK』という新たな武器を自ら作り上げたGoodbye holidayが、来年は一体どんなライブを見せてくれるのか、今から楽しみでなりません!!
年内もまだまだミニライブや特典会などを勢力的に行い、年末12月31日(土)にはCOUNTDOWN JAPAN 16/17にも初出演が決定しているので、進化したGoodbye holidayをいち早く見たい方は、HPをチェックして是非彼らのライブに足を運んでみてください!



=前回のゲスト Shout it Outからの質問=
Q.
細川千弘: Goodbye holidayとはもう4~5回くらい一緒に対バンをやらせてもらってるんですけど、打ち上げとかもやったことないし、一緒にお喋りをする機会もなかったという不思議な関係で…ぶっちゃけ、俺らのことどう思ってますか?(笑)

山内彰馬: 僕はやまぽんさん(Dr.山崎晃平)とは結構喋ってるんですけど、他のお三方とはほとんど話したことがなくて。どう思われているんでしょうか…?気になるので、もうぶっちゃけていただいて!

細川:答えづらい質問かもしれないですけど、是非答えてください!お願いします!

A.
児玉:ぶっちゃけ…あんまり好きじゃない!っていうのは嘘で……本当は仲良くなりたいんですよ!なので、距離を縮めたいなと思って、実は来年の対バンツアーとかも声をかけさせてもらったりしたんですけど、残念ながらスケジュールが合わなかったりで。それくらい、こっちとしては仲良くなりたいなって思ってるんだよね。

福山:そうね、もう可愛くて仕方ないんですよ!(笑)でもさ、可愛いのにステージ立つと凄い強いじゃん?あのロック感とかギャップに怯えてはいるよ、俺。まずさ、何話せばいいかわからないよね、可愛すぎて。なんかポケモンの話とかしたらいいのかな…?ただ、打ち上げとかがなかったのは確かにデカかったよね。

児玉:どっかで一回ね、しっかりライブしてちゃんと打ち上げして、仲良くなりたいよね!

小川:さっき福山さんも仰ってましたけど、10歳近く違うとなると、下からは来ずらいと思いますよ?やっぱ先輩から迎えに行ってあげないといけないと!

福山:そうですよね!じゃあその日は貯金下ろして、好きなだけ飲ませてあげよう!(笑)


Goodbye holiday

Goodbye holiday
【L→R】 大森皓(Gt)/ 児玉一真(Vo・Gt)/ 福山匠(Ba)/ 山崎晃平(Dr)

プロフィール
2008年に広島で結成されたVo.Gt.児玉一真、Gt.大森皓、Ba.福山匠、Dr.山崎晃平からなる、
ポップでロックな4人組バンド。
2011年より、東京に拠点を移し、新たに活動を開始した。

バンド名の由来は、自然体で格好つけていない名前が良いということで、
福山の映画鑑賞リストのメモから、一部を引き抜いて命名。

児玉の持つ独特の視点から描かれた心揺さぶる歌詞と切なく艶やかな歌声、キャッチーなメロディーが魅力。
一体感のあるバンド・サウンドと一度聴いたらすぐに歌えるくらい即効性の高い楽曲で聴く人を魅了し、
幅広い層のファンを獲得している。


【次回予告】第64回のゲストはさユり!お楽しみに!

tag一覧 J-POP 男性ボーカル Goodbye holiday

リリース情報

KNOCK[初回生産限定盤]

KNOCK[初回生産限定盤]

2016年12月07日

avex trax

[CD]
M1.十ヶ条
M2.パラダイムシフター
M3.純白ドレスを君に
M4.灰色の指輪
M5.人間到る処、青山あり
M6.KNOCK

[DVD]
1.純白ドレスを君に MUSIC VIDEO
2.“さよならホリデー~いぇーい!リリースパーティー広島編~”suppoted by カンムリ広島CLUB QUATTRO DIGEST MOVIE
M1.少年シンドローム
M2.さらば
M3.革命アカツキ
M4.奇跡の星

このアルバムを購入

お知らせ

■コメント動画





■ライブ情報

KNOCK!!KNOCK!!KNOCK!!〜はよ上がりんさい〜
2016/03/12(日)【宮城】LIVE HOUSE enn 2nd
2016/03/20(月・祝) 【福岡】福岡graf
2016/03/24(金) 【北海道】札幌KRAPS HALL
2016/04/02(日) 【東京】SHIBUYA TSUTAYA O-WEST
2016/04/14(金) 【愛知】名古屋SPADE BOX
2016/04/16(日) 【大阪】Music Club JANUS
2016/04/22(土) 【広島】広島4.14

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

■オンエア曲

ゲスト:Goodbye holiday
【M1】「十ヶ条」
【M2】「パラダイムシフター」
(Mini Album『KNOCK』より)
 
【エンディング】
「革命のマスク」 / 魔法少女になり隊
※2017.1.18発売
(New Single『革命のマスク』より)

トップに戻る