ひめキュンフルーツ缶、超豪華ミニアルバム『脳天ドロップ』インタビュー!

ひめキュンフルーツ缶 | 2017.02.10

 ひめキュンフルーツ缶のミニアルバム『脳天ドロップ~Present For HIMEKYUN』は、彼女たちの新しい表情や側面が花開いた驚きの音源に仕上がっている。今作はバンド提供楽曲という前代未聞の内容で、ドラマチックアラスカ、ガガガSP、LUNKHEAD、挫・人間、かりゆし58、筋肉少女帯、人間椅子、ねごと、さらにアルカラや怒髪天のカバー曲ありと、個性豊かな楽曲がずらり勢揃い。そこでさらなる魅力を発揮する、彼女たちの表現力に唸るばかり! ミニ盤とは到底思えない密度の濃い作品だ。

EMTG:すごくいい作品が出来ましたね!
菊原結里亜:そうなんです(笑)。それぞれのバンドさんが自分たちの色を全開に出して、めちゃくちゃいい曲を提供してもらえました。
岡本真依:レコーディングも楽しかったので、これはいい作品になるなと。みんなでミニじゃないよね、という話をしてました。
EMTG:ええ、フルアルバムと言っていいボリュームです。ほぼバンド楽曲提供で成り立ってることも大きいのか、1曲1曲ひめキュンの表情やカラーが違って、今作はカメレオンアルバムだなと。
岡本:おおー! 曲の表情はより見えやすいかもしれないですね。
EMTG:今回、こういう作品になった理由は?
岡本:バンドさんと対バンする機会も多いし、フェスで一緒になることがあるので。打ち上げで(曲を)書いてくださいよー!と言ったり(笑)。
EMTG:えっ、そんなノリなんですか。
菊原:ガガガSPさんからはずっと曲を書いてるんだよ! と言われて(笑)。今回はメンバー3人が書いたものの中から桑原(康伸/B)さんの曲が選ばれたんですけど。
EMTG:贅沢ですねえ。
岡本:「ぐるぐる」はすでにライブでもやってるけど、それも好評なんです! みんなが入りやすい曲なのかなと。
谷尾桜子:LUNKHEADは同郷だし、前から曲を書きたいと言ってくれてたので。今回は大人っぽいというか、乙女ちっくな曲を書いてくれました。仮歌で小高(芳太朗)さんが気怠い色気のある歌い方だったから、この曲は雰囲気を大事にして歌おうと。
EMTG:LUNKHEAD提供の「オトナ?オトメ?」もいい曲ですね。ビックリしました。
菊原:ラジオでその曲を初解禁したときも、すごく評判が良くて。
谷尾:人間椅子さんが書いてくれた「僕のポニー」は一定のリズムで進む感じだから、難しかったです。Cメロが特に好きで、場面展開が自分の中で映像として広がるんですよ。
岡本:その前のギターソロが軽快で、そこからのCメロに飲まれます。おお~、すごい! って。
菊原:映画を観ているような感覚に陥っちゃいますね。
EMTG:「僕のポニー」は未知との遭遇感があると?
全員:ははははは。
EMTG:そのフレッシュな感情もちゃんと楽曲に封じ込められてますよ。
岡本:そうですね。あと、ドラマチックアラスカさんが書いてくれた「ガールズドントクライ」も大好きで。口から出てくるのは、いつもこの曲の歌詞なんです。気分が上がりますね。
谷尾:ヒジカタ(ナオト)さんから「攻撃的に歌ってください」と言われたので、イメージしやすかったですね。
菊原:私のイチ押しは、筋肉少女帯さんが書いてくれた「Wake up!眠りひめ」のさく(谷尾)のBメロ! ダントツで合ってるなと。このアルバムの中でナンバーワンじゃないかと(笑)。
谷尾:筋肉少女帯の大槻(ケンヂ)さんと橘高(文彦)さんからアレンジは宝塚、ディズニーぽくしてほしいと言われたみたいで。それを小耳に挟んでいたから、宝塚の男役っぽくやろうと。これは自分で歌いながら、私っぽいと思いました。(笑)。
EMTG:「Wake up!眠りひめ」は、ひめキュンにとってかなり新しいタイプの曲調ですよね?
谷尾:そうですね。ライブで楽しめそうな曲だなと。まゆりん(奥村真友里)が「ガチ恋」(※アイドルにガチで恋するオタクのこと)を歌ってるんですけど、それを自分たちで歌うのが面白いなと。
奥村真友里:ちょっと恥ずかしかったですね(笑)。
EMTG:バンドによって歌詞のアプローチも違うので、そこも聴きどころですね。今作は今まで使ったことがない筋肉を相当使ったんじゃないですか?
岡本:使ってる! 最近は舌が回らなくて、ジャマなんですよ。
谷尾:舌がないと、言葉は喋れんけんね! 舌大事やけん。
EMTG:はははは。今回はほんとに新しいひめキュンの表情がガンガン出てますよ。
谷尾:最近、真依は大人っぽくなったと言われるんですよ。歌って性格や環境がそのまま出ちゃうから。
奥村:まいまい(岡本)の歌い方はバリエーションが増えたなと。私もLUNKHEADの曲を歌ったときに、「感情が入ってるねえ!」と言われましたからね。それはまいまいの影響です。
EMTG:なるほど。そして、今作には初のソロ曲が2曲収録されてます。
岡本:ねごとさん(Mizuki Masuda)が提供してくれた「Life Is AllRight!」は私が歌っているんですけど。♪のらりくらり♪という歌詞の表現が好きですね。そこもかわいらしい声質になったと思います。
谷尾:まいまいはまっすぐ歌うのが特徴だったけど、抜く表現もできるようになったから、それがすごい。
EMTG:それと、挫・人間が提供した「ハヤオ」は河野さんのソロ曲です。これもインパクト抜群ですね。
菊原:ゆるさ全開だもんね。
河野穂乃花:すごく好きな曲ですね。歌詞も面白いし。イントロやアウトロで笑い声とか入ってますけど、ああいう使われ方をするとは思いませんでした(笑)。
谷尾:こういうシンプルな曲もいいですね。初心に戻れるから。穂乃花が歌うことで、かわいい曲になったと思います。
EMTG:かりゆし58が提供した「Say hi,say goodbye」はトロピカルな曲調ですね。
奥村:レゲエっぽい感じも初めてだったので。歌ってみたら、難しかったですね。
谷尾:かりゆしさんのデモもすごく良くて、サビの壮大感が好きですね。あと、アルカラさんのカバー曲は勢いで録ったから、あっという間でした。
岡本:稲村(太佑)さんのキーはすごいなと。声が出ないんですよ!(笑)
EMTG:アルカラは歌詞も独特ですからね。今回は最後にボーナストラックで怒髪天のライブカバー「酒燃料爆進曲」が収録されてます。
菊原:聴くと、楽しい思い出がよみがえりますね。
岡本:バックが生演奏だと、歌いやすいんですよ。
谷尾:ライブはまた声質が違うから、それも面白いですよね。そのツアーを経たからこそ、みんな歌がうまくなったと思うので。それが今回のレコーディングにもいい影響を与えたと思います。
EMTG:ああ、そうなんですね。改めて今作はひめキュンだからこそ成立した、ユニークな立ち位置の音源に仕上がりましたね。
谷尾:いいとこ取りをしてますよね(笑)。この統一感のなさはバンドにはないものだと思います。それも今までの繋がりがあったからこそなので、人間関係は大事ですね。今回はひめキュンをまだ聴いたことがないという人にも届けたいですね。

【取材・文:荒金良介】

tag一覧 J-POP ミニアルバム インタビュー 女性ボーカル ひめキュンフルーツ缶

リリース情報

脳天ドロップ~Present For HIMEKYUN~

脳天ドロップ~Present For HIMEKYUN~

2017年02月15日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

1. ガールズドントクライ「ドラマチックアラスカ」
2. ぐるぐる「ガガガSP」
3. トロピカルおばあちゃん~ばーばばばぁ~「アルカラ COVER」
4. オトナ?オトメ?「LUNKHEAD」
5. ハヤオ「挫・人間」
6. Say hi,say goodbye「かりゆし58」
7. Wake up!眠りひめ「筋肉少女帯」
8. 僕のポニー「人間椅子」
9. Life Is All Right!「Mizuki Masuda(ねごと)」

お知らせ

■マイ検索ワード

岡本真依
空気の上手な出し方
歌ってるときに上ってくるんですよ。それが苦しくて。みぞおちを緩めて上げたり、背中を叩いたら、いいみたいですね。ライブ前にそれをやればいいのかなって。消化が苦手みたい、はははは(笑)。

谷尾桜子
birthdeath
雑誌で見たんですけど、古着屋さんですね。東京の渋谷にあるみたいで、安くて、個性のある洋服が欲しくて。ビンテージも好きなんですよ。いろんな服を見てみたいんですよね。

菊原結里亜
森川葵
女優さんなんですけど、すごく好きなんです。ある日、電車の中でショートで目がパッチリの女の子を見かけて……えっ、森川葵じゃないの!? って。目の横にもホクロがあったし……でも違いました(笑)。

河野穂乃花
キンモクセイの香水
欲しかったんです、キンモクセイのにおいが好きだから。時期も限られてるんですよ。いつでも手に入れられる香水があったらいいのになって。

奥村真友里
生ハムと焼うどん
以前に楽屋が一緒で、寸劇の練習をしてたんですよ。結構、おばちゃんみたいな喋り方で、まさか10代とは思わなくてビックリしちゃって。面白いですよね。


■ライブ情報

『脳天ドロップ~Present For HIMEKYUN~』リリースイベント
2017/02/14(火)松山SALONKITTY
2017/02/15(水)松山SALONKITTY
2017/02/17(金)名古屋ell.SIZE
2017/02/18(土)新宿redcloth
2017/02/20(月)渋谷TSUTAYA O-WEST
2017/02/21(火)心斎橋Music Club JANUS

イシコNIGHT Vol.2
2017/02/26(日)名古屋 栄RAD SEVEN

Full Machineguns“Cooperative Spirit”TOUR 2017
2017/03/5(日)松山SALONKITTY

「HIROSHIMA MUSIC STADIUM -ハルバン’17-」
2017/03/11(土) - 12(日)
SECOND CRUTCH/Cave-Be/BACK BEAT/スマトラタイガー/アリスガーデン(12日)

「SANUKI ROCK COLOSSEUM」~BUSTA CUP 8th round~
2017/03/19(日) - 3/20(月・祝)
【有料会場】高松 festhalle/高松オリーブホール/高松DIME/高松MONSTER/高松SUMUS Cafe
【無料会場】瓦町駅地下広場/786FM 香川ブース

全国対バンTOUR~YUMEENO KIZUNA~×"IDLE GOSSIP"Vol.5
2017/04/2(日)松山サロンキティ

激突!Battle-13-
2017/04/04(火) 渋谷TSUTAYA O-WEST
ひめキュン蝦夷乃無頼缶と怒髪天の対バンが決定!
HP先行受付もスタート!(1/9(月) 18時まで)
https://t.co/mCoiZKxaXV

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る