自分たちにいちばん相応しいバンドのかたちを求めた、Goodbye holiday 2017年第一弾シングル「サイエンスティック・ラブ」。

Goodbye holiday | 2017.03.21

 心に響くメロディと切ない歌詞の世界観で魅了する、広島発の王道の歌ものロックバンド、Goodbye holiday。昨年末は大型フェスにも出演を果たすなど、少しずつ知名度を上げている彼らが、2017年第一弾シングル『サイエンスティック・ラブ』をリリースする。表題曲は、恋に臆病な男のやるせなさが見え隠れする、インパクトのある歌謡ロックで、バンドの新たなライブアンセムになりそうな攻めのナンバー。今回のインタビューでは、今作で作曲を手がけた児玉一真(Vo・Gt)と、作詞を手がけた福山匠(Ba)のふたりに話を聞いた。ライブシーンの厳しい洗礼を受けて、より自分たちがやるべきことを明確に定めることができた彼らは、今年もリリース&ライブを全力で駆け抜けていくこになりそうだ。

EMTG:昨年末に『KNOCK』をリリースしてから印象に残っているライブはありましたか?
児玉:カウントダウンジャパンですね。楽しすぎました。
EMTG:見ててわかりました(笑)。
児玉:自分的にも初めての感覚だったんです。お客さんがどんどん入ってきてくれたのが、すごく嬉しかったんですよね。楽しいと緊張とが入り混じっちゃって、アドレナリンが放出されまくってたんです。ライブ中に過呼吸状態になるぐらい。
福山:そういう犬っておるよね(笑)。
EMTG:振り返ると、2016年のグッホリはライブと向き合う1年だったと思うんですよ。
児玉:本当にそうですよね。リリースとしては『KNOCK』(ミニアルバム)があって、『with YOU』(フルアルバム)があって、「みんなのうた」のシングル(『奇跡の星/弱虫けむし』)もあったけど、あんまり反応がなくて。やっぱり俺らはバンドだから、もっとライブありきで考えなきゃいけないんだって思うようになりました。
福山:良い音源を作ったら、売れるだろうっていう甘い考えでやってましたからね。ライブで初めて聴いた人が良いと思うからCDを買うっていう、そういう部分が疎かになってたんです。だから、まずはそっちだなっていう。だから今年も対バンとかライブをやるなかで、「Goodbye holidayっていうのは何だろう?」っていうのを、ちゃんと見てもらえるようにしようと思ってます。やっとそこを意識してスタートできたんです。
EMTG:もともとグッホリはお茶の間に届ける音楽っていうのを目指してるバンドだけど、そこに対する変化はありましたか?
児玉:いや、変わらないですね。僕らのことを知ってもらうために、いろいろなことを試していくなかで、最終的に僕たちがやりたいことは変わらないんです。最初のインタビューでも話したとおり、俺らはお茶の間に届くような音楽をやるべきだなっていうのは、1周まわって改めてわかったというか。……早いですけど、1周まわるのも(笑)。
EMTG:それだけ真面目に悩んでたってことですよ。
福山:俺らにはゴリゴリにツーステップを踏むっていうような音楽が無理なのは、もうわかったんですよね。GRAPEVINEみたいなことはできないし。だったらもう俺らにとっていちばん相応しいバンドのかたちを求めないとなと思ってます。
児玉:そうだね。お茶の間っていうのは変えなくても、ライブシーンで戦っていける手応えも掴めた気がするんですよね。
EMTG:目指す場所は変わらないというより、むしろ確固たる決意になってそうですね。
児玉:そうだと思います。
EMTG:で、今回リリースされるニューシングル『サイエンスティック・ラブ』は、前作ミニアルバム『KNOCK』のリード曲だった「十ヶ条」路線の妖艶ロックナンバーです。
児玉:これも、いま言ったようなライブを意識するっていう流れのなかでできた曲ですね。「十ヶ条」でやってきた歌謡ロックみたいなものをもう一回見せることで、俺らはこういう一面を持ってるんだよっていうのを出したいと思って。
福山:せっかく「十ヶ条」で、ゴリっとしたバンド感を見せられたんだったら、今回はそこに少しだけGoodbye holidayらしさを取り戻しつつ、でも「十ヶ条」の勢いはそのままにっていう見せ方ができればいいなと思ったんです。 
EMTG:アレンジャーも「十ヶ条」に続き、野村(陽一郎)さんですね。
児玉:『KNOCK』は全部アレンジャーさんが入ってたんですけど、そのなかで「十ヶ条」と「パラダイムシフター」の2曲を野村さんにやってもらったんです。初めてギタリストの人と一緒にやることで、ロック感を出してもらいたくて。それがめちゃくちゃハマッたんですよね。で、今回も野村さんとぜひ!って、メンバーからオファーしたんです。
EMTG:自分たちだけで作るのとは全然違いますか?
福山:やっぱり、もりし(大森皓 / Gt)からは出てこないギターのトゲトゲしさがありますよね。あとは、全体的に疾走感が出る。その疾走感が、Goodbye holidayが出す切なさと良い具合に混ざったらいいなっていのはあるんです。野村さんは、俺ら4人だけでできるものを最大限に引き出すっていのを意識してやってくれてるみたいで。俺ら4人の音しか入ってないのにかっこいいんですよ。他の音は入ってないのに。
EMTG:たしかに「サイエンスティック・ラブ」は、たとえばホーン隊のアレンジとかを入れてみても似合いそうな曲だけど、あえて4人だけで演奏してる。
福山:最初はそういう話もあったんですけどね。思い切りブラスを入れて、パーティっぽい曲にもできるから。今までの僕らだったら、「なんかここ足りないし」ってやってたんですけど。野村さんはそうじゃなくて、アレンジのほうでやってくれるから。俺らのやりたいこととも一致してたんです。
EMTG:歌詞のテーマに関しても、遊び心があって、ちょっとクスリと笑える感じが、あんまりいままで書いてこなかったタイプの曲かなと思いましたけど。
福山:そうですね。最初はもっと攻撃的な歌詞のほうが、ロック感は出るんだろうなと思ってたんですけど。それをやっちゃうと、Goodbye holidayらしさが消えていくし。児玉くんに「世界壊していくぜ!」とか言われても、違うだろうし。
EMTG:あははは。想像できないよね(笑)。
福山:そこから、もともと大きな愛というか、ビックラブみたいなものをテーマにしてたんです。でも、そうじゃなくて、本当にミクロな愛を追求したほうが、曲の疾走感とも合うと思って。言ってることは、昔から自分が思ってることなんですよ。
EMTG:昔から思ってること?
福山:僕はクラスの端っこにいるようなタイプだったので……やっぱり違うじゃん?(児玉は)端っこにはおらんかったじゃん?
児玉:まあ……そうだね(笑)。
福山:バスケとかをやっとる時点でさ。
児玉:いや、そんなにイキってもなかったよ(笑)。
福山:僕はオセロ部の幽霊部員だったから。いまでもテレビを見てて思うけど、多部未華子ちゃんみたいな、すげぇ可愛い子と俺がどうにかなるなんて、俺が俺である限りねぇんだなって、切なくなるんですよ。でも、もし僕が仮にその子と付き合うことになったとしても、その子は絶対に幸せにはなれない。
EMTG:いや、そんなこともないと思うけど(笑)。
福山:80点の幸せは得ることができても、100点の幸せを得ることはできないと思うと、「マジ生まれ変わりたい」と思うことがあって。それを曲にしました。好きなら好きって、直進していけよっていうのができない人の曲ですよね。だから、可能性を探ったり、もし付き合ったら、何点の幸せなの?って計算したり、もっと効率よく幸せになるにはって分析してるので、「サイエンスティック・ラブ」。愛を科学する、なんです。
児玉:でも、これ正しくは“サイエンティフィック”なんですよね。
福山:僕、それを知らずに、“サイエンスティック”ってつけて、発表されちゃって。ロマンチックとサイティフィックをかけた造語っていうことにしてます(笑)。
EMTG:で、カップリングの「桜花転生」もアッパーな王道ギターロックで、初の桜ソング。
児玉:これも疾走感があって、エイトビートの曲を作ろうと思ってできた曲ですね。みんなでオオオーって歌えるようにしたんですけど、そういうのもいままでなかったから。で、きっと歌詞は、まさはる(福山)が書いたほうが良いと思ったから、お願いをして。
EMTG:児玉くんは自分でも歌詞を書けるけど、福山くんに振るのはどういうとき?
児玉:なんですかね。まさはるが書いたほうが面白くなりそう、みたいな。「桜花転生」に関しては、「革命アカツキ」的な化学反応を起こしてほしかったんです。
EMTG:で、福山くんが書き上げた歌詞が本当に良くて。最後に“ただ綺麗に散るために 笑う”っていうフレーズが出てくるけど、そこに行く着くまでにもがいてますよね。
福山:春って、僕にとっては、心のなかとか頭のなかを整理する時期なんですよね。この曲も孤独の歌なんですけど。孤独って、誰かがいたから、いまは孤独だって感じることが多いじゃないですか。その寂しさを感じるとき、絶対にぬくもりの残骸みたいなのが転がってるというか。それを拾い集めると、すごく切なくて、ぐちゃぐちゃな気持ちになるんです。これ……長いですけど、大丈夫ですか?
EMTG:大丈夫ですよ。
福山:春の桜を見てると、毎年、当たり前のように咲いて散っていくけど、でも同じ桜じゃないんですよね。その1年の雨とか風を受けて、より綺麗な花を咲かそうとしてる。それって、俺にはできてないなと思ったんです。桜の木に負けてるなって。だから、そのぐちゃぐちゃになってるものを生きる糧というか、前向きな方向に整理していって、僕もちゃんと生まれ変わっていけたらなと思ったんです。
EMTG:それで「転生」っていう言葉なんですね。
福山:だから、この曲もだいぶミクロな世界になってるんですね。
EMTG:さっきの「サイエンスティック・ラブ」のときも、ビッグラブから個人的なことにシフトしたって言ってたけど、マクロからミクロへっていうのは、いまのテーマなんですか?
福山:やっぱりここで俺らがラブ&ピースみたいな大きいことを歌ったところで、説得力がないなと思うんです。だって、まず日本から出たことないし(笑)。だったら、絶対に自分のなかにあるものを出したほうが、表現として良いと思うんですよ。
EMTG:結果として個人的なことなんだけど、共感できるものになってるし。
福山:そうなんですよ。俺が経験してることなんて、ほぼほぼ他の人にも経験があることなので、それで良いかなと思ったんです。
EMTG:今回のシングルでは王道のものがありつつ、いまのグッホリが挑戦してる変化球っぽい曲もありつつ、どちらがリード曲でもおかしくないシングルですね。
児玉:リード曲をどっちにするかは、結構迷いましたからね。
福山:両方聴いてほしいです。違うGoodbye holidayのカラーを入れられたと思います。
EMTG:で、いよいよ自主企画の対バンツアー「KNOCK!!KNOCK!!KNOCK!!~はよ上がりんさい~」もスタートというとことで。対バン相手も気心が知れた同世代ですね。
福山:みんな知ってるバンドなんですよ。
児玉:僕ら目当てじゃないお客さんもたくさんいるんですけど、しっかり刺さるライブにしたいと思ってます。前作の『KNOCK』と、今回の『サイエンスティック・ラブ』で、また僕らの武器も増えたので。良い空間を作れるように、いろいろ考えてます。
福山:各会場でツアータイトルが違うんですけど、その意味も行ったらわかると思うので、楽しみにしといてください。
EMTG:夏にはアルバムも出る予定と聞いてますが、どのぐらい進んでるんですか?
児玉:みんなでデモを出して、入れる曲を選んでるところですね。夏に向けて大変になるんですけど(笑)、きっと良いアルバムになると思いますよ。

【取材・文:秦 理絵】

tag一覧 J-POP インタビュー Goodbye holiday

リリース情報

サイエンスティック・ラブ【通常盤CDのみ(CD+スマプラ)】

サイエンスティック・ラブ【通常盤CDのみ(CD+スマプラ)】

2017年03月22日

avex trax

1. サイエンスティック・ラブ
2. 桜花転生

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

4th Single『サイエンスティック・ラブ』リリース記念イベント
03/22(水)【東京】ニコニコ本社
03/26(日)【広島】タワーレコード広島店 店内イベントスペース
03/28(火)【神奈川】タワーレコード横浜ビブレ店 イベントスペース

KNOCK!!KNOCK!!KNOCK!!~はよ上がりんさい~
03/24(金)【北海道】札幌KRAPS HALL
04/02(日)【東京】SHIBUYA TSUTAYA O-WEST
04/14(金)【愛知】名古屋SPADE BOX
04/16(日)【大阪】Music Club JANUS
04/22(土)【広島】広島4.14

ミソパニッククーデター ~ダンシングモンスターたちに会いに行くツアー~
05/04(木)【岡山】岡山CRAZY MAMA 2nd Room
05/05(金)【福岡】福岡Queblick

ラックライフ「生きてるだけで丸儲け」ツアー
05/12(金)【宮城】仙台LIVEHOUSE enn 3rd
05/16(火)【京都】京都MUSE
05/26(金)【群馬】高崎FLEEZ

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る