シクラメン、結成10周年記念ベスト『スルメBEST』リリース!

シクラメン | 2017.04.04

 結成10周年、メジャーデビュー5周年のシクラメンから、これまでの軌跡を凝縮した『スルメBEST』が届けられた。“聴く者にとって人生のおつまみ”となるべくデビュー以来、つねに“スルメサウンド”を標榜してきた彼ら。これまでの足跡や成長、変化や不変的を改めて感じさせてくれる今回のベスト盤は、バイタリティ溢れる楽曲が中心の“金盤”と、応援歌や鼓舞してくれる楽曲が耳を惹く“銀盤”の2枚組全30曲入り。彼らの多彩さとメロディの良さ、一緒に歌える歌を届け続けてきたことを振り返らせてくれる楽曲ばかりだ。
 結成以来、つねに活動を共にしてきたトラックメイカーの電球も今回の取材では初ジョイン。4人にこの10年や今作を振り返ってもらった。

EMTG:これまであえて写真や取材等で表に出てこなかった電球さんですが、今回は、いよいよ登場ですね。
DEppa:今回の『スルメBEST』を出すにあたり、元々スルメサウンドはこの4人で作ってきたものなので、いま一度ここで、この4人でご挨拶しようと。集大成であり、ここからまたあらたな一歩でもありますからね。過去から現在、未来もこの4人でやっていくぞと、そんな決意の表れでもあります。
肉だんご:(電球を見ながら)結構出たがりなところがあるんで、きっとこれまでもウズウズしていたと思いますよ(笑)。とてもうれしそうな顔をしてますから(笑)。
EMTG:当の電球さんは、“やっと俺の出番だ!!”的な心境だったり?
電球:そもそも“トラックメイカー”という存在自体が、皆さんがピンときてないんじゃないかと、ずっと引っ込んでましたからね。あと、出たがりなわりには緊張しいだったりもするので(笑)。基本、根暗なので家で縮こまっているタイプですから、僕(笑)。
肉だんご:トラック作りがメインだからね、しょうがない(笑)。
桃紅茶:音楽的知識と引き出しは半端なく豊富ですよ、彼は。僕たちの音楽的な面をずっと担ってきたと言っても過言じゃない。
肉だんご:電球ファンも意外に多いんです。
電球:ありがたいことに皆さんに“電ちゃん”と呼んでもらえて。毎度、“ああ、この応援してくれている人たちのためにも頑張ろう!!”って気持ちやモチベーションにさせてもらってます。今後はやれることももっと増えるし、より皆さんと触れ合える機会も多くなっていくと思うんで、今からそれらがすごく楽しみです。
DEppa:これからは“3MC1エンターテイナー”か“3MC1マルチプレーヤー”でいきますから!いろいろと期待していてほしいです。やはり4人でシクラメンですからね、僕らは。今は逆に結成初期のようなワクワクドキドキ感を持って曲作りをしたりライブを行ったりしてます。
EMTG:今年は結成10周年ですが、改めて振り返ってみていかがですか?
DEppa:皆さんと一緒に歩んできたこの10年でしたね。活動、ライブ、楽曲……聴く人、届ける人がいてこその自分たちだったなって。
肉だんご:正直、残念ながら当初に掲げた目標にはまだ届いてませんが……。当時は、それこそ“武道館や横浜アリーナに立つぞ!!”と息巻いて活動してましたから。
DEppa:それらの会場にしてもイベントでは立たせてもらいましたけど、やはりワンマンで立ちたかったです。とは言え、これまでも単独では中野サンプラザや渋谷公会堂といった夢の舞台にも立たせてもらって。達成できた目標もあれば、達成できなかった目標もあったり……。でも未だ満足していないことのほうが大きいかも。僕、予定では今ごろ一戸建てを持ってベンツに乗って、結婚して子供もいて、ゴールデン・レトリバーを飼っているはずでしたから(笑)。
EMTG:ちなみにこの10年で皆さんが変わったところと変わらないところって?
電球:変わったところは、この10年で音楽が生業になったことかな。当初はそれこそ働きながらの活動でしたから。変わらないところは、いい意味で音楽のセンスや表現したいことをやり続けてきたこと。“今の自分たちのフィルターを通してどう発信していくか?”。それがつねに自分たちの活動のテーマだったんで。
EMTG:わかります。今作を聴いて皆さんが実は様々な音楽性やテーマに挑んできたことに改めて気づきました。
DEppa:その時々の自分たちのやりたかったことや伝えたかったこと、伝えなくちゃと思ったことを都度発信してきた10年でしたからね。時代に合わせるつもりはまったくなかったのに、意外と合っていたことも含めて。
EMTG:では、この10年で得たものと失ったものは?
桃紅茶:得たものは多いですよ。仲間やファン、スタッフもそうだし……。活動を途中で止めていたら、皆さんと絶対に出会ってなかったでしょうし。それらはほんとかけがえのない宝物です。
EMTG:逆に失ったものはあったりしますか?
桃紅茶:もう昔から失うことに慣れちゃってますから(笑)。
一同:(爆笑)
桃紅茶:(笑)やはり若さかな。あと、昔はガムシャラに何も考えずにできてた。
DEppa:今は聴き手や届け手のことも思い浮かべながら曲を作っている面もありますからね。でもそれは逆を言えば伝えたい人、伝えられる人がいる幸せでもあるわけで。
桃紅茶:どうやったら伝わるだろう、どうやって伝えよう、そればかり考えてますからね、いい意味で。
肉だんご:それってライブにも言えるよね。昔はガムシャラにただ大きな声を出せば伝わると思って歌っていたけど、それだけじゃないんだなって。優しく歌っても柔らかく歌ってもちゃんとと届けられることもわかったし。そう考えると技術や経験値も含め得たものばっかりの10年でしたね。
EMTG:今作を聴き返してみていかがですか?
DEppa:改めていろいろな伝え方をしてきたんだなと実感しました。
EMTG:個人的な感想を伝えると、歌詞や歌内容に耳が奪われがちですが、実はメロディも良い歌が多かったんだなと改めて気づきました。でも、この曲群だと、選曲や曲順もかなり悩んだのでは?
DEppa:ですね。選曲に関しては、もちろんファンの皆さんが聴きたいであろう曲、代表曲やライブで人気のある曲もですが、自分たちでもあまり日の目を見ていない自分たちにとっての良い曲、好きな曲を改めて皆さんに聴いてもらいたく選曲しました。
EMTG:ファンはもとより、ここからシクラメンを聴き始める方にもベストな選曲ですよね。
DEppa:その感想はうれしいです。“金盤”“銀盤”とそれぞれ名づけているんですが、“金”は僕たちの軌跡。シングルや代表曲、人気曲を中心にして、“銀”のほうは目標を追っていくような志が感じられる楽曲を揃えてみました。
EMTG:“銀”は歌内容的に、背中を押してくれる、今一歩“金”に成り切れなかった楽曲が並んだ印象があります。
DEppa:そうなんです!これらは“金”にはなれなかったけど、シクラメンのファンの中では“金”に匹敵する曲たち、言わば“心の金”みたいな存在の曲たちなんです。
EMTG:では最後に、今作の聴きどころを教えてください。
DEppa:1枚目のアルバムのキャッチコピーが“人生のおつまみに”だったんですが、生活の中に溶け込みやすいけどちゃんと心に染み入る、そんな曲たちが揃ってます。そこかな。
電球:ライブを通してお客さんと一緒に育てていった曲も多いですからね。お客さんと一緒に完成させた曲も多いし。
肉だんご:それぞれの思い入れ深い楽曲ばかりではありますが、幅広い人が聴け、好きな曲が分かれそうな盤になったかなって。
桃紅茶:各時代の精一杯が詰まってますから。逆に今じゃ出せない部分もあるし。ある意味、全曲最も幸せな形で収まってる盤でもあります。
DEppa:逆に皆さんに、“あなたのメイン曲はどれでしたか?”と訊ねたいです。初めての人も僕らのコアなファンにも聴いてもらいたい作品だし。曲がいっぱい入っているんで、ぜひ皆さんの好きな曲を探してほしいですね。“シクラメンって実はいい曲が多いんだな……”と改めて気づいてくれることを楽しみにしています。

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー シクラメン

リリース情報

スルメBEST

スルメBEST

2017年04月05日

TOY’S FACTORY

Disc1「金」
1. 僕の宝物
2. 100年初恋
3. どんなに どんなに
4. 101
5. Only 愛
6. ブチコメ!!
7. ここで泣こうよ
8. とおく とおく
9. マナザシ
10. SAMURIDER
11. SKYWALKER
12. 記憶~決して忘れない~
13. こころ
14. 舞い桜
15. MUSIC
Disc2「銀」
1. 毎日頑張る貴方へ
2. 少年
3. そら
4. Believe
5. 大丈夫
6. 流れ星
7. 風唄
8. なみだのあと
9. 夏物語
10. 誰かのために
11. エール
12. ハートビート
13. ミュージックドリーマー
14. ありがとう
15. 大切な人へ
DVD
1.MUSIC
2.とおく とおく
3.舞い桜
4.僕の宝物
5.100年初恋
6.Only 愛
7.マナザシ
8.ブチコメ!!
9.ダメ社員でもいいじゃない。
10.どんなに どんなに
11.101
12.SAMURIDER
13.SKYWALKER
14.こころ
15.記憶~決して忘れない~

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

銀の日 スルメBEST発売記念 ♪シクライブ2017♪ 〜銀の日!アルバムスペシャル!〜
04/04(火) 恵比寿LIQUIDROOM

金の日 スルメBEST発売記念 ♪シクライブ2017♪ 〜金の日!シングルスペシャル!〜
04/05(水) 恵比寿LIQUIDROOM

MUSIC TRIBE TV SPECIAL LIVE
04/08(土) イオンモール岡山5F おかやま未来ホール

Sendai Music Market vol.1
04/30(日) 仙台spaceZero

GunMARVELOUS
05/04(祝) 高崎 club FLEEZ

シクラメン史上 最大ツアー
「シクラツアー2017夏〜シクラメン史上 最大ツアー!結成10周年スペシャル!〜めっちゃ感謝し10年(テンネン)!ありが十(トウ)!」

06/10(土) 新宿BLAZE
06/24(土) 京都MOJO
06/25(日) 米子AZTiC laughs
07/01(土) 甲府CONVICTION
07/08(土) 滋賀U☆STONE
07/09(日) 和歌山GATE
07/16(日) 西川口Live House Hearts
07/17(月祝) LiveHouse浜松窓枠
07/29(土) 新潟GOLDENPIGS RED STAGE
07/30(日) 横浜BAYSIS
08/04(金) 福岡DRUM Be-1
08/05(土) 鹿児島SRホール
08/06(日) 熊本B.9 V2
08/11(金祝) 高松DIME
08/12(土) W Studio RED
08/17(木) 仙台DARWIN
08/19(土) 郡山♯9
08/20(日) 山形ミュージック昭和セッション
08/26(土) HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
08/27(日) NAGANO club JUNK BOX
09/02(土) 大分DRUM Be-0
09/03(日) 長崎DRUM Be-7
09/09(土) 水戸ライトハウス
09/16(土) 函館 CLUB Cocoa
09/18(月祝) 札幌Sound Lab mole
09/22(金) 盛岡Club Change WAVE
09/23(土) 秋田Club SWINDLE
09/30(土) 梅田CLUB QUATTRO
10/01(日) 広島Cave-Be
10/08(日) 岡山IMAGE
10/09(月祝) 名古屋CLUB QUATTRO
10/14(土) 渋谷CLUB QUATTRO
10/28(土) 沖縄桜坂セントラル

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る