Thinking Dogsが1年2ヵ月ぶりのニューシングル「Are you ready?」を発表

Thinking Dogs | 2017.04.17

 ライブに集まってくれたお客さんへの楽しませ方や次回へと繋げる進め方と在り方を今一度見つめ直し、再び地に足を着ける活動に終始した感のある2016年のThinking Dogs。
それらを経て、まさに満を持してのリリースとなる1年2ヵ月ぶりのニューシングル「Are you ready?」は、昨年1年で培ってきたもの、育ててきたもの、そしてファンへの愛しさや感謝を全て前向きな気持ちやサウンドを用い爆発させたかのような全3曲だ。
より<ロックバンド・Thinking Dogs>が前面に出た、更に一回り成長したその姿と新境地、そしてリスタートのような清々しさ溢れる1枚となった今作についてを4人が語ってくれた。

EMTG:作品としては1年2ヵ月ぶりですが、2016年はかなりライブに注力を入れていたように映りました。
TSUBASA:その通りです!新曲を発表していない中でのライブに於ける自分たちのできること、魅せれるものを改めて考え、それを実行に移せた1年だったかなと。
EMTG:それは例えば?
TSUBASA:必ずしも曲だけがライブじゃないことに改めて気づけた1年でもあったし、"エンタテイメントな部分に音楽をどう絡めれば、みんなが歓んでくれるか…?”を凄く考えたんです。
Jun:カバー等の楽曲のバリエーションを始め、わりとエンタテインメント性にも注力しましたからね、去年は。
TSUBASA:それもあって演奏力やライブ力の基礎も更に引き上げられたと思うし。今までにやってこなかったことへの挑戦も含め、よりフレキシブルに色々な引き出しを増やせましたから。
わちゅ~:結果、自力がかなりついた1年になりました。エンタテインメントと音楽、その融合や両立により確信が持てるようにもなったし。
大輝:DIYで色々とやったり、自作の楽曲を作り溜めていったり、キチンと次に向かえる、更に先に進むべく良い準備期間だった気がします。各々が“自分たちに何が出来るか?”を模索できた良い期間でもあったし。演奏面でも演奏以外の部分でも、より成長できた1年でした。
EMTG:その辺り、どれも今作に凄く反映されてますよね。やりたかったことを色々と詰め込んだり、初の自作曲の収録、はたまたファンとのより強いアライアンスを感じさせる楽曲や前向きな楽曲が揃った感があります。
TSUBASA:自分たちの今をそれぞれの形で表せた3曲かなって。
わちゅ~:それこそ今回の3曲は、各々この1年2ヶ月がなければ表せなかったでしょうから。特に「Are you ready?」は去年培ってきたバンド感が全開の曲になったし。リスタートの気持ちも込もってる曲でもあって。「ユメハグ」は頑張ってもがいている中、見えた希望や光に向け走り出す、それこそ今の自分たちを等身大で歌にしたような曲だし。「ハートビート」はファンに向けて、と言った具合に、今の自分たちで伝えられる表現と思い入れのある曲たちばかりが収まってます。
EMTG:特に「Are you ready?」は、エレクトロも含め色々な要素が注ぎ込まれた感があります。
大輝:自分たちとしてはかなり新境地的な楽曲になりましたからね、これは。
TSUBASA:この曲で初めてサウンドプロデューサーを迎えたんです。それが元WANDSの大島こうすけさんで。正直デモの段階ではもう少しJ-POP路線だったんです。ところが大島さんの手にかかって想像を絶する変化を遂げまして。驚いたのと同時に、ようやくこういったタイプの曲が演れる歓びもありました。大島さんも「バンド感を前面に出したい」とおっしゃってくれて。バンドサウンドが中心にありつつ、キチンと自分たちらしいポップさが成立した楽曲になりました。
EMTG:この二組のタッグと聞き、もう少し90年代王道のJ-POP路線を予想していましたが、結果今のスタイルでの90年代J-POP風味の楽曲が飛び出してきたので驚きました。ラウドロック的な要素もかなり入ってるし。
わちゅ~:最初は懐かしい感じもするポップス路線の予定でした。でも、いざフタを開けると元々の良いメロディを活かしつつサウンドはエレクトロを始めとしたモダンな音やロックバンドならではのテイストに豹変していて。あれには自分たちでも驚きましたね。
Jun:サウンドに関しては、これまでで最もロックバンドっぽいし、男性っぽいですからね。これまでに無かったギターの刻み方で重い部分も出せたし。今までで最もレコーディングで苦戦しましたが、そのぶん新しいテイストがどんどん引き出されていくようで嬉しかったですね。バンド的にももの凄く成長出来た1曲になりました。
大輝:僕も初めてツーバスをレコーディングで起用しました。ラウドロック系も聴いてはいたものの、まさか自分のバンドで演るとは思ってなかったんで。年末年始返上でレコーディングに備え、各人猛特訓しました(笑)。
わちゅ~:僕もこのバンドで初めてチューニングを下げて弾きました。元々個人的にはスラップとかもやっていたんですが、今回はここぞとばかりに入れさせてもらって(笑)。演りたい音楽が演れた部分も含めレコーディングもかなり楽しかったです。
EMTG:反面、かなり技巧的な部分もあるのでライブでの再現には、かなりの緊張感がありそうな…。
大輝:ライブでは既に演ってますが、勢いもあるし、楽しいし、テンションがアガる曲なので、どうしても気持ちが前のめりになりがちで。おかげさまで毎度リズムキープと格闘しています(笑)。
EMTG:この楽曲は、お客さんも参加出来る要素も多分に擁していますね。
TSUBASA:そうなんです。一緒に声を返してくれるところも含め、今回初めてMVで振り付けも交えました。まさにお客さんと一緒に作り上げていく楽曲でもあるんで、是非会場でみなさんと一緒に作り上げていきたいですね。
EMTG:でもこの曲の最大のポイントは、元々Thinking Dogsが持っていた清々しさや爽快感、ポップさを保ちつつ、ロックバンド的なガッツリとした要素を同居させているところでしょう。
TSUBASA:目指していたところや大事にしていたのはまさにそこで。サウンドもゴリゴリで歌詞もこれまでにないぐらい、“俺について来い!!”的な男っぽい聴き手をグイッと引っ張る内容ですからね。歌でもその強気さは意識したし。凄く俺っぽいなと思いながら歌ってました(笑)。
EMTG:歌の面はいかがでしたか?
TSUBASA:楽器陣に負けないようにしながらも、元々持っていた自分たちらしさを同居させるべく良いポイントを探りながら歌いました。僕たちの目標の一つとして、このような難しいサウンドやロックっぽいテイストなんだけど、どれだけポップで聴きやすく感じさせられるかがあって。難しいことを演っていても、キチンとポップに表現できるし聴かせられる。僕らならではの音楽性は、まさにその辺りだとの意識を持って、特にこの曲は歌いました。
EMTG:M-2.の「ユメハグ」は、スパニッシュテイストのあるサウンドとダンサブルさも印象的です。
Jun:僕個人的には凄く好きなジャンルだったんで嬉しかったですね。3曲の中で唯一ギターソロも入ってます。
EMTG:このスパニッシュ性の肝は哀愁と情熱の同居だと思うんですが、その辺りの表現もスムーズに?
わちゅ~:正直、3曲の中では最もスムーズに終わりました。
TSUBASA:今の自分を見ている、まるで鏡のような曲だと思いながら歌入れをしていました。あえて自分の感情に素直になって歌ったんですが、僕たちだけでなく多くの夢を追いかけている人にも同感してもらえる歌だと思ってます。
EMTG:「ハートビート」は初の自作曲の収録で。作詞は大輝さん、作曲はわちゅ~さんですね。
わちゅ~:いつかは作品に収めたいとずっと曲を作り溜めてましたからね。今回の収録は、ほんと嬉しいです。この曲は元々ライブの際にファンに向けて感謝の気持ちを込めて作った曲で。それこそみんなの前で演奏する姿を思い描きながら曲を作ってました。
EMTG:そのわりには主人公はかなり小悪魔的な女の子に振り回されている光景が浮かびますが(笑)?
大輝:作詞は僕なんです。実はこの時が人生初の作詞でもあって。色々とテーマを考えたんですが、やはり自分が思ったことや見たもの、感じたものの方が伝わるだろうと。とは言え残念ながらこれは自分の実話ではなくて。知り合いでちょうどこのようなカップルがいたので参考にさせてもらいました(笑)。第三者の目線からのそのやきもき具合や微笑ましさ、楽しさやウキウキした心持ちを歌詞にしてみたんです。
TSUBASA:可愛い歌詞ですよね。大輝からこのような歌詞が出てくるとは想像もしてなくて。なんか少女マンガチックじゃないですか。ホンワカしていて。実際に歌ってても会場一体でほんわかするんですよね。ファンに対しても一緒に歌いやすい曲でしょうし。
EMTG:Junさん、実際にこのような女性が彼女だったらどうしますか?
Jun:うーん...精神的にストレスを抱え込んじゃうタイプなので、ちょっと勘弁かも(笑)。逆に飼いならしたいタイプなので。どちらかと言ったら僕の場合、「Are you ready?」タイプの男性なんじゃないかと。まっ、自分で思ってるだけかもしれませんが…(笑)。
一同:(爆笑)

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP シングル 男性ボーカル インタビュー Thinking Dogs

リリース情報

Are you ready?

Are you ready?

2017年04月19日

ソニー・ミュージックレコーズ

後日発表

お知らせ

■メンバー全員で共同生活中! 春だね?引っ越し先を探し中!?



■ライブ情報

Thinking Dogs
DOG’S PARTY vol.9 TSUBASA生誕祭2017
〜Are you ready?〜

04/20(木) 渋谷WWW

「Are you ready?」リリース記念イベント
04/18(火) 19:00〜
東京都・タワーレコード池袋店 6Fイベントスペース

04/19(水) 19:00〜
HMV BOOKS&TOKYO 7Fイベントステージ

04/21(金) 19:00〜
HMVエソラ池袋

04/22(土) ?13:00〜 ?15:00〜
千葉県・イオンモール木更津 ライブパーク

CONNECT歌舞伎町MUSIC FESTIVAL2017
04/23(日) 新宿RUIDO K4

Now New Waves
05/02(火) Shibuya duo MUSIC EXCHANGE

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る