まるで恋をするように、あなたと近い距離でいられたら。HOWL BE QUIET 『Mr. HOLIC』、ついに完成。

HOWL BE QUIET | 2017.05.15

 HOWL BE QUIETはメジャーデビューのタイミングで、自分たちの固定概念を壊して、新たな一歩を踏み出したバンドだ。まさかのアイドル宣言をぶちあげて、より自由な在り方で自分たちの音楽を追求しようとした。それは様々な誤解も生む諸刃の剣だったが、いま、こうして完成したメジャー1stフルアルバム『Mr. HOLIC』を聴くと、あの頃ハウルが思い描いていたものがよくわかる。EDMからワールドミュージックまで縦横無尽に行き来しながら、多彩な音色が飛び交う、メロディをとても大切にしたポップミュージック。そのタイトルが表すように、アルバムで初収録となる新曲は全てがラブソングで、恋愛中毒気味な男が主人公という振り切った構成もいい。今作のテーマは“サシ飲み”だという。まるで恋をするように、あなたと近い距離でいられたら。そんな願いを込めた今作について4人に聞いた。

EMTG:当初予定してたより、アルバムの発売が遅れましたよね。
竹縄航太(Vo・Gt・Piano):そうなんですよ。曲はそんなに苦労しなかったんですけど、歌詞で迷ってたところもあって。歌いたいことは決まってるのに、それをどう言おうかっていう部分で悩んでたんです。それは「サネカズラ」のときにも、お話させてもらったんですけど……。
EMTG:自分の恥ずかしいことを全部書くってこと?
竹縄:まずはそうですね。かっこつけない、見栄を張らない。それを『Mr. HOLIC』っていうアルバムを作るうえで、大前提にしようと思ったんです。「サネカズラ」を書いて、やっぱり俺はこういうのが歌いたい人間なんだな、性に合ってるんだなって気づいたし。
EMTG:こういうのと言うのは、恋愛のなかで自分が丸裸になっちゃう感じ?
竹縄:そうですね(笑)。
黒木健志(Gt):言われて、ちょっと喜んでるんじゃねえよ(笑)。
EMTG:(笑)。それを、どう表現するかで迷ったっていうのは?
竹縄:いかに自然体で言葉にできるかっていうところですね。人間って、いざ文字にしようとすると、普段の会話と違くなるじゃないですか。かっこつけちゃったりする。それは嫌だなと思ったんです。もっとサシで飲んでる感覚で書きたいなと思って。
EMTG:「サネカズラ」をヒントに、そこからもっと踏み込みたかった?
竹縄:そうなんです。「サネカズラ」で、ようやく1枚扉をノックできたぐらいのところから、このアルバムでやっと扉を開けたと思うんですよ。俺、飲み会とかで、すげえ人がいると、あんまり喋らないタイプなんです。自分が喋らなくても、誰かが喋るから。けど、サシ飲みって絶対に喋らなきゃいけないじゃないですか。自分もそうだし、相手も。だから距離がグッと縮まるんですね。その感覚で歌いたいし、聴いてほしいと思ったんです。下手に彩らない、美化しない、かっこつけない。それは言葉も、歌も、アレンジも、全部。そういう意味でサシ飲みっていうワードが、このアルバムを象徴してるものだと思います。
EMTG:なるほど。じゃあ、歌詞以外はスムーズだったんですか?
竹縄:スムーズでしたね。今回、アレンジは全部クロ(黒木)がやってくれたんですよ。これはエゴになりますけど、俺は今回のアルバムで自分の自然体を出して、「こういう人間です」っていうのを知ってもらいたいと思ってたから、そこだけに集中したかったんです。それで「ファーストレディー」ができた段階で、クロに1回アレンジを振ったら、できてきたのがすごく良かったんです。それに味を占めて、そこからクロにバンバン振りました。
EMTG:シングルのカップリングでは、そういうやり方で作った曲もありましたもんね。
黒木:「レジスタンス」(『MONSTER WORLD』収録)とか「My name is...」(『Wake We Up』収録)ですよね。そういう曲を作っていくなかで、竹(竹縄)が持っているポップな感じと、僕のUKとかUSのロック感を融合するのがいちばんハウルっぽい音像になるんだなっていうのは、なんとなく思ってて。たとえば、今回の「矛盾のおれ様」は、普段僕が聴いてる音楽と近いし、「にたものどうし」は、ちょっとアメリカンポップスみたいなところが出てたり。いままでは核の部分もメンバー全員で作ってたから、1/4ずつの融合だったんですけど、今回は竹と僕とで1/2ずつになったから、シンプルになったんです。
EMTG:なるほど。いまの話で腑に落ちたのが、今回のアルバムを聴いて、「ハウルはずっとこういう音楽をやりたかったんだな」と思ったのが、「矛盾のおれ様」と「にたものどおし」の2曲だったんですよ。いま海外で流行ってるようなシンプルなポップスというか。
黒木:ああ、なるほど。
EMTG:それを「矛盾のおれ様」ではエレクトロ寄りに、「にたものどおし」では生音っぽくやってて。正直、こういう曲が今後のハウルの核になりそうな気がする。
黒木:でも、流行りものをやろうとは思ってないですね。竹の書く曲はコード感とか歌詞、歌メロがすごく精密なんですよ。だから、僕はもっとラフでいいなと思って。それが良いバランスになる。竹の曲が基軸にあるから、どこで遊んでも絶対に曲が崩れないなっていう自信はあったし。それで全体の統一感が出て、より角度が鋭くなったなと思ってます。
EMTG:リズム隊のふたりは、そういう作り方でやってみてどうでしたか?
岩野亨(Dr):レコーディングはめちゃめちゃワイワイしてましたよ。「亨、びっくりさせて」とか「おもちゃ箱みたいにして」とか言われて、こんな感じかな?ってやるんですけど、いっぱいアイディアが浮かぶんです。で、「こんなんどう?」ってやると、「あ、いいじゃん!」ってなるのが超楽しくて。こんなにシンプルにリズムに専念できたのは初めてでしたね。同じ人が全部統括してやるから、さっき言ってくれたみたいに、「矛盾のおれ様」の反対側が「にたものどおし」だよね、みたいな話もスムーズで。すごく楽しかったです。
EMTG:ハッシーは? 
橋本佳紀(Ba):才能がある人は、こうやってイメージを膨らませられるんだって思いました。
黒木:えげつない話するなあ(笑)。
橋本:それがけっこうリアルで。僕もハウルを始める前に曲を書いてたけど、竹縄と出会って、この人の才能を超える人には絶対に出会わないって思ったんです。それに近いというか。メンバーに曲をクリエイトできる人がいるんだと思ったときに、そこじゃないところで価値を出さないと、自分がいる意味もないから。黒木がイメージする完成形に向かって、僕のアイデンティティのなかで忠実に近づけていく、そっちの役割のほうが自分には意味があると思ったんですよね。きれいな役割分担になった感じがします。
EMTG:今回、既出のシングル曲は別にして、アルバムに新しく入った新曲はラブソングが中心ですよね。「ラブフェチ」とか「ギブアンドテイク」とか……重い男の歌というか(笑)。
竹縄:平たく言うと、そういうことなんですかね(笑)。
EMTG:「サネカズラ」のインタビューでも「ちょっと怖い」って話をして、だいぶ竹縄くんの独特の恋愛観には免疫がついたつもりでいたけど、今回もすごい。
黒木:でもね、それを軽く話せるのが面白いと思ってるんですよ。基本的に恋愛話はファニーだから、暗くなりすぎないじゃないですか。「竹縄くん、ヤバいよね。あの子、重すぎてぇー(笑)」みたいな。
岩野:「免疫ついてたんだけどなー(笑)」ってね。
黒木:竹が女性に対して抱くものって、俺らに対してもそうなんですよね。束縛感というか。どこにいても、「どこにいるの?」って逐一連絡をしてくるし、連絡を返さないとすごい怒るし(笑)。だから、俺らは曲を聴いてもあんまり驚くところもなく。すごく竹らしい感じが出てる。本当に嫉妬深い男ばっかりだよね。
EMTG:「ラブフェチ」では、彼女の元カレに対して、「無駄に歴史に残ったこと謝ってくれよ」とか歌ってるしね。
竹縄:俺ね、サラッと付き合いました、みたいな男がムカつくんですよ。3ヵ月ぐらいで別れたみたいな。お前は、なんなんだ!と。俺は何よりも元カレという存在を憎むわけですよ。すごく嫌。いなくなればいいと思ってるので、その感じを「ラブフェチ」で歌ってたら、「それは中毒だね」とか「依存だね」っていう話をされて。それがタイトルの『Mr. HOLIC』につながったんです。すごく的を射てくれてると思うんですよね。
EMTG:自分自身のことを表してるって?
竹縄:そう。それも自分で言ってたら、ちょっとキモいんですけど。メンバーに言われて、「あ、自分ってそうなんだ」っていう発見があったんです。
黒木:あと、僕らはアッパーな恋愛ソングって初なんですよ。そこもバンドのなかでは革命だったなと思ってて。
EMTG:アッパーな曲は、自分自身の未来のこととかを歌ってますもんね。
竹縄:そうそう。
黒木:1個変わりましたね、僕らもね。
EMTG:じゃあ、シングルに収録されてた「My name is...(ALBUM Ver.)」のアレンジを、ピアノ中心のバラードからテンポをあげたポップスに変えたのも同じような意図?
黒木:いま思うと、「My name is...」もライトに伝えたかったんですよね。もちろんセカンドシングルに入れてたのも良いものだったし、歌詞が響く感じだと思うんです。でも、『Mr. HOLIC』に入る「My name is...」は、もう少し軽くていい。みんなで口ずさめたり、踊れちゃうような。どの曲も重々しく伝えたくないなっていうのは思ってましたね。
EMTG:だからバラード曲の「208」で終わらずに、ケルティックなポップソング「ファーストレディー」で、アルバムをハッピーに締めくくったんですね。
竹縄:そうなんです。
EMTG:“僕が虫で、君が男でも恋したいのです”で終わるアルバムっていう(笑)。
黒木:僕的には、そのワードが今回の歌詞でいちばんグッときてて。「竹、虫かあ」って(笑)。みんながどう思ってるかはわからないですけど、(竹縄は)すごいファニーなやつなんですよ。それをちゃんと知ってもらいたい。だから、その歌詞がツアー名にもなったし、このアルバムを決定付けたひとことだなと思ってます。
EMTG:「208」のほうは、ライブでも大切な曲としていち早く披露してましたけど、ハウルの真骨頂のバラードですね。
竹縄:これは俺のなかで安心できた曲なんですよね。「また俺こういう曲が書けた」って。この2年間バラードを書いてなかったんです。「サネカズラ」をリリースしたのは最近だけど、書いたのは2年ぐらい前なので。歌ってることも、アルバムのなかで一番パーソナルなんです。タイトルは「208」っていう部屋番号で、実際の出来事をつらつら歌うっていう。久しぶりにこういう懐かしい曲が書けたっていう思い入れはありますね。
EMTG:あとはライブで人気だった「PERFECT LOSER」もようやく収録されましたね。
竹縄:ずっと入らなかったんですよね。俺も好きな曲だったし、レーベルのスタッフさんも気に入ってくれてて、「セカンドシングルはこれがいいんじゃないの?」とか、むしろ「メジャーデビューもこれがいいんじゃないの?」ぐらいの話が出てたんですよ。
スタッフ:黒木に「絶対に嫌です」って言われたのを、いまでも覚えてる…。
黒木:僕、言いましたっけ!?そんなこと。
全員:あははは!
EMTG:歌詞の内容はけっこう変えたそうですね?
竹縄:当時書いた歌詞と、いまの自分のテンションの差がありすぎて、しっくりこなくなっちゃったんですよね。前は人生観みたいな歌でしたけど、いまの感覚で「PERFECT LOSER」を書こうとすると、パッと浮かぶのが圧倒的に女性に対することだったんです。そこでも、やっぱり俺はこういうことを歌いたいんだなと思いました。
岩野:そうね。
竹縄:自分の好きな人に限って、相手がいたりだとか。そういう人に限って思わせぶりな態度をしてきたりとか。そんなあなたが好きだけど、嫌い、みたいな感情ですね。自分のなかでも、訳がわからなくなるというか。恋愛っておかしくなるんですよ。
EMTG:たぶんそれが「なぜ竹縄航太は恋愛を歌うのか?」に対する答えだよね。
竹縄:うん。俺、思うんですけど、人間は恋愛してるときが、いちばん頭がおかしいんです。ふだん言わないようなセリフも飛び交っちゃたりとか、男と女が愛し合う感じって、絶対に誰にも見せたくないじゃないですか。見せられるものじゃないんですよ。それが恋愛の魔法というか、アルコールというかね。だから、俺は恋愛の曲を書いてるときが、いちばん素の自分になれるし、いちばん(理性の)タガが外れてる。酔っぱらってるんですよね、恋愛に。そういう自分をきれいに映そうとしたのが、このアルバムなんです。
EMTG:このアルバムのスゴいところは、そこでバランスをとってないところですよね。ラブソングばっかりにならないように、とかも考えてないでしょ?
竹縄:そうそう。今回は盲目に曲を作れたから。バランスはメンバーがとってくれたし、結果として、それで『Mr. HOLIC』っていうアルバムが強いものになったと思います。
EMTG:このアルバムを作れたことで、この先、ハウルはもう迷わないんじゃない?
竹縄:そういう予感はありますね。
岩野:まあ、本当に楽しくできたし、あとは、ぶっちゃけ出たとこ勝負みたいなところもあるわけですしね(笑)。僕は自分が感じた言葉と世界観を、ただただ楽しみながらやるだけだなっていう役割がはっきりあったから。
黒木:今回のアルバムは全員が大暴れできたんですよ。方程式とかも一切無視して、無我夢中で楽しいほうを選択していったので。良い意味で自己中になれたんです。
EMTG:自己中だけど、自己満じゃないんですよね。
竹縄:それ嬉しい。
橋本:やっぱり音楽自体が恋愛っぽいところがあると思うんです。
黒木:恋愛で相手を満足されるっていうことは、自己満じゃないから。あなたが楽しくないと、僕も楽しくないですっていう感覚は必ずあるんですよ。そのために僕らは、良い曲、良いアレンジを作れるように頑張るっていう感じですかね。

【取材・文:秦 理絵】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 男性ボーカル HOWL BE QUIET

リリース情報

Mr. HOLIC

Mr. HOLIC

2017年05月24日

ポニーキャニオン

01. ラブフェチ
02. MONSTER WORLD
03. ギブアンドテイク
04. にたものどうし
05. My name is...(ALBUM Ver.)
06. サネカズラ
07. PERFECT LOSER
08. Wake We Up
09. 矛盾のおれ様
10. Higher Climber
11. 208
12. ファーストレディー

お知らせ

■コメント動画



Mr. HOLIC 〜僕が虫で、君が男でも恋したいのです〜 TOUR
07/20(木) 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
07/26(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
07/28(金) 大阪 Umeda TRAD(前Umeda Akaso)
08/01(火) 高松 DIME
08/03(木) 福岡 DRUM Be-1
08/04(金) 広島 セカンドクラッチ
08/16(水) 東京 AKASAKA BLITZ

SAKAE SP-RING 2017
06/03(土) - 06/04(日) 名古屋市内ライブハウス

Kiss FM KOBE presents【RADIO SPEAKERS〜MUSIC APPLE LIVE special edition〜】
06/11(日) 神戸VARIT.

JOIN ALIVE 2017
07/15(土) - 07/16(日) いわみざわ公園
〈野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地〉

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る