尾崎裕哉 前作とはガラリとサウンドアプローチが変わった2nd EP『SEIZE THE DAY』インタビュー

尾崎裕哉 | 2017.10.03

 インタビューの途中、彼は何気なく「運命」という言葉を口にした。
 「Glory Days」という楽曲について話していた時だ。この曲は、劇場版アニメ『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』主題歌に起用されている。そのきっかけは、アニメの制作スタッフが会議中に、たまたま1st EP『LET FREEDOM RING』のバナーをクリックし、彼の歌にたどり着いたことだ。まず、その歌声と作品に興味を持ち、さらには以前、テレビアニメーション『交響詩篇エウレカセブン』の挿入歌を担当した、いしわたり淳治(当時、スーパーカーというバンドで活動しており、その楽曲が使用された)が、尾崎の楽曲制作に携わっていたことを知った。そんな不思議な縁があって、今回の主題歌のオファーに至ったそうだ。
「すごく縁を感じたというか。運命的なものっていうか。なんか、すごいなと思いましたね」
 人間は、わりとよく運命という言葉を使う。良くも悪くも、すべての理由になるからではなかろうか。
 でも、尾崎裕哉がただの会話の中で放った「運命」は違った。彼のバックボーンが、私にそう感じさせたのだろう。インタビューが終わって思った。尾崎裕哉は、運命を理由にしない、音楽人生を歩んでいこうとしているのではないか、と。前作とはガラリとサウンドアプローチが変わった、2nd EP『SEIZE THE DAY』について、間もなく始まるホールツアー『SEIZE THE DAY HIROYA OZAKI TOUR 2017』について、本人に聞いた。

EMTG:2nd EP『SEIZE THE DAY』が完成した今の心境は?
尾崎:前作の『LET FREEDOM RING』とは、ある意味、真逆に近い作品になったと思っているんです。
EMTG:それは特にサウンド面についてですよね?
尾崎:そうです。前作も今作も、自分の中の音楽性を出したものだけど、まったく違うものになった。だから正直、大丈夫かなって気持ちもあったし、どういう反応が返ってくるのか想像できなかった。でも、最近、キャンペーンや取材で、いろんな方の感想を聞いて“びっくりしたけどいいね”って言ってくれる人が多かったので、手応えを感じてます。
EMTG:今回の作品を聴いて、昨今のビルボードのポップスチャートを思い出したんですよね。ジャスティン・ビーバーとか、ブルーノ・マーズとか。
尾崎:あぁ、本当ですか? 嬉しいですね。
EMTG:打ち込みの音色やリズムで、そう感じたんだと思うんですけど。
尾崎:普段、普通に好きで聴いているものなので、自然に出ちゃうっていう。ジャスティンも好きでよく聴いてますし。ジャスティンは、男性ヴォーカルの中で1番うまいと、個人的に思っていて。歌手としてリスペクトする部分もたくさんありますから。今回の4曲は、アンダーソン・パークとか、エド・シーランとか、Fun.とかのイメージ。
EMTG:幅広いですね。そういう意味では、前作も今作も、自分のルーツではある。でも今作は、昨今のトレンドがアレンジ面で入ってきてる。
尾崎:すべてじゃないですけど、曲を作るときにトレンドを意識することはありますよね。意識しようとしてはないけど、意識せざるを得ないっていう。やっぱビルボードのチャートとか好きで、普通に耳に入ってくるものだから。
EMTG:1曲目「Glory Days」は、劇場版アニメ『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の主題歌ですが、決まった経緯を教えてください。
尾崎:元々、蔦谷(蔦谷好位置/音楽プロデューサー)さんと作っていた曲で、8割くらい出来た時に、エウレカセブンの制作スタッフの方からお話しがあって。デモを聴いていただいて、いいねっていうマッチがあった。そこから主題歌用に仕上げていったんです。歌詞は主題歌に決まってから書きましたね。
EMTG:作品の世界もふまえて、歌詞を書いていった?
尾崎:そうですね。主人公の少年と自分の境遇に似ているところがあると思ったから、半分は自分の気持ち、半分は作品の世界観に寄せて……って歌詞になったと思います。
EMTG:その半分、半分の部分、歌詞の中で具体的に言うと?
尾崎:例えば、最初の≪You know we are free; so fly with me≫って部分。ここで、空を飛んでるじゃないですか。空を飛ぶって、自分の現実の世界では無いことだから、僕は絶対に言わないんですよ。もしかしたら、飛べるんじゃないか……くらいは、これから言う時が来るかもしれないけど、一緒に飛ぼうっていうのは、たぶん、絶対に言わない。でも、エウレカセブンの中では空を飛べる。だから“fly”って単語を入れたんです。ここは、元々“run”だったんだけど、エウレカセブンの世界にはflyの方が合うから。この“fly”って言葉は、僕の中には無かった言葉なんですね。思いもつかなかった。でもエウレカセブンの作品に寄り添うことで出て来た。すごく些細なことなんですけど。
EMTG:いやいや、全然、些細じゃないと思いますよ。尾崎さんの「Glory Days」という曲に対する向き合い方もわかる、いい話だったなぁ、と。
尾崎:あと「Glory Days」ってタイトルは、そもそも仮タイトルだったんですね。でも、曲が完成して、メッセージ性や語感も含めて、ぴったりだったんです。なるべくしてこのタイトルになったのかなぁ、と。
EMTG:「Glory Days」ってタイトルの曲、結構ありますよね。
尾崎:そうなんですよね! そこだけが懸念事項でした(一同笑)。
EMTG:で、尾崎さんに伺いたいのは、今の自分のスタンスを考えた時「Glory Days」という言葉をどう訳すか、と。
尾崎:……! わぁ~、そうですねぇ~(真剣に熟考中)……直訳ですけど、いつも頭の中に浮かんでたりするのは「栄光の日々」なんですよ。でも、改めてそう聞かれると「栄光の日々をつかもう」ってなりますかね。「Glory Days」の歌詞にもありますけど。
EMTG:なるほど。では「栄光の日々」とは、尾崎さんにとって近いところにある? 遠いところにあるもの? どういうイメージです?
尾崎:なるほど、なるほど。そうですねぇ………(続・真剣に考え中)……パッと思ったのは近くないってイメージ。だから遠いところにあるものなのかもしれない。でも、遠くもあり近くもあるものっていうか。例えば、今から見た過去と、今から見た未来。その両方が“Glory Days”って感じがある。それって、絶対に手に取ることは出来ないわけじゃないですか、物理的にも。でも、過去があって今があるし、今が未来につながっているわけだし。だから、遠くて近い、そんな感覚です。
EMTG:わかりました。ありがとうございます。「シアワセカイ」の歌詞は、すごくストレートですね。
尾崎:と言いますと?
EMTG:言葉をオブラートに包もうとしていない。怒りを露わにしている。
尾崎:あぁ、そうですね。これは歌詞を書いたっていうより、吐き出したに近い。今回の4曲の中では、人間・尾崎裕哉が1番そのまま出てる曲です。
EMTG:普段、怒ることは結構あります?
尾崎:昔よりは多くなりましたね。昔はまったく怒らない、何事もそのまま受け入れるタイプだったと思います。でも、大人になってみて“本当に色んな大人がいるな”って気づいたり、実害があったりもして、怒りという感情を持つことが増えてきましたね。
EMTG:そう感じ始めたのは、いつくらい?
尾崎:ここ最近ですよ。この2年くらいの話だと思います。
EMTG:ティーンネイジャーの時じゃないんだ。
尾崎:ティーンネイジャーの時、怒ってました?
EMTG:親に口答えするとか、教師を無視するとか。
尾崎:そういうのは普通にありましたよ、僕も。
EMTG:あぁ、そうかこれは怒ってるとは言わないですね、すみません(笑)。
尾崎:(笑)。ティーンネイジャーの頃は、曲も書いてなかったですしね。曲を書き始めたのって、20歳を過ぎてからなんです。だからそれ以降の出逢いとか、圧倒的に他人と関わるようになって、怒る機会が増えたんです。社会人になるとバックグランドが違う人との出逢いが増える。そうすると価値観の違いも多いし、何が幸せか、みたいな話になると、意見が合わないヤツもたくさんいる。それが自分の中でわかったんです。それでケンカはしないけど、怒りを感じることがある。どうですか? 例えば会社にもいろんな人、いません?
EMTG:はい(笑)。価値観が違うと、言葉が通じないような感覚を覚える(笑)。
尾崎:ほんっと、言葉通じないですよね~(笑)。
EMTG:ところで。尾崎さんが曲を書く際に、最も強いエネルギーになるものってなんですか? 怒りをエネルギーに曲を書くミュージシャンも多い。80年代のパンクムーブメントなんて、まさにそうだった。
尾崎:自分が曲を書きやすいのって、落ち込んでいる時なんですよ。だから、怒りとか、そういう感情で言うと、哀しみかもしれないですね。
EMTG:発売日には、秋のホールツアーもスタートしますね。
尾崎:きっちり自分の世界観を伝えるライヴにしたいと思ってます。前回のツアーって、CDを出す前にツアーが始まって、ツアーの途中にリリース日があったんですよ。つまり、誰も自分の曲を知らないって状況の中でツアーをするっていう、通常あり得ない状況で(笑)。
EMTG:いきなり過酷な状況だったんですね。
尾崎:そうなんです(笑)。でも、今回はEPだけど2作品リリースした後だから、曲を知っている人も多いだろうと。だから一緒に楽しむことが出来るライヴになるんじゃないかなと思ってます。自分のライヴは、わちゃわちゃ盛り上がるだけのライヴでは決してなくて。そういう部分も、もちろんあるんですけど、それより、来てくれた方が何か考えたりとか、何か持ち帰ってくれるようなものにしたいと思ってますね。

【取材・文:伊藤亜希】

tag一覧 J-POP シングル DVD 尾崎裕哉

リリース情報

SEIZE THE DAY

SEIZE THE DAY

2017年10月04日

TOY’S FACTORY

1.Glory Days
2.シアワセカイ
3.愛か恋なんて(どうでもいいや)
4.君と見た通り雨

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報



■ライブ情報

SEIZE THE DAY TOUR 2017
10/06(金) 大阪・NHK 大阪ホール
10/18(水) 名古屋・ Zepp Nagoya
11/03(金・祝)  東京・東京国際フォーラムホール C
11/12(日) 千葉・森のホール 21 大ホール

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る