Xmas Eileen ジャンルのセオリーをぶち破り、明確なメッセージを込めた2ndアルバム

Xmas Eileen | 2017.10.17

 Xmas Eileenが2ndアルバム『DIS IS LOVE』は、多ジャンルを見事に融合したハイブリッドなミクスチャー・センスを掲げつつ、喜怒哀楽の人間味やメッセージ性を高める方向へと舵を切った。白い仮面にトレンチコートという風貌とは正反対に、どんどん親密な表情を露にするバンド・メカニズムについて、Vo右にじっくりと話を聞いた。なお、今作の初回限定盤にはオリジナル・ノベルやメンバー自ら企画し出演するコント映像付きなので、こちらも必読必見!
EMTG:今作は歌メロやメロディ・ラインがより一層ブラッシュアップされて、いいアルバムが出来ましたね。
右:今回のアルバムは自分たちでも好きなんですよね。カテゴリー的にはラウド・ロックに入るのは間違いないけど、このジャンルだったら、こうするみたいなセオリーがあるじゃないですか。そういう壁をぶち破りたくて。ラウド、ダンサブルな音でも、ちゃんと言葉が乗るようにしようと。
EMTG:言葉が乗るとは?
右:楽曲にメッセージを乗せられるようになったなと。いままでは言葉遊び的なものが多かったけど、今回は明確なメッセージを込めることができたから。
EMTG:確かに今作は歌や言葉がまっすぐ届きます。
右:何かを足してきたとすれば、今回は引くようになってきたというか、曲の構成もシンプルになりましたからね。突拍子もない展開とかは、今回は避けた気がします。いつも1曲の中に何個セクションがあるんだろうと思ってましたから(笑)。
EMTG:では、最初のアルバム像はどんなものでした?
右:アルバム名に"LOVE"を入れたくて。今回の『DIS IS LOVE』というアルバム名はギターさんが付けてくれたんですよ。バンド結成以来、すべてのタイトルは僕が決めてたから、初めて僕以外の人が付ける形になりました。"LOVE"という言葉を入れたかったし、今回はそういうアルバムにしたいなと。ただ、"LOVE"と言っても、彼女がケータイに出てくれなくて寂しいとか、そういうものじゃなくてね(笑)。
EMTG:Vo右さんが考える"LOVE"とは?
右:駆け引きなしというか、損得勘定のないものが"LOVE"かなと。
EMTG:無償の愛というか。
右:そうですね。
EMTG:例えば自分が無償の愛を捧げられるものは何でしょう?
右:やっぱり曲を作ることじゃないですか。めちゃめちゃ稼ぎたい気持ちはあるかもしれないけど、自分が作った曲は無償の愛で作ってますから。この作品がみんなの人生のBGMになってくれたらいいなと。例えばボクシングやってる子が明日試合だから、聴いてテンションを上げるとか、女の子でもフラれちゃって、落ち込んでいるときに聴くとか……自分もそうやって音楽を聴いてきたから。映画『ロッキー』のテーマとかそうじゃないですか。走ってるときにあの曲を聴くと、いつもより3キロ多く走れそうな気がするし。自分たちの音楽もそうあってほしい。自分を良く見せるどうこうより、曲が一人歩きして、その境地までいってほしくて。それは目指してますね。
EMTG:今作でまたそこに近づけたと。「パーセンテージ」はこれまでになく明るく開けた、ハッピーな曲調ですよね?
右:これはコンポーザーがある程度作ってくれて、「どんな歌詞をハメます?」と言われて。この曲に関してはナチュラルにやれたと思います。ウチのDJさんはこの曲が一番好きみたいですね。
EMTG:曲調に相反して歌詞は泥臭くて、そのギャップも面白かったです。
右:僕らはバカなんで、ハッピーなものにしようと思っても、苦しいとか、切ないものになるんですよ。
EMTG:《いつかボクの旅の日々 終わるみたいだ ならば行こう 一番遠い場所へ》の歌詞は、実にロマンチックだなと。
右:そうなんですよ! 自分が書いた歌詞の中でそこが一番好きで。終わりがあるから、一番遠くへ行こう!って、我ながらいい言葉だなと(笑)。
EMTG:ええ。そして、中盤以降は聴かせる曲が多く並んでます。
右:「Candy Smile」は今作の軸になっている曲なんですけど、自分たちの中では特に悪とは言ってなくて、良いか悪いかは聴いた人が判断すればいいかなと。最後の答えは残しつつ、そこは聴き手に委ねたくて。1から100まで飛んで楽しく笑って終わりましょう、というのは好きじゃないというか、自分ならその場所に足を運ぼうとは思わない。ちゃんと緩急があるバンドにしたいし、激しい曲と聴かせる曲があるから、お互いに引き立て合えると思うし。
EMTG:今作ではその対比がくっきりしてきましたよね。
右:そうですね。最後に「99.9」が出てくるし、「世界のすべて」はダンサブルな曲だけど、そこに意味深なメッセージも込められたから。初めて日本語の曲名を付けましたからね。歌詞を書き終わったときに、これしかハマらない気がして。
EMTG:なるほど。そして、今作の初回限定盤にはパフォーマーさんによる結成ヒストリーを書き綴ったオリジナル・ノベルが付属されます。
右:逸話が面白いバンドだから、そういうものも小出しにできたらいいかなと。ウチはNO NAMEでやってるけど、小説には名前が出てますからね(笑)。そういうことをやれるのも面白いのかなと。あと、特典映像ってライヴ映像とか多いけど、それはライヴDVDとして出した方がいいから。今回はコントの方がいいんじゃないですか?って提案したんですよ。そういう風に人を混乱させながら、音楽をやっていきたいなと(笑)。
EMTG:小説は読ませてもらいましたけど、若い人にとって夢を与えられるエピソードもありますからね。では、今作のレコ発ツアーはどんな風になりそうですか?
右:最近はライヴが良くなってると周りにも言われているから、それを見せられたらいいなと。
EMTG:今作の楽曲がまたライヴでどう響くのか、楽しみです。
右:最近、この中の曲を練習しているんですけど、すごくいいんですよ! それで、ツアー・ファイナルの12月25日に集大成みたいなものを披露できたらいいなと。ウチは飛んで暴れてだけじゃないバンドだから。ひとつのライヴの中でドラマをより見せれたらと思ってます。感傷的だったり、メッセージ性の強い曲は、それが本当に伝わるようにやらなきゃ、と話してるところなんですよ。その一方で、暴れさせる曲はとことん暴れさせなきゃいけないから、その両方を追求しようと。自分たちの中で緩急を付けられないと、お客さんにも伝わらないですからね。25日は……いろんなことをやろうと思ってます。せっかくのクリスマスですから、パーティーにしたいなと。

【取材・文:荒金良介】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー Xmas Eileen

リリース情報

DIS IS LOVE

DIS IS LOVE

2017年10月18日

ビクターエンタテインメント

01. Timer
02. Everybody goes
03.パーセンテージ
04. Candy Smile
05. Tell me all your lies
06.世界のすべて
07. Long Highway
08. Radio
09. A world where birds can’t survive
10. 99.9

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

“DIS IS LOVE”TOUR 2017
11/01水) 京都MUSE
11/03(祝・金) 熊本Drum B.9 V2
11/04(土) 福岡Drum Be-1
11/10(金) 神戸VARIT.
11/11(土) 高松DIME
11/16(木) 仙台MACANA
11/17(金) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
11/19(日) 札幌KRAPS HALL
11/23(祝・木) 富山SOUL POWER
11/24(金) 金沢Eight Hall
11/30(木) 名古屋CLUB QUATTRO
12/08(金) 岡山IMAGE
12/09(土) 広島セカンドクラッチ
12/22(金) 大阪BIG CAT

ONLY HOLY NIGHT 2017
12/25(月) Zepp DiverCity TOKYO

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る