LAMP IN TERREN 自信を喪失し、破壊と再構築を経験した2017年を経て生まれた歌「花と詩人」

LAMP IN TERREN | 2018.02.05

2017年4月に3rdアルバム『fantasia』を発表、全国ツアー『in“fantasia”』を成功させるなど、確実に活動の幅を広げているLAMP IN TERREN。1月19日には配信限定で「花と詩人」をリリース。さらに毎月26日に渋谷Star loungeで行われる定期公演「SEARCH」がスタート、4月には全国4か所のワンマンツアー『LAMP IN TERREN ONE MAN TOUR 2018『MARCH』』の開催も決定している。今回は松本大(Vo・Gt)に単独インタビューを実施。アルバム『fantasia』以降のバンドの方向性、新曲「花と詩人」に込められた思いと新たなサウンドメイク、そして、“SEARCH”“MARCH”と名付けられたふたつのライブの展望などについて語ってもらった。

EMTG:まずは3rdアルバム『fantasia』以降の動きについて聞かせてください。『fantasia』はキャリア史上もっともポップに開かれた作品だったと思うのですが、その後の方向性についてはどんなふうに考えていましたか?
松本大:そうですね。『fantasia』が出来たタイミングで、みなさんに「いちばん開けたアルバムだね」と言ってもらったし、すごく良い評価をいただいたんです。自分でも、すごく開けた良いアルバムが出来たと思ったし。でもそこで、自分は死んだなとも思ったんです。積み上げてきたものが崩壊したというか、自分のなかで「今まで自分が積み重ねてきたことって、一体何だったんだろう?」と思ってしまって。僕が今まで書いてきた曲は、自分のことを俯瞰している内容が多いんですよ。自分自身の言葉ではなく、自分が理想としている言葉を歌っているというか、「ここには主観がないな」ということも自覚していて。そのことが自信喪失につながってしまったんですよね。2017年の上半期は破壊、下半期は再生の時期だったと思います。
EMTG:自信を失って壊れてしまった自分を再生させるために、どんなことをしていたんですか?
松本:まずはすべてを明確にしようと思いました。良いことも悪いことも含めて、思ったことはすべて口にしてたんですよ。バンドメンバー、スタッフはもちろん、対バン相手のメンバーにも言いたいことを言って(笑)。他人から見れば「こいつ、何言ってんだ?」ということもあっただろうけど、その瞬間の自分の正義をひたすら貫いて。今まではなるべく嫌われないように振る舞っていたし、“この環境で最善を尽くす”という考え方だったんですよ。でも、そんなことやってたら自分自身が消えちゃうんですよね。“どうすれば成立するか”とか“間違わないように”みたいなことではなくて、もっと自分が中心になって周りを振り回さないとダメだなって。その結果、相手が「え?」って思ったとしても、その違和感こそが自分自身ですからね。それを続けてきて、今はやっと“松本大”として存在できていると思います。ライブ中も曲を書いてるときも、他の誰でもない、松本大としてやれているという感覚が強いので。
EMTG:破壊と再生を経験したことは、アルバム以降の楽曲にも影響している?
松本:そうですね。いま自分のなかに掲げているのは“歌のテーマとサウンドが離れないようにする”ということなんです。「花と詩人」を作っているときも、言葉、思いから生まれる音に落とし込もうと思っていたので。絵日記みたいなものかもしれないですね。
EMTG:まず言葉があって、それに絵を付けるわけですからね。「花と詩人」の根本にはどんな思いが込められているんですか?
松本:以前「メイ」という曲を書いたときの感じに近いんですけど、僕は人に対して“そばにいてくれて当たり前”と思ってしまうところがあるんです。メンバー、スタッフもそうなんですけど、周りにいてくれる人のおかげで今の自分がいるというか。ファンもそう。自分たちの音楽を聴いてくれて、見てくれている人がいるからこそ、“伝えたい”と思えるので。そういうことを曲にしてみたいなと思った作ったのが「花と詩人」なんです。甘えん坊の歌ですよね、つまり(笑)。
EMTG:でも、人と人との関係は不安定じゃないですか。“この関係はいつか崩れるかもしれない”という怖さはないですか?
松本:怖いです。だからこそ離したくないし、ずっとそこにいてほしいからこそ、自分の気持ちを伝えようとするんですよ。それは花に水を与えるのと同じですよね。花に水をあげて愛でるように、周りの人を大事にしていって……そういう当たり前のことを歌おうとしたんだと思います。以前は「ありきたりな言葉は絶対にイヤだ」と思っていたから、物語に置き換えたり、ヒネった言葉を使ってたんですが、最後はやっぱりありふれた言葉に戻ってくる。そんなことを考えながら「花と詩人」の歌詞を書いた記憶がありますね。
EMTG:音数を抑えた、シンプルで奥深いサウンドも印象的でした。“花と水”の思いにいちばん合ってるのが、このアレンジだったわけですね。
松本:そうだと信じてます。歌に込めた思いに呼ばれたのがこの音だと思うし、それが合わさって曲になっているので。レコーディングのときは「できるだけ静かに叩いて」みたいなことを言ってるだけなんですよ。そこに込めた気持ち、「こういう風景を鳴らしたい」という話はレコーディングが終わった後にしてるので。いろんなことを検証して、突き詰めて……。自分が好きなアーティストの楽曲もそうなんですけど、センスだけで作っているわけではなくて、いろいろな検証の結果だと思うんですよ、曲というのは。制作を通して、どれだけ有意義な時間を持てるかが大事なのかなと。
EMTG:今後のライブについても聞かせてください。まず1月26日からは毎月26日に渋谷Star loungeで行われる定期公演「SEARCH」がスタート。
松本:さっき話した“再生”の後、「ライブって何だろう?」ということも改めて考えたんです。その時期に舞台やミュージカルを観る機会があって、さらに「自分たちの新しいライブの形を見つけたい」と思うようになって。ちょうどそのときにチーフマネージャーから「定期公演をやってみるのはどう?」という提案をもらって、いろんな発見や成長につなげられる場所にしたい、と思ったんですよね。粗削りでもいいから、やりたいことに挑戦して、それを200人のお客さんと共有できたらなと。初回は普通にワンマンライブをやろうと思ってますが、その後は内容が変わっていくと思います。アコースティック・ライブもやりたいし、メンバーの特技を活かしたことだったり、劇みたいなことにも興味があるので。
EMTG:そして4月には全国4か所のワンマンツアー『LAMP IN TERREN ONE MAN TOUR 2018『MARCH』』が開催されます。
松本:ワンマンツアーはしっかり作り込んだものを見せたいです。「MARCH」というタイトルはブラスバンドが行進する“マーチング”のことなんです。ずっと前から“楽器を持って歌うだけでではライブは成立しない”と思っていて。お客さんの心が動いて、声が聴けて、そのとき初めてLAMP IN TERRENのライブになるというか。一緒に演奏したい、行進したいという思いはさらに強くなっているし、4月のワンマンライブではそこをもっと追求したいですね。
EMTG:2018年は楽曲、ライブを通して、思いを形にしていく1年になりそうですね。
松本:そうですね。あとは「いい加減、結果を出したい」という本音もあります。うちの事務所はバンド同士の関係が強いんですが、THE ORAL CIGARETTESやフレデリックに負けたくないし、何よりも自分たちの音楽を聴いてくれている人たちにもっと良い景色を見せたいので。

【取材・文:森 朋之】




<ライブ情報>

【LAMP IN TERREN定期公演ワンマンライブ「SEARCH」】
毎月26日に渋谷Star loungeにて200名限定の定期公演プレミアムワンマンライブを開催。

▼スケジュール
2月26日(月)「SEARCH #002」※SOLD OUT
3月26日(水)「SEARCH #003」
4月26日(木)「SEARCH #004」
<オフィシャル先行予約:2月21日(水)12:00~2月25日(日)23:59>
5月26日(土)「SEARCH #005」
<オフィシャル先行予約:3月21日(水)12:00~3月25日(日)23:59>
6月26日(火)「SEARCH #005」
<オフィシャル先行予約:4月21日(土)12:00~4月25日(水)23:59>

※6月以降の公演は順次、LAMP IN TERREN オフィシャルHPで順次発表予定。


【TICKET】
前売¥3,000(+1D) / 当日券未定
※定期公演「SEARCH」の前売りチケットはEMTG電子チケットのみでの扱いとなります。
※EMTG電子チケットへの会員登録(無料)・アプリのダウンロードが必要となります。
※オリジナルチケット画像仕様

【お問い合わせ】
hello@lampinterren.com
渋谷Star lounge 03-6277-5373

tag一覧 J-POP シングル 配信限定 インタビュー 男性ボーカル LAMP IN TERREN

リリース情報

[配信]花と詩人

[配信]花と詩人

2018年01月19日

A-Sketch

01.花と詩人

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■コメント動画



■ライブ情報

【LAMP IN TERREN ONE MAN TOUR 2018 「MARCH」】
4/07(土)[福岡] 福岡DRUM SON
4/14(土)[愛知] 名古屋RAD HALL
4/15(日)[大阪] 大阪BIGCAT
4/21(土)[東京] LIQUIDROOM ebisu

【LAMP IN TERREN定期公演ワンマンライブ「SEARCH」】
2/26(月)[東京] 渋谷Star Lounge
3/26(水)[東京] 渋谷Star Lounge
4/26(木)[東京] 渋谷Star Lounge
5/26(土)[東京] 渋谷Star Lounge
6/26(火)[東京] 渋谷Star Lounge

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る