PUSHIM×韻シスト、groovillageレーベルに籍を置く盟友同士がダッグを組み完成したコラボ・ミニアルバム『TO THE NEXT』

PUSHIM×韻シスト | 2018.02.14

 PUSHIMと韻シスト。共にgroovillageレーベルに籍を置く盟友同士が、がっちりと手を握って作り上げたコラボ・ミニアルバム『TO THE NEXT』が素晴らしい。レゲエとヒップホップのみならず、洗練されたクラシック・ソウルやAORのムード漂うサウンドに、いつまでも若く前向きなリリックとメロディ。年上世代には懐かしさと心地よさを、若い世代には新鮮さと本物の輝きを。すべての音楽好きにチェックしてほしい、最上級のグルーヴ・ミュージックについて、PUSHIMと韻シストのTAKU(G)が語ってくれる。

EMTG:めちゃくちゃ良いです。ずっと聴いてます。
TAKU:ありがとうございます。
PUSHIM:やった。
EMTG:がっつり一緒に曲を作るのは、「Don’t Stop」(シングル)「Touching The Sky feat. ルンヒャン」(韻シスト『Another Day』収録)に続く、3曲目ですか。
PUSHIM:あと、「MATTAKU feat. Shyoudog」(PUSHIM『F』収録)かな。
TAKU:初めてゼロから一緒に作ったのは「MATTAKU feat. Shyoudog」ですね。
EMTG:あ、そうでした。そうやって曲作りを共にするたび、わかりあっていく感覚はありますか。
TAKU:ありますね。コミュニケーションの深さが、音にも出てくるんじゃないかと。
PUSHIM:本当に楽しい人たちなので。キャッキャッ言いながら、「あの曲かっこいいよなー」「あんなの歌いたいわー」とか、そういう会話の中からどんどんふくらんでいくところもあるし。それが日常的であるというか、スタジオに入って初めてそういう話をするわけでもなく。
TAKU:そうですね。
PUSHIM:基本的にコラボって、自分だけのアイデアじゃないので、自分の知らなかった自分が出てきやすいんですよ。「Don’t Stop」ももちろんそうでしたし。韻シストとは近しい環境で育って、年齢も近くて、ガーっと意気投合したんですけども、それぞれやってきた年数も長いので、彼らが培ってきたものに私も刺激されたいし、私が作ってきたもので彼らにも刺激を与えられたら、すごくいいなというのが一番あるので。
EMTG:今回のミニアルバムは、コラボ2曲、それぞれの単独曲2曲、韻シストBANDが1曲、リミックス1曲。作り方はどんなふうに?
PUSHIM:時間が限られた中でやりとりして、生み出したメロディや言葉で、偶然の産物的なものを見つけられたらいいなと思っていたので。そこも楽しもうと思って作りましたね。
EMTG:コラボ曲「TO THE NEXT」と「Dreamin’」の2曲が、クラシック・ソウルの香りがする、とても軽やかで明るい曲調なので。そういうテンションだったのかな? と。
TAKU:意識してないですけど、それこそPUSHIMさんが言ってくれはったみたいに、何せPUSHIMさんと一緒にいるとキャッキャッしてしまうんですよ。これ、あんまり信じてもらえへんから、最近言わんようにしてるんですけど、めっちゃ好きなんですよ。僕らが、ねえさんのことを。
PUSHIM:(笑)。
TAKU:会ったら、「わーい」ってなるんですよ、ほんまに。でもそう言っても、信用してくれへんから。太鼓持ちでやってるとか、ホストクラブ形式じゃないかとか。
PUSHIM:そうそう。ホストって呼んでますね(笑)。
TAKU:ちゃうんですよ! めっちゃ好きなんですよ! だから僕が今日PUSHIMさんとインタビューやって言うと、みんな「ええなー」みたいな。というのも、一緒にいたらめっちゃ楽しいし、ご飯食べてても、スタジオに行ってても、こうやってインタビュー受けてても、全部一緒じゃないですか? 僕だけかもしれないけど。「私はちゃうで」とか言われたら困るけど(笑)。
PUSHIM:いやいや(笑)。
TAKU:僕はほんまにそうなんですよ。それこそ日常的な、こんな感覚になれるのって、数人はいると思うんですよ。一人しかいないというと嘘になるし、それぞれあるとは思うんですけど、今まで生きてきて、めちゃくちゃある感覚じゃないんですよ。ほんまに全部フラットになれる感覚って。ガストも、スタジオも、変わらないんですよ。
EMTG:あはは。ガストもスタジオも変わらない! 名言出ました。
TAKU:「PUSHIMさん、コーンスープいります?」「コンソメのほうがええわ」というのと、「ここAマイナーですかね」「Eマイナーのほうがええわ」というのと、僕はほんまに変わらんと思うんですよ。
PUSHIM:ほかのアーティストとコラボする時って、いつもやってるメンバー、私だったらHOME GROWNとか、数人のミュージシャンがいてて、そこは長年やってることもあって、緊張も何もないですけど。新しい人たちとコラボする時は、ある程度緊張したりして、そこから生まれるいいものもあると思うんですけど、それ以外にまた家族ができたみたいな、韻シストに対してはそういう感覚があるんですよ。これだけ変に緊張感のない仲になって、歌を作れるって、そんなにないと思うんですよね。
TAKU:僕もそう思います。
EMTG:「TO THE NEXT」は本当に良い曲。クラシック・ソウル感と、今っぽいビートの鋭さがばっちりハマっていて。これ、元ネタは…?
TAKU:これはたぶん、アイズレー・ブラザーズですね。ベースのShyoudogのアイデアで、オマージュというか、知ってる人がニヤッとしてくれたらいいなぐらいの感覚で。サンプリングとまでは行かないけど、あの時代の曲が持ってる雰囲気を取り入れたくて。
PUSHIM:そこから肉付けしていった感じだよね。みんなの知恵が入ってる感じで。
EMTG:今回のアルバム、リリックで言うと、メッセージ系が多いですか。目指すものとか、前向きな姿勢とか、アティテュードを歌うテーマが多いかなと思うんですけどね。
TAKU:「TO THE NEXT」は、完全にそうですね。
PUSHIM:メロディができて、サビの歌詞がパッと浮かんだんですね。前向きというか、自分の中であったのかもしれない。去年から、またリスタートしたいなとか、そういう思いが強くなってきてるので。みんなの思いももちろんですけど、自分の思いが強かった気がしますね。「TO THE NEXT」に関しては。
EMTG:ベテラン二組が組んで、こんなに前向きでフレッシュな曲と言葉を届けてくれるなんて、すごくうれしいですよ。励みになります。
PUSHIM:もちろん、いろんな年齢層の人に聴いてほしいですけど、若い人に聴いてほしいんですよね。年は重ねてますけど、みんな中学生みたいな考え方の人間で、精神的にその世代と全然変わってないというか。「まだまだ行けるっしょ」「うちらヤバイっしょ」って思ってるから。そういう曲を作って、若い人が聴いて、かっこいいと思ってくれたら、いいことですよね。
EMTG:ですね。
PUSHIM:この前も、ここに入ってる「Rising Sun」っていう自分のソロの曲を、SEAIっていう22,23歳くらいのドラマーの子が「めっちゃかっこいい」と言ってくれて。
TAKU:マジですか。ああいう、センスのいい若い奴に言われるとうれしいですね。
PUSHIM:そういう若い人が反応してくれると、「やったな」と思うので。私もずっと音楽をやってきてて、なんぼ作っても、「「FOREVER」がいいね」とか言われるとね。
EMTG:うーん。そうですよね。
PUSHIM:うれしいのはうれしいけど、「昔の曲がいいよね」って言われると、ちょっと悲しいところもあったりして。やっぱり新しいものを作って、若い人にかっこいいと言われることが、本当にやりがいがあるなと思うんですよね。そういう気持ちでずっと若さを保って、美容も保ちたいですね。
EMTG:あはは。でもそこ、めちゃめちゃ大事だと思います。
PUSHIM:年は重ねても、若い人がかっこいいと思ってくれるのはうれしいし、年を重ねたぶんだけ経験と知恵があるんですよね。言葉の説得力も増えるし、今は無敵やなと思ってます。

【取材・文:宮本英夫】





tag一覧 J-POP ミニアルバム PUSHIM 韻シスト インタビュー

リリース情報

TO THE NEXT

TO THE NEXT

2018年02月14日

徳間ジャパンコミュニケーションズ

1. TO THE NEXT / PUSHIM×韻シスト
2. Dreamin’ / PUSHIM×韻シスト
3. Rising Sun / PUSHIM
4. とまらない / 韻シスト
5. SPACE&TIME / 韻シストBAND
6. TO THE NEXT (DJ Mitsu the Beats REMIX) / PUSHIM×韻シスト

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

「TO THE NEXT」発売記念インストアイベント
02/18(日) タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
02/23(金) タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

PUSHIM×韻シスト「TO THE NEXT」リリースパーティー
韻シスト主催Regular Party「NeighborFood」
02/17(土) 大阪・心斎橋CONPASS
02/24(土) 東京・代官山LOOP

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る