MOSHIMO、最大限を出し切った自身初のフルアルバム『圧倒的少女漫画ストーリー』

MOSHIMO | 2018.03.20

 ロックサウンドの上、片想いや失恋、愛しい人を想う気持ちを、どこか体験したかのようなストーリーやシーンとして歌にて描き出してきたMOSHIMO。作品やライブでは、聴き終えた後、恋愛に限らず不思議なバイタリティを溢れ出させてくれる。
 その歌に想いを重ね、まるで自分のことのように感受したり、次への一歩や明日への活力に変えていく人も多い、このMOSHIMO。そんな彼女たちが活動開始から3年。ついに1stフルアルバム『圧倒的少女漫画ストーリー』を完成させた。今作はMOSHIMOらしさが全開ながらも、これまで伺えなかった面や方法論もたっぷり完備。気持ち、想い、シチュエーション共に、聴く者にまた新たな明日への活力を与えてくれる楽曲が揃ったものとなった。
 そう、今回も彼女らの楽曲の数々は聴き手に想いを重ねさせ、自分なりのストーリーを広げてくれる!!

EMTG:MOSHIMOになって早3年ですが、これまでを振り返っていかがですか?
岩淵紗貴(Vo&Gt):活動当初は、出したいサウンドとグルーヴ、どんな歌や言葉が自分たちには合うかを模索してました。しかも最初の1年は地元の九州に在住しながら全国各地でライブを行ってたし。そう考えると、ここまでは悩みながらも割と順調に進めたかなって。
EMTG:今はしっかりとオリジナリティやアイデンティティを擁していますが、やはり当初は試行錯誤もあったんですね?
岩渕:ありましたね。今の自分たちが見え始めたのは、それこそ「猫かぶる」を発表した辺りでした。
一瀬貴之(Gt):特にこの3年間でライブ面は、もの凄く変わりました。曲にしても以前は自身の内側や自分との向き合うタイプが多かったので。ライブも、そのような世界観をお客さんに観てもらう感じで。それがここ最近は、お客さんも参加したり共感も出来る内容だったりに移ってきました。それと比例して、お客さんと一緒にライブを作っていく、そんな意識にシフトしてきたんです。
岩渕:以前は自分の内側に閉じこもっていた人間だったので(笑)。ライブでもただ一方的に自分たちの出したい音や吐き出したい想いを放出してたし。そこから徐々に私も、かなり周りとコミュニケーションを取れるようになって。それに伴い自分の意見も主張できるようになってきて。その辺りの変化は大きかったですね。
EMTG:MOSHIMOに改名してから加わったリズム隊のお2人はいかがですか?
宮原颯(Ba):僕の場合、このバンドに入ってからベースを始めたんで、それこそ最初の頃は元ベースのプレイ等を意識して弾いてました。でも、徐々にその辺りも気にせず、この4人ならではのグルーヴを出せるように移ってきたかな。
本多響平(Dr):僕もバンドの一員として入ったのは、このグループが初めてで。しかもハードロックやメタル畑出身だったし。なので、最初はどうしても自分のプレイのことしか考えられず、他のメンバーの演奏や歌の意図を汲んでのドラミングに辿り着けずにいました。でもライブを繰り返しているうちに、バンドの中での自分の個性や「ならでは」の両立が徐々に出来るようになって。今では非常に楽しく叩かせてもらってます。
EMTG:かつてはメジャーも経験していた手前上、リスタートとしてバンド初心者たちを加入させた面に当時は不思議さを覚えました。それには何か意図でもあったんですか?
岩渕:テクニックよりもパーソナルで選びました。メロディや言葉使い、キャッチ―さに重きを置く活動をしていきたかったんで、それを最も理解してくれる人たちをと。性格もお互い問題ありだし(笑)。意見をぶつけ合え、信頼し合い、相手の意見もキチンと受け止めて緩和剤にもなりうるメンバーが必要だなと思い、この2人に入ってもらったんです。
EMTG:MOSHIMOは、作品では「ポップでキャッチ―、キュートで可愛らしい女子ボーカルなポップロックバンド」的でありながらも、ことライブでは、かなり骨太でガツンとしたロックバンド然としていますよね?
岩渕:そこなんですよ! この形態なので、よくアイドル的なバンドに勘違いされがちですが、ライブではバリバリのロックバンドですから。かつてはそう見られても仕方なかったかもしれませんが、今は違うんで!
EMTG:そこにも何か転機が?
岩渕:ある時を境に素の自分たちを出そうと決めたんです。言いたいことや、演りたいことをポンポンやって行こうって。で、試しに一度、ライブでその辺りを吐き出したら凄くスッキリして。その瞬間、何かが吹っ切れましたね。そこからよりワイルドになったかも(笑)。「いい子ちゃんに映るかもしれないけど、実はいい子ちゃんじゃないゾ!!」って(笑)。
EMTG:それってMOSHIMOの各曲の主人公まんまですね。キュートなんだけど毒も時々まぶしてある、みたいな。
岩渕:可愛く描きつつも、やはり可愛くなり切れない主人公ばかりですからね。その辺り、まんまどれも私で。自分の闇の部分や曲がっている部分がスパイス的に自然とブレンドされちゃってます。
EMTG:でもその毒を、そう感じさせない聴きやすさも特徴的かなと。
岩渕:その辺りのバランスは大切にしてます。凄くポップな曲にあえて毒っ気のある要素を入れたり、その逆で、凄くラウドでハードな曲なんだけど、ポップでラブリーな女の子っぽい歌にしてみたり。でも、それが女の子でしょうから。女の子ってけっこう腹黒さがありつつも可愛い。その辺りを自分なりに表現してもいます。
EMTG:あと、どの曲もキチンとストーリーが浮かんでくる楽曲ばかりなのも印象深いです。
岩渕:これは私の性格なんですが、曲を聴いてストーリーが分からないと伝わり切らないだろうし、聴いている方も自分を重ねてくれないだろうとの不安感があって。ストーリーとしてキチンと伝えつつ、言いたかったフレーズは強調してリフレインさせる。それを念頭に置いてます。それに限らず私の歌詞は、キチンとルールや制限を予め自分の中で決めて、その範疇面での最大の表現を目指してるんです。
EMTG:ここからはニューアルバム『圧倒的少女漫画ストーリー』の話に。今作はMOSHIMOらしいテイストを基調に、幅広いタイプの楽曲を収めた印象を受けました。特に中盤部分では、“えっ!?”とか“おっ!!”と、従来のみなさんからは想像出来なかった楽曲が幾つか飛び出してきて。
岩渕:いま出せる最大限を詰め込んだ1枚になりました。恋愛の曲が中心なんですが、恋愛ソングでも色々な角度の恋愛ソングを収めたくて。基本、私、フラれることが多いんですが、フラれた際の、めったくそにされた気持ちは沢山のエピソードを持っていて(笑)。それらを違う角度から描いてみた楽曲が多いです。それこそ「圧倒的片想い、時々両想い、脳内I LOVE YOU」の言葉がピッタリかなと。ちょっとした日常を切り取り、色々な角度から描いた楽曲が揃ったなとは自分でも思ってます。
EMTG:それらをあえてポップに伝えているのも特徴的です。感情的な歌でも、けっしてそこに流されて激しく歌わず、あえてポップで可愛らしく歌っている部分も耳を惹きました。
岩渕:私、2018年の目標として、「どんなに悔しくても、屈辱を感じても、笑顔で過ごそう!!」と決めたんです。色々とツライいけど、このメンバー4人だと受け止められる。そんな強いバンドになりたくて。性格的に後悔したり、悔しがることも多いけど、それをあえて前向きな曲に変えて表していきたくて。最終的には自分自身でも背中を後押しできる、そんな気概で各曲書き上げました。
EMTG:でも、それをあえてオラオラに伝えない面もポイントかなと。
岩渕:言うても私、やはり女の子なので(笑)。どこかしら乙女チックな部分が出ちゃったんでしょう(笑)。もう、その辺りはどうしても拭い切れない。実際は弱いからこそ、歌の中だけでも強く凛として理想の自分像としていきたいんで。ちょっとでも、「私たち余裕だぜ!!」と見せたかったんでしょう(笑)。
EMTG:サウンド面ではいかがですか?
一瀬:今回は4人でのバンドサウンドにこだわってみました。これまで重ねていたシンセの音も今回はあまり入れず。オルガンやアコースティック楽器ぐらいにして。本来のこの4人の楽器だけで勝負してみたくなったんですよね。
本多:あと気をつけたのは青春観でした。若々しさやフレッシュ、瑞々しい感じというか。若い人たちに向けての曲でもあるのでスピード感も大事にしたし。反面、ウェットな曲やダークな曲は、しっとりとさせたりどっしりさせたりとのメリハリは意識しました。今回もより歌に寄り沿う、そんな演奏を心掛けました。
宮原:今回は瞬発力や荒々しさを意識して、一発で録った曲も多かったですから。いっちーが「青春は一回しか来ないから」なんて言うもんだから(笑)。それも含め今の自分たちらしいかなと。
岩渕:「青春は一回しか来ないから」なんて名言を残してたの~(笑)?
EMTG:それにしても各曲、まるで昭和の少女マンガのストーリーやシチュエーションを彷彿とさせる曲ばかりで。岩渕さんの実年齢を疑いました(笑)。
一瀬:その辺りの少女マンガ的な不変さはありますよね。でも、そこに自分の気持ちを重ね合わせると、不思議と聴き手への曲へと変わるんです。なので是非、少女マンガでも読んでいる感覚で聴いて欲しいです。
岩渕:わりと古臭い人間なんで、私(笑)。どの曲も理想と現実をガッちゃんこさせがちなんです。自分の心の中でも、「そんな物語的なことってあるかい!!」って突っ込む時もあるんですが、不思議と実際に起こったりもするんで。しょうがないことも含めて事実として受け止めて。落ち込むかもしれないけど、前に進んでいく、そんな気持ちを前向きに表して、少しでも笑顔で進んでいける、そんな楽曲たちになってくれたらいいなと思ってます。

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 女性ボーカル MOSHIMO

リリース情報

圧倒的少女漫画ストーリー

圧倒的少女漫画ストーリー

2018年03月21日

ラストラム・ミュージックエンタテインメント

01. 命短し恋せよ乙女(リミキシング&リマスタリング)
02. 触らぬ君に祟りなし(リミキシング&リマスタリング)
03. 圧倒的少女漫画ストーリー
04. 15分
05. FUWA-FUWA
06. ノンフィクション(リミキシング&リマスタリング)
07. カプチーノ
08. 可愛い子には旅をさせるな
09. 吾輩は虎である
10. 悲縛り
11. レイニーデイ
12. ミルクティー(再録)
13. 支配するのは君と恋の味(リミキシング&リマスタリング)
14. チュウチュウ

お知らせ

■ライブ情報

OTOEMON FESTA 2018
03/15(木)[大阪]LIVE SQUARE 2nd LINE

SANUKI ROCK COLOSSEUM ~BUSTA CUP 9th round ~
03/17(土) [香川]高松市ライブサーキット

HAPPY JACK 2018
03/18(日)[熊本]熊本市ライブサーキット

MOSHIMO 1st Full Album 「圧倒的少女漫画ストーリー」リリース記念サイン会
03/18(日)[熊本]蔦屋書店 熊本三年坂 1Fイベントスペース
03/21(水)[埼玉]イオンレイクタウンmori 1F 木の広場
03/31(土)[愛知]名古屋パルコ西館1Fイベントスペース
04/01(日)[大阪]タワーレコード梅田NU茶屋町店
04/07(土)[東京]タワーレコード新宿店7Fイベントスペース

FUKUOKA STREET PARTY 2018~Fashion Avenue~
03/25(日)[福岡]天神・きらめき通り

MOSHIMO 春の学園祭イベント 『もしも僕らが学園祭をやったなら~学生&U-23限定ライブ~ vol.2』
03/26(月)[福岡]INSA
03/28(水)[大阪]Knave
03/30(金)[愛知]名古屋HeartLand
04/03(火)[東京]渋谷TAKE OFF 7

ハッケヨーイ、オトメ!
04/8(日)[大阪]心斎橋 Music Club JANUS

MOSHIMO ワンマンツアー2018 春「圧倒的妄想ト現実ノ交差」
04/21(土)[愛知]ell.FITS ALL
04/28(土)[北海道]札幌SOUND CREW
05/04(金)[福岡]DRUM LOGOS
05/06(日)[大阪]Mumeda TRAD
05/13(日)[宮城]仙台LIVE HOUSE enn 2nd
05/19(土)[東京]渋谷TSUTAYA O-EAST

百万石音楽祭~ミリオンロックフェスティバル~2018
06/2(土)-03(日)[石川]石川県産業展示館(1-4号館)

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る