BRADIO史上最高・最強と言っても過言ではないニューシングル「きらめきDancin’」

BRADIO | 2018.04.04

 昨年秋にシングル「LA PA PARADISE」でメジャーデビューを果たしたBRADIO。ボーカル真行寺貴秋いわく”ファンキー請負バンド”としてミュージックラバーの魂と腰を揺さぶってきた彼らが、待望の2ndシングル「きらめきDancin’」をリリースする。前作に続き、サウンドプロデューサーの藤井丈司とタッグを組んだ本作。ドラマー・田邊有希の脱退という危機を乗り越えて生まれた、BRADIO史上最高・最強と言っても過言ではないこのパーティーチューンについて聞いた。

EMTG:新曲「きらめきDancin’」、すごいエネルギーを持った曲が生まれましたね。
大山聡一(Gt):前作「LA PA PARADISE」を出した後、次のシングルのためにいろいろ曲を作り始めたんですが、結構、紆余曲折だったんです。プリプロまでした別の曲もあったんですが、本当にこれでいいのかな? 今これを出すべきなのかな?って思いもあり、もう一度選曲からやり直したりして。この「きらめきDancin’」も、実はレコーディングするまで不安だったんですよ。BRADIOはプリプロできっちり準備して、あとはいい環境で録音してよりいいサウンドにするだけっていうやり方でやってきたけど、この曲は珍しくプリプロの段階でさえも見えない部分があったんです。でも実際にレコーディングした時に、ものすごいエネルギーが生まれて、自分でもびっくりしたんですよね。うわ、こんな曲になるんだ!って。
EMTG:それはどうしてだったんでしょう。
大山:構成がどうとかフレーズがどうとか言う以前に、精神的な生々しさとかビートのエグさみたいなものが、要素として絶対的に必要な曲だったんですよね。プリプロの段階ではそれが上手く出せてなかったのかなと思います。
真行寺貴秋(Vo):やっぱりプリプロは、いわゆるキレイに整ったものですからね。打ち込みだと、こういう土着的なグルーヴまではなかなか生まれない。
大山:それに、状況的にもすごいピンチだったんです。この曲をレコーディングする前日の夕方に、ドラムが抜けることになって。一度はレコーディングをやめようかって話にもなったけど、BRADIO自体を壊すためにそういう話になったわけではないし、やっぱり作品は作りたかったから、急遽昔からの知り合いであるドラマーのヤスに叩いてもらうことにしたんです。
酒井亮輔(Ba):状況的にはピンチだったけど、結果的には思ってた以上のものが現場で生まれました。スタジオに向かう車の中でヤスといろんな話をしてる時点で、もう、絶対にいいものが出来るって思ってましたけどね。
大山:みんなで頑張ってこの状況を乗り越えようぜっていう空気だったり、逆に、怖じ気付かずに勢いを乗せてやろうぜみたいなモチベーションが、エネルギーとなって演奏とかサウンドに入り込んだんじゃないかなって思います。
酒井:前日にお願いしたのに出来たヤスもすごいし、あぁ、こういうのってもちろん準備するに越したことはないんだけど、それだけじゃないんだなって思いました。(サウンドプロデューサーの)藤井(丈司)さんはじめ、ブラスセクションとかパーカッションの方達、エンジニアさん、スタッフなどみんなの「やるぞ」っていう空気感までパッケージ出来たような気がしますね。
大山:(脱退した田邊)有希とも最終的にはきちんと納得して話を終えられたし、お互いに吹っ切れた状態で俺らはレコーディングできたんです。もちろん残念な話ではあったけど、これでいいのかなっていう状態でフワッとしたものを録ってしまうよりは、その手前できちんと判断出来たのは結果的に良かったと思っています。
EMTG:覚悟を感じるというか、腹を括って挑んだような真行寺さんのボーカルも納得です。
真行寺:ドラムが替わって、パーカッションやホーンの人とも現場でバーンとやってみた時に、今までのBRADIOになかったグルーヴが来たなって。焦ったわけじゃないけど、これはヤバいなと(笑)。これは歌が食われるぞって思いました。バンドと歌って、似ても似つかないというか別物のような気がしているんですよ。僕の中では、歌って孤独になればなるほどいいなと思うけど、バンドはバンドで、アンサンブルがバシッとくるといいなと思うタイプなんです。そういう意味で、今回バンドがものすごいものを持ってきたから、これちょっとヤバいなと。それが、腹括ってる感になったんだと思います(笑)。
EMTG:なるほど。でも間違いなく、各パート最高のテイクですよね。
真行寺:自分もBRADIOだけど、俯瞰で見てもすごいバンド出てきたなって印象はありました。楽曲を通してけたたましい感じがあって、あぁ、こういう音を出せる日本人いるんだって。意識しないでこういう70年代とかのレアグルーヴな感じ、土着的なグルーヴがバーンと出てきたから、すごいことやってんなって思いましたよね。
EMTG:途中の口笛からギターソロになっていく感じもめちゃくちゃカッコよくて。
真行寺:あの口笛は俺が吹いてるんですけど、こんな感じがいいかなと思っても楽器が出来ないから、口笛で入れといただけなんです(笑)。
大山:カップリングの「Once Again」の後半、ユニゾンになってるソロの部分とかもそうだけど、あそこのスキャットもプリプロの時にやってみたら面白かったからなんですよ。大まかなフォーマットに、各プレイヤーが個人的な思惑とか気持ちを乗せたものを持ってくるじゃないですか。それがお互いのヒントになっていったりするんです。
EMTG:一度プレイボタンを押すと、このまま終わらないでほしい!って思わされるようなサウンドでした。
酒井:それくらい、熱量高いものが出来ましたよね。終わらないでほしいなって感覚は、やってる僕らにもありました。今回Hidden AFRO ver.っていうインストも入ってるんですけど、こっちは本当に終わらなかったんですよ。この尺で終わるってところを過ぎてクリックがなくなっても、みんな楽しくて終わらなかった。
大山:ぜひ聴いてみてほしいです。各パートがより明確に聴こえるんで、すごく面白いですよ。
EMTG:ではカップリングの「Once Again」ですが、現状を打破していくぞという決意のようなものが伝わってきます。
真行寺:よく、ドラムが抜けた今の状況が反映されてますねっていうことも言われるんですが、僕の中ではそういうわけではなく。書き終わった後に俯瞰で見て「あぁ、そういうことを書いてるな」って感じだったんです。ここで終わらない、もっと上へっていう気持ちはもちろん常にあるけど、それがたまたまこういう形で出ちゃったのかなと。そもそも、言葉にも音があるじゃないですか。それが、気持ちの高ぶりと一緒に乗っていく感じを表現出来た気がしてるんですよ。これが<ソウルミュージック>なのかなって感じる部分でもありました。
EMTG:音源で新曲を楽しんだ後は、ぜひライブに足を運んでほしいですね。
大山:まず今月はリリースイベントがありますし、6月からはBRADIO主催のイベント「エイリアン・サーカス」も行ないます。この「エイリアン・サーカス」、3年目の今回は北海道でスクービードゥ、福岡が鶴、東京はオリジナルラブという大先輩に挑むんですよ。ワンマンとはまた違った感じのライブになるんで、僕らも非常に楽しみにしてます。

【取材・文:山田邦子】

tag一覧 J-POP シングル インタビュー 男性ボーカル BRADIO

リリース情報

きらめきDancin’

きらめきDancin’

2018年04月04日

ワーナーミュージック・ジャパン

1.きらめきDancin’
2.Once Again
3.きらめきDancin’(Hidden AFRO ver.)
4.Once Again(Hidden AFRO ver.)

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

エイリアンサーカス2018
06.15(金)[北海道]札幌PENNY LANE24
06.22(金)[福岡]福岡BEAT STATION
07.17(火)[東京]LIQUIDROOM

ARABAKI ROCK FEST.18
04.28(土)[宮城]エコキャンプみちのく

rockin’on presents JAPAN JAM 2018
05.06(日)[千葉]千葉市蘇我スポーツ公園

J.LEAGUE 25th Anniversary LIVE
05.14(月)[東京]EX THEATER ROPPONGI

Don’t Stop Music Fes.TOCHIGI 2018
05.19(土)[栃木]栃木市文化会館(大ホール)

CLUB RIVERST 10th Anniversary FINAL【Stylish FellowS GREAT!!】
05.27(日)[新潟]NIIGATA LOTS

KKP TOUR またイかせてもらいます!!47都道府県全国津々ムラ×2!! デリバリー感覚ピエロ!!~チェンジだなんて言わせない~
05.31(木)[福島]郡山#9
06.01(金)[宮城]仙台CLUB JUNK BOX

RISING MIRROR BALL
06.17(日)[北海道]帯広MEGA STONE
06.18(月)[北海道]旭川CASINO DRIVE

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る