大分発 ロックンロールの正統伝承者 SIX LOUNGEのメジャー初作品インタビュー!

SIX LOUNGE | 2018.04.24

 ヤマグチユウモリ(Vo・Gt)、イワオリク(Ba)、ナガマツシンタロウ(Dr)からなる大分出身のSIX LOUNGE。様々な“愛の歌”を、時に激しく、時に力強く、時に甘く、時に強く抱きしめるように、ソリッドでタイト、それでいて色々なタイプの現在味溢れるロックンロールとして曲毎に放ってきた3ピースバンドだ。
 そんな彼らがメジャーに移籍し、ミニアルバム『夢うつつ』を発表。聴く者を更に強く抱き寄せるような今作。今後ライブで長く歌い続けていくであろうミディアムな名曲「くだらない」を始めとした、現在の彼らの勢いや、やりたいことが凝縮された1枚となっている。彼らは今作と共に聴く者、集まった者を激しく抱きしめ、一緒にロックンロールをネクストレベルへと昇華していく!

EMTG:基本、SIX LOUNGEの歌はタイプは様々なれど、どの曲もラブソングのように響くんです。ちなみに結成当初から今のようなソリッドでタイトなロックンロールを?
ヤマグチ:最初はもっと初期パンクっぽい音楽性でした。俺らの直属の地元の音楽先輩が、Droogやhotspring、ircleだったりしたんで、その辺りにも影響を受けつつ、徐々に他のロックンロールを聴き出し、掘り起して演るようになって、今に至ってます。
ナガマツ:徐々にヌルッと。気づいたら「ロックンロールバンド」と称されるようになってました。
EMTG:で、途中でイワオさんが加入されたんですよね?
イワオ:僕は2人より1つ下なんですが、まだ全くお客さんが入っていない頃からSIX LOUNGEを観に行ってたんです。同世代で、オリジナルで、こんな音楽性のバンドって周りに全然いなかったんで。“自分たちのやりたいことをやってる!! ”そんな姿勢に惹かれましね。
ヤマグチ:俺たちもリク(イワオ)を見つけた時は、“シド・ヴィシャスを見つけたゾ!! ”って思いました。“俺たち同様、No Futureでも構わないって気概があるヤツは、こいつしかいない!!”と誘いました。
EMTG:今や完全に巻き込まれちゃいましたね(笑)。
イワオ:(笑)。
ヤマグチ:もしたからしたら人生棒にふるかもしれないことに巻き込んでしまいました(笑)。
EMTG:でもこのバンドは、作曲はヤマグチさんで、歌詞はドラムのナガマツさんなんですよね。それがとても意外で。ボーカルが歌いたいことを歌うバンドっぽいイメージを勝手に抱いていたもので。
ナガマツ:ユウモリ(ヤマグチ)から「歌詞が書けない」って、最初に丸投げされて、それ以来ずっとです。
ヤマグチ:未だに歌詞は書けませんね。ゆくゆく自分の弾き語りとかで必要であれば書くかもしれないけど、今はまだいいかなって。シンタロウの方が確実にいい歌詞を書けるし。
ナガマツ:自分が伝えたいこともありますが、片隅には、あくまでもこのバンドやユウモリ(ヤマグチ)が思ってそうなことを意識して書いてます。
ヤマグチ:俺は面白いと思いますよ、このスタイル。どれもキチンと自分で消化してから歌ってるし、どれも感情移入できているんで。歌い方で自分の個性を出せる面もあるし。あと、このバランスがいいんですよね。俺がI Love Youって書いて、それを歌うのって超恥ずかしいけど、シンタロウが作ったことが前提だったら、そう恥ずかしくなく歌えちゃう。逆に自分が歌うことを前提に作ったら、“この歌詞は俺らしくねぇな”とか、“これだと照れて俺じゃ歌えねぇな”とリミッターがかかって、こうはならない。人が書いたものだと演じて歌えるし。それもあって歌のバリエーションも豊富なんだと思います。でも、高校生の頃はスケベな歌詞を歌わされたりとか、ありましたよ(笑)。だけど、その時も堂々と歌ってました。今振り返ると勇気があったよな……(笑)。
EMTG:音楽性的に気をつけているところはありますか?
ナガマツ:ドラムはなるべくシンプルで、タイトさを心掛けてます。詰め込み過ぎず、且つバシッとカッコ良く。
イワオ:憧れとしては目立つベーシストですね。動きまくって、だけどキチンと弾けて、みたいな。観ててかっこよく映るベーシストが理想です。
ヤマグチ:俺らの世代でも、今あんまりこういうサウンドで勝負するバンドは少ないので、黄金時代を築きたい思いもあります。今後もロックンロールの軸はブラさず、そのバリエーションで勝負していきますから。
EMTG:でも、SIX LOUNGEの面白いところは、ロックンロールバンドなんだけど、そこにあまりオマージュ感が無い面なんです。みなさんにはそれこそ、現代のロックンロールバンド的な趣きがあります。
ヤマグチ:その辺りは、俺たちがロックンロールの求道に留まっていないのにも関係してるのかも。普通にJ-POPとかも聴きますし。その辺りも曲に表れているのかもしれない。
EMTG:変わらず勢いのある曲もですが、今後は人気曲の「メリールー」も含め、今作のトップを飾っていた「くだらない」など、ミディアムな曲もみなさんの武器になっていきそうですね。
ヤマグチ:今後、ひとつの武器にはしていきたいです。特に「メリールー」は、自分たちの曲の中でも、とても評価が高いんで。逆にミディアムな曲に対しての執着も芽生え始めてきましたからね。特に今回は、“「メリールー」を絶対に超える曲を作ってやる!!”的な気概で「くだらない」を作りましたから。
EMTG:私は越えた曲が出来たと感じました。
ヤマグチ:俺も超えたなと思ってます。「メリールー」同様、ずっと歌っていきたいし、歌っていける曲が出来たと自負してます。
EMTG:分かります。その自信が無いと、普通間口が広がるこのタイミングで、ミディアムなロッカバラードを1曲目に持ってこないですよ。大方の人は、勢いがあって、「ついて来い!!」的な掴みのある曲を1曲目に予想しているでしょうから。今回のミニアルバム『夢うつつ』からは、“これが俺たちだ!!”感が7曲に渡り展開されている印象を持ちました。
ヤマグチ:特に目指したものはなかったんです。曲を作って溜まっていったものを出したって感じで。なので、あまりトータル性や統一感が無いかもしれない。とはいえ流れも考えたんで、最初から最後まで流れでは聴いてもらいたいです。
EMTG:テンポや曲調に限らず、今のみなさんの“勢い”も上手く詰め込めたんじゃないですか?
ヤマグチ:今の俺らっぽさや、今、自分たちが好きなもの、やりたいものが詰め込めたかな。
EMTG:ちなみに今のみなさん感とは?
ヤマグチ:曲をメンバー全員で丁寧に練れるようになったというか。これまでは思い立ったら、即出してって流れだったのが、キチンと練ってから出せるようになったんです。でも反面、ちょっと頭で考え過ぎちゃったかなって部分もあって。そこの調整は今後必要かな。結果、シンプルな楽曲に落ち着きましたけど、中には制作中こねくり回し過ぎて、何が何だか分からなくて、結局、元に戻った曲もありましたから。「くだらない」は構成とか最初は全く違ってたし。
EMTG:ちなみに「くだらない」の当初は?
ヤマグチ:もっと全然長い曲でした。それをもう少しシンプルにしたり、ギターソロも加えたり。ラスサビのコード進行も変えたりして。おかげでよりドラマティックになりました。だけど、この曲は歌入れが大変で。なかなか納得できる歌い方まで至れなかったんですよね。「感情をもっと移入できるはずだ」って。しまいにはレコーディングブースの電気を消して、カーテンも閉め切って、一人きりポツンとした状況にして歌ったんです。そこでようやくイメージ通りの歌が録れました。
EMTG:この曲は、<世界の中で、お前と俺のたった二人しかいない感>がたまらないです。
ヤマグチ:聴いて鳥肌を立てて欲しいです。ここでがっと抱きしめて、そのまま自分たちのロックンロールワールドに惹き込む覚悟な曲でもあるので。
EMTG:他の曲もこれまで以上に、いい意味で練られている印象を受けました。
ナガマツ:もう、圧倒的にこれまでと丁寧さが違いますね。ドラムのチューニングも一曲一曲変えて録ったし。ドラム以外にもトライアングルなどのチャームも入れたり。そういったことも初めてのトライでした。
イワオ:自分たちの今できる全てを詰め込めたので、あとは聴いて判断して欲しいです。
EMTG:そうそう。ラストにはイワオさんが作曲した曲、「SWEET LITTLE SISTER」も入ってますね。
イワオ:「作ってみな」って振られて作ってみたんですが、意外にも2人が気に入ってくれて。この曲の場合は、ユウモリが歌うことよりも、自分が演りたい曲を作った感じです。
EMTG:この曲はパーティっぽいパーッとした爽快さや痛快さもある楽曲ですが。歌詞に出てくる憧れの女性がかなり“S”な印象があります(笑)。私は、こんな娘(こ)、つき合いたくないです(笑)。
ナガマツ:俺も嫌です(笑)。呑みに行った時に、そこのお店でむちゃくちゃ好みの娘が働いていて。その時の自分の気持ちや、“この娘、こんな娘なんじゃないか…?”といった妄想も交えて書きました。この歌詞の為に何度か通いましたから、そこに(笑)。いやー、好き過ぎて声もかけられなくて。そのぶん歌詞で発散しました(笑)。
EMTG:ピュアですね(笑)。最後に今後のSIX LOUNGEのビジョンを教えて下さい。
ヤマグチ:長く続けていきたいですね。それこそ、ずっと。
イワオ:ハゲるまでやっていきたいです。
EMTG:(笑)。ずっとハゲない人もいるじゃないですか。逆に若くしてハゲないことを祈ります(笑)。
イワオ:ハゲたらクビなんで、ハゲないよう頑張らなくちゃ(笑)。
ナガマツ:この場合、「動けなくなくなるまで」にしとこうゼ(笑)。
一同:爆笑

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 J-POP ミニアルバム 男性ボーカル SIX LOUNGE

リリース情報

夢うつつ

夢うつつ

2018年04月25日

THE NINTH APOLLO

1.くだらない
2.STARSHIP
3.ZERO
4.LULU
5.SUMMER PIXY LADY
6.ORANGE
7.SWEET LITTLE SISTER

お知らせ

■マイ検索ワード

イワオリク
弁当 値段
このまえ、とあるイベントで、差し入れの弁当があって。焼肉弁当だったんですけど。食べたらむちゃくちゃ美味しくて。かなり高級そうだったし、これ幾らするんだろう?って調べました。びっくりする値段で、それがたくさん置いてあったのですが、弁当の置き場に、「必ず一人ひとつづつでお願いします」って注意書きがしてありました(笑)。



■ライブ情報

SIX LOUNGE TOUR 2018"夢うつつ”
05/12(土)福岡 LIVEHOUSE CB
05/13(日)広島 CAVE-BE
05/14(月)岡山 CRAZYMAMA 2nd ROOM
05/16(水)神戸 太陽と虎
05/17(木)京都 MUSE
05/22(火)仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
05/23(水)水戸 LIGHT HOUSE
05/24(木)千葉 LOOK
05/26(土)静岡 UMBER
05/27(日)滋賀 B-FLAT
05/29(火)香川 DIME
05/30(水)高知 X-pt.
06/02(土)札幌 COLONY
06/10(日)大分 T.O.P.S Bitts HALL
06/12(火)名古屋Electric Lady Land
06/13(水)梅田 CLUB QUATTRO
06/17(日)沖縄 Output
06/20(水)東京 LIQUIDROOM



荒吐宵祭 前夜祭~青春18切符
04/27(金)仙台Rensa

レル企画presents"一期一句"
05/01(火)心斎橋BIGCAT

39degrees “Resolution”Release Tour
05/03(木祝)八王子MatchVox

VIVA LA ROCK 2018
05/05(土祝)さいたまスーパーアリーナ

レル企画 pre "全身で前進あるのみ"
05/19(土)下北沢ERA

Don’t Stop Music Fes.TOCHIGI 2018
05/20(日)栃木市文化会館(大ホール)

BLAZE UP NAGASAKI 2018 in HUIS TEN BOSCH
06/09(土)長崎ハウステンボス ロッテルダム会場

THE NINTH APOLLO pre「Queblickの5周年を5日間で祝う」
06/26(火)LIVE HOUSE Queblick

MURO FESTIVAL 2018
07/21(土)お台場野外特設会場

山人音楽祭2018
09/22(土)ヤマダグリーンドーム前橋

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る