パノラマパナマタウン 最新曲「$UJI」を軸に、現在の心境を岩渕想太が語る

パノラマパナマタウン | 2018.06.10

 「新曲やります……『すうじ』」という曲紹介で、初めてライブで「$UJI」という曲を聴いた時には、度肝を抜かれた。たとえばCDの売り上げ、ライブの動員数、Twitterのフォロワー、その多寡について必要以上に気にしてしまうという「数字」に対する葛藤を、あまりにも直接的に表現していたからだ。だが同時に、この曲は、誰もが当たり前だと思っていることに「本当にそうなの?」と疑問符を投げかける、パノラマパナマタウンの真骨頂の楽曲でもある。以下、「$UJI」についてフロントマン岩渕想太に訊いたインタビューでは、バンドの進むべき道が明確になった今の心境や悩みについて、包み隠さず語ってもらった。

EMTG:EMTG MUSICでは、岩渕くんの単独インタビューは初なんですよ。
岩渕:あ、そうですよね。もう取材は5回目ですね。
EMTG:そんなにやらせてもらってるんだ。今日は6月10日に配信される新曲「$UJI」の話をメインに聞かせてもらえればと思います。
岩渕:よろしくお願いします。
EMTG:本題に入る前に、2月から全国9ヵ所を回った対バンツアー『HEAT ADDICTION TOUR』が終わったところなので、その話から。
岩渕:今回は「熱狂中毒」っていうタイトルを掲げてまわったんですけど、自分らがライブでやりたいこととか、お客さんにどんな気持ちになってほしいかっていう軸が固まってきたんですよね。「こいつらなら退屈な日常を壊してくれるかもしれない」っていう期待感で、俺らのライブに来てくれてるんだなっていうのが、最近わかるようになったというか。
EMTG:それは最近ですか?
岩渕:今まではお客さんが何を期待して、自分らのライブに来てくれるのかわからなかったんですよね。でも、お客さんが求めてるものがわかったことで、じゃあ、お互いやりたいことが一緒じゃないかって気づいたんです。熱狂を起こして、みんなで我を忘れる空間を作ろうっていう。それがわかったから、今回のツアーでライブがより楽しくなってきたんです。
EMTG:対バンの相手は先輩が多かったけど、印象に残ってる人はいますか?
岩渕:みんな手強かったですね。
EMTG:特に、最後に東名阪で呼んだドラマチックアラスカ、Creepy Nuts、夜の本気ダンスあたりは、それぞれ一緒にやる意味合いも違って有意義だったんじゃないですか?
岩渕:たしかに。ドアラに関しては、人間と人間の話というか。ずっとヒジカタ(ナオト/Vo・Gt)さんが先を走ってて、「やっと一緒にやれるぞ!」っていう気持ちとか、Creepy Nutsはジャンルは違うけど、一緒にやりたいっていう気持ちがあったし。夜ダンは本当に憧れだったんですよね。本当に好きだったから、すごく嬉しかったです。
EMTG:うんうん。
岩渕:いろいろなバンドを呼んで思ったのは、どのバンドも、自分のバンドの美学みたいなものがあるんですよね。俺はそういう風に自分らのことを信じて疑わないバンドが好きなんだなって思いました。たとえばmol-74とかは、一緒にやるイメージはないって言われるんですよ。正反対と言えば、正反対じゃないですか。
EMTG:静と動、みたいなね。
岩渕:でも、あの人らも尖ってる部分があるし。自分らのここがかっこいいっていうのをぶつけてる感じがある。だから外から見たら、ちょっと異質な対バンと思われるかもしれないけど、ライブに来てくれた人からしたら、「そうか」って受け入れられたと思うんです。
EMTG:そうなると、この先の対バンも面白いですよね。ジャンルの話じゃないというか。
岩渕:うん、音楽性とかノリよりも、俺らと同じように、自分らを貫いてる人が好きなんですよね。だから、またそういう人ばっかり集めてやりたいです。
EMTG:で、そのツアーでも披露された新曲「$UJI」ですけど。タイトルも直球だし、コーラスでも“数字! 数字!”って歌ってて、ぶっ飛んでるなあって思いました。
岩渕:自分らではそんなに面白いっていう感覚はないんですよね。ライブのあとも、いろんな人に「ちょっと変わってますね」って言われるけど、変なことしてる感覚はなくて。
EMTG:それ、パノパナあるあるなんですよね。ギターのリフとか曲の作りは独創的だけど、4人の中ではあんまり特別なことだとは意識してないっていう。
岩渕:うん。4人の中ではわからなくなってる。
EMTG:MCでは、売上げとかライブのキャパだったり、Twitterのフォロワー数ばかり気にすることに嫌気がさして作った曲って言ってましたけど。
岩渕:うん。
EMTG:いつ頃から感じ始めてたんですか?
岩渕:(今年1月に)『PANORAMADDICTION』をリリースしてから、家族と話す時とか、仲が良かった大学の友だちと話す時まで、たとえば「どんなアルバムだった?」とか「どんな感じ?」って聞かれて、真っ先に「何枚売れてさ」とか「今度のライブに何人来てくれてさ」みたいなことを話しちゃう自分がいたんですよ。そういうことが嫌でバンドをやってるはずなのに、なんでこんなヤツになっちゃってるんだろう? みたいな情けなさがあって。
EMTG:でも数字も大事ですけどね。何かを説明する時に、ひとつの指標になるわけだし。
岩渕:だから数字を切っては生きられないっていう諦めですよね。そこに対する葛藤を書いたんですよ。数字に関する曲って、テーマとしては新しくないと思ったけど、自分は人一倍その数字を気にしちゃうほうだっていうのを、そのまま曲にしました。
EMTG:オブラートに包まず、直接的に表現するっていうこともテーマだったんですか?
岩渕:直接的に出していくことが自分の持ち味だなって思ったんですよ。結局、「フカンショウ」みたいな曲がいちばん届いてるのは、そういうことだと思うんですよ。あの曲は自分のコントロールを超えるぐらい、自分の中のドロドロしたものを詰め込んだ曲だから。それに共感してくれた人の見ている世界とか、日常を変える力があるというか、疑問符を打つ力がある。そういうことを自分らはバンドとしてやっていきたいんです。
EMTG:『PANORAMADDICTION』のインタビューでも、バンドの原動力として、日常にある「本当に正しいの?」みたいなことに疑問符を打ちたいって言ってましたよね。だから、「$UJI」はその確信があったからこそできた曲なんだと思いました。
岩渕:そう……うん、そうなんですよね。疑問符を打ちたい。この曲を聴いて、どう思ってもらってもいいんですよ。「なんだかんだ言っても、お前も数字を気にしてるじゃん」って言われてもいいし。「人の定規ばっかりで生きてちゃダメだな」って思ってもいい。そういう曲をいっぱい出したいっていうふうに、自分の中で整理がついたんです。
EMTG:なるほどね。で、この曲はサビのメロディがすごく良い。
岩渕:俺もこの曲、サビがすごく好きなんですよね。
EMTG:もともと岩渕くんはラップが好きな人だと思うけど、最近はメロディに対する意識も変わってきてますか?
岩渕:メロディ……書けるじゃんと思ったんですよ。
EMTG:それはいつから?
岩渕:「フカンショウ」を作ってからですね。メロディを歌うことの楽しさを感じるようになったし、本当に心の奥底から歌うっていうことができるようになった感覚なんです。何て言ったらいいのかな、自分のものにできてる感じがするんですよ。
EMTG:わかる。初期のパノパナの曲はラップが多くて、その中にメロディの曲もあって。ふたつを切り替えてる感じがしたんだけど、今は両方が地続きになってる感じがする。
岩渕:そう、全部が自然なかたちで自分の中に落とし込めてるから、ラップをしても、歌をしてても、つながってる感じがするんですよね。
EMTG:バンドの音にしても、ここ最近は(田村)夢希くんのドラムがすごく進化してて、それがこの曲の勢いを底上げしてるなって思いました。
岩渕:ああ、なるほど。
EMTG:各パートの地力があがってる感じはしますか?
岩渕:それは感じますね。目指す方向がわかりやすくなったからこそ、4人とも突き抜けられるようになってきたかなと思ってて。日常をぶち壊したい、この曲で打ち込むんだっていう感覚を4人とも共有してるから、アレンジもそういうものになってますね。
EMTG:今のパノパナは作る曲、作る曲、全部「良い曲!」みたいな状態?
岩渕:ふふふ……どうだろうな。すごく良い曲はできてるんですけど、「$UJI」に関しては、正直に言うと、そんなに手応えは感じてないんですよ。2日ぐらいでスラスラってできて。「作ったぜ!」っていうよりは、自然にできた感じというか。たくさん良い曲がある中のひとつっていう感じなんです。
EMTG:この曲でその手応えだと、相当ノリにのってる状態ですよ、たぶん。
岩渕:そうかもしれないですね(笑)。他にもヤバい曲ができてますよ。
EMTG:楽しみにしてます。たぶんライブで掴んだ良い反応が、曲作りにもフィードバックされているのが、今のパノパナなんだと思います。
岩渕:うん。やっと接点が見つかったんですよね。俺らがやりたいことでもあり、お客さんが求めてることの接点が。
EMTG:そのせいか、昔の曲が今すごくライブで良くなってますよね。
岩渕:ああ、「ロールプレイング」とか「シェルター」とか?
EMTG:そう、「世界最後になる歌は」とかも。最初は、ライブでやっても全然伝わらないなあと思ってたのに、今は全部届いちゃってる。
岩渕:そう、届いているんですよね。それって、やっぱり「フカンショウ」とかが接点になってくれてるからなんですよ。なんか……自分の伝えたいことが明確になった分、人にもわかってもらえてる感覚があるんです。でも、そこによって失われるものもあるんだろうなとも思うんですよ。「$UJI」は、そういうことも思いながら作ったんですけど。わかりやすくなると、本当の自分とは離れていくというか。
EMTG:ああ、なるほどね。確かにパノパナっていう存在は、どんどんわかりやすくなってるけど、そこまで自分と離れてる感覚はないんじゃない?
岩渕:うん、今はそこまではないです。嘘はついてないというか。本当に本心でやりたいことをやってる気がするんですけど……「つまらなくなってないかな?」って思う時はある。これはオフレコでお願いしたいんですけど。
EMTG:うーん……たしかに最初のほうが得体の知れない不気味さはあった。
岩渕:そう。でも、わからないものとか、得体の知れないやつは、好かれないじゃないですか。そこの匙加減って、永遠の課題なんだろうなと思うんですよ。
EMTG:まあね。ただ、今の話は「わかりやすい」「わかりやすくない」の二軸だから悩むけど、「かっこいい」「かっこ悪い」で話したら、パノパナはずっとかっこいいと貫いてるじゃないですか。
岩渕:うん、それはそうですね。
EMTG:要するに、わかりやすくして、かっこ悪くなるのはダサいじゃん。でも、わかりやすくなって、かっこいいなら、今のパノパナにとっては正解だと思う。
岩渕:すげえわかる。俺、いつもそういうことばっかり考えてるんですよね。これ、俺の十八番みたいなやつなですよ。
EMTG:十八番の悩み(笑)?
岩渕:そう(笑)。ぐちゃぐちゃいろいろなことを思ってるけど、言葉にした時点でストンって届いちゃうというか。届けようとした瞬間に、その感情の純度は100じゃなくなって、コミュニケーションをとることが面白くなくなるんです。それが「$UJI」なんですよね。
EMTG:うん、今のところオフレコって言ってたけど、使ってもいい? 結局、「$UJI」っていう曲の本質は、その悩みだと思うから。
岩渕:はい、大丈夫です。

【取材・文:秦 理絵】




<配信情報>
「$UJI」 6/10(日)0:00より配信スタート

■iTunes
https://itunes.apple.com/album/id1388167803?app=itunes&ls=1

■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1010229148/

■Google Play Music
https://play.google.com/store/music/album?id=B5cexleqcz3mls2npgthvz6tnju




<サブスクリプションサイト配信情報>

■Apple Music
https://itunes.apple.com/album/id1388167803?app=music&ls=1

■Spotify
http://open.spotify.com/album/6Jn5Mnuo75nNhNDtsYpThN

■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb000000000166d2b9&cc=JP

■Google Play Music
https://play.google.com/music/m/B5cexleqcz3mls2npgthvz6tnju

■レコチョクBEST
https://best.recochoku.jp/sp/?package_id=1010229148

■Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07D988RY3

■KKBOX
https://kkbox.fm/Nl2qbU

tag一覧 J-POP インタビュー 男性ボーカル パノラマパナマタウン

リリース情報

$UJI

$UJI

2018年06月10日

A-Sketch

<配信情報>
「$UJI」 6/10(日)0:00より配信スタート

お知らせ

■マイ検索ワード

アカデミー賞 脚本賞

俺、『スリー・ビルボード』がすごく好きなんですけど、2018年の脚本賞をとれなかったんですよ。『ゲット・アウト』だったんです。じゃあ、歴代の脚本賞はどの作品がとってるんだろう?って調べていったら、やっぱり良い作品が多いんですよね。『パルプ・フィクション』とか『ファーゴ』とか。見てる作品も圧倒的に多い。やっぱりアカデミー賞は脚本賞が面白いんだなって思いましたね。



■ライブ情報

パノラマパナマタウン ワンマンツアー『CORE HEAT ADDICTION TOUR』
06/17(日)神戸 VARIT.

SUSHIBOYS "WASABI" Release Tour 2018
06/23(土) 名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL

『ネコフェス2018-KUDAKENEKO ROCK FESTIVAL-』
06/24(日)神戸地区ライブハウス9会場

『見放題2018』
07/07(土) 大阪府 心斎橋アメリカ村周辺の19会場

POT "Love the life" Release Party 「Love the life you live」
2018年7月12日(木) 名古屋 ell.FITS ALL

『カローラ福岡 Presents NUMBER SHOT 2018』
07/21(土)国営 海の中道海浜公園

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』
08/04(土)国営ひたち海浜公園

『TREASURE05X 2018 』
08/19(日)名古屋クラブクアトロ

『RUSH BALL2018 20th Anniversary』
08/25(土)泉大津フェニックス

『KANSAI LOVERS 2018』
09/22(土)大阪城音楽堂
09/23(日)大阪城音楽堂

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る