次世代レゲエ界のキャプテン・寿君、メジャー初アルバムでニューレベルに突入!

寿君 | 2018.07.17

 次世代のレゲエ界でキャプテンマークを巻く男、寿君のメジャーファーストアルバム『ニューレベ』は、驚きのビッグチューン、TUBEの「あー夏休み」のダンスホール版リメイクを筆頭に、文字通り新しいレベルへ突き抜けた曲がズラリ揃った痛快な仕上がりだ。スピリットはダンスホールレゲエ、そして音楽性はJ-POPに通ずる幅広さ。ボーカルは快感のハイトーン、そしてリリックは切ないラブソングからイケイケパーティーチューン、今を生きる喜びを伝えるメッセージや応援歌などパワフルなものばかり。とことんポジティブに今を生きる、寿君が君に呼びかける声を聞け。

EMTG:まさかのビッグチューン! 「あー夏休み」にはビックリしましたよ。
寿君:「SEASON IN SUMMER」(2012)が、自分の名前が売れたきっかけになった曲かなと思うんですけど。同い年の親友でRAM HEADっていう奴と“これから俺たちはどうしていけばいいか?”って、YouTubeを見ながら話してたんですよ。そこでTUBEさんがハワイでライブをしているのを見て、白人さんの前で日本語の曲でめっちゃ盛り上げてて、「かっこええな~、レゲエにもこういう存在が必要だよな」って話したら、RAM HEADが「お前いけるんちゃう?」って言ってくれて、夏の歌を書いてみようと思ったのがきっかけなんですよ。
EMTG:おお。なるほど。
寿君:TUBEさんの「シーズン・イン・ザ・サン」が自分が生まれた1985年にリリースされていてすごく好きな曲だったんで縁も勝手に感じ、よし、俺は「SEASON IN SUMMER」で行こうと。当時流行っていた、アイヤズっていうR&Bシンガーの「So Big」っていう曲をリファレンス(参照)して、このテイストをレゲエに入れたらめっちゃ踊れるんじゃない?って。その頃のレゲエって、“死ね、殺せ”みたいな歌が多くて、こんなん絶対客増えへんでって思ってたんですよ。僕はラブソングをもっと書いてもいいと思ってたし、もっと踊れる曲を書いていかないと、シーンが衰退していくんじゃないか?って、勝手にすげぇ思ってたんで、それで「SEASON IN SUMMER」みたいな曲を書きたかったんですよ。
EMTG:そういう動機があったのか。
寿君:そしたらYouTubeの再生回数がみるみるうちに100万回を超えて、どこのクラブでもかかるようになって、これは来たなと。それから毎年夏チューンを書いてたんですよ。それでメジャーで仕事をすることになった時に、事務所の社長とカラオケ行く機会があり、そこで歌ったMr.Childrenさんが評判良くて“お前J POPも歌えるな! 好きな曲ないのか?”と聞かれて、「あー夏休み」とか好きですねって、そこからプロジェクトが始まっていったんですね。
EMTG:なるほど。
寿君:プロデューサーの NAOKI-Tさんが、サンバとかムーンバートンテイストで足回りをすげぇクラブミュージックにしてくれて、俺らのオリジナルな「あー夏休み」ができました。原曲の歌詞と照らし合わせて“俺やったらこう言う”とかを意識して書いたんでですけど、ジャマイカ人ってそういうことするんですよ。流行りの曲に合わせて全然歌詞を変えて歌うとか、実はすごいダンスホールレゲエ的なことなんで。前田さんが歌うとJ-POPになるけど、寿君が歌うとダンスホールレゲエになる。こういうことをもっとやっていきたいなと思いましたね。
EMTG:寿君のヒストリーも、音楽性も、人との出会いもみんな入ってる。ただのヒットチューン狙いじゃない。
寿君:僕もこの曲ができて、ほんまに“やったー!”と思いましたね。あの頃YouTubeを見てTUBEの話をしていたことを、これを機にお会いして直接言いたいですね。レゲエ界にも夏男がいてんねんでって、夏男に夏男を認めてもらいたいです。
EMTG:アルバムは、前半が「あー夏休み」やメジャーデビュー曲「一人じゃない」とか、アッパーでガンガン攻める。その中でも特に目立ってるパーティーチューンが、ベリーグッドマンをフィーチャーした「Jump & Let’s Go」!
寿君:もともとレーベルが一緒で、僕と彼らとDef-Techでツアーを回ったりしてたので、一緒にシーンを盛り上げていきたい仲間ですね。4人で書くから言いたいことを厳選して、すごいクオリティのものができてるはずやのに、“曲ってこんな簡単にできるんや”って思えるぐらいいい流れでできましたね。俺がベリーグッドマンに入ったような感じで楽しくできました。
EMTG:そして中盤からラブソングのパート。7,8,9曲目のしっとり曲三連発はほんと最高。
寿君:その前の「自由に舞う」までアップ続きで来てるんで、リラックスできるような曲がほしくて作ったのが「Touch inna Jamaica」ですね。「大阪 X’mas Eve Lover」は、夏男が歌うクリスマスソングって良くないですか? と思って作ったんですけど、B’zの「いつかのメリークリスマス」とか、カラオケでめっちゃ歌った印象があったんで、自分が作るクリスマスソングをみんなに一緒に歌ってほしかったんですよね。恋愛を歌うって、すっごくいいですよね。
EMTG:そして「キミと未来 feat.Ms OOJA & 寿君」は、もともとSPICY CHOCOLATEの曲として2年前に世に出てヒットした名曲バラード。あらためてここに入れたかった?
寿君:入れたかったですね。今の事務所に入るきっかけになった曲でもありますし。Ms.OOJAさんは、お姉さんのように抱擁される存在感があって、歌い手としてすごいリスペクトしてますし、ほんまにクオリティ高い作品やと思います。自分の兄貴がおるんですけど、Ms.OOJAさんのすごいファンで、それまで全然俺の音楽を認めてくれなかったのが、この曲を出したら兄貴のLINEの待ち歌もこれで、“おまえすごいやんけ!”って一気に尊敬されて(笑)。家族にも“あいつ頑張ってるからみんなで応援しよう!”みたいに、いきなりサポートが厚くなって。
EMTG:いいなあ。愛情あふれる手のひら返し(笑)。
寿君:この曲でめざましテレビに出させてもらった時にも“見たよ!”って家族全員からLINEが来たりとか。すごい1曲ですよ。めっちゃうれしいですね。これは男女の掛け合いなので、カラオケのデュエットソングとして歌ってほしいですね。「キミと未来」やから、結婚式の入場とかでも使ってほしいです。
EMTG:そしてアルバムのラストを飾るのはやはりこの曲「ONE LIFE」。ライブでも最後に歌う、定番の人生ソング。
寿君:この曲は本当に思い入れがあって、2年前に身近な人が亡くなって、その人に向けて書いた部分もありますね。人の生と死に関わることを歌ってるんですけど、今しかおられへんのやから生きてる間に何をする? という話なんで。絶対に忘れたらあかん大事なことやと思うし、この歌でアルバムを終われて良かったですね。
EMTG:そんなアルバムが『ニューレベ』。ここから新しいレベルが始まる。
寿君:ここから新しくなっていくんで、これが『ニューレベ』の意味やったんやと思える1枚にしたいですね。めっちゃ紐解くと、最初のアルバムを出す前に5曲入りデモCDを作って、お客さんに500円で買ってもらってお金を貯めてジャマイカに行ったんですよ。そのデモCDのタイトルが『攻撃開始』やった。それでジャマイカに行って、名前を変えて、曲が売れるようになって、今メジャーアーティストにさせてもらって。『攻撃開始』からまさに攻撃開始やったなって今でも言う友達がいるんですけど、そういう要所での宣言的なことをたまにやる子なんで(笑)。
EMTG:先に宣言する。かっこいい。
寿君:今回の『ニューレベ』も、ここから『ニューレベ』なんですよ。ライブにしても、会場の空気も、全部レベルアップしていかなあかんと思ってるので。これをきっかけにどんどん新しくなって行こうと思うので、みなさんにチェックしてもらって、一緒に体感してほしいですね。みなさんにニューレベルを見せたいという思いを込めて、このタイトルに決めました。

【取材・文:宮本英夫】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 寿君 男性ボーカル

リリース情報

ニューレベ

ニューレベ

2018年07月18日

ユニバーサルミュージック

1.一人じゃない
2.あー夏休み
3.Jump & Let’s Go feat.ベリーグッドマン
4.SUMMAH!!
5.マンマ・ミーア feat.APOLLO
6.自由に舞う
7.Touch inna Jamaica
8.大阪 X’mas Eve Lover
9.キミと未来 feat.Ms OOJA & 寿君 / SPICY CHOCOLATE
10.曇りのち晴れ
11.ONE LIFE

お知らせ

■ライブ情報

サンタワーマリーナ泡フェス in 琵琶湖
07/28(土) [滋賀] サンタワーマリーナ

MAD TUESDAY
07/31(火) [東京] CLUB camelot

愛知REGGAE BREEZE 2018 with ウォーターパーティー
08/04(土) [愛知] マルハリゾート

HIGHEST MOUNTAIN 2018 -20周年-
08/11(土/祝) [大阪] 舞洲野外特設会場

SONIC FES 2018
08/18(土) [新潟] 新潟県上越市直江津海水浴場

OTODAMA SEA STUDIO 2018 supported by POCARI SWEAT ~WE LOVE U 2018~
08/20(月) [神奈川] OTODAMA SEA STUDIO

森の音楽祭2018
08/26(日) [滋賀] 水口スポーツの森 西キャンプ場特設会場

BIG WAVE 2018
09/08(土) [茨城] 茨城 ひたちなか地区多目的広場特設会場

室蘭REGGAE BASH 2018
09/16(日) [北海道] 室蘭中央埠頭

渋谷レゲエ祭 〜レゲエ歌謡祭2018〜
09/22(土) [東京] 新木場STUDIO COAST

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る