ウソツキ、ひときわ輝きが増した3rdアルバム『Diamond』インタビュー

ウソツキ | 2018.09.26

 ウソツキがバンドの現在地を大きく更新するニューアルバム『Diamond』を完成させた。2018年の幕開けから「遅れてきた青春を取り戻す」をテーマに掲げて、配信限定でリリースしたファンキーチューン「恋はハードモード」では、メンバー全員がバッドボーイズに扮するという振り切った活動もしてきたウソツキ。となれば、次のアルバムは「青春」がテーマになるのか? “ワルモード”が継続するのか? と、いろいろな想像をしていたけれど、蓋を開けてみれば、バンドの原点である「歌」へと着地した1枚になった。海外ポップミュージックのトレンドを意識したリズムアプローチのなかで、あくまでも日本語詞の歌を主役にするという前作『惑星TOKYO』の流れを汲みながら、より洗練されたサウンドへと進化した今作。ほぼ全編がラブソングところにも、今の彼らの迷いのなさが表れている。

EMTG:本題に入るまえに、8月に「UKFC on the Road」(ウソツキが所属するレーベルが主催するライブイベント)で見たライブ、すごく良かったんですよね。何か吹っ切れた感じがして。
林山拓斗(Dr/以下、林山):たぶん最近、「自分たちはどういうバンドなのか?」っていうことを、改めてメンバーで話をしたからですかね。
藤井浩太(Ba/以下、藤井):タイムテーブルでBIGMAMAと[ALEXANDROS]に挟まれたっていうのもあって、「もう無理するのをやめよう」っていう話をしたんですよ。
林山:あえてアゲアゲじゃないセットリストで勝負することにして。
藤井:いつもなら盛り上げたいライブでやる「旗揚げ運動」もやらなかったし、アルバムの新曲も2曲も入れて、今、自分らがやりたい曲を、やりたい演奏でやろうって。
EMTG:あの日、竹田くんが帽子をかぶってないのを初めて見みました。
竹田昌和(Vo&Gt/以下、竹田):そうなんです。僕自身も初めて帽子をかぶらないでやったんですよね。やってみて思ったんですけど、それで吹っ切れられたというか。意外と声が出たんです(笑)。
藤井:そんなことある?
吉田健二(Gt/以下、吉田):それまでは自然と帽子を落とさないように気にしてたんじゃない?
竹田:そう、頭が振れるようになったからね(笑)。
EMTG:(笑)。そういうライブでの意識の変化が出てきたのも、今回のアルバム『Diamond』の制作を経たからだと思うので、いろいろ話を聞ければと思います。
竹田:はい。
EMTG:まず、今年のウソツキって「恋はハードモード」から始まったじゃないですか。で、あのファンキーモードがアルバムでも続くのかと思ったら、そうじゃなくて。アルバムはウソツキらしいポップスに落ち着きましたよね。そのへんはどういう流れだったんですか?
竹田:一応、僕らのなかで、今作もバッドボーイズの延長戦ではあるんです。ウソツキって、自分たちがやりたいこと発信で動いてるバンドなんです。バッドボーイズっていうのは、いわゆる反抗期っていうものを経験したことがなかった僕らが、この年になっても青春を取り戻せるぞっていうことを言いたくて。本質的にバッドボーイズになりたかったわけじゃないと言うと、ちょっと語弊があるのかもしれないけど。言いたかったのは、まだまだ挑戦できるっていうことだったんです。
林山:だから、バッドボーイズに関しては、あれで満足したっていうことだよね。
EMTG:じゃあ、アルバムの進み方としては、「恋はハードモード」の方向性で作るというよりも、もっと自由に作り始めたという感じ?
林山:そうですね。「恋のハードモード」を作ってたころから、「夏の亡霊」とか「口内戦争」「名もなき感情」はできてたし。「青春を取り戻す」っていうテーマは掲げてたけど、そもそも青春っぽいアルバムにしよう、みたいなことは考えてなかったですね。
竹田:ただ、アレンジとしては「恋はハードモード」的なことをけっこうやっていて。
吉田:全体として、ビルボードチャートでトップ10に入るような海外の音楽の影響を入れてるんです。「夏の亡霊」は、Cash Cash(キャッシュ・キャッシュ)みたいなEDMを聴いて、ああいうシンセサイザーを、ギターでできないかなっていうことを考えながら作ったりして。そういうことを初期のアルバムだったら、もっと違和感があったと思うけど、今の自分たちには、ちゃんとハマってる感じがしますね。
EMTG:ビルボードチャートとか、海外のポップミュージックを意識するというのは、前作『惑星TOKYO』でも言ってたことですもんね。
竹田:そうですね。ただ、同じ目標を持ってるんだけど、前回は、今回ほどうまくいってなかったなって思うんです。その原因は何かって言うと、楽器がひとつ多かったんですよ。僕がパットとかギターを入れてたんですけど。今回はより楽器の数を少なくして。それができたのは、やっぱりメンバー3人が上手くなったからですね。藤井くんがよく言ってるんですけど、グルーヴで音圧が出せてるんですよ。それが僕も新しい発見で。ギターを重ねたときと同じような音圧を、3人のグルーヴで出せたことが、今作は大きいですね。
林山:「口内戦争」とか、ギターとベースの単音しか入ってないもんね。
吉田:弦が1本しか必要ない。
藤井:このアルバムのなかでは、あれが極限です。
EMTG:それなのに「口内戦争」の音がスカスカだなあ、とは思わない。
竹田:そう、むしろ僕のなかでは、あれがいちばん派手な曲だと思いますね。
EMTG:歌詞のテーマとしては、ほぼ全編がラブソングになったのは、何か理由はありますか?
竹田:書きたい曲を単純に書いていったら、そうだったんですよね。
EMTG:たとえば、「一生分のラブレター」を例外として、もともと竹田くんはラブソングを書くのが苦手だったじゃないですか。
竹田:自分自身のことを歌うのもおこがましいと思ってましたからね。「こういう物語もありまして……」っていう言い方でやってきたのが、どんどん自分自身のことを歌うようになってきて。言ってしまうと、どんどん普通になってるかもしれないんですけど。たぶん普通だと思ってたものの本質を理解しはじめたというか。たとえば、「恋はハードモード」だったら、「お前ら、盛り上がっていこうぜ」っていう人たちを見て、昔は引いてたんですけど、それが楽しいなら良いことだなって思うようになったし。同じように、ラブソングで「フラれました」って歌われても「そんなん言われても……」と思ってたんですけど、聴くことで共感して救われる部分もあるし。そういうのもあって、だんだん自分のことを歌っていいんだって気づいたんです。でも、それがエゴだってこともわかってるから……。
EMTG:最後に「ラブソングは無力だ」っていう曲を入れてるわけですよね。
竹田:それでも俺はラブソングを歌いたいっていうことですよね。
EMTG:さっき自分では「普通になってきた」って言ったけど。テーマ自体が普遍的なものになっても、ちゃんと竹田くんしか歌えない曲になってると思います。
吉田:結局、僕らは「王道歌ものバンド」って言ってるのに、竹田くんのオリジナリティが出ることで、普通の歌ものバンドにはならないんですよ。
藤井:「名もなき感情」の歌詞を見たときは、びっくりしました。何を言ってるかわからないじゃないですか。《バーンってなって》《ドカンってなって》とか。でも、すげえ伝わる。
林山:俺の感覚では、この「名もなき感情」があることで、竹田のなかで、アルバム全体のイメージができたのかなって思いましたけどね。
竹田:「愛してる」って何だっけ?みたいなシンプルなことを見つめなおした部分はありますよね。今回ラブソングが多くなったのは、たぶん短い期間で書いたからでもあると思うんですけど。同じものを違う角度から書いてて。ネガティブな曲もたくさんあるんですけど、僕のなかではその主人公一人ひとりが後悔はしてないっていうか。こういうかたちの愛がある、良さがある、そういうことを書きたいモードだったんです。
EMTG:なるほど。
藤井:今回、曲が出そろってから、「Diamond」っていうアルバムのタイトルが出てきたんですけど、僕はそれがすごく良いなと思ったんです。やっぱりウソツキのなかで「一生分のラブレター」っていう曲を好きって言ってくれる人が多いから、ウソツキにとって価値があるものって何かな?と思ったときに、ラブソングだなと思うし。そういうものが詰まったアルバムのタイトルが、「Diamond」っていうのは良いなと思いましたね。
EMTG:「Diamond」というタイトルにしたのは、「ウソツキが作る偽物のダイヤモンドが、本物よりも美しくてもいいかもしれない」という意味があるそうですね。
竹田:このアルバムができたときに、俺、恥ずかしいんですけど……てっぺんとりたいなっていうか。ミスチルとかバンプとかマイケル・ジャクソンとか、そういう本物の人たちにみたいに、たくさんの人に聴いてほしいなと思ったんですよ。俺はそういうスターに憧れてたんだっていうことをもう一度思い出したんです。もともと俺はスターと呼ばれる人たちって嘘だと思ってるんですよね。あんな笑顔で「愛してる」なんて歌わないだろって。ミッキー・マウスみたいなもの、フィクションですよね。全部、嘘。だから、自分がウソツキって名乗ることで、俺もそういうスターになれるんじゃないかなっていうので始まったので。
EMTG:ええ。
竹田:で、『Diamond』っていうタイトルにしたのは、ウソツキのダイヤモンドだから、それは、もしかしたら偽物かもしれない。でも、偽物こそ本物よりも面白くなれる可能性があるし、本物を越えたいっていう願いを込めて付けたんです。
EMTG:『Diamond』というタイトルには、ある意味、ウソツキが「てっぺんをとりたい」っていう覚悟も込められていると。
竹田:うん、そう思わせてくれたアルバムですね。
EMTG:そういうことって、今までのインタビューでは絶対に言わなかったですよね。
竹田:いままでは絶対言わなかったけど、『Diamond』っていうタイトルをつけるなら、そりゃ、そういうことでしょっていうことですよね。
藤井:強気に出ましたからね。
EMTG:なるほど。で、最初の話に戻るけど、だからこそ今はライブも変わってきてるっていうことなんだと思います。このアルバムができたことで、自信もついただろうし。
竹田:今は、半分自信あるけど、半分怖い、みたいな感じなんですよね。あとにも引けないけど、前にも進めるかもわからない。でも、吹っ切れる何かはありましたね。

【取材・文:秦理絵】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 男性ボーカル ウソツキ

リリース情報

Diamond

Diamond

2018年09月26日

DAIZAWA RECORDS / UK.PROJECT

01.夏の亡霊
02.偽善者
03.名もなき感情
04.口内戦争
05.レトルトの彼
06.パン
07.恋はハードモード(Album Mix)
08.M.N.E.
09.知ってる
10.超ひも理論
11.ラブソングは無力だ

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

ハレソウツアー2018
10/13(土)名古屋JAMMIN’
10/14(日)心斎橋Music Club JANUS
10/19(金)仙台MACANA
10/20(土)代官山UNIT

ウソツキ「Diamond」発売記念インストアライブ
10/21(日)タワーレコード渋谷店
11/04(日)タワーレコード梅田NU茶屋町店

ワンマンツアー
11/10(土)福岡Queblick
11/11(日)大阪Shangri-La
11/18(日)名古屋CLUB UPSET
11/24(土)仙台enn 2nd
12/13(木)渋谷CLUB QUATTRO

空想委員会 大歌の改新 祭り編 ~盛岡事変~
11/24(土)盛岡CLUB CHANGE WAVE
11/25(日)盛岡the five

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る