雨のパレード 1年ぶりとなる待望のNew Single「Ahead Ahead」

雨のパレード | 2019.04.19

 3人編成の新体制となった雨のパレード。最新シングル「Ahead Ahead」は、大きな変化を経て力強く動き始めた姿を示している作品だ。共同プロデューサーとして蔦谷好位置氏(agehasprings)が参加。柔軟な発想と手法で表現されているサウンドが、とてもフレッシュな刺激を放っている。リミックスの3曲も彼らが新章へと入ったことを示唆している今作は、どのようにして生まれたのか? メンバーを代表して福永浩平(Vo)に語ってもらった。

EMTG:新体制になってから初めてリリースする曲ですね。
福永:はい。3人になったその時期に、たまたま蔦谷さんとやり始めてたんです。今までの自分たちも“ポップ”というものに対する意欲的な姿勢というのはあったつもりなんですけど、蔦谷さんとやってみて、視野が広がったと思います。
EMTG:共同プロデューサーが蔦谷さんだと聞いた時、すごく嬉しかったです。これは絶対にいい曲が生まれるなと。
福永:ありがとうございます。今までもプロデューサーさんがクレジットされることはあったんですけど、僕らは「自分たちでやってきた」という自負があるんです。でも、「誰とやってみたい?」ってなった時、蔦谷さんの名前を挙げたことはあったんですよね。今回、それが実現した形です。今までみたいに自分たちでやるというのもありだったんですけど、新鮮味を感じたかったですし、やってみるとすごくいろんな刺激がありました。「蔦谷さんと一緒に作った」っていう感じでしたね。蔦谷さんは僕らの洋楽的なところも尊重してくださって、人柄も素敵なんですよ。ひとつのアレンジに対して蔦谷さんが出した答えを、「納得する形なの?」とすごく気にしてくださったのも印象的でした。「いい部分を伸ばしていただいてる」という感じです。他にも一緒に進めてる曲があるので、それも今後、形にしていきたいなと思ってます。
EMTG:雨のパレードは、「海外の音楽も含めた自分たちの好きなものを大切にしつつ、日本のメインストリームに飛び込む」という姿勢を貫いているバンドとして僕は捉えているのですが、そういう想いはあります?
福永:あります。「ギリギリを狙っていきたい」みたいな感覚ですから。カウンターではありたいんです。
EMTG:カウンターのままメインに行きたいということでしょうか?
福永:そういうことですね。
EMTG:蔦谷さんも、まさにそういうことをやり続けている人なのでは?
福永:はい。そこもすごく信頼できる人ですし、勉強になるんです。こういうことをちゃんと形にするのは、やはり細かいディテール次第なのかなと、今回、作りながら思いました。メロや歌詞ももちろん大事ですけど、オケのあまり耳には聞こえていない音もメロや歌詞を引き立てますからね。そういう勉強をさせていただいてます。
EMTG:「Ahead Ahead」も、そういう成果が発揮されている曲ですね。メロディアスさがありつつ、トライバルなビートが自ずと本能的な昂揚感を誘う仕上がりじゃないですか。
福永:アフリカンビートを気持ちいいと感じる流れがあったので、前から「やらなきゃ」って思ってたんですけど、あんまりやってなかったんですよね。僕、民族楽器とかも大好きなんです。「Ahead Ahead」でフロアタムっぽく聞こえてるのも、実はそういう民族楽器っぽい太鼓なんですよ。
EMTG:生の民族楽器にも興味はあるんですか?
福永:興味はありますけど、使ってるのはほぼソフト音源です。
EMTG:おそらく福永さんは、ソフト音源の音色を試したり、夢中になっていじったりしていると1日が終わっちゃうタイプですよね?
福永:まさに(笑)。プリセットのものを見てるだけでも日が暮れちゃいます。
EMTG:シンセ音源の名称の1つ1つって、見るだけでも楽しいですからね。
福永:そうなんですよ。「Reason of Black Color」のインタールードで使ってる子供の声のプリセットの名前は“Japanese Children”。たしかに日本人の子供っぽい雰囲気でした。そういうのも面白いんですよね。
EMTG:雨のパレードは人力で演奏しているバンドでありつつ、様々な音色を試したりもしながらデスクトップ上で構築する部分も、すごく大切にしていますよね?
福永:はい。アナログ、デジタルっていうこともしかりですけど、どっちの良さもあると思ってるので。例えばドラムも生ならではの熱量っていうのがありますし。僕らはその両方の部分を持ってるバンドなんだと思います。
EMTG:「Ahead Ahead」の歌詞は、新体制となったみなさんが、ここからさらに前に進もうとしている姿と重なるものとして受け止めました。
福永:やはり、そこは少し意識して書きました。ピンチはチャンスじゃないですけど、こういう時だからこそ描けることがあるのかなと。
EMTG:2曲目の「/eɔː/」に関しては、どのように制作を進めました?
福永:好きな音を入れていった結果、こうなったのが「/eɔː/」です。珍しく、最初、ひとりで大枠を作ってみたんですけど、メンバーに聴いてもらってみんなで形にしていったら雨のパレードっぽいと感じるものになったんです。これも蔦谷さんとやる前だったらできなかった完成度ですね。
EMTG:水面に映った月のイメージが浮かぶ曲でもあります。
福永:鏡花水月がテーマでした。鏡花水月は触れることはできないものですけど、そういう「言葉で表現できないもの、感覚」みたいなところを形にしていくロマンを、僕は音楽に対して感じているんですよね。
EMTG:音作りに関する姿勢にも表れていますけど、福永さんは「感覚」というものを突き詰めるのが好きなようですね。子供の頃からそうでした?
福永:どうですかね? でも、そういえば小学校1年生の時に初めてイヤホンで音楽を聴いて、「頭の中で音が鳴った喜び」っていうのを味わったのをすごく覚えてます。母にめちゃくちゃ言いましたもん。「頭の中で音がする!」って(笑)。
EMTG:(笑)今作は、リミックスが3曲入っていますけど。これもすごくいいですね。いろんなみなさんが参加したことによって、新しいものに生まれ変わっているじゃないですか。
福永:そうなんです。これも楽しんでいただけたら嬉しいです。
EMTG:まず、「Hwyl [Remixed by Neetz]」は、KANDYTOWNのNeetzさんですね。もともと交流があるんですか?
福永:今回、参加していただいたみなさんの中で、彼だけ面識はないんです。KANDYTOWNは僕も聴いていて、ディレクターの推薦で、お願いすることになりました。
EMTG:「Hometown feat. TABU ZOMBIE (from SOIL&”PIMP”SESSIONS) [Remixed by 荘子it feat. Dos Monos]」は、3人のラップによって完全に新しい曲になっていますね。
福永:Dos Monosは、友達です。荘子itと仲良くて。
EMTG:これ、Dos Monosの新曲と言ってもいいのかも。
福永:「思いっきりやってほしい」とお願いしたので(笑)。今後も何か一緒にできたらいいなあって思ってます。
EMTG:「Reason of Black Color [Remixed by Utena Kobayashi]」は?
福永:Utenaさんがやってるレーベル(Black boboi)の発起人みたいな感じの美容師さんが友達なんです。ライブに行ったらUtenaさんのやってたエレクトロが本当にかっこよくて。それでお願いしたら受けてくださって、すごく嬉しかったです。
EMTG:今回の作品は、今後の雨のパレードが、より柔軟な編成で作品を生んでいくことを示唆しているようにも感じられるんですけど。
福永:僕もそう思ってます。いろんな人たちとやっていけたら面白いですね。もとからボーダレスなスタンスではいたんですけど、今までは自分たちのできる範囲でしかなかったので。蔦谷さんに入っていただいたり、友達にリミックスを頼んだりしたことは、今後につながるいいトリガーになりました。ずっと自分たちだけでやってると、自分たちで編み出した答えに頼ってしまうところがあるんです。だから、こうして自分たち以外の人とやってみるのは、いい経験になります。
EMTG:自分たちで編み出した手法を磨いて、洗練させていくメリットももちろんありますけど、視点を変えてみることも大事ということですね。
福永:はい。僕はそうやっていろんな手法に挑戦して、常に変化していく方がいいなと思ってます。
EMTG:4月24日の恵比寿リキッドルームでのワンマンライブは、新体制の本格的なお披露目ということになるんですかね?
福永:そうですね。その前にサーキットイベントとかで3人でやる機会もあるんですけど、ワンマンはそこが初めてということになります。インタールードやオープニングの表現とかでも新しいことができそうです。1曲1曲のクオリティも上がってると僕らは思ってて。例えば「You」って、コーラスをものすごくたくさん重ねてて、僕が14人くらいいるものになってるセクションもあるんです。そういうものを同期で流すようになるので、聴いた印象がかなり変わるんじゃないかと思います。「この曲って、こんなだったんだ!」って気づかされる部分が自分たちでもすごくいっぱいあるので、今からリキッドルームでのライブが楽しみになってます。
EMTG:雨のパレードは、新章に入っていくということみたいですね。
福永:はい。本当に心機一転という感覚です。だから今回の作品は、第2章の1stシングルっていう感じですね。

【取材・文:田中 大】




雨のパレード -「Ahead Ahead」

tag一覧 J-POP シングル インタビュー 男性ボーカル 雨のパレード

リリース情報

Ahead Ahead

Ahead Ahead

2019年04月24日

ビクターエンタテインメント

01.Ahead Ahead
02./eo/
03.Hwyl [Remixed by Neetz]
04.Reason of Black Color [Remixed by Utena Kobayashi]
05.Hometown feat. TABU ZOMBIE (from SOIL&”PIMP”SESSIONS) [Remixed by 荘子it feat. Dos Monos]

お知らせ

■マイ検索ワード

カセットテープ MTR
ちょうど、昨日の明け方の3時、4時くらいに検索しました。ネットオークションで2個くらい入札しているところです。インスタでアンビエントミュージックみたいなのをカセットのMTRに入れてる人を見て、面白いなと思ったんです。テープをわざとよれさせてピッチを不安定にさせたりするのを趣味でやってみたいです。カセットのMTRで作ったソロのアンビエントのCDを、どこかから出させてくれないですかね?(笑)。



■ライブ情報

<リリース記念ライブ>
ame_no_parade RELEASE PARTY “Ahead Ahead”
04/24(水) 恵比寿LIQUIDROOM ※SOLD OUT

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る