ゆびィンタビュー vol.14 まるりとりゅうが

ゆびィンタビュー | 2019.09.04

毎週定期的に配信しているインスタライブをはじめ、TwitterやYouTubeなどSNSでたくさんのフォロワーを獲得し、共感の輪を広げている<まるりとりゅうが>が、2ndミニアルバム『お見知りおきを』をリリースする。子供の頃から合唱団に所属し、声楽を学んできたMaRuRiと、ニューヨーク留学中に自作の楽曲をSNSに投稿したことをきっかけに、国内外からの反響を得ることになったというRyuga。アーティストとファン、ステージと客席といった垣根を作らないフレンドリーな関係性を大切にしながら活動している彼らだが、歌い出せば一瞬で他を圧倒する最高な歌声を聴かせてくれる今注目の男女ボーカルユニットだ。曲作りやファンに対する思いなど、2人の率直な気持ちを聞いてみた。

PROFILE

sample dummy

まるりとりゅうが


SNSを中心に同世代の男女から絶大な支持を得る「MaRuRi」と、マルチな才能でプロデュース能力にも長ける現役慶應大学生シンガー「Ryuga」、それぞれ個人で活動して来たこの2人が、1人よりも2人だからこそできるパフォーマンスがあると気づき、2018年4月正式にユニットとして始動。同年11月に、まるりとりゅうが初のオリジナル音源「気まぐれな時雨」を配信リリースすると、各チャート上位にランクインし反響を得る。2019年2月に1stミニアルバム『はじめまして。』、9月には2ndミニアルバム『お見知りおきを』をリリース、11月からは初のワンマンライブとなるZeppツアーが控える、今最注目のアーティスト。

  • 毎週配信されているインスタライブの出張版ともいうべきイベント「まるりとりゅうがのへや」。7回めはついに過去最多となる全国14ヵ所で開催されたんですよね。
  • Ryuga

    はい。どの会場でも初めての方がたくさんいらっしゃって、こんなにも待ってくれていた方がいたんだって実感しました。
  • MaRuRi

    私も地方出身だからわかるんですけど、やっぱり自分の住んでるところに来てくれるって嬉しい。こちらから足を運ぶってすごく大事だなと思ったし、それぞれの街の盛り上がり方があったりして本当に楽しいんですよ。
  • MaRuRi

    お客さんとの距離も近いから、すごく親近感あるし。
  • MaRuRi

    これからもやっていきたいなと思ってます。
  • 前回のライブレポートの時も感じましたが、<アーティストとファン>ではなく、どんな時も友達のような距離感で接してますよね。
  • Ryuga

    僕ら自身、アーティストだからとかプロだからみたいなスタンスは好きじゃなくて。
  • Ryuga

    最初の頃から応援してくれてた人の存在とか、路上ライブにわざわざ来てくれてた人との会話とか、そういうことを経て今の僕らがあると思っているから、みんなファミリーな感じで盛り上げていけたらベストだなと思っているんです。
  • Ryuga

    ちなみにファン同士もめちゃめちゃ仲いいんですよ。ほんと、いい人しかいない。
  • Ryuga

    だからこそ、僕らもこういう近い距離感で絡んでいきたいなって。
  • MaRuRi

    お互いソロで活動してた時は、ここまで自分の色とか出せてなくて。
  • MaRuRi

    2人になって、歌だけじゃなく人間性も丸出しにしてるから(笑)、みんなとこういう距離感でいられてるのかなって思います。
  • SNSを使って自分達らしいやり方で発信をしているお2人ですが、音源をCDで出すということに関しては何かこだわりを持ってますか?
  • Ryuga

    小さい頃からいろんな音楽を聴いてきましたけど、やっぱり歌手といえばCDを出すっていうイメージがあって。歌手になったという実感を得られるところでもあるんです。
  • Ryuga

    今ってSNSやサブスクが普及して“物”がなくても曲が聴けちゃうけど
  • Ryuga

    自分達としては
  • Ryuga

    何十年経っても形として残るっていうのはアーティストとしてすごく嬉しいことだと思うし
  • Ryuga

    発売日にCDを買いに行ったっていう思い出とか
  • Ryuga

    人生で初めて買ったCDがまるりとりゅうがでしたとか
  • Ryuga

    そういうのって、誰かにとっての特別な存在になれたなって思える瞬間でもあったりして。
  • MaRuRi

    そうだね。
  • Ryuga

    サブスクで初めて聴きましたって言われるのとは全然違うなって思う。
  • 確かに。
  • Ryuga

    今の時代、何で聴くのかは自由だと思うし、僕達自身も広まってくれればそれでいいと思っているんだけど、やっぱり音源はCDとして、これからも出していきたいなと思っています。
  • その最新作が2ndミニアルバム『お見知りおきを』。
  • デビュー作が『はじめまして。』で次が『お見知りおきを』って、どこまで丁寧にご挨拶されるんだろうと(笑)。
  • MaRuRi

    (笑)。
  • Ryuga

    次のタイトルがプレッシャー(笑)。
  • (笑)。
  • でもすごくいいペースですね。
  • Ryuga

    はい。
  • Ryuga

    『はじめまして。』の曲はみんなすごく聴きこんでくれてるし、もうそろそろ次の曲聴きたいって言ってくれてる時期でもあったので、ちょうどいい感じで新曲が6曲出せます!
  • Ryuga

    あとは11月と12月に僕らの初ワンマンライブもあるので、そこに向けての流れも作れたかなと思っています。
  • ちなみに
  • 先日Ryugaさんのお誕生日に「22歳のうちに名曲を22曲作る」と動画で宣言されていましたよね。
  • Ryuga

    言わないと、やらないから(笑)。
  • MaRuRi

    “名曲”だからね?
  • (笑)。
  • Ryuga

    僕、曲のストックって全然ないんですよ。1曲1曲、勝負。いつもギリギリなんです。
  • MaRuRi

    そう、ガチ(笑)。
  • でもこれだけのクオリティーの楽曲を、ほぼ1人で作ってるわけで。
  • Ryuga

    この先もしも作れなくなる日が来たらどうしようって……(笑)。
  • MaRuRi

    だからこそ今のうちにストックを(笑)。
  • Ryuga

    でも同じ僕の頭の中から出るものだから、言葉にも限界があるというか。なので、その分いろんな人と会話して人生経験を増やして、感受性を豊かにしていきたいなとは思っているんですよね。
  • Ryuga

    フィクションではあまり作らないんです。
  • Ryuga

    たとえ人から聞いた話であっても、リアルなものを書いてまるりとりゅうがの世界観にしてる。
  • Ryuga

    僕は詞先なんですけど、詞には結構こだわっていて。
  • Ryuga

    伝えたいことは全部詰め込んでいるつもりなんですが、今回2枚めも作ってみて、まるりとりゅうがらしさっていうのがだんだん確立できてきたんじゃないかなって思ってます。
  • Ryuga

    失恋ソングが多いけど、
  • Ryuga

    歌詞がリアルでグッとくるとか、ハモリがすごくいいとか
  • Ryuga

    そういうのも“らしさ”に繋がってきてるかなって。
  • 今作ではMaRuRiさんも1曲「リピート」という曲で作詞作曲を手がけていらっしゃいますね。
  • MaRuRi

    初めてです。今回やってみて、曲を作ることの楽しさも感じることができました。
  • Ryuga

    なんか最近、シンガーソングライターっぽいことしてるんですよ。嫌なことあったらすぐ、楽屋で歌にしたりして。
  • MaRuRi

    お母さんと喧嘩した時、みんなはご飯食べに行ったけど楽屋に残って作ったりしました。20分くらいで出来ちゃった。
  • MaRuRi

    うちら似てないよね、作る曲。
  • Ryuga

    うん。
  • Ryuga

    僕は2人で歌うことを最初から考えて作ってるけど、MaRuRiの場合はソロ(笑)。
  • Ryuga

    今回の「リピート」も、僕のパートがほとんどないっていう(笑)。
  • MaRuRi

    本当にごめん(笑)!
  • Ryuga

    今後はまるりとりゅうがの曲を作るって意識してもらいたい(笑)。次からはぜひ、ユニットっぽい曲もね。
  • MaRuRi

    作る、作る(笑)。
  • Ryuga

    掛け合いとか。
  • MaRuRi

    任せて、任せて(笑)。
  • (笑)。
  • では改めてになりますが、それぞれの楽曲についても聞かせてもらえますか?
  • Ryuga

    「曖情」は最後の最後に出来た曲。一番しっくりきたよね?
  • MaRuRi

    リード曲レベルの、いい曲!
  • Ryuga

    今回のアルバムは、自信曲が詰まりに詰まってます。6曲全部テーマも違うし、曲調も違うし。
  • Ryuga

    1stミニアルバムで、作家として自分なりに手探りで曲を作り始めた上での今作なので、ちょっと成長した部分もあるかなと思うし、それを全面的にぶつけた6曲になってます。
  • リード曲は「わけじゃない」。
  • Ryuga

    これは自分の行動や感情をそのまま歌詞として書きました。ちょっと心が病んでて、1人になれる道探して、しゃがんでケータイ見てて、電源切れた画面に映った自分の顔が怖くて……って。その時にメモして作った曲。
  • Ryuga

    作詞家としての成長を見てもらいたい1曲でもあります。
  • 2人のボーカルの迫力もすごいです。
  • MaRuRi

    Dメロのブリッジとか
  • Ryuga

    お互い全部出し合って叫んでる。
  • MaRuRi

    全部ハモってるし。
  • ライブで盛り上がる「君と見たい景色」のような曲とは全く逆だけど、こういう歌も、まるりとりゅうがの真骨頂だなと思います。
  • MaRuRi

    嬉しい!
  • Ryuga

    これは僕達自身の勝負曲だと思っていて。「気まぐれな時雨」の時もそうだったけどね。
  • MaRuRi

    あえて、ぽくない曲。
  • Ryuga

    あの時もたくさんの人が僕らのことを知ってくれるきっかけになったので、今回もわかりやすくてストレートな歌詞ではない、攻めた楽曲で勝負に出たいなと思ってリード曲にしました。
  • 「はじまりの唄」はウェディングソングですね。
  • Ryuga

    結婚式に歌いにきて欲しいっていう声も多かったし、友達のためとか、新郎が新婦にとか、歌ってもらえたら嬉しいなと思って。
  • Ryuga

    それに僕ら基本的に失恋とか悲しい曲が多いから、歌いに行きたくても歌える曲がないっていう(笑)。
  • MaRuRi

    「幸せになって」とか、結婚式で歌えないからね(笑)。
  • 名曲なんですけどね(笑)。
  • MaRuRi

    ね(笑)。
  • Ryuga

    だからこれは、やっと胸張って歌えるハッピーな曲(笑)。
  • そういう意味では、「リピート」は真逆。女の子はライブで号泣でしょう。
  • MaRuRi

    これ、ピアノで弾き語りとかやってみたい。
  • Ryuga

    いいね。かっこいい。
  • まるりとりゅうがのこういう切ない曲って、泣かせようとしてるわけではなく、言葉にできなかった気持ちを歌ってくれてるんだろうなと思うんです。
  • だからみんな、自分のことのように思って曲に入り込める。
  • Ryuga

    確かにみんな、自分の恋愛経験とかすごいコメント書き込んでくれるんですよね。全部が歌詞どおりじゃなくても共感する部分があって、聴いてくれてるんだなって。
  • Ryuga

    恋愛っていろんな形があるけど、きっとみんなするものだと思うから、そういう時に寄り添えたり共感してもらえる曲になっていたのなら、すごく作ってよかったなって思います。
  • ひとりひとりとしっかり繋がる一方で、今回はみんなで楽しめる「らいぶの曲」という楽曲も収録されました。
  • Ryuga

    普段SNSなんかで距離が近いだけに、ライブでも一緒に盛り上がれたらと思って作りました。
  • 今度のワンマン、楽しみですね。
  • MaRuRi

    わたしたちって本当に何も飾ってないので、そういう人間性みたいなところも伝わったらいいなと思います。
  • MaRuRi

    あとは
  • MaRuRi

    普段はすごいふざけてるけど、歌ヤバイね!とか、生歌すごい!とか思わせられるようなものを届けたい。
  • そのギャップが凄すぎるんですよ(笑)。実際ライブを見たことがある人はわかると思いますが。
  • Ryuga

    人柄って、歌に出るじゃないですか。俺らがめちゃめちゃ調子に乗ってるような感じだったら、いくら本気で歌っても伝わらない。
  • Ryuga

    素でいつもふざけたりしてるけど、そういう2人が本気で気持ち込めて歌った時に何か伝わるものがあると思ってるし、
  • Ryuga

    ハモリや声の相性も、曲を伝えるのにベストなマッチングだと思っていて。
  • Ryuga

    アーティストの本質として、やっぱり生歌で「ヤバッ!」ってなってもらいたい。
  • Ryuga

    わざわざ足を運んでくれて、お金を払ってでも聴きたくなるような、見たくなるような、そんなライブにしていきたいと思います。
  • MaRuRi

    これからもね。
  • Ryuga

    夫婦漫才みたいな2人のやりとり見てバカバカしいなって思うとこあるかもしれないけど
  • Ryuga

    でもちょっと辛いことがあった時、その瞬間だけでも忘れられるような世界観とか雰囲気も持ってると思うんですよね。で、歌ったらグッと引き込まれる。そういうところを磨いていきたいなって思う。
  • MaRuRi

    うん。
  • Ryuga

    そうやってステップアップしていく僕達の、そのまんまをずっと見てもらいたいなって思います。
  • Ryuga

    育成ゲームみたいな感じで(笑)。
  • え(笑)?
  • たまに課金しなきゃいけないみたいな(笑)?
  • Ryuga

    無料でも全然(笑)。
  • MaRuRi

    それなりに楽しめるコンテンツです(笑)。
  • Ryuga

    僕達全く完璧じゃないし、直さなきゃいけない部分もいっぱいあるけど、それも含めて期待してもらいたいっていうか。僕達自身も、その期待に応えるというか想像を超えていきたいので、いい意味で裏切っていきたいんですよね。
  • Ryuga

    次がまた楽しみになってもらえるような、そういういい関係でいたい。一緒に上がっていきたいし、共に支えあって成長し合えるようなね。
  • MaRuRi

    うん。
  • Ryuga

    たまごっちみたいな。
  • MaRuRi

    ……。
  • Ryuga

    あれ?違う(笑)?
  • MaRuRi

    たまごっちだね。ハイ(笑)。
  • その育成ゲームのゴールは何か見えてるんですか?
  • Ryuga

    夢はドームツアーですね。すごく大きな目標ですけど。そこまでは僕達の成長を見守ってほしいです。
  • MaRuRi

    そのためにも、ファンの気持ちを裏切らないようにここからもっと上がっていきたい。いい曲を届けて、初心を忘れず、当たり前じゃないんだって思いながら、感謝の気持ちを持って活動していきたいです。
  • Ryuga

    頼まれてもいないのに、他の人に勧めたくなるようなアーティストになれたらなと思います。人柄も歌も、みんなに自慢できるような要素がバランスよく揃った存在として成長していけば、自ずと広がっていくと思うんですよね。
  • Ryuga

    僕達がこれから大事にしていかなきゃいけないのは、そういう部分かなって思います。

【取材・文:山田邦子】

tag一覧 J-POP ミニアルバム ゆびィンタビュー 女性ボーカル まるりとりゅうが

リリース情報

お見知りおきを

お見知りおきを

2019年09月04日

ユニバーサルミュージック

01.わけじゃない
02.君と見たい景色
03.はじまりの唄
04.曖情
05.リピート
06.らいぶの曲

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

まるりとりゅうが Zepp Tour 2019~はじめまして。お見知りおきを~
11/10(日)福岡・Zepp Fukuoka
11/12(火)大阪・Zepp Osaka Bayside
12/08(日)東京・Zepp DiverCtiy Tokyo

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る