KEYTALKの漲るエネルギーと止まらない進化が詰め込まれた、6thアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』完成!【後編】

KEYTALK | 2019.11.07

 6thアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』についてのインタビュー後編。前編のインタビューでも少し触れられているが、このアルバムに収録されている曲たちは、タイアップのために書き下ろされたものが、かなり多い。そのことによって、様々な形の新境地が切り拓かれているのも、ぜひリスナーに注目してもらいたいポイントだ。着々と作風を広げながら進化しているKEYTALKについて、メンバーたちはどのように感じているのだろうか?

EMTG:「Catch The Wave」は、新鮮なテイストでした。リズムがカッチリしたスクエアなノリなのが、新しいニュアンスですね。
八木優樹(Dr/Cho):そうですね。シンプルめなディスコ調というか。
首藤義勝(Vo/Ba):もともとサーフィンの曲を作りたくて書いたんですけど、挑戦として、メインのテーマフレーズをシンセでやってみたんです。EDM路線に寄ったアレンジは、あんまりやってこなかったので。
EMTG:EDMの要素がありつつ、人力のロックバンドとしての風味もちゃんと香るところが、とてもKEYTALKらしいです。
首藤:EDMに寄せすぎちゃうと、多分つまんなくなっちゃうだろうなというのは思ってたので、ちゃんとKEYTALKらしさをギリギリ残すようにしました。この4人がそれぞれKEYTALKらしさを担ってるというのも、改めて感じましたね。
EMTG:KEYTALKは、インディーズの頃はフュージョン的な風味も結構出していて、メジャーデビューしてからは、そのニュアンスが控えめになっていた印象なんですけど、今回、「アカネ・ワルツ」や「旋律の迷宮」とかで、そういう部分もすごく良いバランスで表現されていると感じました。これは、個人的にとてもグッときた点ですね。
八木:特に「アカネ・ワルツ」は、現代ポップスのフュージョンみたいな感じですよね。
EMTG:キャッチーですけど、実はなかなかぶっ飛んだ展開をするのもびっくりです。
首藤:これはドラマ(『探偵が早すぎるスペシャル』主題歌)のタイアップですけど、先方からいただいたリクエストが、結構、良い意味で無茶だったんです(笑)。例えばわかりやすく言うと「明るいけど、ちょっと暗く」みたいな感じで(笑)。でも、「これを本当にやったら面白そうだな」って思ったんですよ。だから3曲がくっついてるような、何とも言えないスリリングな曲になりました。すごく気に入ってます。
EMTG:タイアップをきっかけに、新しい扉を開くことができたということですね。
首藤:はい。サビのメロディが頭の中で浮遊している時にタイアップのお話をいただいて、「このサビを使って、探偵の謎解き感みたいなのを出すにはどうすればいいだろう?」って逆算して作っていく感じでした。自分で白紙の状態から書いていったら、こういう曲にはならなかったと思います。
EMTG:『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』の主題歌になった「旋律の迷宮」も、新しいニュアンスをすごく感じます。
寺中友将(Vo/Gt):今までの自分が作ってなかったような曲を作りたくて、こういうものになったんです。歌詞も今までに使ったことのないような言葉が出てきました。
八木:この曲はドラムがファンクで、コードが気持ちいい感じなので、フュージョンポップス……いや。KEYTALKポップスだと僕は思ってます。
EMTG:八木さんと武正さんは、広がり続けるKEYTALKの作風を今回のアルバムでさらに加速しましたよね。まず武正さんが作詞作曲をした「DROP2」は、怒涛の勢いで駆け抜ける感じがすさまじいですし、明らかに巨匠や義勝さんにはない作風です。
小野武正(Gt/MC/Cho):筋肉質な曲を作りたくて、こうなったんです。
八木:これ、ドラムを叩くのが本当にキツくて……。
小野:ハイハットの魔術師に修行してもらいました(笑)。
八木:でも、この曲のお陰で新しい魔術を身に着けたので、感謝の1曲でもあります!
EMTG:ライブで叩くの、大丈夫ですか?
八木:うっ!
小野:ライブは、簡単にして叩けば?
寺中:それはだせえ(笑)。
EMTG:(笑)。八木さんが作詞作曲をした「COMPLEX MANIA」は、巨匠と義勝さんのツインボーカルのコンビネーションのハードルをかなり上げて、ふたりのポテンシャルを思いっきり引き出していると感じました。そういう作風は、今までの八木さんの曲でも発揮されていましたけど、今回もその切り口で来たなと。
八木:申し訳ないと思いつつも、それはずっとやってきたのかもしれないですね(笑)。まあ、曲によるとは思いますけど。
EMTG:KEYTALKのメインソングライターのひとりである義勝さんは、武正さんと八木さんも曲を書くことに関して、どのように感じていますか?
首藤:まあ、ほんと頑張ってるなと。
八木:めっちゃ上から(笑)。まあ、実際に上なんだけど。
小野:何も言えねえ(笑)。
EMTG:上にいるソングライターとしての武正さんへのダメ出しもお願いします。
首藤:そんなのはないですよ(笑)。
EMTG:巨匠は?
寺中:小野くんは、曲がちょっと速すぎますねぇ。
八木:巨匠も上から!
寺中:とりあえず、BPMを15落としてほしいです(笑)。
小野:その通りだと思います(笑)。でも、単純に速い曲が好きなんですよね。
八木:僕も速いのが好きなので、嬉しい悲鳴を上げております。でも、「DROP2」は、きつかった(笑)。
EMTG:(笑)。メインソングライターのふたりは、このアルバムを実に心地よく締めくくる曲も書きましたね。「桜色の街へ」は、巨匠が抱いている故郷、熊本への温かい愛情で満ち溢れているのを感じます。
寺中:熊本に大きな商業施設(SAKURA MACHI Kumamoto)ができるということで、そのCMソングとして作らせていただきました。ここまで熊本について歌った曲は、今まであまりなかったですね。故郷への想いをかなり描けたかなと思います。
EMTG:義勝さんの「少年」も、グッときます。この曲で漂う瑞々しさは、すごく義勝さんらしさを感じるテイストです。
首藤:輝いていた過去を思い出して感傷に浸るだけではなく、思い出しながらパワーを得るというか、背中を押してもらうというか。そういうことを通して「今を大切にしていこう」というメッセージを込めているのが「少年」です。自分にも響く曲になりました。
EMTG:こうして全体を振り返って改めて思うのは、やはり「KEYTALKの魅力はどんどん広がっている!」ということですね。褒めすぎるのは、なんだか悔しいんですけど……KEYTALK最強伝説が続いているとでも言いましょうか。
八木:最強伝説ですか(笑)。そうだといいんですが。
EMTG:もともと演奏のレベルが高いバンドでしたけど、さらにすごくなっているのも感じざるを得ません。
首藤:魔術師も悪魔もいますので(笑)。
EMTG:取材とかでお会いすると、ものすごくふざけたところもあって、ニュルニュルしたムードを醸し出す4人なのに、演奏すると超かっこいいのが、KEYTALKの謎なところなんですよね。だって、普段は、かなりどうかしてる4人じゃないですか!
寺中:「どうかしてる」って(笑)。
小野:ほんと、すいません!
八木:言い返せない……。
首藤:僕たち、人格を犠牲にして演奏能力を身に着けたのかもしれません(笑)。

【取材・文:田中 大】



tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 男性ボーカル KEYTALK

関連記事

リリース情報

DON’T STOP THE MUSIC

DON’T STOP THE MUSIC

2019年11月06日

ユニバーサルミュージック

1.DE’DEVIL DANCER
2.真夏の衝動
3.BUBBLE-GUM MAGIC
4.アカネ・ワルツ
5.ララ・ラプソディー
6.ブルーハワイ
7.Catch The Wave
8.旋律の迷宮
9.DROP2
10.COMPLEX MANIA
11.桜色の街へ
12.少年

お知らせ

■ライブ情報

≪全国ワンマンツアー情報≫
DON’T STOP THE MUSIC TOUR 熱狂パワフルKEYTALK 2019
~本当にダイジョーブ?? 爆発寸前!! 武正の足爆弾~

11/08(金)北海道 Zepp Sapporo
11/14(木)愛知 Zepp Nagoya
11/23(土)宮城 仙台PIT
12/08(日)福岡 Zepp Fukuoka
12/11(水)東京 Zepp Tokyo
12/13(金)大阪 Zepp Osaka Bayside

≪イベント出演情報≫
バズリズム LIVE 2019
11/10(日) 横浜アリーナ

KEYTALK×Xの方程式 この空に響け2マン・ラプソディー ~実に面白いネ 振替公演
11/19(火) 新潟 LOTS ≪出演者:THE BAWDIES≫

EXPERIENCE Vol.1
11/24(日) 幕張メッセイベントホール

ベリーグッドマンへの道 ツアー2019 ~武者修行編~
11/30(土) Zepp Nagoya

ANIMISM#20191216
12/16(月) 大阪 Live House Anima

エアトリ presents 毎日がクリスマス 2019~ACIDMAN × KEYTALK~
12/18(水) 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

PENGUIN RESEARCH 対バンツアー Penguin Fight Club ~それでも闘う者達へ~
12/19(木) EXシアター六本木

FM802 30PARTY FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2019
12/26(木) インテックス大阪

COUNTDOWN JAPAN 19/20
12/30(月) 幕張メッセ国際展示場1~11ホール・イベントホール

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る