バンドの信念をフラッグに込めて――渾身のメジャーデビュー作、4人が今思うこと

WOMCADOLE | 2019.11.20

 WOMCADOLEがメジャーデビュー! 紆余曲折をはらんだ歴史を刻みながら愚直に音を鳴らし続けてきたロックバンドが挑戦する新たなフィールド。そこに刻む第一歩として最高のアルバムが完成した。このメジャーデビューアルバム『黎明プルメリア』は、これまで彼らが発信し続けてきた熱くてまっすぐなメッセージを、アルバム全体の曲の振り幅とそれぞれの楽曲に注ぎ込まれたアイディア、そして今まで以上に確信に満ちた言葉が並ぶ歌詞で伝えてくる力作だ。WOMCADOLEの大胆な変化と変わらない信念について、4人に語ってもらった。

【TRAILER】WOMCADOLE 「黎明プルメリア」全曲TRAILER
EMTG:メジャーデビューおめでとうございます!
全員:ありがとうございます!
EMTG:『ライター』以降の1年、どういうふうに過ごしてきましたか?
樋口侑希(Vo/Gt):変わらずライブして、曲も作って。めちゃくちゃ濃かったですね。すごく早く感じました、この1年。いろんな意味でWOMCADOLE自体がアップグレード、進化したなと思います。
古澤徳之(Gt/Cho):今までは基本的にアルバイトの合間に音楽っていう生活だったのが、今ではアルバイトは入れてもちょっとという状態なので。メンバー全員、音楽中心の生活にシフトしていくような1年になりましたね。
安田吉希(Dr/Cho):バンドの規模も徐々に大きくなって、昔は普通に聴いていたようなバンドと対バンできたりとか、いちドラマーとしてもいろんな人のライブを観て、曲を聴いて、吸収できる部分がありました。ミュージシャンとしてのスキルが上がって、それがうまいことバンドに還元できてるし、自分の力にもなったなって思います。
黒野滉大(Ba):僕は先のことを考えられないタイプなんで、その場その場で必死にやってたら、気づいたら今っていう感覚ですね。
EMTG:1年前の自分と今の自分を比べて、どう?
黒野:えー、どうなんすかね? でも冷静に見たら、ベーシストとしてはいろんなことができるようになったなと思いますね。ステージングにしろ、プレイスタイルにしろ、ひとつを極めるというよりは、「俺、まだここにも行けるんやな」っていうのを見つけることができたっていう感じですね。まだ途中ですけど、いろんな道が見えたというか。
【MV】ライター/WOMCADOLE
EMTG:メジャーデビューを発表した瞬間、どんな気持ちでした?<
(参考記事:メジャーデビュー発表の瞬間――熱気と涙に溢れた大舞台の一部始終。http://music.emtg.jp/liveReport/20191014278412930
樋口:発表した瞬間、お客さんがみんな泣いてたんですよ。それ見て涙が止まらんくなってもうて。なんか、俺らだけのもんじゃないんやなって、純粋にうれしかったっす。お客さんもWOMCADOLEのことが大好きでいてくれてるし、しっかり目を見て話聞いてくれるし。ほかのメンバーもたぶん泣いてましたね。
安田:まあ、こらえようとはしてたんですけどね。間違いなく特別な空間というか。「俺、今から演奏するねん、泣かんぞ!」と思ってても、グッとくるものがありましたね。僕、楽屋に帰ってからむちゃくちゃ泣いたんですよ(笑)。
樋口:はははは(笑)。
安田:だって、お客さんにとっては自分のことじゃないじゃないですか。なのにすごく喜んでいただいて、泣いてる子もいて。「自分、こんな人間なのにあんなに祝ってくれるなんて……」みたいな。すごく怠惰な生活をしてきたけど、ちゃんと恩返しできる人間になれたんやって思ったらひとりで号泣(笑)。
樋口:大号泣でしたからね(笑)。
EMTG:そりゃそうですよね。WOMCADOLEの物語としても、本当にいろいろなことがあってたどり着いた場所なわけですから。
樋口:うん。メジャーデビューはひとつの夢としてずっと心の中にあったものなので。でもアルバムを作るにあたっては変に意識しすぎず、変わらない俺のままやれたと思います。大事なところは曲げたくなかったので。
EMTG:たしかに今回のアルバムを聴くと、いい意味でメジャーメジャーしていないというか。
樋口:ああ、はい。
EMTG:両極端に振り切っていて、全然違う表裏を見せるようなアルバムになっていますよね。
樋口:WOMCADOLEはいろんなことできるバンドやと思ってますし、別に名刺を作りたいわけでもないし。やりたいこと、作りたいものを表現したいだけなので。
EMTG:『今宵零時、その方角へ』から2年近く経つんですけど、そこから考えるとどこが変わったと思いますか?
樋口:まあ、今回は音もめちゃくちゃこだわったし、時間もかけて1曲1曲に向き合ったし。あとは、いつも言ってるように、俺は自分を救うために曲を書いたりするんですけど、それも俺だけのものじゃなくなることが増えていくだろうなっていうのは感じました。
EMTG:うん。基本的に樋口くんは自分のために曲を書いてきたわけで、それがポンって外に出たときに誰かの心と共鳴することでWOMCADOLEはここまで進んできたと思うんですね。
樋口:はい。
EMTG:でも、それに加えて、今作の曲は「届かせる」ということとか「受け取ってもらう」ということをイメージしながら作っていった曲たちなんじゃないかなっていう印象があって。
樋口:それはあります。日々音楽を聴いていくなかで、どんなに好きなアーティストを聴いてても、俺を救ってくれない瞬間があるんですよ。だから無理やり自分で自分を救おうとして曲を作ってきたんですけど、今回は俺だけにとどまらず、みんなと共有したいなと思って。そう思ったらスラスラ書けましたね。
EMTG:その感覚は今までとは違う?
樋口:ニュアンスはちょっと違うっすね。根本的なところは一緒なんですけど、より手紙っぽくなったっていうか。誰かに渡したいなっていう感覚はより強くなりましたね。
EMTG:では、いくつか曲をピックアップしながら話を聞きたいんですけど、まず1曲目の「FLAG」。アルバムのリード曲にもなっていますが。これは本当にテーマソングですよね。
【MV】WOMCADOLE/FLAG
樋口:はい。これはメジャーが決まるっていう話が来たときに、WOMCADOLEがずっと大切にしている初期衝動というか、血液の部分、つまり身体を動かす何か、そういういっちゃん大事な部分を書きたくて。《魂の産声》っていう歌詞があるんですけど、魂を鳴らせなきゃ俺は存在している意味がないぐらいの気持ちなんで。これは今書かないとなって思って作りました。
EMTG:アンバランスで危うい状態の中で、それでも前に行くんだっていう強い意志が刻まれていて。これはWOMCADOLEがずっと歌ってきたことに通じているけど、ここまで力強く言うことはなかったですよね。
樋口:そうですね。俺、インタビューで「てっぺんに旗をぶっ刺しに行きたい」みたいなことを言ってたんですよ。それを安田が「おまえ、ええこと言うやん」って(笑)。でも、そういうときに出てきた言葉って自然体だし、こういうものを書かなければいけないし、書きたかったんだなってそこで気づいて書きましたね。
EMTG:いちばん本気の本音の部分ってことですよね。
樋口:そうです。今までは「こういうことを書こう」と思って書いてたんですよ。でも「FLAG」に関しては「旗をぶっ刺しに行く」っていう大きなテーマがあったので。「ここにいるよ」って旗を振るだけじゃなくて、1本の旗をみんなで握って、てっぺんにぶっ刺しに行きたい。俺自身なんすよ、この歌はもう。
EMTG:その「FLAG」の次に来るのが「黒い街」で。言うまでもなくこの曲はWOMCADOLEにとって大切な曲ですけど、この曲をこのタイミングで改めてレコーディングしようと思ったのはどうしてですか?
樋口:「黒い街」はデモでしか出してなかったし、WOMCADOLEが広まったきっかけの曲でもあるので、これはいつか絶対再録しようと決めてたんですよ。今回メジャーのタイミングでやろうぜってみんなで話して、アレンジし直して。歌詞はあの頃のまんまですけど、歌っているときの気持ちはまた違ったので、やってよかったなって思いました。
黒野:この曲をデモで出したとき、僕は外側にいた人間なので。聴いてたこっち側からしても大事な曲でしたし、バンドに入ったときからやりたいと思っていて。思い入れは強いですね。3人とはまた違う思い入れがあります。
安田:昔の自分たちの表題曲みたいな曲なので。それを今ここで満を持して再録するっていう……もちろんアレンジは変えてるし、歌詞の聞こえ方も違うし、昔の自分もいるけど今の自分もいるんですよ。昔の曲だけど、間違いなく今の自分たちの曲でもあるっていう意味で、入るべくして入ったって感じですね。
古澤:逆に僕自身はあえて当時のままでいこうと思って。昔は技術的に間に合わなかったところをちょっと取り繕っただけで、あとは昔のまんまの自分をそのまま音に残したというか。今の自分で上書きするということもやりたかったんですけど、それだと「黒い街」という曲は壊れちゃうと思ったんです。そこにあった「らしさ」はいつまでも持ってたいなって思ったので。
EMTG:おもしろいですね。全員アプローチが違う。
安田:たしかに(笑)。各々の思想が表れてますよね。
EMTG:今までも再録するチャンスってあったと思うんですけど、やらなかったのには何か理由があったんですか?
樋口:「メジャーでやるときに」っていうのが、明確ではないけどどっかにはあったんでしょうね。なんとなく「今じゃないんじゃないか」っていうのが。
EMTG:「FLAG」と「黒い街」っていうオープニングがあって、最後に「黎」というアルバムを総括するような曲があって。この頭とお尻がばしっと決まっているぶん、そのあいだで好き勝手やれるみたいなところもありますよね。
樋口:結構好き勝手やってますよね(笑)。
EMTG:そこがこのアルバムのいいところで。「NANA」とか「R-18」みたいな曲があることでWOMCADOLEの新しいドアが開いている感じがする。
樋口:こういうことはずっとやりたかったことやし、思いついたものはすぐやりたいんですよ。「R-18」は初めてピンボーカルで歌ってるんです。ギターを捨てて、3人が演奏して、俺が自由に歌うっていう。前のWOMCADOLEではできなかったことなんですよ。「NANA」はわかりやすいライブアンセムが欲しくて作ったんですけど、こうやってそれをラフにできたし。自由っていちばんいいなって改めて思いましたね(笑)。
EMTG:その「NANA」もそうですけど、「kamo river」にしろ「LULLABY」にしろ、アルバムの中盤は1曲ごとに全然違うWOMCADOLEが現れてきて。聴いていると「どれがWOMCADOLEなんだっけ」って思うんですけど――。
樋口:ああー。
EMTG:でもアルバムを聴き終えると、全部がWOMCADOLEなんだなって腑に落ちるんですよね。
樋口:いつだって驚かせたいし、俺自身もいつだって驚いていたいから。でこぼこのほうがおもしろいんですよ、やっぱり。
EMTG:そのメッセージを、この曲のバラエティ感によって伝えようというアルバムなのかなと思いました。
樋口:うん。いろんなことに手を出すことって、ブレてるというのとは違うと思うんですよ。やりたいことに手を伸ばすって普通だし、いいことやと思うんで。メシ食いたいからメシを食うっていうのと一緒で。そうやって思ったことに忠実でいたいですね。
EMTG:なるほど。そして、アルバム最後の2曲「ミッドナイトブルー」と「黎」。ここがこのアルバムの肝だと思うんですけど。
WOMCADOLE - 【MV】WOMCADOLE/ミッドナイトブルー
樋口:「ミッドナイトブルー」は、お酒の席で好きな人にフラれたというか、好きだって言ったら「無理!」って言われたんすよ。めっちゃ傷ついて。さすがに目の前で泣くのはクソダサいから、店の外に逃げたんです。そしたらめっちゃ涙が出てきて――黒野は笑ってたんですけど。
黒野:めっちゃおもしろかったですよ。目の前で「無理」って言われてるんですからね(笑)。「酒の席で言った」みたいなこと言ってますけど、結構ちゃんと「好き」って言って、結構ちゃんと「無理」って言われたんですよ。
安田:それを見て「こいつ、曲書きよるな」って?(笑)。
黒野:そう、出てった瞬間に「ええ曲できんで」と思って(笑)。だから歌詞を見ると、リアルを書いてるなって思います。
樋口:でも、あの瞬間があって、この曲が書けて本当によかったなって思いましたね。きっと、あの日の俺だから書けたんですよ。ちょっと前の俺やったら書いてなかったと思う。
EMTG:『黎明プルメリア』というアルバムタイトルは、どういう意図で付けたんですか?
樋口:これはプルメリアに「朝霧に包まれたままのプルメリアを好きな人に渡すと願いが叶う」っていう言い伝えがあって。でもプルメリアって樹液に毒があるんです。そういうところがWOMCADOLEっぽいなって。「黎明」は夜明け――メジャーに行っても俺らは変わらんぞ、一緒に夜を越えて突進してこうやっていう。そういう意味合いを込めて「黎」を書いたんです。「花束を渡したいな、伝わるかな」って。
EMTG:WOMCADOLEってもちろん毒もあるし、ライブでもお客さんを焚きつけるような言葉を発するじゃないですか。でもやっぱり花束を渡したいバンドなんだろうなって思うんです。それをちゃんと歌っているなと。
樋口:うれしいっす。好きな人って言いますけど、まずはあなた自身、その人に渡したいから、音楽を。団体では人を見ることができないから、俺は。ひとりひとりにまっすぐでいたいし、よそ見はできないし。身体まるごと、心まるごとで聴いてほしいと思います。

【取材・文:小川智宏】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー WOMCADOLE

関連記事

リリース情報

黎明プルメリア(初回盤【CD+DVD】)

黎明プルメリア(初回盤【CD+DVD】)

2019年11月20日

UNIVERSAL MUSIC

【CD】
1.FLAG
2.黒い街
3.wariniawanai
4.深海ゲシュタルト
5.ライター
6.NANA
7.R-18
8.kamo river
9.今夜僕と
10.LULLABY
11.カナリア
12.ミッドナイトブルー
13.黎

【DVD】
「己の炎を絶やすなツアーFINAL」
2019.01.31梅田クラブクアトロ
1.追想
2.人間なんです
3,独白
4.月
5.夜明け前に
6.絶望を撃て
7.リム
8.69
9.ノスタルジックアパート
10.アオキハルヘ  
11.アルク
12.ライター
en1.唄う
en2.綺麗な空はある日突然に

リリース情報

黎明プルメリア(通常盤【CD】)

黎明プルメリア(通常盤【CD】)

2019年11月20日

UNIVERSAL MUSIC

1.FLAG
2.黒い街
3.wariniawanai
4.深海ゲシュタルト
5.ライター
6.NANA
7.R-18
8.kamo river
9.今夜僕と
10.LULLABY
11.カナリア
12.ミッドナイトブルー
13.黎

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

旗鼓堂堂ツアー
2019/11/29(金)大阪 心斎橋BIGCAT ※ワンマン
2019/12/07(土)山梨 甲府KAZOO HALL
w/ Halo at 四畳半
2019/12/08(日)長野 松本LIVEHOUSE ALECX ※ワンマン
2019/12/12(木)埼玉 HEAVEN’S ROCK さいたま新都心
w/ Halo at 四畳半
2019/12/13(金)千葉 LIVE SPOT LOOK
w/ GOOD ON THE REEL
2019/12/14(土)静岡 UMBER
w/ GOOD ON THE REEL
2020/01/12(日)北海道 札幌COLONY ※ワンマン
2020/01/17(金)神奈川 F.A.D YOKOHAMA
w/ アルカラ、Suspended 4th
2020/01/18(土)群馬 高崎club FLEEZ
w/ Suspended 4th / mol-74
2020/01/23(木)兵庫 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
2020/01/24(金)香川 高松DIME
2020/01/26(日)大分 club SPOT ※ワンマン
2020/02/8(土)栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya 2/3(VJ-4)
2020/02/9(日)茨城 水戸LIGHT HOUSE
2020/02/11(火・祝)宮城 仙台MACANA
2020/02/15(土)岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
2020/02/16(日)広島 SECOND CRUTCH
2020/02/22(土)石川 金沢vanvanV4 ※ワンマン
2020/02/23(日)新潟 CLUB RIVERST ※ワンマン
2020/02/29(土)愛知 NAGOYA CLUB QUATTRO ※ワンマン
2020/3/5(木)山口 LIVE rise SHUNAN
2020/3/7(土)福岡 Livehouse CB
2020/3/8(日)熊本 Django
2020/3/14(土)京都 KYOTO MUSE
2020/3/19(木)東京 マイナビBLITZ赤坂 ※ワンマン

WOMCADOLE スペシャル・アコースティック・ライブ&ポスターサイン会
2019/11/20(水)大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
2019/11/26(火)東京 タワーレコード新宿7Fイベントスペース


KICK OFF VIVA!!! 【北浦和KYARA編】
2019/11/24(日)埼玉 ライブハウス北浦和KYARA
w/ おと. / 東京初期衝動 / ドミコ / popoq / ユレニワ

VIVA LA ROCK 2020
2020/5/2(土)、5/3(日・祝)、5/4(月・祝)、5/5(火・祝)
※WOMCADOLEの出演日は後日発表

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る