ネオ・シューゲイズ・シーンに登場した福岡の超新星バンド・クレナズム。その未来の才能を初インタビューでひもとく

クレナズム | 2019.12.10

 初ライブからわずか1年半で、ネオ・シューゲイズ・シーンの注目バンドへと成長した、福岡出身の4ピース。その名はクレナズム。結成3回目のライブで「りんご音楽祭」新人バンド・オーディションを突破した早熟の大器は、ミュージック・ビデオ「白い記憶」「ウェインは言った」などで再生数をぐんぐん伸ばし、最新曲のタワーレコード限定シングル「花弁(はなびら)」も絶好調。未だ謎の多いバンドのプロフィールと、リリース間近の2ndミニアルバム『In your fragrance』についての話を聞くため、東京でのライブを目撃した翌日にメンバーをキャッチ。未来の才能に注目せよ。

EMTG:昨日のライブ、すごいかっこよかった。
しゅうた(Dr):シューゲイザーばっかり集まるバンドのイベントは初めてぐらいで、福岡にはあんまりシーゲイザー・バンドがいないんですよ。世界観が統一されたイベントで、すごい楽しかった。
EMTG:このバンドがやりたい音楽のイメージは、最初からシュ―ゲイザーだった?
河内(G):そうですね。僕が出したい音を出して、みんながやらせてくれる感じです。
まこと(B):最初から音が独特だったんで。ギターとボーカルを引き立たせて、いろいろ混ぜていくというコンセプトでした。
EMTG:どんなふう出会った4人なんだろう。
まこと:ボーカルとギターと僕が大学の同じサークルで、きのこ帝国のコピバンしてて。それがいい感じだったので、3年生のサークル引退の時に僕とギターがボーカルに声をかけて、その後ギターがドラムに声をかけて、結成することになりました。それが1月ぐらいで、でも全然準備が遅くて、5月にやっと初ライブができました。
EMTG:その後すぐに「りんご音楽祭」新人バンド・オーディション合格でしょ? すごい。
萌映(Vo&G):それが3回目ぐらいのライブです。
しゅうた:オーディションに出たいと言い出したのは僕だったんで、嬉しかったです。大学院に進むつもりで、夏にはバンドをやめると言ってたんですけど、オーディションに受かって、「りんご音楽祭」の当日と、大学院の入試の日がかぶってて、「りんご音楽祭」を取りました。
EMTG:かっこいい。後悔はしてない?
しゅうた:はい。してないです。
EMTG:それぞれの音楽的なルーツというと?
萌映:全員、ルーツがバラバラなんですよ。私はUNCHAINきっかけで、ブラック・ミュージック寄りのロックに衝撃を受けて、そういう音楽したいなと思ってサークルに入ったんですけど、結果シューゲイザーになってしまったみたいな(笑)。でも、きのこ帝国きっかけでこのジャンルを知って、すごくかっこいいと思いました。
河内:僕は海外のシュ―ゲイザーです。スロウダイヴ、チャプターハウス、ジーザス&メリー・チェイン、コクトー・ツインズ。あとザ・ホラーズのギタリストがめちゃ好き。でも歌メロは、吉田拓郎が好きで、めちゃくちゃ聴いてました。『クレヨンしんちゃん』の映画で使われてたのがきっかけで。その後お母さんが教えてくれた山下達郎とか、いろいろ聴いてました。
まこと:バンドとして好きになったのは、ELLEGARDEN、SCANDAL、ジャミロクワイ。ギターやろうと思ってサークルに入ったら、ギターが多すぎてベースになりました。でもベースで良かったなと思います。こんな人(河内)が横にいたら心折れてた(笑)。
しゅうた:僕はきゃりーぱみゅぱみゅ。当時流行ってたんで。エレクトロがすごい好きで、バンド系ではサカナクションとかですね。このバンドを組むまではシューゲイザーは聴いたことなかったです。僕はずっとピアノで、ドラム歴が浅いんですよ。もっとうまくならなきゃと思います。
EMTG:作詞作曲のクレジットは「クレナズム」だけど、主に誰が?
河内:今回のミニアルバムまでは、作曲は僕としゅうたの二人です。でもこれからは、萌映ちゃん、まことも頑張ろうと言ってます。
萌映:こっちの二人は「作曲頑張ろうの会」です(笑)。
しゅうた:作曲の二人がデモをしっかり作って、みんなにアレンジしてもらう感じです。僕は歌詞を作れないんで、萌映ちゃんに歌詞を頼んでます。
EMTG:新作を聴く前に、1stミニアルバム『rest of the dusk』を聴いていたんだけど。「だいぶ変わったな」と思ったんですね。今回の2ndミニアルバム『In your fragrance』は、アレンジがすごく引き算になっていて、歌のバックでは全然ギターを入れない場所があったり。サウンドにめりはりをつけて、歌を際立たせる意図があったのかな?と。
しゅうた:そうですね。バンドはボーカルがいて、歌を聴いてもらうのが一番だなと思うようになったのと、サビの爆発力を出したかったのと。
河内:しゅうたくんが作った曲は、特にそういう感じですね。
EMTG:それは何かきっかけがあったから?
しゅうた:僕的には、やっと仲良くなれたんで、少しずつ自分の色を出せてきたなという感じですね(笑)。前の作品の時は、「シューゲイザーやりたい」というコンセプトに合わせて作ったところがあったので。でもだんだん自分の主張を入れられるようになったから、僕はポップなものが好きなので、ポップ寄りの曲を出すようになったと思います。
まこと:前は四拍子が1曲しかなくて、三拍子ばかりだったんです。でも今回は……。
河内:全部四拍子です。世の中で聴かれてる曲は、四拍子が多いと思って、それで増やそうと思いました。しかも今まで、テンポが全部ゆるやかだったんですけど……。
まこと:今回は「ヘルシンキの夢」とか、めっちゃ速い。逆に「鯨の鳴き声」はゆったりで、緩急が付いたし、前よりもうまくバラけたんじゃないかと思います。
萌映:「夜に溺れて」も、私が一番好きなのはR&Bやブラック・ミュージックなので、そっち寄りの歌い方が、自分ではできたんじゃないかな?と思います。自分が好きなところが凝縮されてます、歌詞も歌い方も。
EMTG:前作よりも、それぞれの個性が出てきてる。このままシュ―ゲイザーをはみ出してもかまわない?
河内:そうですね。アルバムに数曲、シューゲっぽいのがあれば僕はいいです(笑)。歪んだギターがあって、歌メロがかっこよければ。
EMTG:歌詞は、河内くんの曲は河内くんが、しゅうたくんの曲は萌映ちゃんが書いてるのかな。
河内:そうです。6曲のうち、「花弁(はなびら)」「夜に溺れて」「月のようで」が萌映ちゃん。あとは僕です。
萌映:言葉使いが全然違いますね。
EMTG:前作は夜っぽい曲が多かったけれど。今回はいろんな時間帯があるでしょう。
河内:確かに。朝、昼、夕、晩、全部ある気がする。「夜に溺れて」は深夜で、「月のようで」はもっと……。
萌映:あ、でも「月のようで」は、時間帯よりも感情で聴いてほしいかもしれない。歌詞のコンセプトは、「この人にはかないっこないな」という人を思い描いて書いたので。比喩として「月」を使っているので、感情で聴いてほしい曲かな。
EMTG:ああ、そうか。恋愛の曲かな?と思ったけど。
萌映:恋愛ではないです。どの歌詞も、わりと恋愛ではないんですよ。「夜に溺れて」も、恋愛っぽい感じですけど、そうじゃなくて。私にとって夜は、考え事をしたり、感傷的になったりする時間なので、“深い闇夜が私を掴んで離さない”と言う歌詞とか、考え事に没頭しすぎちゃって寝れないみたいな、そういうことが軸になってます。でもそれは私の中でのことなので、「聴き手の人にお任せします」という気持ちが第一です。
EMTG:そうなんだ。でもミュージック・ビデオになった「花弁(はなびら)」は恋愛でしょう。違うのかな。
萌映:うふふ。恋愛もあるし、でも登場人物は一人ではないです。ショックだった時の気持ちになりながら、言葉を出していったらこうなりました。失恋に似たような何か、ですかね。
EMTG:河内くんの歌詞は、感情というよりは、もっと抽象的だったり、シュールな感じがする。たとえば「鯨の鳴き声」の歌詞とか、どこから出て来るんだろう。
河内:もともと鯨が好きで、鯨の曲を書けたらなと思ってたんです。たまたま録れたんですけど、途中のギターのハウリングが鯨の鳴き声っぽくて、この曲を聴く時に、鯨があちこちにいることを想像しながら聴くと、めっちゃ鳥肌が立ちます。悲しそうに鳴くんです。
EMTG:イメージが広がってすごく面白い。このアルバム、どんな人に届くと嬉しいですか。
萌映:私は応援されるよりも共感してもらいたいほうなんですね。「頑張れ」と言ってもらうんじゃなくて「そうだよね」って、寄り添ってくれる曲が好きなので、そういうふうになれたらいいなと自分では思います。
しゅうた:今までは、シューゲイザーが好きな人が聴くバンドだったと思うんですけど。今回は「こんな曲もするんだ」とか、入口になってくれるアルバムにしようと思って、そうなったと思うので。いろんな人に聴いてほしいです。
EMTG:『In your fragrance』というタイトルはどこから?
河内:みんなで話し合った時に、まことくんが「fragrance」(匂い)というキーワードを出してくれた。
まこと:芳香剤か何か、家に「fragrance」と書いたものがあったんで、これいいんじゃない?と思って。後付けですけど、いろんな曲があって、いろんな匂いがあるから。そこに「In your」を付けたのは彼(河内)です。
萌映:メンバー全員、独自の匂いがあるんですよ。ふだん付けてる香りとか、そういうところにこだわりがあるなと思うので。各々ルーツも違うし、そういう色を出せたアルバムだと思うので、「fragrance」という言葉を聞いた時に、すぐにいいなと思いました。
EMTG:そして2月から大阪、名古屋、東京、熊本、福岡を回るツアーが。
萌映:アルバムの意図を、見て聴いて感じてもらいたいというのは大前提で、今までとは違った印象を与えられたらいいなと思います。曲のタイプも違うので、見え方も変わると思います。
EMTG:良い意味で、音源とライブはかなり違うバンドだから、ぜひ見てほしいなと思いますね。ライブはアクションも激しいし、エモ度倍増なので。
まこと:音源はめっちゃきれいにして、ライブは躍動感を出していったほうが、ギャップが生まれていいと思うので、そこを狙ってできるようにしたいです。
河内:ライブの時だけ、体のバランス感覚が悪くなって、1曲目から背中が攣ったりするんですよ。時々変な動きになるのは、攣ってるからです(笑)。
まこと:次のツアーの時までには、攣り癖を直したいと思います(笑)。

【取材・文:宮本英夫】





クレナズム『夜に溺れて』Music Video


クレナズム『花弁』Music Video

tag一覧 J-POP ミニアルバム インタビュー 女性ボーカル クレナズム

リリース情報

In your frgrance

In your frgrance

2019年12月18日

MMM RECORDS

01.花弁(はなびら)
02.夜に溺れて
03.鯨の鳴き声
04.いつかの今頃
05.月のようで
06.ヘルシンキの夢

お知らせ

■配信リンク

『In your frgrance』
https://linkco.re/TC6P6yNh

先行配信「夜に溺れて」
https://linkco.re/TmnvVHt0



■コメント動画




■ライブ情報

「In your fragrance」レコ発ツアー
2020/02/06(木) 大阪・Pangea
2020/02/07(金) 名古屋・CLUB ROCK’N’ROLL
2020/02/12(水) 東京・下北沢SHELTER
2020/02/18(火) 小倉・Kokura FUSE
2020/02/20(木) 熊本・Django
2020/03/06(金) 福岡・Early Believers

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る