「毎日発信してないと不安」――眉村ちあき、「メジャー感」のある2ndアルバム『劇団オギャリズム』

眉村ちあき | 2020.01.08

 昨年5月にメジャーデビュー。ものすごい本数のライブをコンスタントに重ねていて、様々なテレビ番組の出演によっても、幅広い層からの注目を集めるようになっている眉村ちあき。メジャー2ndアルバム『劇団オギャリズム』は、彼女のことが気になり始めている人の心を、間違いなく掴むことができる作品だ。本人の言葉を借りるならば「メジャー感」のある正統派ポップチューンが満載で、十八番のシュールな作風も自由奔放に発揮されている今作は、どのようにして生まれたのか? 大いに語ってもらった。

眉村ちあき:お化け見たことありますか?
EMTG:まだないです。
眉村:私、1回あります。寝てたら金縛りになって、右側から女の人が歩いてくるのを見たんです。それで、「やんのか、こらっ!」って言ったら、帰りました。
EMTG:某ライブハウスの「お化けが出る」という噂について僕が話したところからインタビューが始まってしまいましたが……本論に入りましょう。
眉村:はい。
EMTG:アルバムが完成しましたね。
眉村:はい。あっ、アルバムの話?
EMTG:お化け雑誌の取材ではありません。
眉村:「なんの話するんだろう?」って思ってた(笑)。
EMTG:(笑)。ライブで既にやっている曲がたくさんありますね。というか、新曲ができたら、どんどん披露していたじゃないですか。
眉村:そうなんです。昨日のライブでも、このアルバムに入ってない新曲をやりましたからね。
EMTG:今年の夏前辺りだったと思うんですけど、曲作りで悩んでいたことがありましたよね?
眉村:あったかも。3日くらい悩んで、ツイキャスしたんです。「なんで曲って1番とか2番とかあるんだろう? なんでAメロとかBメロとか展開しないといけないの」って言って、オタクにあたってました。
EMTG:マユムラー(ファンの呼称)は、なんて言ってました?
眉村:「1番とか2番があって、AメロとかBメロがあるほうが売れやすいからだよ」みたいなことを言うから、「うるさいっ!」って言って、せっかくもらった冷静なコメントを全部蹴散らして寝ました。マユムラーって、親みたいな感じ。だから、あたっちゃうし、でも、大好きだし。
EMTG:今回、収録されている「チャーリー」は、レコーディングの直前に突然歌詞を書き替えたそうですが、これも曲作りの悩みが理由だったんですか?
眉村:これは違います。「チャーリー」は、ある合唱曲のコンペに出したんです。落ちちゃったから、入れたくなかったんですよ。自信もなくなってたし、「入れるのやめたい!」って言ったら、スタッフさんが「いい曲だから入れなよ」って。でも、自分が納得してないのに入れるのはモヤモヤするじゃないですか。だからレコーディング前日に歌詞を書き直しました。これ、マユムラーの子供に向けて歌ってる曲です。マーメイドちゃん(※彼女はNHK Eテレ『ビットワールド』で、「マーメイドちゃんは海の底」というコーナーを担当している)をやり始めてから、ライブに子供がいっぱい来るようになって、嬉しいんですよ。
EMTG:ということは、「チャーリー」の《いつでも 輝け》という歌詞の一節は、マユムラーのハゲ頭のことではないんですね?
眉村:違います(笑)。子供に歌ってます。
EMTG:「私についてこいよ」とかもそうですけど、ライブの現場に来てくれる人たちへの気持ちが反映されている曲がたくさん生まれていますよね?
眉村:そうかもしれない。どんどんオタクへの気持ちが強くなってますからね。
EMTG:マユムラーって、素晴らしいですよね。先日の渋谷WWWのライブの時も、即興で《へーい! 仕分けよう のりたま仕分けよう》って歌ったら、お馴染みの曲であるかのような大合唱が起こっていたじゃないですか。
眉村:ねっ? 対応力がすごいんです。みんなのことが本当に好き過ぎて、ライブがないとつらいです。ライブがないと生きてる心地がしないんです。私は毎日発信してないと不安になっちゃうというか、毎日何かをしたいんですよね。定年を迎えたら即死かもしれない(笑)。
EMTG:(笑)。今回のアルバム、ライブで楽しい空間を作れる曲がたくさん生まれているというのも、指摘できることだと思います。「スクワットブンブン」なんて、既に大活躍していますし、ちびっこのマユムラーも喜ぶんじゃないですかね?
眉村:「スクワットブンブン」、小っちゃい子も好きそう。あと、「壁みてる」とか。
EMTG:「DEKI☆NAI」や「ぬ」も、理屈を超越して本能に訴えかけてくるところがある恐るべき曲ですよ。
眉村:「ぬ」は、音と歌詞を超越したくて作りました。今回、曲を伝える相手の幅が広がったと思うんです。今までは目の前にいるお客さんに作ってたけど、今はそれに加えて、ライブ会場に来てない人にも届けたいという気持ちも大きいんですよね。あと、メジャー感も出していこうと思って。
EMTG:「顔面ファラウェイ」は、すごくメジャー感がありますよね。
眉村:はい。MVの600万再生を目指してます。まだ、1.5万くらいですけど(笑)。
EMTG:「タイムスリッパー」も、恋心を歌った曲として実に美しいです。
眉村:「タイムスリッパー」は、大お気に入りです。昭和な感じをイメージしたんですよ。ドラマのタイアップとかつかないかなあ。
EMTG:こういう曲を作れるようになっているからこそ、遊び心を爆発させる時は、思いっきりそっちの方向へ振り切れるということですかね?
眉村:はい。意味不明な曲も作りますからね。今、「無限にネタがある」って感じてるんですよ。「できない!」って時はネタが尽きてる気になるけど、調子いい時は、「無限ですー!」ってなるんですよね。今回のアルバムに向けて「できない!」ってなってた時は、庭を綺麗にして育てるスマホゲームにハマっちゃって、曲どころじゃなかったんです(笑)。
EMTG:(笑)。「緑のハイヒール」も、6月の新木場STUDIO COASTでのワンマンで初めて聴いた時、「正統派に美しいポップスだ!」って思いました。
眉村:この歌詞、伏線回収ができてるんですよ。最初に言ってることと、最後に言ってることが変化して、成長が表せてますから。
EMTG:《緑のハイヒール 履く理由は 目にいいから 涙を隠そうと下を向くたび 目が良くなるでしょう》が、最後は《緑のハイヒール もう履かなくて いいや》ですからね。
眉村:はい。計算された歌詞! 頭を使いました。ストーリー性のある歌詞を書くと、意味不明な歌詞を書けなくなるというか、書き方を忘れそうになる感じもあるんですけどね。忘れたくないから、上手くやっていきたいです。
EMTG:僕、眉村さんの意味不明系の曲も、すごくメジャー感があると、前から思っていますけどね。例えば「メソ・ポタ・ミア」や「荻窪選手権」とかも、超キャッチーじゃないですか?
眉村:ね? でも、あまりわけのわからないことを言い過ぎると、引かれちゃうんじゃないですか?
EMTG:でも、「わけわからないけど、なんかわかるし、かっこいい!」ってなれるのが、眉村さんの音楽の魅力のひとつですよ。「壁みてる」も、《土井!》が何者なのかとか、意味を問うタイプの曲じゃないですけど、《土井!》っていう音が、やたらと気持ちいいから、それだけで大正解という感じです。
眉村:これ、絶対に《土井!》を入れようと思って作り始めましたからね。
EMTG:「おばあちゃんがサイドスロー」も、音としてとにかくかっこいいです。
眉村:この曲、マイケル・ジャクソンをイメージしました。「マイケル・ジャクソンみたいにしよう」って思ってやったわけじゃなくて、作ってる内に「マイケル・ジャクソンっぽいなあ。クールな感じに寄せようかなあ」って思ったんですけど。この曲、みんなは「おばあちゃんがサイドスローで投げてる」って思ってるんですけど、違うんです。おばあちゃんがサイドスローなんです。
EMTG:つまり、おばあちゃん自体がサイドスローで投げられているボール?
眉村:はい。される側です。
EMTG:知らなかった(笑)。眉村さんから出てくるフレーズは、音の面でも実にユニークなんですよね。「顔面ファラウェイ」のピアノも、クセが強いけど、なんかワクワクします。
眉村:間奏のピアノ、ジャズをイメージしたんだけど、誰もジャズだってわかってくれない(笑)。理論を勉強してないから、感覚で作ってるんです。
EMTG:エレキギターも、いきなり買って使い始めましたよね?
眉村:はい。ライブでエフェクターを踏んで、「おおーっ!」ってなってました。
EMTG:使い方をよく知らないままステージで弾いて、音が出ただけで「おおーっ!」ってなっていたのを、夏前辺りのライブで何度か観ました。
眉村:「アコギ女子」って言われるから、エレキを使い始めたんです。「私、弾き語りトラックメイカーアイドルだし」って思って。ライブを観たことがない人は、『ゴッドタン』とかでのアコギを弾いてる姿しか知らなくて、しっとり弾きながら歌ってるのを思い浮かべると思うんです。私はアコギ1本でバラードを弾き語ってるのも、とっても好きなんですけど、そのイメージで固められちゃうのは抵抗があるんですよね。
EMTG:即興ソングのイメージが強い人もいると思うんですけど、それも眉村さんの本質というわけじゃないですしね。
眉村:はい。即興ソングが得意だと思ったことはないですから。
EMTG:眉村さんは歌が猛烈に上手いから、即興が名曲になっちゃう部分もあるんだと思いますよ。この前の『SONGS』で歌った尾崎豊さんの「僕が僕であるために」も、ものすごい表現力だったじゃないですか。
眉村:嬉しい! ちゃんとした服を着て、ちゃんとした靴を履いて、まるで別人のようでしたね(笑)。
EMTG:(笑)。眉村さんの歌がすごいっていうのは、みんな、素直に聴けばわかるはずなんですよ。「あたかもガガ」なんて、本当にグッときますから。
眉村:ありがとうございます。この曲は、やっとフラれた男の家の前を堂々と歩けるようになった女の子の話だけど、最後にガラスの割れる音が入ってて、ダークなサウンドを作ってるんです。「ほんとに吹っ切れたのか?」って、音で謎を残しつつ終わるっていう、「プロかな?」っていう技を使ってます。歌詞じゃなくて、音でそういうことが表現できて、満足してます。
EMTG:プロの技を感じるものは、たしかに増えているのかもしれないですね。「夏のラーメンワルツ」も、情景描写が実に美しいですし。
眉村:「幸せ」とかいう言葉は使わないで、情景だけを説明して、幸せな感じを醸し出しました。「スローバラード」っていう曲があるじゃないですか。
EMTG:RCサクセションの?
眉村:はい。あの曲も車の中で同じ毛布にくるまったり、手を繋いだりしてるだけの説明なのに、すごくエモーショナルな気持ちになるんですよね。情景が思い浮かんで、自分がそこにいるみたいな感じになったから、「そういう曲を作ってみたい」って思ったんです。
EMTG:ソングライティングの技法の面でも、どんどん進化しているんですね。
眉村:ありがとうございます。自分では成長してるとは全然思わないですけど。
EMTG:飼っていたワンちゃんについて歌った「スーパードッグ・レオン」も、明るい曲調だからこそ胸に沁みるというのが、プロの技を感じるところですよ。
眉村:明るく歌う方が逆に泣けるかなって思ったんです。
EMTG:レオンって、興奮するとおしっこを漏らしたんですね?
眉村:はい。「私と同じじゃん」って思ってました。私、この前も2マンライブのリハーサルでおしっこを漏らして、リハーサルを中断してトイレに行ったんですよ。ジャンプしたりすると出ることがありますからね。年なのかな? 「おむつ買おうか?」って言われることがあります。
EMTG:そんな眉村さんとして、今回のアルバムはどんな作品だと改めて感じています?
眉村:なんだろう? とにかく、幅が広がった1枚だと思います。
EMTG:いいアルバムもできたし、今後、ワンマンライブの本数も増えていくんですかね?
眉村:はい。どんどんやりますよ。1万人規模に行きたいですから。早くその規模に行かないと、利益的にまずいらしいです。「早く万単位に行かないと解散しちゃうよ」って。
EMTG:ソロアーティストの眉村ちあきが解散って、どういう状態を指すんでしょう?
眉村:わからないです(笑)。でも、早くトイズファクトリーのトップ利益者になりたいです。確実に前に進めてるのはわかってるけど、待ってらんないんですよ。

【取材・文:田中 大】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー 女性ボーカル 眉村ちあき

リリース情報

劇団オギャリズム

劇団オギャリズム

2020年01月08日

TOY’S FACTORY

01.DEKI☆NAI
02.壁みてる
03.夏のラーメンワルツ
04.おばあちゃんがサイドスロー
05.タイムスリッパー
06.あたかもガガ
07.緑のハイヒール
08.チャーリー
09.スクワットブンブン
10.私についてこいよ
11.スーパードッグ・レオン
12.顔面ファラウェイ
13.ぬ
Bonus Track:
アハハハハ
チャーリー(レコーディング前日までこれになる予定だったVersion)

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

CHIAKI MAYUMURA 2nd Tour 劇団オギャリズム
02/07(金)宮城・仙台 spaceZero
02/09(日)北海道・札幌COLONY
02/11(火)新潟・GOLDEN PIGS Yellow Stage
02/22(土)静岡・磐田FMステージ
02/23(日)愛知・名古屋SPADEBOX
02/24(月)大阪・BananaHall
03/06(金)福岡・DRUM Be-1
03/08(日)広島・SECOND CRUTCH
03/22(日)栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
and more
「#ちのてきこえん! 第704回 渋谷編」
01/13(月) 東京・TSUTAYA O-EAST

「クソイベ」(ゴールデンボンバー鬼龍院翔 企画ライブ)
01/15(水)TSUTAYA O-WEST
02/04(火)大阪BIG CAT

試練の虎 2019~タイトラ5DAYS突然監禁ライブ(突然少年イベント)
01/27(月)神戸 太陽と虎

エレキ大浴場43
01/31(金)京都MOJO

BAYCAMP 20202
02/01(土) 川崎CLUB CITTA’+A’TTIC

眉村ちあきの劇団オギャリズムツアーではないけど滋賀に行く日
03/28(土)やまなみ工房ライヴハウスBan Boo Bon

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る