「LONGMANにしかない良さ」とは? バンドだからこそ生み出せたメジャー1stフルアルバム『Just A Boy』

LONGMAN | 2020.02.05

 男女混成3ピースバンド、LONGMANがメジャー1stフルアルバム『Just A Boy』を完成させた。メロディックパンクとして極上なことは言わずもがな、シンプルなのに引っかかる曲、大胆でありながらナチュラルに聴こえる曲、ライブハウスも日常も似合う曲……と、さりげなく高いハードルを越えた曲ばかりが収録されており、世の中に響き渡っていく可能性も秘めた傑作だ。きっと聴いた人、みんなを“Boy“や”Girl“としてきらめかせてくれると思う。この3人だからこそ生み出せた“バンドならではの会心の一枚“について、全員に訊いた。

EMTG:ひらいさんは今作のライナーノーツに「LONGMANにしかない良さは理解しているつもり」と書かれていますが、どんなところが「LONGMANにしかない良さ」だと思いますか?
ひらい(Gt/Vo):アーティストって、年を重ねるとおとなしく、渋くなっていくイメージがあるんですけど、僕らは根っこに“音楽は楽しいもの”っていうのがずっとあると思うんです。そこですかね。
EMTG:まさに『Just A Boy』というアルバムタイトルとも繋がりますね。
ひらい:そうですね。メジャーデビューのタイミングですし、初心を忘れずにっていう意味を込めて名付けました。音楽をやっている以上はずっと青春だと思っているので。
EMTG:じゃあ、さわさんが思う「LONGMANにしかない良さ」とは?
さわ(Ba/Vo):ちょっとした元気や勇気を日常でもらえるところですかね。
EMTG:「ちょっとした」というさりげなさに納得です。ほりほりさんは?
ほりほり(Dr):なんだかんだ、ひらいさんの作るメロディが唯一無二の武器だと思います。このアルバムに関しても、時間をかけて作って、選りすぐった曲を選べましたね。
EMTG:ひらいさんも、「曲が武器のバンド」という自覚はありますか?
ひらい:そうですね。Ken(Yokoyama)さんの曲が好きなんですけど、メロコアの曲って、雰囲気が似ているものが多いのに、Kenさんの曲はなんで良く感じるんだろう?って思うと、メロディなんですよね。そこを追求したいとは思っています。
EMTG:今作を聴いて、曲の良さだけではなく、幅広い曲調と、その全てをLONGMANらしく鳴らせるところも武器だと思ったんです。そこに関しては、いかがですか?
ほりほり:わりと(ひらいが)やりたいことをやっていると思う。今回の「One Day」とかも、ひらいさんが「レゲエをしたい」ということではじまったので。
ひらい:当時、ジェイソン・ムラーズを聴いていたんです(笑)。それで言うと、作っていくうちにLONGMANらしくなっていくのかもしれないですね。
ほりほり:うん。みんなで編曲していくうちに、LONGMANらしくなっていく気がします。
EMTG:レゲエって、最初は戸惑われたんじゃないんですか?
ほりほり:そう、どうしたらいいのかってなりました。
さわ:私も、レゲエを全く聴いていなかったので、ベースラインも思い浮かばなかったんです。ひらいさんにいろんなレゲエの曲を聴かせてもらって、それをLONGMANに変換できるように頑張りましたね。
ひらい:僕がギターと歌だけで(原曲を)持っていった時、ほりほりは何も浮かばなくて絶望していた(笑)。だからボブ・マーリーを聴かせたら「これは天才的なパーカッショニストじゃないと無理だ」って、ますます落ち込んじゃって。
EMTG:ボブ・マーリーって、最初から究極のところを!
ほりほり:レゲエって、僕の育ってきた音楽の世界とは、別のところで育ってきた人が作っている音楽ですよね。そこを急に僕が表現してもダメだと思ったので、自分の持っているものでどう表現するかを考えました。
EMTG:こういう無茶ぶりは、よくあるんですか?
ほりほり:今でこそ僕も引き出しが増えましたけど、ひらいさんの頭の中のイメージを掴めない時は苦労しましたね。
さわ:「もっとグワっときてほしい」とか言われるし(笑)。
ほりほり:今回のアルバムは、そんな苦労しなかったんですけどね。
ひらい:ほりほりも、僕の頭の中を理解してくれるようになってきて。
EMTG:バンドの意思統一が年月をかけてできるようになったからこそ、幅広い曲調にトライできたし、それをLONGMANらしく鳴らせるようになったという。
ほりほり:それはあります。
EMTG:それって、ひらいさんがいい曲を書くだけではできないことですよね。
ひらい:そうですね。
EMTG:バンドならではの良さが表れていると思います。「One Day」の歌詞に関しては、いかがですか?
ひらい:レゲエへのリスペクトを込めて、南米をイメージして書きました。
ほりほり:北欧やと思ってた!(笑)。
ひらい:ああ、サビは北欧やね(笑)。でも、南米の風景を想像すると、レゲエのリズムが生まれるのがわかるなあって。
EMTG:そこまで心を飛ばしていたんですね。やるならそこまでやる、っていうところがひらいさんらしいです。世界を思い描いたからかもしれませんが、今作のいくつかの曲に出てくる《繋がれた》というキーワードが、この曲では特に際立って聴こえます。
ひらい:音楽をやっている時だけじゃなく、生きている中で思っていることなんですけれど。歴史を勉強するのも好きで、“繋がれて今がある”って大事だと思っていて。例えば、日本は戦後に焼け野原になったのに、今はこうなったのはすごいなって。それは僕らのおじいちゃんやお父さん世代が頑張ったからで。だから、今の僕らも頑張って未来へ繋いでいかないといけないなって……バンドをしている僕が言うのもなんですけど、そういうことは大事だと思っているんです。
EMTG:こういったことは、ずっと思っていたんですか?
ひらい:漠然とは思っていたんですけど、LONGMANで形にして出したのは今回が初めてですね。こういうことを発信するのはどうなんだろう? まだ早いかな?とは思っていたんですけど、もうそろそろ言っていいかな、なんならテーマにしていきたいなって、今回はガッツリ出しました。
EMTG:ほかにも良い曲ばかりなので、いくつかピックアップして訊いていきたいと思います。まず「Memory」は、ギュッと詰め込まれた歌詞が印象的ですが、きれいに整頓するより思いを吐き出すことを優先したからでしょうか?
ひらい:そうですね。メロディ先行でできたんですけど、早口にすることで、この歌詞を前に出せたのかなって。焦りがある時に書いた曲でしたしね(笑)。
さわ:私、早口言葉がすごく苦手なので、レコーディングも大変でした。最初は、言葉をはっきり言わないとっていう意識が大きすぎて。日本語やし、聴いて意味がわからないといけないと思ったので……大変でした!
EMTG:きちっとメッセージが伝わってくる歌になっていると思います。そして「Replay」ですが、敢えてシンプルでスタンダードなスタイルを選んだかのような曲ですよね。
ひらい:そうですね。オアシスも好きなんですけど、ああいう、シンプルなのにめっちゃいい曲を作ってみたいと思っていて。
EMTG:でも、逆に難しくなかったですか?
ひらい:そうなんですよ。どうしてもありきたりになっちゃって。それでずっと作れなかったんです。だから、Aメロはほりほりが考えたんですよ。10年くらい前からコード進行だけあったんですけど、メロディが浮かばなくて、「歌ってみてや」って言ってみたら、出てきたものが良くって。
ほりほり:適当だったんですけどね(笑)。
ひらい:ああ、ラップか!って。
ほりほり:僕としては、急にコード弾かれて、ラップをのせるしかなかったんですけど(笑)、たまたま良かったっていう。
ひらい:そこからBメロもサビもつけることができたんです。
EMTG:特殊な成り立ちなんですね。
ひらい:初めてですね。今までは100%、僕が作ってきたので。
ほりほり:ビギナーズラックです。
ひらい:まさかの『ゆるキャン△』の主題歌にまでなりました(笑)。
EMTG:これも、バンドだからこそ生み出せた曲ですね。そして「She Is Coming」は、ライナーノーツに「晴れた日の朝に作りました」とありますが、こういうふうに状況に作用されて生まれた曲って、他にもあるんですか?
ひらい:いや、これと「One Day」くらいです。そういう曲の書き方は、あまりしていなかったんですけど、その時ウィーザーの『ホワイト・アルバム』を聴いていて、その中に「(ガール・ウィ・ゴット・ア)グッド・シング」っていうシャッフルビートの曲があって、これめっちゃ朝に合うなって目覚ましにしていたんですけど、その流れで作ってみました。
さわ:ラフミックスの段階で、朝に高速を運転しながら聴いていたんですけど、これ出勤の時に聴いてくれたらいいのにな! そうしたら、その日を気持ちよく過ごしてもらえるかなって思いましたね。
EMTG:さわさんがさっき言っていたように、日常で聴けるLONGMANの魅力が、この曲は特に伝わってくるかもしれないですね。そして、ラストを飾る、タイトル曲にもなっている「Just A Boy」。やっぱりパンクロックが好きだ!っていう気持ちが沸き上がってくる曲ですが、ひらいさん自身もそういうモードで書いたんですか?
ひらい:そうですね。わりと、一番やりたいことかもしれないです。これを書いた時もKen(Yokoyama)さんを聴いていて、魂で弾くようなギターに惹かれて、そういうイメージで書きました。
EMTG:Kenさんを聴いて、まずはひらいさんが「Just A Boy」な目線になれたというか。
ひらい:そうですね。初心……でも、それだけだと在り来たりになってしまったと思うんですけど、イントロをつけられたのは成長かもしれないです。
EMTG:ミドルなところですよね。ここがあることで、青春を振り返る世代にも響くんだと思います。この曲を筆頭に、LONGMANの曲は本当にキラキラしていると思うんですが、そこについて、みなさんはどう思いますか?
ほりほり:夢追い人じゃないですか、僕らって。僕らが楽しくやることで、お客さんも楽しくなれるのかなって。だから、ずっとキラキラしていたい思いはありますね。
さわ:私は……私自身キラキラした存在になりたいって、ずっと思いながらLONGMANをやっている感じです。
EMTG:曲を聴いても、お話を訊いても、大きな可能性を持っているバンドだと思うんですが、3人とも本当に自然体ですよね。だから好きなんですけど(笑)。
ひらい:そうですね。背伸びはできないタイプなんで(笑)。

【取材・文:高橋美穂】

tag一覧 J-POP アルバム インタビュー LONGMAN

リリース情報

Just A Boy

Just A Boy

2020年02月05日

SMAR

01.Opening
02.Nothing On My Back
03.Mind Of Past
04.Memory
05.Replay
06.Take Your Time
07.Wish on
08.She Is Coming
09.No End
10.One Day
11.Just A Boy

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

LONGMAN TOUR2020
"Just A Boys&Girl "

2/8(土) 岩手県 盛岡the five morioka w/ POT
2/9(日) 宮城県 仙台darwin w/ POT
2/11(火祝) 北海道 札幌BESSIE HALL w/ GIRLFRIEND
2/15(土) 香川県 高松DIME w/ ジャパハリネット
2/16(日) 大阪府 BIGCAT w/ BUZZ THE BEARS
2/23(日) 福岡県 DRUM Be-1 w/ MOSHIMO
2/24(月休) 長崎県 Be-7 w/ MOSHIMO
2/29(土) 新潟県 GOLDEN PIGS RED w/ she9
3/1(日) 石川県 金沢AZ w/ PAN
3/7(土) 徳島県 徳島club GRINDHOUSE w/ Hump Back
3/8(日) 高知県 高知X-pt. w/ Hump Back
3/28(土) 山口県 周南 LIVE rise w/ SABOTEN
3/29(日) 広島県 セカンドクラッチ w/ ENTH
4/2(木) 神奈川県 F.A.D YOKOHAMA w/四星球
4/3(金) 群馬県 高崎club FLEEZ w/ヤバイTシャツ屋さん
4/5(日) 東京都 恵比寿LIQUIDROOM w/ KUZIRA
4/18(土) 愛知県 名古屋CLUB QUATTRO w/ 打首獄門同好会
4/25(土) 愛媛県 松山市総合コミュニティセンター w/ BLUE ENCOUNT
HAPPY JACK 2020 ~Show Must Go On~
3/14(土) 熊本B.9 V1・V2 、 Django 、 ぺいあのPLUS’

TENJIN ONTAQ 2020
3/15(日) 福岡天神地区8会場

SANUKI ROCK COLOSSEUM 2020 -MONSTER baSH × I♡RADIO 786
3/21(土) festhalle/オリーブホール/DIME/MONSTER/SUMUS café 瓦町駅地下広場/FM香川786ステージ

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る