前へ

次へ

moumoon、ファンタジックに魅せたツアー・ファイナル

moumoon | 2011.07.04

ファンタジックなステージ・セットが、いかにもmoumoonらしい。舞台を覆っていた幕が上がると、いくつものカラーボールが光り、その真ん中にボーカルのYUKAがスラリと立っている。その左にギターの柾昊佑。他にバンドはギター、ベース、ドラムス、キーボードで、総勢6名が音を送り出す。オープニングは、最新アルバムのタイトル・トラック「15 Doors」だ。

「ようこそ!みんな、イキましょう!」とYUKA。延期されていたこの中野サンプラザでのライブを、オーディエンスもmoumoonの二人も本当に心待ちにしていたのだ。客席に目をやると、男性客と男女カップルが目立つ。さて、今日はどれだけ盛り上がるのだろう。

出だしはゆるやかだったものの、3曲目の「One Step」あたりからYUKAの声が出てくると、会場の熱がぐっと上がる。

「この曲で私たちを知ってくれた人がいっぱいいます。歌ってください」とYUKAが言って始まったスマッシュ・ヒット「Sunshine Girl」で、会場はすっかりリラックスしたのだった。

柾のアコースティック・ギター1本でYUKAが歌う「青い月とアンビバレンスな愛」では、場内がしーんと聴き入る。一方で、強いビートの「フィリア」では会場の底の方に静かな熱気が渦巻く。終わって大きな拍手が起こったのは、みんなが「青い月とアンビバレンスな愛」とは違う意味で聴き入っていた証拠だ。

後半は80’sポップのテイストをベイスにしたリズムと、柾の弾くフェンダー・ギターのエッジーでカラフルな音色、そしてYUKAの個性的なボイスが核をなすmoumoonサウンドが、サンプラザに広がっていく。楽曲の個性が伝わってきて、改めてmoumoonがシーンの中で独特のポジションを占めている理由が分かった。

アンコールでYUKAがニューシングル「Chu Chu」がリリースされることを告げると、会場から喜びの声が上がる。「これからもいいニュースを届けられるようにやっていきます。応援してください」。

続いて柾が挨拶する。「今日を楽しみにしていて、始まってみたらアッという間に過ぎて、最初からもう一回やりたいくらい」。

そんな思いを込めて演奏した最終曲「We Go」は、力強くオーディエンスをリードしていた。エンディングでYUKAの歌のリフレインが残る中、バックメンバーがひとりずつステージを去っていく。 最後にYUKAと柾の二人が感謝を込めて深く頭を下げ、ライブは終わった。

【 取材・文:平山雄一 】

tag一覧 ツアー アルバム 女性ボーカル moumoon

関連記事

リリース情報

15 Doors

15 Doors

2011年03月02日

avex trax

ディスク:1
1. We Go (intro)
2. 15 Doors
3. One Step
4. Sunshine Girl
5. moonlight
6. Blue Rain
7. 青い月とアンビバレンスな愛
8. ハレルヤ
9. YAY
10. EVERGREEN
11. Destiny
12. 天国に一番遠い場所
13. On the right
14. HAPPY UNBIRTHDAY
15. Farewell (outro)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

トップに戻る