flumpool義援金寄付、実施されるツアーにおける収益の一部も寄付

flumpool | 2011.03.22

flumpoolが東北・三陸沖を震源とする巨大地震及び津波による被災地の方々に対して、メンバー一同の意志により、被災地の一日も早い復旧復興を祈り、また被災者の方々の役に立てればと願い、義援金1000万円を寄付、そして全国ツアーを行い、ツアーの収益の一部も寄付し、さらに義援金を募集することを発表した。

震災発生直後から、被災地の方々の為に自分達が出来る事は何なのかを何度も検討を重ねた結果、予定通り全国ツアーを行い、被災された方々はもちろん、ひとりでも多くの方へ「勇気」と「希望」を届けたいという想いに至ったもの。

ただし今回の震災による被害、地震に伴う計画停電の影響を考慮し、4月2日(土)・3日(日)に予定していたよこすか芸術劇場公演の開催は見送り、6月に神奈川県民ホールでの振替公演を開催することとなり、全国ツアー『flumpool 4th tour 2011“Fantasia of Life Stripe ?僕達はここにいる?”』は4月9日(土)、10日(日)の福岡サンパレスホテル&ホールよりスタートする。尚、仙台公演に関しては依然会場の状況の把握が出来ない為、振替・中止に関しては、引き続き検討中とし、方針が固まり次第改めて案内されるそうだ。開催に至るまでのリハーサルに関しても、関東を離れ関西エリアにて実施し、リハーサルはもとより開催期間中継続して出来る限りの節電を行うとのことだ。

また被災地の一日も早い復興がかなうよう、すぐに出来る事として、この全国ツアーに先駆けてflumpoolメンバー一同と所属レーベルであるA-Sketchから1,000万円の義援金を「アミューズ募金」を通して、日本赤十字社に送られ、被災者救済のための救護活動及び復興支援活動等資金として使われる。

さらに、この全国ツアーにおけるコンサート収益、及びコンサートグッズ売上の一部も被災地への義援金とすることを表明。各会場には義援金箱などを設置し、ライブに来場するファンへの義援金の呼び掛け、また来場出来ない人も、被災者救済の為に募る「アミューズ募金」でも義援金の受付を行っていく。被災された方々、全国の皆様へ「勇気」と「希望」が届けられるよう、今後も自分たちなりの支援策を考えていきたいとのことだ。

メンバーコメント

このたびの震災により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 被災地では今、住む場所もなく、停電や断水も続き、食料不足や医療品不足、さらには救援物資がなかなか届かない避難所があったり… また関東でも計画停電、燃料不足等によりたくさんの方々が不安な生活を余儀なくされています。 そのような状況の中、4月2日より開催を予定していました全国ツアーに関して、実施するべきかどうかを含め、メンバー・スタッフで色々と意見を交わし、様々な観点から僕らがどんな行動をとるべきなのかを考えずっと協議してきました。

微力ながら僕たちflumpoolができることは何なのか。

flumpoolとして出来ること・・・

それは、みんなに勇気と希望を取り戻してもらうこと。 勇気と希望を持って前に進む気持ちを、後押しできるような音楽を、みんなの目の前に行って届けること。

その為にも予定通り全国ツアーを行う事にしました。

人それぞれにいろんな意見があると思うので、この決断に否定的な意見が多少なりともあると思いますが、僕たちはこのツアーを通して、全国にいる沢山の僕たちの仲間と出会い、被災地の方々に向けた気持ちと義援金を集めていこうと思います。

被災地のみんなが流した涙が、いつか笑顔と共に輝くその日まで。僕たちは音楽を通して応援し続けます。 flumpool 山村隆太、阪井一生、尼川元気、小倉誠司


tag一覧 男性ボーカル ツアー flumpool

トップに戻る