Smooth Ace、6年振りのアルバム『SING LIKE CHILDREN』リリース

Smooth Ace | 2014.10.20

 前作から実に6年振りのアルバム『SING LIKE CHILDREN』をリリースしたSmooth Ace。『Motion Blue YOKOHAMA』でのレコ発ライブは首を長くして待っていたファンで満杯となったため、12月12日(金)、代官山の晴れたら空に豆まいてで追加公演が催されることとなった。

 Smooth Aceは4人混成のコーラス・グループとして2000年にデビュー。高橋幸宏、細野晴臣、清水靖晃、小西康陽ら目利きのプロデューサーにも愛され、独自の世界を築いてきた。メンバー脱退を経て、2005年からは重住ひろこと岡村玄の二人のユニットに。レコーディングでは二人で声を重ねて徹底した作品づくりを目指し、ライブでは親交の深いゲスト・ボーカルを迎えて、生ならではの表現を遊ぶ、という活動スタイルになっている。

 熱すぎず、冷たすぎず、常に最適温度で心に染みてくるメロディは重住が、ほんの少しの毒をスパイスに愛を描く独特の歌詞は岡村が紡ぐ。ともにゴスペラーズを排出した早稲田Street Corner Symphony出身で同期。長い間、夢と現実とともに切磋琢磨して来たそのパートナーシップのあり方が、くっつきすぎないメロディと言葉、という面白味を生み、Smooth Aceの音楽をいびつなくらいにヒューマンで愛おしいものにしているのだろう。

 脳の快感ポイントにダイレクトに届く重住の迷いのない歌声と、緻密で粋な岡村のコーラス・アレンジとのブレンドも、味わうほどに個性的。さらに『SING LIKE CHILDREN』では、トラックのアレンジに、小西康陽作品で知られるリミキサー、アレンジャーの新井俊也、新井がSSW前園直樹と組む冗談伯爵、空気公団の窪田渡など、知る人ぞ知る音の料理人たちも編曲で参加している。

 晴れたら空に豆まいてでのライブでは、レコーディングにも参加した江草啓太のピアノをバックに、ツヤトモヒコ、レモン、Luz(Unlimited tone)といった個性派ボーカルと、とびきりのハーモニーを響かせる。冗談伯爵とのユニークなコラボも必見。

 耳に心地いいだけのコーラスとは一線を画するSmooth Ace。人恋しい季節を、ヒリリと温かく照らしてくれるはずだ。

【ライブ情報】
6thアルバム『SING LIKE CHILDREN』リリースライヴ
(うたとピアノset)in 代官山

12月12日(金)@晴れたら空に豆まいて

リリース情報

SING LIKE CHILDREN

このアルバムを購入

SING LIKE CHILDREN

発売日: 2014年10月08日

価格: ¥ 2,500(本体)+税

レーベル: SPACE SHOWER MUSIC

収録曲

1. すてきなミュージック
2. favorite song
3. ペシミストノラヴソング
4. Sing like children
5. 虹を見たくて
6. Discovery
7. ミュージック
8. すてきなリプリーズ
9. きみを知ってる

トップに戻る