宮本浩次、ソロプロジェクト始動!小林武史プロデュースによるデビュー曲「冬の花」が、木村佳乃主演カンテレ/フジテレビ系ドラマ「後妻業」(毎週火曜日21 時O.A.)主題歌に決定!!

宮本浩次 | 2019.01.21

宮本浩次はエレファントカシマシデビュー30 周年を経て、昨年後半は椎名林檎や東京スカパラダイスオーケストラとのコラボ 作品に参加。「ミュージックステーション」や「紅白歌合戦」に出演し、SNS でパフォーマンスが話題に。
そして1 月1 日からスタートしたソフトバンクのCM にも出演、お茶の間レベルで話題となった。

ソロ活動を意識していた2018 年、その流れと勢いをコラボ作品で歌手宮本浩次をスタートさせ、そしていよいよ宮本浩次名義 の作品の制作に入ったと同時期にドラマ「後妻業」の主題歌の依頼が飛び込んできた。ドラマ制作側とキャッチボールをやり取 りしながら、エレカシ宮本を意識せず解き放たれた、宮本浩次の「冬の花」が完成した。プロデューサーに迎えたのは、2002 年、エレファントカシマシのアルバム『ライフ』以来のタッグとなる小林武史。主題歌「冬の花」は、作詞・作曲は宮本浩次。

切なく響くメロディーに、繊細かつ重厚なサウンド。そして、ドラマの主人公を連想させるような女性目線の歌詞とエレファン トカシマシとは違った宮本浩次でしか成り立ち得ない魅力溢れる楽曲となっている。
なお、この「冬の花」はドラマ「後妻業」の初回放送1 月22 日(火)21 時~で、初めて聴く事ができる。
宮本浩次のソロデビュー楽曲がどんな楽曲になっているか要注目だ!

2019 年ソロプロジェクトとエレファントカシマシと両立させながら、精力的に活動していく宮本浩次から目が離せない。
また本日より宮本、散歩中。と題されたサイトがオープン。今後ソロの情報はこちらにアップされていくようなので要注目だ!
ドラマ「後妻業」は遺産相続目当てで資産家の老人を狙った結婚詐欺がストーリー。オトコをたぶらかす天才・武内小夜子 は、表向き結婚相談所を経営する柏木亨が陰で営む後妻業のエース。後妻としてその最期を“看取り”遺産を手に入れてきた。そ んな小夜子に狙われた資産家の娘・中瀬朋美は知人の私立探偵・本多芳則の力を借り、病床にふせる父の遺産を守るために立ち 上がる。4 人の壮絶なバトルの火蓋が切って落とされる連続ドラマ。


◆宮本浩次楽曲コメント
Q.「冬の花」はどんな気持ちで書き下ろしたのでしょうか?
ドラマにぴったり合うように木村佳乃さん扮する小夜子を思い浮かべました。
台本も全て揃っておりましたし。
またドラマのキーワードになる言葉をドラマのプロデューサーから打ち合わせの折、直接いただいておりました。
Q.歌詞とタイトルに込めた意味を教えてください。
タイトルは初め、漠然と(真冬の花)にしておりました。
それは、最後の最後に、晩節において、大きな美しい大輪の花を咲かせるイメージ、そういう思いです。
Q.初めてのソロ名義での作品となりますが、バンドとの違いで意識されたことはありますか?
日本には優れた「歌謡曲」というジャンルがあると思っております。
私もいつかそういう歌謡曲を作りたいと思っておりました。
そういう思いでこの作品には全力で取り組みました。
Q. 視聴者の方々へメッセージをお願いします。
「後妻業」というドラマを思って作った歌です。
ドラマと一緒に楽しんで頂けたらこんなに嬉しいことはありません。
ただ曲の作者は私(宮本)ですので、ドラマに合わせているとはいえ、
当然、私のストレートな思いも歌われていると思います。
また、久しぶりに小林武史さんと綿密にやり取りをして作りあげたサウンド、
近年の日本の音楽にはない独特のサウンドを楽しんで頂けたらと思います。


◆木村佳乃さん楽曲コメント
冬の花
宮本さんのこの楽曲は、小夜子の背負った性(さが)をこの上なく悲しく 美しく 表現して下さっております。
小夜子を演じる身として 背中を押して頂きました。

◆連ドラ『後妻業』企画プロデュース 栗原美和子 コメント
連ドラ『後妻業』は痛快サスペンスドラマですが、もう一つ大事な要素として“大人のラブストーリー”が在ります。
宮本さんには「そのラブストーリー部分を大いに盛り上げて欲しい」と依頼しました。
見事にそのリクエストに応えて下さった『冬の花』を頂戴しました。主人公の裏の顔、つまりは切なさを表現して下さって
います。主題歌=宮本さんの声が流れた瞬間、視聴者は一気に切ないモードに引き込まれていくこと、間違いありません。


【ドラマ情報】

「後妻業」 2019年1月22日(火)21時スタート ※初回15分拡大
毎週火曜21時~21時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
スタッフ
原作:『後妻業』黒川博行(文春文庫刊)
脚本: 関えり香
演出:光野道夫(共テレ)
都築淳一(共テレ)
木村弥寿彦(カンテレ)
音楽:眞鍋昭大
企画:安藤和久(カンテレ)
企画:プロデュース:栗原美和子(共テレ)
プロデュース:杉浦史明(カンテレ)
萩原崇(カンテレ)
水野綾子(共テレ)
制作:カンテレ 共テレ

イントロダクション
2019年1月22日スタートのカンテレ・フジテレビ系火曜21時連続ドラマが、木村佳乃主演の『後妻業』に決定した。このドラ マは、第151回 直木三十五賞を小説「破門」で受賞した黒川博行氏の小説「後妻業」を原作とし、初めて、連続テレビドラマ 版として放送する。過去には、大竹しのぶ主演で『後妻業の女』として映画化もされ、モントリオール世界映画祭でも上映され たこともある注目作だ。資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う、後妻業。今回、男をたぶらかすのが天才的な “後妻業”のエース・武内小夜子を木村佳乃が演じる。本作の舞台が大阪ということもあり、木村佳乃自身も関西弁の妖艶な悪女 を演じる。


ストーリー:
高橋が演じる柏木亨は、表の顔は結婚相談所「微祥」の経営者だが、実際は小夜子たちが行う「後妻業」の黒幕。金と女が大好 きで、何人かの後妻業をなりわいとする女を抱え、計画に関与する元締めを演じる。
木村多江が演じる中瀬朋美は、父親が小夜子に「後妻業」のターゲットとされた娘。縁遠くなっていた父親が、病院に運ばれ、 駆け付けたところで初めて小夜子が父親の後妻となっていることを知らされる。小夜子に父親の遺産を全て奪われることを阻止 するため動き始め、小夜子と壮絶な舌戦やビンタ合戦を繰り広げる!
伊原が演じる本多芳則は元大阪府警のマル暴刑事だったが、警察の情報をヤクザに流したことがばれ、退職し私立探偵をしてい る。大学のゼミの後輩である朋美から「後妻業」の調査依頼を受け、小夜子と柏木の秘密に迫り、2 人を追い詰めていく。
大阪を舞台にして、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの欲や思惑がうごめく、痛快サスペンス。その一方で、4 人の大人 の男女の恋模様が複雑に絡み合っていく大人のラブストーリーにも是非、注目だ。


■キャスト
武内小夜子 - 木村佳乃
柏木亨 - 高橋克典
中瀬朋美 - 木村多江
黒澤博司 - 葉山奨之
佐藤司郎 - 長谷川朝晴
三好繭美 - 篠田麻里子
橋口健太郎 - 平山祐介
山本絵美里 - 田中道子
新井欽司 - 河本準一
西木尚子 - 濱田マリ
瀬川頼子 - とよた真帆
中瀬耕造 - 泉谷しげる
本多芳則 - 伊原剛志

================================================
【作品情報】
2019 年2 月配信予定
デジタルシングルRelease
宮本浩次 「冬の花」
================================================


tag一覧 宮本浩次

トップに戻る