台湾の人気女優“10頭身女神”Teresaが日本でCDデビュー!

Teresa | 2019.07.25

今年2月に一青窈「ハナミズキ」のカバー楽曲を配信リリースした、台湾出身の“10頭身女神”として人気の女優Teresa。
10月23日(水)に日本で遂にデビューミニアルバムをリリースする。

主に台湾・中華圏で活躍するTeresaは、数々のCMやドラマ、ファッション雑誌に出演し、今秋には台湾での連続ドラマで主演が決定している。
日本でも、7月27日(土)・28日(日)に代々木公園で開催される「台湾フェスタ2019」のキービジュアルに抜擢された。

デビューミニアルバムには、今年2月に配信リリースされた「ハナミズキ」を含む計7曲が収録される予定。その内2曲は8月21日(水)と9月25日(水)に先行配信される。
R&B、ロック、ポップスなど、様々な曲調の楽曲が詰まったバラエティ豊かな1枚になるそうで、楽曲ごとに表情が変わるTeresaの歌声にも期待したい。
 
そして本日(7/25)、8月に先行配信予定で、安室奈美恵"HERO"など近年数多くの名曲を生んだサウンドプロデューサー・今井了介氏が手がけた「ホシゾラニ・キミヲオモフ」のショートバージョンMUSIC VIDEOが公開された。
日本語と中国語が織り交ぜられたこの楽曲は、中華圏、日本、そして世界での活躍を目指すTeresaの代表的な一曲となるだろう。
アートディレクターには、松任谷由美、Mr.Children、宇多田ヒカルなど数々の作品で著名な信藤三雄氏。
10月にはフルバージョンの公開が予定されているので、そちらも楽しみに待とう。

さらに7月27日(土)には、日本で初となるライブパフォーマンスを代々木公園で開催される「台湾フェスタ2019」で行うことが発表された。
「台湾フェスタ2019」ではキービジュアルとして原宿・代々木周辺に張り出されるポスターや、公式HPでのコメント動画などでも登場しているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

少女の面影とボーイッシュでミステリアスなアンバランスさが醸し出す独特な世界観に加え、音楽プロデューサー今井了介氏から“澄んだエンジェルボイス”と言わしめたその歌声で、聴く人を魅了するシンガーTeresaの今後の活躍に期待しよう!


【リリース】
Teresa
Debut mini ALBUM
『タイトル未定』
2019年10月23日(水)発売
価格:2,000円+TAX
COCP-40955

先行配信第1弾楽曲
「ホシゾラニ・キミヲオモフ」
8月21日楽曲配信開始
SHORT MUSIC VIDEO
【ライブ】
Teresa Live Stage@代々木台湾フェスタ2019
2019年7月27日(土)
会場:代々木公園野外音楽堂広場
出演予定時間:14:00-14:30
入場無料(飲食などは別途)
https://twfes.com/

【Teresa プロフィール】
台湾・新竹出身の歌手・女優。
華奢な体に、綺麗なシックスパックと抜群なスタイルを持つ事から「10頭身Teresa」と呼ばれ、中華圏SNS等で男女問わず莫大な人気を得て一躍話題となった。
台湾では「SHISEIDO」やオンラインゲーム「伝説対決」などのCMにも出演し、今年はドラマ主演にも挑戦。
また、日本でも2017年にRKB毎日放送「忘れてしまう前に想い出してほしい」で台湾人留学生役としてヒロインを演じた。
日本語・北京語・英語・台湾語・客家語と5言語を使いこなすマルチリンガルでもあり、音楽・芝居・ファッションモデルとアジアを中心に多彩な活躍をみせている。
そして2019年、一青窈「ハナミズキ」のカバー楽曲を配信でリリースし、日本で歌手活動をスタート。
少女の面影とちょっとボーイッシュでミステリアスなアンバランスさが醸し出す独特な世界観に加え、 音楽プロデューサー今井了介氏にして"澄んだエンジェルボイス”と言わしめたその歌声で聴く人を魅了するシンガーとして、日本でCDデビュー。


tag一覧 Teresa

トップに戻る