レビュー

ゲスの極み乙女。 | 2015.06.17

 よく「ありあまる富」「ありあまる元気」という場面で目にする「ありあまる」という言葉を、「ロマンス」という魅惑的な言葉にくっつける。しかも、「ありあまるロマンス」では、どこか昭和の匂いが漂うが、「ロマンスがありあまる」にすると、平成の響きになる。こんなタイトルをつける川谷絵音(Vo・G)独特の言語感覚が好きだ。それはゲスの極み乙女。というプログレッシヴでバンドを、誰もが親しみやすいものへ変えるマジックだと思う。

 そんなゲスの極み乙女。が6月17日にリリースする、今年2枚目のシングル「ロマンスがありあまる」は、快進撃を続けるゲス乙女の、まさに“ポテンシャルがありあまる”2015年を代表するにふさわしい楽曲となった。

 すでにライブでも披露されている表題曲「ロマンスがありあまる」は、イントロで刻む鍵盤を、ちゃんMARI(Key)と川谷がふたりで演奏している。この曲で川谷はギター、シンセ、カオスパットと、多くの楽器を担当。これまでにないチャレンジをした。その歌詞は、川谷絵音その人を表しているように聴こえる。ふたつのバンドを通して、ここ1年だけで50曲近くもリリースをした川谷のなかにある、過剰なロマンス。それを自ら揶揄するように、最後に《ロマンスがありあまるから/死に物狂いで生き急ぐんだ》で締めくくる。どこまでも確信犯的な川谷らしい1曲だ。

 2曲目「サイデンティティ」は、Sigh(溜め息をつく)とアイデンティティを組み合わせた造語。見失ったアイデンティティを探し求めるように、疾走感のあるロックサウンドが悲しい色合いを帯びて迫ってくる。また、3曲目には、生音でループするトラックに、毒っ気の強い早口のラップをのせたアグレッシヴなナンバー「Ink」を収録。裏打ちで刻むピアノのリズムと、ハードロックな絵音のギターソロ、さらに後半にはコーラスワークが加わり、これでもかとギミックを詰め込む、飽和状態のサウンドがゲス乙女らしい。

 これだけリリースが続きながら、シングル収録曲すべてが過去のどの曲にも似ていない。だから、ゲス乙女は“ポテンシャルがありあまる”なのだ。

 さらに、今回は表題曲「ロマンスがありあまる」とカップリング曲の「サイデンティティ」が話題の映画『ストレイヤーズ・クロニクル』の主題歌&挿入歌にも決定。この夏、ゲスの極み乙女。が、さらに音楽シーンを掻き回すことは間違いないだろう。

 なお、同日に川谷絵音の別バンドindigo la Endはニューシングル「悲しくなる前に」をリリースする。

【文:秦理絵】

tag一覧 シングル 男性ボーカル ゲスの極み乙女。

リリース情報

ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)[CD+GOODS]

このアルバムを購入

ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)[CD+GOODS]

発売日: 2015年06月17日

価格: ¥ 1,600(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

1. ロマンスがありあまる
2. サイデンティティ
3. Ink

※ゲスくんがありあまるトランプ付

トップに戻る