レビュー

indigo la End | 2015.06.17

 ボーカル川谷絵音がゲスの極み乙女。をはじめる前から続けているバンド、indigo la Endは、今年で結成から3年目。当初のサウンドはいまよりも静謐で、どこか薄い霧のかかったような表現が魅力的だった。それが変わってゆくのは、ゲス乙女。との両立と、メンバーの脱退・加入が大きいだろう。バンドが強靭なグルーヴを得て、サウンドに華やぎが増し、音像が豊かになった。しかし、変わらないのは、ソングライティングを手がける川谷が紡ぐ、切なさを掻き立てるメロディと、徹底して歌を大切にした音づくりだ。

 indigo la Endの3枚目のニューシングル「悲しくなる前に」を聴けば、そんな、川谷がずっと大切にしてきた表現のあり方が、幾多の変遷を経て、いま最高と言える場所に着地していることを、まざまざ感じることができる。本作は、ゲスの極み乙女。の3rdシングル「ロマンスがありあまる」との同時リリース。前回のワンマンツアーでサポートドラムを務めた佐藤栄太郎が正式メンバーに加わり、新体制となったインディゴの初音源となる。

 そんな佐藤を歓迎するように、表題曲「悲しくなる前に」は軽快なドラムを合図に幕を開ける。疾走感溢れるメロディにのせて、サビでは、タイトルの《悲しくなる前に》という言葉に、《あなたを忘れちゃわないと》という切ないフレーズが続く。“忘れること”は時間だけにしか解決できない厄介なことがら。だが、そこに抗うようにぐるぐると悶絶する様を丁寧に描く。川谷は、こういう表現が本当に巧い。そして次に訪れるのが「渇き」だ。マイナーなトーンに後鳥の存在感のあるベースが映える。「悲しくなる前に」の女目線から、「渇き」の男目線へ。まるで、ひとつの物語の裏表を見るような構成が面白い。

 喪失をテーマにした2曲のあとは、鼻歌を口ずさむような軽やかなコーラスが印象的な「夏夜のマジック」で、ガラリを雰囲気が変わる。大人っぽいムードで、夏の夕暮れにピッタリのミドルナンバー。遠くに聴こえる祭り囃子に背中を押されるように、少し大胆になる心、それを夏だけの特別な《マジック》と呼ぶ。湧き立つノスタルジーに胸がキュンとなる。個人的には3曲中いちばんぐっとくる1曲だった。

 7月から開催するワンマンツアーでは、この曲にちなんで“ナツヨのマジック”と名付けて(こう書くと人の名前みたいだ)全国をまわるindigo la End。
 そのファイナルはいよいよ渋谷公会堂で迎える。

【文:秦理絵】

tag一覧 シングル 男性ボーカル indigo la End

リリース情報

悲しくなる前に

このアルバムを購入

悲しくなる前に

発売日: 2015年06月17日

価格: ¥ 1,200(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

1. 悲しくなる前に 
2. 渇き 
3. 夏夜のマジック

トップに戻る