CHEMISTRYのニューアルバム『Trinity』完成。初回盤は2人のソロを含む3枚組!

CHEMISTRY | 2012.01.25

 昨年、デビュー10周年を迎えたCHEMISTRY。夏にアニバーサリーツアーを終えた後、CHEMISTRYとしての活動と並行し、ソロとしての活動を展開。秋には、川畑は東名阪でソロツアーを行い、堂珍は初の舞台に挑戦した。そして冬には、堂珍が東名阪でソロツアー、川畑は俳優に初挑戦。年明けから放送中の連ドラ「ハングリー!」に出演中である。
 また、ツアー以降に発売されたCHEMISTRYのシングル曲・2タイトルには、それぞれCHEMISTRYの曲の他に、川畑、堂珍のソロ曲が収録された。  川畑、堂珍、それぞれが自ら作り出した新たな流れ。この流れの中で、ニューアルバムが完成した。約2年ぶりのオリジナルアルバムとなる。タイトルは『Trinity』。三位一体という意味である。

EMTG:『Trinity』の初回盤は、CHEMISTRY、川畑 要ソロ、堂珍嘉邦ソロと、3枚組になりましたね。
堂珍:元々、デビューしてすぐに、川畑盤、堂珍盤みたいに、ソロを出しても面白いねって言ってたんですよね。いつかやりたいというのは、ずっとあったんですよ。
川畑:それぞれが持っているものがまったく違う、そういう2人がやっているのがCHEMISTRYで、そこが武器だとも思っていて。だから、そこをしっかり見せていきたいなって想いが、ずっとあった。それが、10年経って、それぞれがいろいろ曲をかけるようになり、曲も出来上がって、ようやくしっかり形になった……それが、今回のアルバムだと思うんです。これは結果論かもしれないけど、『Trinity』って、すごくわかりやすい作品になっているなと思っているんですよ。CHEMISTRYがいて、開いてみてみたら、個性の違う2人がいる。でもそういう2人が交わることで、CHEMISTRYになるんだっていうのを、すごく丁寧に説明しているアルバムだなと思っているんですよね。初回盤だけですけど、3枚組だってところも含めて、すごくわかりやすい。
EMTG:CHEMISTRYとして、シングル曲以外のセレクトはどのように?
堂珍:バラードはもう十分あるなと思ったから、盛り上がる曲が欲しいな、と。で、まずはタイトルにもなっている「Trinity」と「NONONO」が決まった。
EMTG:お互い、並行してソロ活動もある中、どのようにしてレコーディングが進んだんですか?
堂珍:ソロのレコーディングを先に進めておいて、それからCHEMISTRYの曲を……って感じでしたね。最後にレコーディングしたのが「Trinity」だったかな。
川畑:CHEMISTRYの曲に関しては、2人で出来るところで、一気にやるって感じでしたね。
EMTG:盛り上がる曲、テンポ感のある曲を入れようと思ったのは?
堂珍:2月からスタートするツアーを見据えてですね。2011年にリリースした2枚のシングルが、両方ともミディアム、バラードだったんですね。だからライヴで皆で楽しめる曲が欲しいなと思ったから。
EMTG:ノリのいい曲を歌入れする時に大事にしている事、イメージしている事はありますか?
川畑:僕は、やっぱ、ノリのいい曲は、本当にノリノリで歌いたいと思っていて、そこは大事にしてますね。「Dreamy Life」とかも、結構テンポ感はあるんで、ハッピーに、ノリを大切に歌おうと自分の中で決めて、歌ったし。「Trinity」は、アルバムタイトルだし、次のツアーも同じく「Trinity」ってタイトルだし、そこを見据えた気持ちをイメージして。この先へ……もっと未来へ羽ばたいていくようなイメージで歌いましたね。
EMTG:「Trinity」の歌入れでは、具体的にどんなシーンを描いていたか覚えてます?
川畑:……んー、思い出せるけど、なんか、言葉にできないっていう(笑)。俺、なんか、飛んでたなーっていう。オートチューン(歌声や楽器のトーンを完全な音高に機械で補正する事。それを行うソフト)が、かかってたっていうのもあるのかもしれないけど、なんか空間に浮かんでたなってイメージが残ってますね。
EMTG:歌声に、オートチューンをかける事に、抵抗はないんですか?
川畑:全然無いです。
堂珍:この曲だと、気持ちいいですね。
川畑:とにかく歌を聴いてほしい、生の歌声を聴いて欲しいって曲では使わないですけど、より曲の世界観がひとつになるというところでは、オートチューンもあっていいと思ってますね。「Trinity」のような曲で、世界観をひとつにして、歌すらもすごく……楽器のように扱って使うっていうのは、僕はいい事だと思うんですよ。聴いてて“なんだ、この声”みたいな感じもあるけど、そこに作品の広がりが出てくると思うんですよね。
EMTG:では、それぞれのソロについてお伺いします。シングル収録以外のソロ曲について、それぞれの曲のテーマをお願いします。
堂珍:まず「Lucid dream」は、テーマは、本当にひとことで言うと、自分の中の二面性。歌の中ではふたつの選択を迫られて、天使と悪魔、どっちを選ぶの、みたいな。「Failure」は、直訳すると「失敗」なんですけど、自分の中では、飛び降りてダイヴする時のスローモーションの感じ。それぐらい自分を追い込んだ愛をね、カウンターで跳ねのけたイメージ。「Believe」は、ちょっと歌詞が可愛くなっちゃって、自分でもくすぐったいなと思うんですけど、エンディングにシャウトして歌いあげる自分がいたり。なんか……そういう歌詞と曲のバランスもそうだし、白と黒のバランスっていうのもね……出したいと思ったんです。
EMTG:今おっしゃった、白と黒というのは、ブラックミュージックと、白人がやるロックって意味ですか?
堂珍:そう、そう。レニ―クラビッツがジョンレノンをカバーする、みたいな。バランス、サジ加減ですよね。この曲だけに限らず、いろんな方向から、曲の中でのバランスは、大事にしましたね。
EMTG:川畑さんはいかがでしょう?
川畑:今回、アルバムを意識して5曲を書き下ろしたわけじゃなくて、ソロのライヴが前提にあったんですよね。だからやっぱり1曲、1曲「こういう曲が欲しい、こういう曲がいいだろう」って作っていった。例えば「sub-way」は、“こいつ何考えているんだろう”っていう、そういうドキドキ感が好きで出したかった。「STOP」は、一緒に曲を作っていた人が、曲の世界がしっかり見えてたので、そこを膨らまして作っていきましたね。「Hero」は、クリス・ブラウンとジャスティン・ビーバーがやった曲のミュージックヴィデオの世界観がすごく好きで、見ててパッと“ヒーローでありたいな”と思ったんですよ。自分の音楽で、ソッと救えたらいいなと思って。歌詞では、作詞家さんと言葉をやりとりして作っていった曲なんですよね。
EMTG:では最後に。今回の『Trinity』、出来あがって聴いてみた後、思った事はどんな事でした?
川畑:まず、単純に聴いて面白かったですね。それぞれがやりたい事がまったく違う事、それに2人が交わる事でCHEMISTRYが生まれるって事を、改めて感じる事が出来たように思いますね。あと、3枚、どれを聴いても、ここで満足していないっていうか。CHEMISTRYでも、それぞれのソロでも、この先を観ているのが感じられた。すごく良かったなと思うし、そこが、ちゃんとお客さんに届けばいいなって感じですね。
堂珍:聴いてもらったら、本当、いろんな部分、いろんな意味で、納得してもらえる1枚が出来たなと。だからOK! ですね(笑)。

【取材・文 伊藤亜希】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル CHEMISTRY

ビデオコメント

リリース情報

Trinity(初回生産限定盤)

Trinity(初回生産限定盤)

2012年01月25日

DefSTAR RECORDS

ディスク1
1.Trinity
2.NONONO
3.Independence
4.Dreamy Life
5.eternal smile
ディスク2
1.New Arrival
2.sub‐way
3.STOP
4.HERO
5.Sweet pain
ディスク3
1.Lucid dream
2.Failure
3.Believe
4.She knows why
5.悲しみシャワー

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●堂珍嘉邦
恋すぽ

広島で放送されてる広島カープの番組なんですよ。ここで結構、選手の情報とか、キャンプの様子もわかるから、よく見てるんですよね。それこそ、毎日チェックしてるかもしれない(笑)。今日もさっき、見てました。
●川畑 要
恋すぽ

正直、最近、まったくネット、見られてないんですよ。ここ最近で、いちばん最後に検索したのが向井理。ドラマの収録始まる前に、趣味なんだろう、とか思って。そしたら、お酒好き、ボルタリング好き、おー、俺も、みたいな(笑)

■ライブ情報

CHEMISTRY TOUR 2012 -Trinity-
2012/02/04(土)戸田市文化会館
2012/02/18(土)高知県民文化ホール・オレンジホール
2012/02/25(土)福岡サンパレス
2012/02/26(日)神戸国際会館こくさいホール
2012/03/07(水)NHKホール
2012/03/10(土)札幌市民ホール
2012/03/17(土)新潟県民会館
2012/03/20(火)広島ALSOKホール
2012/03/25(日)仙台サンプラザホール
2012/03/31(土)名古屋国際会議場センチュリーホール
2012/04/07(土)那覇市民会館

トップに戻る