ねごと、4か月連続リリースの第一弾シングルは、耳に楽しい、タフなスピードチューン!!

ねごと | 2012.11.16

 ねごと、4か月連続リリースの第一弾となるシングル「nemeless」は、エレクトロの要素も耳に楽しい、タフなスピード・チューンである。これまでも打ち込みなどを入れ込んでいたが、そのアプローチは明らかに新境地。さらには、作詞・作曲のクレジットが“ねごと”になった。もちろんここも新境地。「4人でひとつになって、ねごととして音楽を続けたい」という意志が、4か月連続リリース、そして目の前でスパークする劇的な1曲「nameless」を作りあげた。蒼山幸子(Vo&Key)と、藤咲佑(B)に聞く。

EMTG:「nemeless」を作ったのは、いつ頃?
幸子:原曲は、今年の春くらいにあったんですけど、その時は、全然違う形だったんです。で、作っていく段階で、今までの曲よりも、もっと強い曲にしたいなって。これは、今思えば「ねごとで音楽を続けていく」っていう、自分達の気持ちをしっかり表明するところもあったんだけど、それだけではなくて“通り過ぎる人の足を掴まえて、こっちに引き寄せたい。呼びかけたい、投げかけたい”っていう、強い気持ちが、みんなの中で、どんどん強くなっていったのかなって思っていて。それで変わっていったんだと思うんです。だから「nemeless」は、今までよりも、なんか……爆弾みたいな曲で、自分達の気持ちもバーンって投げたいし、この気持ちに気がついて欲しい……そんな思いを込めた曲なんですよね。
EMTG:今言った“強い気持ち”を表すために、幸子さんが意識するのはやっぱり歌詞? それとも?
幸子:やっぱり1曲として聴いた時に、心に響くかどうかだと思います。例えば、瑞紀が作って来るトラックも、私が書くメロディも、歌詞も、全部が強くないといけない。そうしないと伝わらないと思うから。
EMTG:なるほど。では、その“強さ”に込めるものは?
幸子:んー……“想い”かな。取り繕った強さじゃ全然違うし。最初、「nemeless」をどういう歌詞にしようかなって考えた時、渋谷AX(5月のワンマンライヴ)の光景が残っていて。だから、ライヴという場所で感じている事を書こうと思ったんです。こういう……誰かを想像して書こうって思った事自体、その時が初めてだったんです。ライヴっていう空間で、聴いてくれている人の手を引っ張って、一緒に心が遠くへ飛ぶような曲にしたいと思った。私達の曲に浸れるような、特別な空間につれていくよ……みたいな曲にしたい、そうみんなで話して、歌詞を書き始めたんです。でも、自分の中には、通り過ぎる人を引きとめてまで、曲を聴いて欲しいってぐらい強い気持ちは、その時は、まだそこまでは無かった。だから自分の中に矛盾があったんですけど、でも、こういう矛盾って、リスナーの人にもあるなと思ったんです。矛盾は日々、私だけじゃなくて、他の人の中にも生まれていて。それは人によって違う。例えば、ライヴに来てくれる皆さんとは、環境も違うし、直接話し合う事ができるわけじゃないけど、そういう……名前の無い矛盾を感じたりするのは一緒だから“じゃあ、その心を覗かせて欲しいし、ライヴで今、ひとつになりたいよ”……っていう、信じたいし信じられたいっていう気持ちの歌詞を書けばいいと思って、出来あがったのが「nemeless」の歌詞。最後の「♪望み通り 連れてゆくさここから♪」って歌詞が、1番書きたかった部分ですね。
EMTG:葛藤の向こうにある希望を信じたい、みたいな気持ちは強くあります?
幸子:そうですね。希望は、すごく込められていると思ってます。
EMTG:アレンジの自由度もどんどん上がってますね。
佑:そうですね。4人の感覚が揃っているのは変わらないんですよね、これまでと。ただ、前は、4人で音を合わせてて「それ面白いよね」ってところで止まっていたと思うんです。でも今は、「ねごとはこう、これは違う」って話をするようになったんです。瑞紀がオケを持って来た段階で、彼女から“こういうイメージだから、こういうフレーズを弾いて欲しい”ってひと言を、必ずもらうようにしてるんです。
EMTG:そうやって、あえて言葉をもらう事で、佑さんの中でどんな変化がありました?
佑:曲をもっと理解しないといけないって。瑞紀の言葉を聞いて“そういう意志があるんだったら、ここのベースフレーズは、このまま残して弾きたいな”とか思ったり。ベースでもドラムでも、曲のフレーズでも何でもそうなんですけど、楽曲に対しても、お互いに対しても、どんどん理解が深まっているように思います。
EMTG:では最後に。4か月連続リリースで、今回のシングルが“N盤”、12月発売のシングルが“G盤”、次が“T盤”となってますが、これは、もしかして……?
佑:はい。ねごとの頭文字です(笑)。
EMTG:ですよね(笑)。
佑:今回の4か月連続リリースにあたって、何か面白い事ができないかなって、スタッフ達といろいろ考えたんですよね。ジャケットもそうなんですけど、リスナーの人たちにも、連続リリースを追いかけて来て欲しいなって思って、N盤、G盤、T盤にして、最後に、ひとつにまとまるといいなって。これから、MVもどんどん面白くなっていくので、一緒に追いかけてくれたら嬉しい(笑)。
【取材・文:伊藤亜希】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル ねごと

関連記事

リリース情報

nameless

nameless

2012年11月07日

KRE

ディスク:1
1. nameless
2. 100
ディスク:2
1. nameless (music video)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

ドレスコーズ / ねごと
2012/11/21(水)高松DIME

お口ポカーン!!東名阪ワンマンツアー
~SEED with groove~

2012/12/06(木)名古屋アートピアホール
2012/12/07(金)大阪サンケイホールブリーゼ
2012/12/16(日)TOKYO DOME CITY HALL

COUNTDOWN JAPAN 12/13
2012/12/30(日)幕張メッセ国際展示場1~8ホール / イベントホール

お口ポカーン!! 卒業旅行は全国ツアー
~GREEN and motion~

2013/02/15(金)千葉LOOK
2013/02/16(土)水戸LIGHT HOUSE
2013/02/17(日)宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-02
2013/02/23(土)神戸太陽と虎
2013/02/24(日)京都磔磔
2013/02/28(木)浜松窓枠
2013/03/02(土)岡山IMAGE
2013/03/03(日)出雲APOLLO
2013/03/09(土)鹿児島SR-HALL
2013/03/10(日)熊本Django
2013/03/23(土)高知X-Pt.
2013/03/24(日)高松DIME
2013/03/30(土)仙台MA.CA.NA
2013/03/31(日)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
2013/04/06(土)盛岡CLUB CHANGE WAVE
2013/04/07(日)郡山CLUB #9
2013/04/13(土)福岡BEAT STATION
2013/04/14(日)広島CLUB QUATTRO
2013/04/19(金)富山SOUL POWER
2013/04/20(土)金沢van van V4
2013/04/21(日)長野LIVEHOUSE J
2013/05/18(土)沖縄桜坂セントラル

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る