CNBLUE、4月24日にニューシングル「Blind Love」リリース!

CNBLUE | 2013.04.26

 4月24日にリリースされるCNBLUEのニューシングル「Blind Love」は、ギター&ボーカルのジョンヒョンの作詞作曲によるラブソング。切ないメロディーや感情のこもったボーカルは彼ららしい作品だが、実はラブソングをシングルに選ぶのは、これが初とのこと。ロックチューンをシングルとして発表することが多かった彼らには、ひとつのチェレンジと言えるかもしれない。さっそくメンバーを直撃、彼らに楽曲への思い入れを語ってもらった。

EMTG:ニューシングルの「Blind Love」はジョンヒョンさんの作詞作曲で、シングルでは初のラブソングですね。この曲はどういう意図で作ったんですか?
ジョンヒョン:まず、このシングルが春にリリースされると聞いて、今までと違う新しいことができないかなぁと思って。僕らがラブソングをシングルにするのは初めてなので、ファンの人達はもちろん、もっとたくさんの人達に聴いてもらいたいです。たとえば、道を歩いている時にふと聴いて“あ、いい曲だな”って思ってもらえるような……そういう曲を作りたいと思って作りました。
EMTG:歌詞は日本語で書かれていますが、最初から日本語で歌詞を書いたんですか?
ジョンヒョン:もともと日本語で書きました。
EMTG:おお?! ホントに日本語も完璧になってきましたね!
ジョンヒョン:いや、そんなに難しい歌詞でもないので(笑)。
EMTG:時間もかからず、スムーズに書けましたか?
ジョンヒョン:(時間は)あまりかからなかったです。逆に韓国語で歌詞を考える方が時間がかかりますね。韓国語で書こうとすると、結構難しいです。
EMTG:歌詞には、ちょっと切ない気持ちが表現されていますが。
ジョンヒョン:そうですね。誰もが一度くらいは感じたことがある感情だと思います。
EMTG:歌っているのはヨンファさんですが、ジョンヒョンさんから“こういう感じで歌って欲しい”みたいな注文はありましたか?
ヨンファ:特になかったです。うまいから!(笑)。
EMTG:もちろん(笑)。では、「Blind Love」を最初に聴いた時は、どんな印象でしたか?
ヨンファ:気負わずに歌えると思いました。今までのシングルはアップテンポの曲が多かったし、キーも高かったんですけど、今回の曲はミディアムだったので。でも、決して自分の得意なタイプの歌というわけではなかったし、ひとつの挑戦だったと思ってます。
EMTG:ミンヒョクさんは 「Blind Love」について、どう感じましたか?
ミンヒョク:僕はシンプルに考えてレコーディングにのぞみました。
EMTG:ジョンシンさんは?
ジョンシン:僕は一番大変だったんですよ。最初、この曲のレコーディングに関しては、特に問題はないだろうと思っていたんです。でも、実際レコーディングしたら、時間が足りなくて。そのせいでプレッシャーもあったんですけど、ジョンヒョン兄さんと話し合いながら作り上げていきました。仕上がりには満足しています。
ミンヒョク:確かに時間はなかったですけど、ドラムのレコーディングは早めに終わることができましたね。
ジョンシン:僕自身は「Greedy Man」の方が時間がかかると思ったのに、「Greedy Man」のレコーディングが一番スムーズでした(苦笑)。
ジョンヒョン:今回のシングルは、ベースが難しかったと思いますね。
ジョンシン:僕はがんばりました!(笑)。
EMTG:続いてカップリング曲についても、お話をうかがいます。「With your eyes」は、メッセージもあって、すごくCNBLUEらしい曲だなと思いました。
ジョンヒョン:今までより、歌詞に思いをこめて作りました。人生について……僕らの年で人生はこんなものだって言っても変なんですけど、一体人生ってどんなもんなんだろうって考えながら歌詞を考えました。
EMTG:それはかなり深い!
ジョンヒョン:もちろん、答えはまだまだわかりませんけど(笑)。
EMTG:いえいえ、自分の意志を持とうっていう力強いメッセージを感じましたよ。
ジョンヒョン:とにかく人生って自分が作るものだし、きっといろんな答えがわかった時には灰になっていると思いますしね(笑)。
EMTG:ホントにそうかもしれないですね。他のメンバーの皆さんは、「With your eyes」についてどう感じましたか?
ミンヒョク:僕は共感できる部分もあれば、できない部分もあります(笑)。
EMTG:え? 共感できないのはどんな部分なんですか?
ミンヒョク:あまりにも抽象的過ぎるところがあるので(笑)。でも、誰もが考える内容でもありますね。
ヨンファ:僕は共感できるし、みんなに当てはまる曲だと思います。
ジョンヒョン:この曲には感情を沸き立たせてくれるものがありますね。聴くと元気になるんじゃないかと思いました。
EMTG:次に「Greedy Man」についてですが、こちらはヨンファさんの作詞作曲ですね。
ヨンファ:僕は、ありふれた愛について歌詞を書くというのは、あまり好きではないんです。この曲はテーマが重要だと思いましたね。歌詞の内容では執着心を持っている男を表現してみました。
EMTG:歌詞は英語ですが、英語を選んだ理由はありますか?
ヨンファ:英語だと、直接的に伝えるスタイルになるんですが、それが気に入っています。彼女の行動が気になって仕方がなくて、“今、何をしているんだろう”っていう感情が入っています。
EMTG:3曲とも、まったくタイプが違う楽曲になりましたが、一番感情移入できる曲はどの曲ですか? これはそれぞれにお答えいただきたいです。
ミンヒョク:感情移入がうまくできるのは、「Greedy Man」で、聴いた時にリラックスできるのは「Blind Love」です。
ヨンファ:やはり僕は自分が思っていることを書いた「Greedy Man」ですね。
ジョンヒョン:僕は「Wiyh your eyes」です。
ジョンシン:僕は「Blind Love」です。やはり誰でも、好きな人ができたら一度は感じるような感情だと思うので。
EMTG:今年もまた、ワールドツアーでいろんな場所でライブの予定があると思いますが、特に楽しみにしている都市はありますか?
ヨンファ:どんな場所でも楽しいですね。
ミンヒョク:初めて行く国もあるし、ライブはいつも違うと思うので、楽しみです。
ジョンシン:久しぶりに行くアジアの国もあれば、初めて行く国もあります。各地でいろんな人に会ってライブをするのが楽しみです。台湾とシンガポールは今回、久しぶりに行ったんですが、すごく歓迎してくれたし、僕達の気持ちも盛り上がって、一生懸命ライブすることができました。この日本でのプロモーションが終わったら、タイ、香港、オーストラリア、そしてソウルにも戻るので、全ヶ所が楽しみです。
ジョンヒョン:みんなに言われて何も言うことがないです(笑)。
EMTG:わかりました(笑)。日本でのライブもまた実現させて欲しいですね。期待してます!

【取材・文:海江敦士】

tag一覧 韓国 男性ボーカル シングル インタビュー CNBLUE

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

Blind Love(初回盤A)

Blind Love(初回盤A)

2013年04月24日

ワーナーミュージック・ジャパン

ディスク:1
1. Blind Love
2. With your eyes
3. Greedy Man
4. With your eyes (Instrumental)
ディスク:2
1. Where you are (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
2. Get Away (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
3. Have a good night (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
4. Wake up (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
5. Robot (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
6. Time is over (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
7. In My Head (「MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE」LIVE @ 国立代々木競技場第一体育館 2012.12.24)
8. Blind Love (Music Video)
9. Blind Love (Special Feature)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●ヨンファ
英語辞書

最近、ミンヒョクと一緒に英語を勉強しているので、辞書でよく調べます。ミンヒョクといつも英語で話してます。

●ジョンヒョン
「Blind Love」

僕達のシングルについて検索したんですけど、発売前なので、あまり出ていませんでした(苦笑)。

●ジョンシン
辞書アプリ

英語はパスするので、僕は日本語をがんばります(笑)。

●ミンヒョク
英語辞書

僕も英語を勉強するために、いろいろ調べてます。


■ライブ情報

Official Fanmeeting 2013
2013/04/26(金)東京国際フォーラム ホールA

「Blind Love」リリース記念プレミアム・イベント
2013/04/27(土)(都内某所)

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る