lego big morl、メンバーの事故による怪我を乗り越え復活!

lego big morl | 2014.01.23

 昨年2月にタナカヒロキ(G)が不慮の事故により右手首を骨折、活動休止状態に追い込まれていたlego big morlから、約1年ぶりとなるニューシ ングル「Wait?」が届けられた。アグレッシブなバンドサウンドとドラマティックなメロディ、そして、「限られた時間だ/笑って死ねるように!」という 歌詞がひとつになったこの曲は、大きなアクシデントを乗り越え、新たな場所に向かって進み始めた4人の思いがダイレクトに刻み込まれている。

EMTG:活動再開、本当に良かったです! しかも新曲の「Wait?」がめちゃくちゃカッコいい曲で。
カナタ:ありがとうございます!
EMTG:lego big morlのカムバックに相応しいナンバーだと思いますが、この曲を作ったのはいつ頃なんですか?
タナカ:だいぶ早かったと思います。去年の2月か3月――入院してた病院のベッドでデモを聴いたので。
ヤマモト:あ、そうやったんや。
カナタ:そんなに早かったか。やるなあ。
ヤマモト:(笑)。僕が持ってきたオケに対して、キンタ(カナタ)にメロディを乗せてもらって。そのままアレンジを進めていく感じでしたね。
EMTG:タナカさんの怪我によって、ライブ活動が出来なくなって。当時のバンドの状況はどんな感じだったんですか?
カナタ:曲作りしかなかったですね。「この際、新しいものを見つけたい」という気持ちだったというか…。シンタロウがグイグイとデモを作ってくれてましたからね。
ヤマモト:自分の作ったデモをキンタに聴いてもらって、反応があればまずはOKというか。「めっちゃカッコいい」って言ってもらうと、それがモチベーションに繋がったり。
EMTG:なるほど。メンバーが作ったデモを病室で聴くのは、どんな気分でしたか…?
タナカ:まあ、ホンマに娯楽がなかったから…。
アサカワ:病院に娯楽はないな(笑)。
タナカ:毎日が同じ日々だったし――“痛くて痛くて”っていうのもあったんですけど――申し訳ない気持ちで一杯になって、押しつぶされそうなこともあって。 そういうときにデモが送られてきたのは、本当に大きかったですね。上を向くきっかけになったというか…。いや、上は向けなかったんですけどね、正直。でも、前を向けるようになったとは思います。
EMTG:他のメンバーも不安と闘う日々だったと思うんですが。
アサカワ:最初は不安も大きかったし、考える時間も長かったんですけど、少しずつ期待も出てきたんですよね。ヒロキの怪我も“良くなってる”という情報が入ってきていたし、こっちも曲を作っていたわけだから。
ヤマモト:治ることを前提にしか考えてなかったですからね。良い曲も出来てたし、「早くレコーディングしたい。ライブが出来るところまで、早く行き着きたい」という。
EMTG:歌詞も驚くほどストレートですよね。事故直後からの気持ちの流れが偽りなく書かれていて。
タナカ:ヘンに“お涙頂戴”みたいにはなりたくなかったし、「ぶっとい音に自分のリアルな言葉を乗せてみたい」と思ったというか…。この歌詞のもとになっているのは、入院中に書いてたメモなんです。それを残しておきたいという気持ちもあったし。
EMTG:基本的にはタナカさんの個人的な思いが描かれているんだけど、歌われていることにはすごく普遍性があると思うんですよね。特に最後の「限られた時間だ/笑って死ねるように」というフレーズは、すべての人に当てはまるんじゃないかな、と。
カナタ:俺もその部分、好きです。
タナカ:最後の4行は僕のメモ帳にはなかったんですよね。自分の日記みたいになるのもイヤだったし、最後は広い視野の言葉を入れたいなって。
EMTG:なるほど。「Wait?」を復活第1弾のシングルにするのは、メンバー共通の思いだった?
タナカ:録り終った時点では、どの曲を最初のシングルにするかは決まってなかったんですよ。「Wait?」が最有力でもなかったし。でも、ミックスが終わった日の帰り道にたまたま4人で帰ることになって…。
カナタ:「こういうの、久々やな」って言いながら(笑)。
タナカ:そのときに改めて「シングル、どうする?」っていう話をしたんですよ。それまでは全員が違う曲を推してたんですけど、「やっぱり、『Wait?』だな」って。
カナタ:最初は「最強のB面になりそうやな」って思ったりもしてましたからね。
タナカ:こういう生々しい言葉でも、B面だったらアリだなって。それをシングルに出来るだけの勇気や余裕を持てるようなった、ということかもしれないですね。斜に構えないで、堂々と出せばいいっていう。
カナタ:この曲にして良かったですよ、ホンマに。この前PVも撮ったんですけど、すごくいい感じになりそうだし。バンド(演奏)シーンなんて、2年ぶりくらいですからね。
ヤマモト:ヒロキと体が当たる感じとかも、ホントに久々で。
タナカ:近い距離で演奏してるときな(笑)。でも、マジで嬉しかったですね。「シングルをリリースします」「ライブをやります」って発表できること自体、ホントに嬉しくて。
EMTG:まずは1/24(金)、恵比寿LIQUID ROOMで「lego big morl“Thanks Giving”vol.5」が開催されます。
タナカ:もちろん楽しみですけど、たぶん、かつてない緊張感でしょうね。ふだんのライブでもめちゃくちゃ緊張するのに…。
ヤマモト:ライブが決まってから、お客さんの期待もすごく高まっていて。それに精一杯応えたいし、ベストなライブをやりたいですね。
アサカワ:新曲に対して、お客さんがどんな顔をするんだろう? っていうのも楽しみだし。
EMTG:開演前からオーディエンスのテンションも上がりまくってるだろうし。
カナタ:想像するだけでゾワゾワする…。
アサカワ:去年の事故直後のイベントツアーは(タナカ以外の)3人で回りましたから。特にヒロキのファンは「キャー!!」(と手を差し伸べるポーズ)ってなるでしょうね(笑)。
EMTG:しかもゲストとしてflumpoolも登場。まさに特別なライブになりそうですね。
タナカ:心意気に感謝ですよね、ホントに。
カナタ:嬉しいですね、同郷やし。
タナカ:知り合ってからだと10年以上になりますからね。大阪の練習スタジオもいっしょやったんですよ。
EMTG:ここからまた、さらにスピードを上げて進んでいかないと。
ヤマモト:そうですね。いい流れで来てるので、それを断ち切らないようにしたいなと。ライブもそうだし、リリースもコンスタントに続けていきたいので。
タナカ:イベントやライブも出来るだけやっていきたいです。去年は断るしかなかったから、恩返ししないと。
カナタ:次の次くらいまで見えてるんですよ、既に。あとはもう、止まらずに行くだけですね。

【取材・文:森 朋之】

tag一覧 シングル 男性ボーカル インタビュー lego big morl

ビデオコメント

リリース情報

Wait?

Wait?

2014年01月22日

OORONG-SHA

1.Wait?

このアルバムを購入

お知らせ

■マイ検索ワード

●タナカ
やしきたかじん

(関西出身の)僕らにとっては、タモリさんみたいな存在なんですよね。子供のときから、テレビを付けたらずっと出てるような人だったので。改めて経歴を調べてみると、歌でもお笑いでも賞を取ってるすごい人なんですよね。

●アサカワ
行ってはいけない場所

樹海のど真ん中に村があったり、高い山脈の上になぞの集落があったり。それをグーグルアースで見るっていうサイトがあるんですよね。ズームすると、何軒か家があるんだけど、そのまわりには何もないっていう。

●カナタ
お通し 辞書

居酒屋さんに行ったら、隣が外人さんだったんです。その人たちが「お通しって何?」って言い出して、店員さんが上手く説明できなかったから、ケータイで調べてあげたんですよね。ぜんぜん読めなくて、伝わらなかったですけど(笑)。

●ヤマモト
胃が痛い 治す

胃が痛かったんで、調べてみたんですよ。おもしろいのがあるんですよ、「キュウリを輪切りにして、ヘソに乗せる」とか。そこで見つけたよく効く胃薬を飲んでみたんですけど、あんまり良くならなかったから、結局、病院に行きました(笑)。


■ライブ情報

lego big morl “Thanks Giving” vol.5
supported by TOWER RECORDS

2014/01/24(金)東京・恵比寿LIQUIDROOM

イチ、ニッ、サンでジャンプ ツアー2014
w / グッドモーニングアメリカ / KEYTALK

2014/02/01(土)長崎・STUDIO DO!
2014/02/02(日)福岡・BEAT STATION

大ナナイトvol.85
〜TAKASAKI club FLEEZ 10th ANNIVERSARY〜

2014/02/22(土)群馬・高崎club FLEEZ

Challe Rock Festival 2014
〜NEXT DOOR〜

2014/03/14(金)福岡 DRUM Be-1

Spring Ash!!! 2014
2014/03/16(日)鹿児島 SR HALL

SANUKI ROCK COLOSSEUM」
〜BUSTA CUP 5th round〜

2014/3/21(金・祝)香川・高松市内

MUSIC CUBE 14
2014/3/23(日)広島・広島市内

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る