「ライブでも曲の良さを伝えたい。」SHISHAMOの新アルバム『SHISHAMO 2』!

SHISHAMO | 2015.03.04

 2014年、全国各地の夏フェスに出演後、新メンバーとして松岡彩(Ba)が加入し、2015年には野音ワンマン、そして来年2016年には日本武道館でのライブが決定したSHISHAMOが、前作から1年4ヶ月ぶりとなる2枚目のアルバム『SHISHAMO 2(ししゃも に)』をリリースした。前作以上にポップさが増したグッドミュージックの中で展開される共感度の高いショート・ストーリーズ。新世代のポップネスを鳴らすために必要な技術の成長も感じさせる充実作を完成させた3人に話を聞いた。

EMTG:新体制になってから初となる、通算2枚目のアルバムが完成しました。
松岡:アルバムとしては今回が初めてのレコーディングだったので、完成したときはすごく感動しました。自分の今の精一杯でがんばれたし、とてもいいものができたと思ってます!
吉川美冴貴(Dr):前回は技術的な面でも精神的な面でもドラムを叩くことで精一杯だったんですけど、その後に、フェスやイベント、ワンマンツアーでいろんなことを経験させていただいて。前作のレコーディングの時よりは成長して、余裕もできた分、以前はこだわりきれなかった細かい部分まで詰めて臨めたので、私も今回はいいものができたなって自信をもって言えるアルバムになったと思います。
宮崎朝子(Gt&Vo):私も自分的にはよいアルバムだと思っているんですけど、前のアルバムを好きな方が好きになってくれるのかがちょっと不安で。前は勢いでいってる曲が多かったんですけど、今回は私が好きだって思う曲をいっぱい入れてるんですね。私がいいと思うものを、みんながいいと思うかどうかはわからないので、そういう不安はありますね。
松岡:確かに、イケイケ系の曲はあまりないね。
吉川:ライブキッズの子たちが好んで聞くような四つ打ち系でノレる曲はないかもしれない。
宮崎:でも、もともと私たち、「盛り上がれ!」と思ってライブをやってるわけじゃないから(笑)。
EMTG:(笑)2014年の夏フェスは総なめにしてましたが、どんな気持ちでやってました?
宮崎:なにより曲の良さを伝えたいんですよ。「曲の良さが伝われ!」って思ってやってました。
EMTG:あはははは。でも、確かに「いい曲」が多いですよね。本作でいうと、「ともだち」は特に素晴らしいメロディだなって感じました。
宮崎:お! 私も「ともだち」がいちばん好きなんですよ。恋愛じゃなく、友情の曲を書きたいなと思って書き始めたんですけど、私、友達がひとりしかいなくて。誰かに宛てて曲を作ったことはないし、その子のことを書こうと思ってたわけじゃないんですけど、例がひとりしかいなかったが故に、結果的にその子に宛てた曲になっちゃったっていう……ちょっと不本意な曲です。
吉川:あはははは。不本意なんだ。
EMTG:(笑)友達に対するどんな思いを込めたと言えばいいですか?
宮崎:見返りを求めない、純粋な気持ちですね。例え、向こうに別の仲のいい友達がいて、こちらのことを考えてないのだとしても、彼女に嫌なことが起きませんようにって祈ってる曲です。
EMTG:じゃあ、それぞれが“いちばん好き“だと思う曲を教えてもらっていいですか?
宮崎:私は好きな曲は「ともだち」なんですけど、聴いて欲しいのは「恋愛休暇」なんですよ。SHISAHMOはストーリー性のある曲が多いんですけど、「恋愛休暇」はそうではなく、物語に収めることのできないようなもやっとした気持ちを歌ってて。
EMTG:気になる人と初めてデートに行ったあと、この子になにがあったんですかね? 恋愛を当分休みますって歌ってますが。
松岡:何かが違ったんだよね。
宮崎:例えば、割り勘だったとか、話がつまらなかったとか。そういうのを見つけて、何か違う気がするっていう。こういう経験ってみんなもあると思うんですよ。私も何回もあるので、誰でも自分に置き換えられる曲なんじゃないかなって思います。
吉川:まだ、ちょっとわからないですね、吉川には。いままでにない歌詞の感じで新鮮だなとは思うんですけど。
宮崎:ハードルをあげちゃってて、がっかりすることってあるじゃん?
吉川:ああ……。でも、いいなって思った人とふたりきりなるスキルがまだないから……。
EMTG:(笑)そんな吉川さんのお気に入りの曲は?
吉川:「さよならの季節」ですね。いままでは全力でやることしかできなかったけど、この曲はアレンジの段階で「ガシガシいかないようにして欲しい」って言われて。前からそういう曲はあったんですけど、言われたことをちゃんと実行に移せるようになったとうか、曲に適した力加減の叩き方っていうのを初めて意識した曲で。
宮崎:吉川の成長が出てると思います。それまでは、「早い」「遅い」「強い」「弱い」っていう具体的な言い方でしか伝わらなかったんですよ。でも、この曲はもっと抽象的に、「春の曲だから、暑苦しくならないように。春の気持ちで叩こう」っていうのが伝わった。前までなら「もっと弱く?」って聴いてきたけど、なにも言わずとも春な感じになりましたね(笑)。
EMTG:「さよならの季節」は卒業ソングになってますよね。
宮崎:実は高校時代に出した自主CD『卒業製作』の「第3ボタン」とつながってまして。第2ボタンをもらえなかったっていう私の実話がもとになった曲だったんですけど、「第3ボタン」の頃には書ききれなかった思いをいま一度形にしたいなと思ってて。だから、改訂版みたいなところがありますね。
吉川:なにも詳細を知らずに聞いたときに、「第3ボタン」と同じモチーフなんだなって。
松岡:すぐにわかったよね。最近入ったばかりの私でもわかった。
宮崎:「もう1回、持ってきたな、こいつ」って思った?
吉川:(笑)いや、同じモチーフを歌ってるけど、ぜんぜん違う曲になってるなって思って。曲のクオリティーがすごくあがってるんですよね。うすい言葉になっちゃうけど、曲のレベルの高さに感動しました。
宮崎:あのときはあのときできることをやった感じだったんですけど、当時は好きな先輩が卒業して、第2ボタンは先約がいてもらえなくて。結局、第3ボタンをもらったっていう出来事がまだ記憶に新しかったこともあって。それから、3年くらい経ってるので、いまは振り返ってっていう視点でかけたんじゃないかなって思いますね。
EMTG:では、松岡さんの個人的に好きな曲は?
松岡:単純にメロディが好きなのは「君と夏フェス」のカップリングだった「彼女の日曜日」ですね。ただ、ベースの見せ所的なところでいうと、「デートプラン」と「僕、実は」かなと思ってます。「デートプラン」はベースから始まる曲なので、ライブでも緊張するんですけど、見せ場が多い曲だなって思いますね。
吉川:私も「デートプラン」は個人的に好きな曲調ですね。ベースラインも好きだし、リズムもこれまでとは違ってて。いままでは8ビートの曲が多かったんですけど、この曲では初めてちょっと跳ねる感じのリズムになってる。アレンジの面で苦戦した分、思い入れも深い曲になってますね。
宮崎:「デートプラン」は年上の人に恋をしてる女の子ってかわいいなと思いながら書いた曲なんですけど、「恋愛休暇」とつながってるんですよね。「デートプラン」は実現してないデートを夢見てる女の子で、実際にデートをしたらちょっと想像と違ってて、「恋愛休暇」に陥ったっていう感じですね。
EMTG:松岡さんがあげたもう1曲、「僕、実は」は、吉川さんの作詞曲ですよね。
吉川:このアルバムの中ではアグレッシブな曲になんですけど、歌詞は前作の「僕に彼女ができたんだ」の続編になってるんですね。「僕に彼女ができたんだ」の“僕”が、「僕、実は」の“君”で。彼女と別れて落ちこんでる“君”が“僕”に毎晩電話をかけてくるんですけど、別れたあの子が、「僕に彼女ができたんだ」の“彼女”で、「僕、実は」の“僕”の彼女だっていう。
宮崎:友達の彼女をとっちゃった話だよね。
吉川:とっちゃったけど、そんなに悪いと思ってないっていう歌です。
宮崎:(小声で)最低だね。
松岡:私もこういう人は嫌いです。彼女をとっちゃうだけならまだしも、落ちこんでる友達の話を聞く前にいうことがあるんじゃないか、ひどいことするなと思いました。
宮崎:裏切りだよね。
吉川:あははっは。ひどい言われようですけど、私としては、彼女をとられた人の目線で書くよりは、とっちゃった人の視点で書いた方がより皮肉感というか。やだなっていう感じが出たらいいなって思ったんですよね。
松岡:ま、私、この曲で弾いてるベースの音がとても好きで。ぶりっとした感じが好きなので、自分が好きな音が出せたという意味では、ぜひ聴いて欲しい曲ですね。
EMTG:この曲に限らずですけど、「こういう人いるよな」とか「私と似てるかも」って感じる人が多いアルバムになってると思います。さて、アルバムリリース後は全国ツアーに加えて、初の野音が決定し、さらに、来年の武道館公演まで発表されました。
宮崎:先のことはまだあまり実感がわかないので、まずはワンマンツアーですね。CDの音源とはまた違う曲の良さを伝えたいと思ってます。
松岡:前回のツアーのときは追い詰められていたので、今回は前とは違って余裕をもって、最初から最後まで全力で楽しめたらいいなって思います。
吉川:私も100%、最初から最後まで楽しみたいのが目標です。言葉にするのは簡単なんですけど、私は緊張するタイプで、根本的に自分に自信がもてなくて。自信のなさからくる不安が常に頭の片隅にあるので、そういう不安を一切なくして、最初から最後まで楽しみたいですね。

【取材・文:永堀アツオ】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル SHISHAMO

リリース情報

平行線

平行線

発売日: 2017年03月01日

価格: ¥ 926(本体)+税

レーベル: アリオラジャパン

収録曲

1.平行線
2.BANDAGE-弾き語りver.-

ビデオコメント

リリース情報

SHISHAMO 2

SHISHAMO 2

2015年03月04日

GOOD CREATORS RECORDS

1. 僕、実は
2. きみと話せないのは
3. 彼女の日曜日
4. ともだち
5. 君と夏フェス
6. 量産型彼氏
7. 恋愛休暇
8. 昼夜逆転
9. デートプラン
10. 花
11. さよならの季節

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■マイ検索ワード

●松岡彩
血色を良くする方法

マッサージの方法。お風呂とかでするんです。チークとか口紅とかしないと…青いんです(顔色が)。なので血色を良くしようと頑張っています!

●吉川美冴貴
問題のあるレストラン(ドラマ)

すごい面白いドラマで。そこに出てくる松岡茉優ちゃんていう女優がすごいかわいいんですね。で、松岡茉優ちゃんの画像をたくさん検索してます(笑)。

●宮崎朝子
おいも、好いとっと

「カーネーション」っていう朝ドラがすごい好きで、それに出ている綾野剛が言うセリフで。そのシーンがどうしても見たくて、検索しました。でも動画が一個も出てこなかった…っていうモヤっとした感じの検索ワードです。


■ライブ情報

SHISHAMOワンマンツアー2015春「さよなら、僕のともだちと花の季節」
2015/04/04(土)川崎 CLUB CITTA’
2015/04/11(土)愛知 Zepp Nagoya
2015/04/12(日)東京 Zepp DiverCity(TOKYO)
2015/04/19(日)大阪 なんばHatch
2015/04/28(火)札幌 ペニーレーン24
2015/04/29(水祝)帯広 MEGA STONE
2015/05/09(土)広島 クラブクアトロ
2015/05/10(日)高松 オリーブホール
2015/05/16(土)福岡 DRUM LOGOS
2015/05/17(日)鹿児島 CAPARVOホール
2015/05/22(金)栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya
2015/05/30(土)長野 CLUB JUNK BOX
2015/05/31(日)金沢 EIGHTHALL
2015/06/06(土)仙台 Rensa
2015/06/07(日)新潟 LOTS
2015/06/13(土)沖縄 桜坂セントラル

SHISHAMO NO YAON!!! supported by uP!!!
2015/06/27(土)日比谷野外大音楽堂
2015/07/25(土)大阪城野外音楽堂

SHISHAMO初の日本武道館公演
2016/01/04(月)日本武道館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る