奥 華子、シンガーソングライターとしての原点の1曲、「楔 -くさび-」リリース

奥華子 | 2015.07.21

 路上ライブの時代から多くのオーディエンスの支持を集め、動画サイトでも累計1500万回を超える再生回数を記録している名曲が、ついにシングルとしてリリースされる。奥 華子の10周年記念シングル「楔 -くさび-」。哀しく、切ない感情を生々しく反映したメロディ、そして、“好き”という気持ちを残したまま別れる恋人たちの姿を描いた歌詞。数多くの優れた失恋ソングを手がけてきた彼女にとってこの曲は、シンガーソングライターとしての原点と言えるだろう。7月11日からは全国ツアー「10th Anniversary Concert Tour 2015」がスタート。10周年のアニバーサリーイヤーを迎えた奥 華子はここから、さらに充実した時期を迎えることになりそうだ。

EMTG:メジャーデビュー前からファンの間で愛されてきた「楔 -くさび-」が10周年記念シングルとしてリリースされます。
奥:そうなんですよ! 自分もずっと「いつかリリースしたい」と思ってたんですよね。どこに行っても「“楔 -くさび-”が好きです」と言われてきたし、ライブに来たことがない方からも「Youtubeで聴いて、泣きました」みたいな声がたくさん届いて。そういう状態がずっと続いていたんですよね、10年間。「そんなに“楔 -くさび-”が好き?」と思うくらい(笑)。
EMTG:思った以上に強い反応があった、と。
奥:もちろん私自身もすごく好きな曲なんですけどね。この曲、路上ライブを始める前に書いたんですよ。路上ライブは「このままじゃダメだ。変わろう」と思って始めたから、それ以前に書いた曲を「いい」と言ってもらえるのはすごく嬉しいんです。素の自分を認めてもらえているような気がするというか…。
EMTG:じつは最初からいい曲を書いてたんだよ、って?
奥:そうですよ! 「ぜんぜんダメじゃなかったじゃん」って、そんなことは言えないですけど(笑)、たくさんの人に「いい曲」って言ってもらってきたし、自信をもって出せるシングルになりましたね。ベストアルバム(「奥華子BEST -My Letters-」/2012年)のときに収録しようかという話もあったんですけど、あえて取っておいたので。10周年のタイミングでリリースできて、ちょうど良かったなって。
EMTG:この曲を書いたときのことは覚えてますか?
奥:はい。22歳くらいのときだったんですけど、自分のなかから、自然に湧き出るものをそのまま歌にしたというか。その当時、実際にこういう気持ちだったんですよ。「楔 -くさび-」もそうだし、その恋愛がなかったら出来てない曲がたくさんあるんです。それくらいの大失恋だったというか、私にとって決定的な出来事だったんですよね。どんなに約束していても、人って別れるんだなって。「言葉だけでは繋ぎ止められないのに、なんで約束なんてするんだろう」みたいなことも考えてましたね。
EMTG:「どうして人はすぐに 守れない約束をするのだろう?」というフレーズもありますからね。
奥:そうそう。でも、そのときから変わってないかもしれないですね、考えていることは。ずっと答えが出ないまま、ここまで来ちゃいました(笑)。
EMTG:それくらい深いテーマなんだと思います。この曲がこれほど強く支持されたのは、どうしてだと思いますか?
奥:好きなまま別れる人って、けっこう多いんだなって思いましたね。「楔 -くさび-」も嫌いになって別れてるわけではなくて、好きなのに別れてるんです。だから切ないんですけど、実際にそういう経験をしているカップルって意外と多いみたいなんですよ。「失恋した後、泣くために『楔 -くさび-』を聴きます」とか、あとは「この曲みたいにならないようにしたいから、がんばります」っていう人もいましたね。「もう喧嘩をする事も もうやきもち焼く事も」出来なくなるという歌詞もあるんですけど、それを聴いて「喧嘩できるって幸せなんだな」って気づいたって。受け取り方はいろいろですよね、ホントに。
EMTG:レコーディングはどうでした? 奥華子さんにとってもファンにとっても大事な曲なので“良いものにしたい”という気持ちはふだん以上に強かったと思うのですが。
奥:インディーズのときに1度レコーディングしてるんですけど――路上ライブで手売りするための500円CDに収録したので――再録って、ちょっと苦手意識があったんです。どうしても(最初にレコーディングした)当時の歌を超えられないなって。でも、今回はそういう考えをやめて、まったく新しいものを作ろうという気持ちで臨んたんですよね。佐藤準さんにアレンジをお願いできたのも、すごく良かったです。「ガーネット」「変わらないもの」をはじめ、最近では「ピリオド」を準さんにアレンジしてもらっていて、今回も絶対に準さんがいい!と思っていたので。ピアノも準さんに弾いてもらうと思ってたんですけど、「華ちゃんがひたむきに弾いてるほうがいい。それが切ないんじゃない?」って言われて。準さん弾いてもらったほうがゴージャズになるのはわかってるんですけど、この曲はそこを目指さないほうがいいんだなって。ストリングスを含めて素晴らしいアレンジになったし、この10年のつながりのなかで「楔 -くさび-」をリリースできることがすごく嬉しいんですよね。
EMTG:歌入れにも気持ちが入ったんじゃないですか?
奥:あんまり考えていないんですよね、そこは。気持ちを込め過ぎると伝わらなくなることも多いんですよ。曲にもよりますけど、ただひたむきに歌う、言葉を伝えることを意識したほうがいいんじゃないかなって。“込め過ぎない”っていうのはずっとテーマになってますね。
EMTG:シングルには「楔 -くさび-」のピアノ弾き語りバージョン(2013年1月19日/Zepp Tokyo公演の音源)も収録されてますね。
奥:このライブバージョンは、ふだんとはまったく違うピアノアレンジで弾いてるんですよ。「新鮮で良かったよね」という話もあったし、じゃあ、これをCDに収録しようかって。ツアーも始まるし、「ライブに行きたい」と思ってほしいなという魂胆です(笑)。
EMTG:現在、全国ツアー「10th Anniversary Concert Tour 2015」の真っ最中ですからね。
奥:いつも通りの弾き語りライブ(37公演)と、バンド+弦カルテット(大阪、東京の2公演)があるんですけど、この10年を振り返るような曲が多くなると思いますね。「どの曲が人気なんだろう?」と思って、けっこうネットを見たりしてます(笑)。ファンの方が「奥華子の好きな曲を教えて」ってやりとりしてるんですけど、それを見てるのがすごくおもしろいんですよ。
EMTG:ファンとの距離が近いイメージがすごくありますからね。
奥:路上ライブのときの雰囲気が続いてる感じがあるんですよ。通りかかった人が足を止めてくれて、私の曲を好きになってくれた人がチラシを配ってくれたり。そういうつながりが広がってきた感じなんですよね、ホントに。「奥 華子さんの曲を聴いて救われました」というファンレターを読んで号泣してしまうこともあるし、“支えられている”という感覚はさらに強くなっていると思いますね。

【取材・文:森 朋之】

tag一覧 シングル インタビュー 女性ボーカル 奥華子

リリース情報

HOUSE

HOUSE

発売日: 2018年10月03日

価格: ¥ 2,000(本体)+税

レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン

収録曲

01. 顔で虫が死ぬ
02. リボルバー
03. 2月の水槽
04. どうでもよくなる
05. ベランダ
06. 春の嵐
07. 笑おう(album ver.)

リリース情報

楔 ‐くさび‐

楔 ‐くさび‐

2015年07月22日

ポニーキャニオン

1. 楔 -くさび-
2. 花火
3. 楔 (ピアノ弾き語り Live ver. at Zepp Tokyo 2013.1.19)
4. 楔 -くさび- (Instrumental)
5. 花火 (Instrumental)

お知らせ

■ライブ情報

10周年記念シングル「楔 -くさび-」リリースイベント開催!
2015/07/23(木)愛知・アスナル金山 明日なる!広場 18:30~
2015/07/25(土)千葉・津田沼公園(モリシア津田沼ショッピングセンター正面入口前)15:00~
※詳細はこちら:http://okuhanako.com/information/post-274/

奥華子 10th Anniversary Concert Tour 2015 ~弾き語り~
2015/07/26(日)【新潟】新潟市民芸術文化会館 りゅーとぴあ 劇場
2015/07/30(木)【静岡】しずぎんホール ユーフォニア
2015/08/01(土)【宮城】仙台イズミティ21 小ホール
2015/08/02(日)【秋田】秋田市文化会館 小ホール
2015/08/08(土)【福島】福島テルサ FTホール
2015/08/09(日)【山形】山形テルサ アプローズ
2015/08/11(火)【岩手】盛岡劇場
2015/08/15(土)【千葉】千葉市民会館 大ホール
2015/08/16(日)【栃木】宇都宮市文化会館 小ホール
2015/08/19(水)【北海道】札幌市教育文化会館 小ホール
2015/08/22(土)【群馬】前橋市民文化会館 小ホール
2015/08/23(日)【埼玉】パストラルかぞ 小ホール
2015/08/25(火)【茨城】茨城県立県民文化センター 小ホール
2015/08/29(土)【神奈川】関内ホール
2015/09/06(日)【埼玉】彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
2015/09/12(土)【福岡】福岡国際会議場メインホール
2015/09/13(日)【山口】スターピアくだまつ 大ホール
2015/09/18(金)【東京】町田市民ホール
2015/09/20(日)【岡山】三木記念ホール
2015/09/21(月)【愛媛】松山市民会館 中ホール
2015/09/23(水)【宮崎】宮崎市民プラザ オルブライトホール
2015/09/26(土)【京都】京都府民ホール アルティ
2015/09/27(日)【兵庫】新神戸オリエンタル劇場
2015/10/01(木)【愛知】名古屋芸術創造センター
2015/10/10(土)【広島】広島市南区民文化センター
2015/10/12(月)【島根】島根県民会館 中ホ?ル
2015/10/24(土)【香川】高松国分寺ホール
2015/11/20(金)【福井】福井響のホール
2015/11/21(土)【石川】北國新聞赤羽ホール
2015/11/23(月)【富山】富山県教育文化会館
2015/11/25(水)【長野】上田市交流文化芸術センター 小ホール
2015/12/05(土)【熊本】熊本市国際交流会館
2015/12/06(日)【熊本】熊本市国際交流会館
2015/12/12(土)【長崎】長崎ブリックホール 国際会議場
2015/12/19(土)【滋賀】ルッチプラザ
2015/12/20(日)【大阪】IMPホール

奥華子 10th Anniversary Special Concert 2015冬 in 昭和女子大学人見記念講堂<バンド+弦カルバージョン>
2015/12/23(水・祝)【東京】昭和女子大学人見記念講堂

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る