活動の勢いがそのまま詰まった GLIM SPANKYの2nd mini Album 『ワイルド・サイドを行け』

GLIM SPANKY | 2016.01.20

 GLIM SPANKY は2016年、最もブレイクを期待されるロックユニットだ。

 昨年はツアーにフェスに大活躍を果たしたが、その間を縫って完成されたのがセカンド・ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』だ。松尾レミの声にも亀本寛貴のギターにも、活動の勢いがそのまま表れていて、エネルギッシュな曲が並ぶ。ほとんどをセルフ・プロデュースして、曲のスピード感も、サウンドのパワーも、ふた回り大きくなった印象だ。

 そして、その勢いを支えているのは、2人のミュージシャン・スピリットだ。何のために音楽を作り、何のためにライブを行うのか。2人は常に自問自答しながら、制作を進める。周りにどんな障害があろうとも自由を貫く=ワイルド・サイドを行く新作だ。

EMTG:今回は亀本くんがアレンジで大活躍だね。
亀本:1stアルバムはプロデューサーを立てて作ったんですけど、今回は自分たちでどれくらいやれるのかを試してみたくて、1曲目の「ワイルド・サイドを行け」以外は全部僕がアレンジしました。
松尾:前作を作ってる時から、次は真逆のこと、プロデューサーなしでのアルバム作りををやろうと思ってました。なので、前作のスタジオではアレンジのやり方とかわからないことを学んだ・・・盗んだ?(笑)。とにかく自分たちでやって、それを世に出してみたかったんです。
亀本:自分たちで作ったデモを、どうやってCDにするのかわからなかったんですよ。アレンジの仕方もわからなかったし、レコーディングでボーカルをダブル(注:同じボーカルを2回重ねること)にするとどういう効果があるのか、とか。そんな中で、自分たちでやってた時に「これでいいのかな?」って抱いていた違和感の原因がわかってきた。インディーズ時代は、ライブのアレンジをそのままレコーディングしてたんです。
松尾:たとえば自分の歌に“ハモリ”を付けたことがなかったから、レコーディングしてみて初めてわかることが多かった。前作のレコーディングでは、本当にたくさんのことを学びました。
EMTG:盗んだんじゃなくて?(笑)
松尾&亀本:それは言わないでください(笑)。
EMTG:じゃ、自信を持って今回の 『ワイルド・サイドを行け』のレコーディングに入ったんだ。
松尾:はい。でも、1stフルアルバム『SUNRISE JOURNEY』のリリース・ツアーを回りながらの曲作りだったから、しんどかったです。ライブが終わって次の日のライブまでの間に、ホテルの部屋にこもって3時間で1曲作って、それを亀本に渡してアレンジしてもらう。亀本はホテルの地下に停めてある移動用のバンの中でアレンジする。それを繰り返して、時間のない中で曲を作っていったんです。でも時間がなさ過ぎて、かえってよかったのは、歌で何を伝えるべきかを明確にできたこと。迷いなくキーワードを決めて、歌詞を書くことができました。
EMTG:凄いハードワークだったんだ。普通、ツアーは打ち上げが楽しみなのに(笑)。
松尾:そうなんですよ。でも打ち上げの時間がない。ちょっとやさぐれてました(笑)。
EMTG:あはは、でもその分、歌詞のメッセージの切れ味が凄くいい!
松尾:でしょっ!
EMTG:「BOYS&GIRLS」っていう曲の♪大人を困らせようぜ♪っていう痛快なフレーズには、笑った。
松尾:作詞もしてくれているいしわたり淳治さんと話していて、 こんな言葉を使ってもいいんだっていうことを知って、視野が広がりました。曲にハマって、心に引っ掛かるキーワードがあれば、言いたいことがちゃんと伝わるっていうことです。
EMTG:「BOYS&GIRLS」が今、GLIM SPANKYが伝えたいことの一つなんだね。
松尾:そうです。みうらじゅんさんの漫画『アイデン&ティティ』を原作にした映画に、「ああ、大人を困らせたいんだ」っていうセリフがあるんです。それが私は好きで。アマチュア時代にあるコンテストに出た時に、一緒に出たバンドが演奏時間をオーバーしたり、プールに飛び込んだりしてるのを見て、「あ、本当に大人を困らせてる」って思ったんですよ(笑)。 その時、決められたことをくつがえすことで生まれる希望をいつか歌いたいと思った。大学受験の時に、「バンドをやりたい」って言うと、 「それは無理だよ」って言う大人が必ずいた。その悔しい思いを忘れずに、「今に見てろよ」って思って、心の中で計画を立てながら、いい子のフリをして夢の実現を待っている人たちに呼びかけたかった。
EMTG:歌詞はアグレッシヴだけど、サウンドはとてもポップなブギーだね。
松尾:そういうティーンの人たちに、パーティー感のあるサウンドでメッセージを届けたかったんです。
EMTG:みんな“今”を我慢して過ごしているからね。この「BOYS&GIRLS」が“外側に向けてのメッ セージ”だとすると、アルバムの最後に入っている「夜明けのフォーク」はとても内省的な歌だね。
松尾:大学2年の時に作った曲です。先輩が自主映画を作っていて、その主題歌を頼まれて書きました。大事な人が死んでしまうっていう暗い映画だったんですけど、その頃の自分は人が死ぬことをリアルには感じられなかった。そのまま眠ってた曲だったんですけど、音楽活動を始めてから仲良しだったミュージシャン友達が亡くなってしまって “人の死”を初めて実感したんです。それがトラウマになってしまって、落ち込んで、そこから抜け出せない自分がいた。でもその子が亡くなった年を追い越していくタイミングで、「成長していくべきだ」と思った。それで「夜明けのフォーク」を歌うことにしたら、サビで新しい言葉が浮かんだんです。
 
EMTG:ドラマティックな歌だね。それにストリングスが似合ってる。
亀本:もともとは映画用の曲だったので、重くて暗いブリティッシュ・ロックのギター・サウンドが合うと思ってたんですね。でも頭の中では、曲の雰囲気を活かすストリングスがあったんですよ。ストリングスを入れるなんて、メジャーじゃなきゃできない。今回、やらせてもらいました。
松尾:この曲でベースを弾いてくれたくるりの佐藤(征史)さんが、ストリングスのレコーディングに立ち会ってくださったのもよかったです。
亀本:やりたいことを、やり遂げたっていう感じです。
松尾:GLIM SPANKYのチームの体制が、やりたいことをやらせてくれてると思います。今、やりたいことを曲げずにやれてます。
EMTG:♪肌寒い夜風の中で 響くよフォークの歌♪っていうフレーズが凄くいいね。なぜロックじゃなくて、フォークなの?
松尾:あれはいわゆる日本のフォークではなくて、ボブ・ディランのフォークロックのイメージなんです。ディランがフォークのフェスティバルでエレキを持って演奏して、観客からブーイングをされたっ ていう有名なエピソードがあるんですけど、そのディランが歌ってた“フォーク”です。時代を変えたフォークだったと聞いてます。
亀本:ロックの中のフォークです。
EMTG:なるほど。アルバムタイトル曲の「ワイルド・サイドを行け」は?
亀本:この曲だけ、サウンド・プロデュースを亀田(誠治)さんにお願いしたんですけど、シンセの入ってるギター・サウンドをやってみたくて、そういう部分のコントロールをしてもらったり、サイケなパートでアイデアを出してもらったりしました。
松尾:歌は「こんなに荒っぽくていいの?」って思うものを亀田さんはオーケーを出して、「もっとハミ出しまくろうよ」って少年みたいに楽しんでました。最高の技術を持っている人だからこそ、ハミ出 せることってあるんだと思います。
亀本:全体的に楽しいレコーディングでした。普通はやらないことでも、自分がいいと思ったらどんどんやって。自分たちでやったから、ダメ出しする人はレミさんしかいない。そこを説得できれば、何でもアリでした(笑)。
松尾:それと、ライブでの手応えもレコーディングにいい影響があったと思います。
EMTG:去年はライブでも大躍進したもんね。
松尾:お客さんの反応が変わってきてる。「イエ―」とか 「ウォー」とか声を出してくれる人が増えてきたから、一体感が出てきました。
亀本:ロックバンドとしてライブをやってる実感があるっていうか。
EMTG:ギター・ソロもどんどんスタイルが確立されてきてる。ソロ、好きでしょ?
亀本:嫌いじゃないです。
松尾:大好きでしょ!(笑)。ライブの最中に、「もっとやれ、もっと弾け」ってあおります。
亀本:急にソロを延ばされると、失敗しちゃうけど(苦笑)。
松尾:でも「もっとやっちゃえ、やっちゃえ!」って。
EMTG:そうやって大人を困らせる訳だ(笑)。
松尾:そうかも(笑)。
EMTG:今年も活躍を期待してます!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 アルバム インタビュー 女性ボーカル GLIM SPANKY

ビデオコメント

リリース情報

ワイルド・サイドを行け(初回限定盤)[CD+DVD]

ワイルド・サイドを行け(初回限定盤)[CD+DVD]

2016年01月27日

ユニバーサル ミュージック

[CD]
1.ワイルド・サイドを行け
2.NEXT ONE
3.BOYS&GIRLS
4.太陽を目指せ
5.夜明けのフォーク

[DVD]
1. サンライズジャーニー
2. 焦燥
3. MIDNIGHT CIRCUS
4. ダミーロックとブルース
5. 褒めろよ
6. WONDER ALONE
7. リアル鬼ごっこ
8. NEXT ONE
9. 大人になったら
10. さよなら僕の町

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

“ワイルド・サイドを行け”ツアー
2016/04/02(土)名古屋SPADE BOX
2016/04/03(日)心斎橋JANUS
2016/04/16(土)恵比寿LIQUID ROOM

SPACE SHOWER 3rd PLACE vol.4
2016/01/26(火)恵比寿リキッドルーム

ThumbUp 7th Anniversary SPECIAL 3MAN LIVE 「モーモーグリムキノコ」
2016/02/12(金)柏ThumbUp

黒猫チェルシー2016全国7都市 『グッバイ』 リリースツアー
2016/03/05(土)仙台PARK SQUARE

@FM presents 「SATND UP!」
2016/03/13(日)名古屋ell.FITS ALL

ARABAKI ROCK FEST.16
2016/04/29(金)、30(土)みちのく公演北地区 エコキャンプみちのく

OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
2016/05/14(土)、15(日)METROCK大阪特設会場

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
2016/05/21(土)、22(日)新木場・若洲公園

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る