LUCKY TAPES 新作アルバム『Cigarette & Alcohol』インタビュー

LUCKY TAPES | 2016.07.06

 デビュー作『THE SHOW』のヒットを経て、タイコ・クラブ、フジロック・フェスティバルなどの大型フェスへの出演決定や、二階堂ふみ主演の映画『オオカミ少女と黒王子』への挿入歌提供などでも話題のLUCKY TAPES。その約1年ぶりとなる新作アルバム『Cigarette & Alcohol』は、エンジニアにtoeの美濃隆章、ドラマーにmabanuaを迎えた新体制で「酒と煙草」を描く、大きく成長した意欲作となった。メンバーも最高傑作と太鼓判を押す新作を中心に、バンドのこれまでのキャリアと未来について訊いたインタビューをここにお届けしたい。

EMTG:まずLUCKY TAPES結成のいきさつを教えていただけますか?
高橋海:前身バンドも今とほぼ同じメンバーで活動していたんですけど、進路やそれぞれの生活のこともあって一度解散したんです。それから解散後にメンバーでご飯に行ったときに「遊びでスタジオに入ってみようよ」という話になって。スタジオで楽器を鳴らして遊んでいたら曲ができ、その曲をきっかけに再びバンドを始めることになりました。
田口恵人:僕は将来のことを考えてベースはやめようと思っていたんですけど、バンド解散後に海くんがソロで作っていた曲を聴いて、また音楽がやりたいと思うようになりました。
高橋健介:僕はもうその頃にはスーツ着て就活してました。海くんのソロはBandcampでチェックしていたんですけどね。でも最初はまたバンドが結成されていたのも知らなかったくらいで。
高橋海:自分はずっと音楽を続けたくて、解散後もソロで作品を出していたらそれをメンバーが聞いてくれて反応してくれたんです。
EMTG:LUCKY TAPESになってからバンドの音楽性は変わりましたか?
高橋海:だいぶ変わりましたね。解散後にご飯に行ったとき、マイケル・ジャクソンの死後にリリースされた新曲「ラブ・ネバー・フェルト・ソー・グッド」が話題に上がったんですけど、実際にその後のスタジオでもカバーしたし、そこから触発されて曲が生まれたりもしたので。この一曲がLUCKY TAPESの音楽の基盤になっています。
EMTG:ブラック・ミュージックの要素が強くなったということですね。近年、海外でもブラック・ミュージックの盛り上がりが顕著ですが、そういう流れも影響としてはありました?
田口恵人:ブルーノ・マーズの「トレジャー」とか、ダフト・パンクの「ゲット・ラッキー」とかの流れは意識していたと思います。誰かから海外の音楽の流行りは5年後に日本にも来ると聞いていたのですが、それなら今だろうとも思いました。
EMTG:ディアンジェロの流れを汲んでつくられたceroの『Obscure Ride』が、ブラック・ミュージックからの影響色濃い日本のインディーの筆頭だと思いますが、そこからの影響はありましたか?
高橋海:大好きですが、そこからの影響はあまりないように思います。『Obscure Ride』の頃にはLUCKY TAPESの音楽性はほぼ確立されていましたし、ceroなら前作『My Lost City』からの影響のほうが大きいですね。
EMTG:さて、そうしてデビュー・アルバム『THE SHOW』が作られたわけですが、どんなアルバムにしようと思っていましたか?
高橋健介:多幸感というものは意識していました。聴いて多幸感が得られる作品にしたかったです。
高橋海:ライブで盛り上がるだけで普段聞けないような音楽はやりたくないという思いがありました。
EMTG:そこからドラマーが脱退し、新体制となってからの新作『Cigarette & Alcohol』ですが、そうしたバンド形態の変化の影響はありましたか?
高橋海:基本的には自分がデモの時点で7~8割仕上げるスタイルは変わらないので、ソングライティング的にはそこまで変化はないですね。
高橋健介:でもやっぱりドラマーが変わるということはグルーヴが大きく変わるので、演奏としては別物と言ってもいいと思います。
高橋海:ドラマーとして参加してくださったmabanuaさんは、メンバー共通してリスペクトする存在で、ウィスパー気味で歌っていたのもmabanuaさんからの影響だったりします。そんな方が、自分たちの音源に参加しているということは今でも信じられないような出来事です。
高橋健介:リハーサルに十分な時間が取れず、曲を合わせるのはレコーディングの当日が初めてだったんですけど、それがバッチリで。とにかく「ホンモノだ!」って感じでしたね。
EMTG:また今回はエンジニアとしてtoeの美濃隆章さんは迎えられていますね。
高橋健介:美濃さんはエンジニアでありアーティストでもあるので、僕らがレコーディングするにあたっての気持ちをすごく分かってくれるし,僕らに分かりやすい言い方でアドバイスをしてくれるんです。今まで一緒に仕事してきたエンジニアさんとはそこが違うなと思いました。僕らもtoeは聴いていたし、尊敬するアーティストさんなので、彼が「いいね」と言ってくれると、「本当にこれで良いのかな?」っていう迷いが無くなるんですよ。だから、今回レコーディングが本当に楽しかったです。今まではかなり根詰めてレコーディングしてきたので、楽しくやるっていう意識は無かったんですけど。
高橋海:前作までは結構ストイックにやってきましたね。
高橋健介:「絶対にこのテイクで決めなきゃヤバい」みたいな感じでやってきたのが、美濃さんのときには「良くなるなら何回でもやろう」みたいな雰囲気で。
高橋海:美濃さんにお会いするまでは、toeもストイックな音楽をやられているし、少し怖い方なんじゃないかと構えていたんですけど、実際は真逆で。良い意味でゆるく面白くて、雰囲気作りがすごく上手いんです。美濃さんと今作ご一緒できたことが今回一番の収穫です。
EMTG:今回『Cigarette & Alcohol』というアルバムタイトル通り「煙草と酒」をテーマにした作品集であり「等身大の自分から見える世界を描いた」とセルフライナーノーツでも綴られています。こうした作品になったのは、デビューして周囲の環境が変化したから?それとも年齢的な成長によるものですか?
高橋海:どちらもあると思います。自分は酒も煙草もしないんですけど、年齢的にも大人になるにあたって「大人になるってどういうことだろう?」と考えたときに、お酒や煙草をとりまく世界で起こることや出会い、想いなんかを知ることが大人になるということの象徴のひとつではないかと。さらに、エンジニアさんが変わったりメンバー体制も変わって、バンドとしても音楽的に成長するタイミングだったというのもあります。それらをまとめて「煙草と酒」というモチーフに込めました。
高橋健介:僕は酒も煙草もやる側なんで、タイトルを聞いた時に自分ではつけられない言葉だと思いました。自分にとっては、もう空想や想像で捉えられるものじゃないから。
田口恵人:海くんらしい純粋なタイトルだと思いましたね。
EMTG:前作『THE SHOW』の平熱感に対して、テンション的に楽曲的にもダイナミックな作品になりましたね。
高橋海:そうですね。変化しない美学もあると思うけど、LUCKY TAPESはもっと色々なものを吸収して、自分たちがそのときそのとき好きなことをやっていければいいと思っているんです。今作はその変化の第一弾なのかと思います。『THE SHOW』は今聴くと平坦というか、どの曲もアレンジやテンポが近かったなと思う部分もあり、今作ではもっと聴き応えがあって聴き止まってしまうような作品にしたいとずっと考えていました。
田口恵人:聴く音楽が変わったわけではないんですけど、メジャーの音はあらためて聴いてその良さを再認識しましたね。
高橋海;うん。『THE SHOW』を作った頃は、海外や国内インディーに直に影響を受けていて「王道はダサい」みたいな盲目的な部分があったんです。でも、あらためて昔聴いていたJ-POPを聴いてみると、王道の中にもすごくおもしろいアレンジがあったりして、深みのあるJ-POPもあるんだと気付かされました。「自分たちならそれぞれちゃんとしたルーツもあるし、キャッチーに寄っても深みのあるポップスができるんじゃないか?」と。
EMTG:そしてサウンド自体もよりメジャー感の強い、ゴージャスなプロダクションになっていますが、そこには「日本のインディー界隈は窮屈だから、一抜けしたい」という意志があるのかなと思いました。
高橋海:言われてみると無意識にそんなことを感じてたのかもしれない。LUCKY TAPESのデビュー・シングル「Touch!」を作っていたときから、Chara×韻シスト の『I don’t know』という作品がサウンド的にはある種のロール・モデルになっていて、「こんな音で自分たちの音楽も録りたい」と思っていました。
EMTG:今回ソングライティングやサウンド面で挑戦はありましたか?
高橋海:どうやれば人の耳に留まる音楽を作れるのかをすごく考えました。そこで、メンバーそれぞれ通ってきているロックの要素を入れてみようと、かなり歪んだギターを入れてみたり。
EMTG:アルバム全体を通して、ときにAC/DC、ときにエディ・ヘイゼルを思わせるようなディストーションギターが印象的ですよね。
高橋海:そういったロック要素のある曲がライブでは反応が良いですね。ただ、今作ではまだ十分にそうした要素を出し切れてなくて。次の作品はさらにロック色が強くなるような気がしています。
EMTG:今回、BGMにできないようにと作られたのが、この新作『Cigarette & Alcohol』ですが、どのように聴いてほしいですか?
田口恵人:本当にメロディーが良いので、いっぱい聴いて歌って、そしてライブにも来て歌って欲しいですね。そんなアルバムがついに作れたと思っています。
高橋海:映画をみるように、本を読むように、この作品を楽しんでもらえたらと思います。
高橋健介:何かしながら聴くとかじゃなく、この作品を聴くためにぜひ時間を作って聴いてほしいです!

【取材・文:照沼健太】

tag一覧 LUCKY TAPES 男性ボーカル インタビュー アルバム

ビデオコメント

リリース情報

Cigarette & Alcohol

Cigarette & Alcohol

2016年07月06日

Rallye Label

01. LOVE LOVE
02. Mr. Robin
03. レイディ・ブルース.
04. 贅沢な罠
05. パレード
06. ミルク
07. 夜想曲
08. MOON
09. スローモーション
10. TONIGHT!

お知らせ

■ライブ情報

フジロック・フェスティバル‘16
2016/07/22(金) 苗場 FUJI ROCK FESTIVAL

RUSH BALL 2016
2016/08/27(土) 泉大津フェニックス

OTODAMA SEA STUDIO 2016
2016/08/28(日) 音霊 OTODAMA SEA STUDIO

BAYCAMP 2016前夜祭
2016/09/02(金) 神奈川県 川崎市東扇島東公園

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る