『カラスは真っ白 シミズコウヘイ』コラム連載第3回、「この前こんな会話がありました。」

カラスは真っ白 | 2016.10.05

『カラスは真っ白 シミズコウヘイの斜め上より愛を込めて』
コラム連載3回

ファンキーポップバンド、カラスは真っ白ギタリスト・シミズコウヘイによるコラム連載がスタート! バンドのかたわらコンポーザー、アレンジャー、サポートギタリストとして様々なアーティストとコラボするほか、マルチに活躍する彼が今興味を持っているモノっていったい? 斜め上から頭の中身をそっと覗いてみましょう。 それでは、第3回、お楽しみください!




第3回「この前こんな会話がありました。」


シミズ「ぼく、クジラ好きなんだよね」
友人「へえ」
シミズ「特にね、あのね、クジラのね歯」
友人「へえ」


ああん、会話って難しいなあボケ。ぼくは静かにそう思いました。スキの反対はキライじゃなくて無関心、なんだヨ…?



おのれの好きなものを話すことは興味ない人にとって地獄みたいなもの、どうでもいい今朝見た夢の話をされるのと同じくらい、話す本人と聞く側に温度差があるものです。

多少はトーク力をもって改善されます。延々話されると表向きは「へえそうなんだ」「ふぅん」「なるほど」と優しい人なら付き合ってくれますが、内心は「彼奴迅速殺害抹消抹殺業火滅却」とどんなカワイコちゃんにも夜叉が宿る結果となり、その後の人間関係にまで波及し命の危険まで脅かされます。


そう、ぼくは常に悩んでいます。
こんなにクジラが好きで好きなのに!話せない!うわああああああああああだれかああああああああくじらああああああのはなしきいてえええてええええああ、あ
あ、

あ、

あ、そうか、会話だと人間関係崩壊するから、ぼくコラムやってるんだったそこで書けばいいんだそしたらみんな黙って聞いてくれるし良い人たちばかりだろうからもういっそのこと全力の好きを押し付けてしまおう!そうしよう!

と思ったのでありまして、というわけで、今からシミズコウヘイpresentsクジラ最高万歳マジ永遠なれ、というテーマでいきたいと思います。



クジラ好きのシミズコウヘイの朝は早い。今日も起き抜けに、お気に入りのクジラ動画をチェックしながら愛読書の「クジラ・イルカ」(ナショナル・ジオグラフィック)を片手に1日が始まる。

Q.シミズさんにとってクジラとは何ですか?

でかい


そう一言彼は呟いた。クジラ動画に夢中で口数は少ない。
そして、ミュージシャンである彼は仕事場でもあるライブハウスに向かう。靴を履こうとするその足には、かわいいクジラちゃん模様の靴下が履かれていた。

Q.クジラのどこが好きなのでしょうか?

でかい


すでに一周回っているのであろう。それ以外の言葉で説明するのは無粋、といったところなのであろうか。と思いつつ、ふと視線を落とすと片手に本を持ちチラつかせている。タイトルは「イルカ・クジラ学?イルカとクジラの謎に挑む?」(東海大学出版会)と書かれている。聞くな、読め、ということなのであろうか。Don’t feel,think.


そしてライブも終わり帰路につく。イヤホンからはカチッカチッという音が漏れている。これはおそらくマッコウクジラの鳴き声だろう。彼にとってはクジラも音楽、といったところなのだろうか。

帰宅後はすぐさま新たなクジラ動画がアップロードされていないか確認する。余念がない。片手には相変わらず「クジラ・イルカ」(ナショナル・ジオグラフィック)があった。

Q.最後に、シミズさんのクジラ好きとしての今後の目標を聞かせてください。

白いマッコウクジラに食われる。


身も心も、そして人生、終の住処までもクジラに捧げた男シミズコウヘイ、かれの目はさながらモビーディック、狂気と畏怖、そして愛が奥深くに静かに揺らいでいた。



茶番




お詫びにシミズコウヘイおすすめのクジラ動画BEST3を貼っておきますので。悪しからず。


第3位

でかい


第2位

でかい


第1位

でかい



最後に、白いマッコウクジラではなく白いカラス、もとい、カラスは真っ白というバンドの全国ワンマンツアーが10月から始まるのでおいであそばせ。




【カラスは真っ白】

2010年結成以来、ファンキーポップの革命児としてオリジナリティ溢れる世界観を楽曲、ライブを通して追及し続ける。現在、優れた演奏力と楽曲に対する評価の高まりが、多数の楽曲提供依頼やライブ/レコーディング演奏サポート参加依頼、ボーダレスな幅広い層からの支持としても浸透中。2016年9月21日には待望の2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』をリリース!同年10月からはレコ発ワンマンツアーも開催。

【シミズコウヘイ プロフィール】
ファンキーポップバンド、カラスは真っ白ギタリスト。作詞、作曲、MC、ラップなどもこなすマルチミュージシャン。コンポーザー、アレンジャー、サポートギタリストとして他のアーティストへの楽曲提供、参加でも活躍中。



tag一覧 J-POP カラスは真っ白 女性ボーカル

リリース情報

バックトゥザフューチャー

バックトゥザフューチャー

2016年09月21日

SPACE SHOWER MUSIC

01.魔法陣より愛を込めて
02.浮気DISCO
03.Let it die~You shall die~ ※PS4『LET IT DIE』公式参加ソング
04.サヨナラ!フラッシュバック!~hard mode ver. ~※『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』EDテーマ
05.fifth blues
06.カーネーション
07.Oh my sugar
08.YASAI FUNK
09.みずいろ

お知らせ

■ライブ情報

『バックトゥザフューチャー』レコ発ワンマンツアー
2016/10/14(金) 大阪 Shangri-La
2016/10/16(日) 福岡 Queblick
2016/10/18(火) 名古屋 CLUB UPSET
2016/10/20(木) 恵比寿LIQUID ROOM
2016/11/03(木) 札幌:Sound Lab mole

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る